相互リンク先の更新情報!

【職場】ゲームセンター☆ヒロイン【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


今から十年以上前の話。

当時の俺は30歳童貞・彼女ナシ・友達ナシとサイテーの生活を送っていた。

一応、仕事はゲームセンターのアルバイトをしていたが時給も安くやりがいのない仕事だった。

そんな俺の勤めているゲーセンによく来る常連の女の子がいた。

なんとなく顔つきは仲間由紀恵に似ている。(もちろんあれほど美人ではないが)

服装はタンクトップにジーパン、もしくはビジュアル系のコスプレのような服をいつも着ていた。

咥えタバコでバンパイアハンターやKOFなんかの格ゲーばっかりやっていたので店員の間ではチョットした有名人だった。

ある夏の日、何気なくゲームをしている彼女の後ろに立ってギャラリー(ゲームプレイを観戦すること)をしていると彼女の胸元から乳首が見えていることに気がついた。

襟元が大きく開いたシャツからは紺色のブラが見えていたがサイズが合っていないせいか完全な“浮きブラ状態”!

「昇竜拳!」とか言って技コマンドを入れるたびに白いオッパイの上で小粒な乳首がプルプルと揺れていた。

チョー興奮していたが平静を装って思い切って彼女に話しかけてみた。

彼女は専門学校生で18才、現在バイトを探しているというのでこのゲーセンをオススメしてみた。(初対面なのにかなり気さくに話をしてきたので驚いた)

その他の話の内容はゲームの連続技などのくだらない内容だったが話している間中彼女の胸チラを真後ろから堪能した。

その日からは“生まれて初めて見た女の生乳首”が俺のオナネタNO.1になった。

その数日後、バイトの面接に来た彼女は俺と一緒に仕事をすることになった。




他の社員やアルバイトとはシフトが合わなかったので俺が彼女の教育係をすることになった。

バイトの制服は白いシャツに黒のキュロットスカート、黒いロングヘアーの彼女に良く似合っていた。

いつも黒や紺など色の濃い下着を着けてきたので透けブラしまくっていた!

彼女は仕事覚えも良く、オマケに毎日のように透けブラが楽しめたので俺は毎日のバイトが楽しくてしかたなかった。

ある日、高校生の糞ガキどもが彼女の透けブラをニヤニヤしながら見ているのをみつけた。

仕方がなく俺は「仕事中はあまり目立たない下着をつけてください」と彼女を注意、次の日からは透けブラを楽しめなくなってしまった。(注意したときはさすがに照れた!)

そのかわり俺には新しい楽しみができた、彼女は更衣室のロッカーに着替え用のキャミソールを置くようになったのだ。

胸の部分に乳パットがついたキャミで、出勤した彼女はソレを着てお店に出た。

それ以来、俺は毎日他のスタッフが出勤してくる前にお店に行き彼女の置きキャミでオナった。(ロッカーに鍵はかけてなかった)

匂いを嗅いでチンコを包んでシゴく、ときどき乳パットや肩紐にザーメンを塗りつけたりしたが地味で汚れが目立たないような色のキャミだったので気づかれなかった。

慣れてくると今度はブラジャーでオナりたいと思うようになった。

そこで俺は彼女の出勤後「お店の事務処理をする」という名目で事務所に行きロッカーを漁った。

大体、彼女のシフト時には店員は俺たち2人だけだったのが好都合だった!

彼女のロッカーを開けるとほんのりと香水のような匂いがした、脱いだ洋服の上にハンドバッグが置いてありその中に目当ての品が二つ折りになって入っていた。

黒いレースがついた白いブラジャー、B75と書かれたそれはかなり使い込んであってレースやリボンがとれかけるくらいヨレていた。(汗の黄ばみもついていた)

匂いを嗅ぐとキャミとは比べモノにならないくらい強い汗の匂い、舐めると舌先がシビれるくらいしょっぱい味がした。(ちょっとミルクっぽい味を連想していたのでビックリした)

乳首が当たる裏地中心部分の味が一番濃く、俺は生地から味がしなくなるまでチュウチュウベロベロと彼女の生ブラを楽しんだ。

オナっているあいだ、あの日偶然見てしまった彼女の乳首を想像していた。

「自分より10才以上年下の女の子の乳首を間接的に舐めている!」と思うとスゲー興奮して一瞬でイッてしまった。

最後はテイッシュでブラについたツバの水分をとりそっと元の位置に戻しておいた。

彼女が出勤するたび俺は毎回のように生下着で楽しませてもらった。

数分前まで着けていた下着はほんのり暖かく匂いや味の濃さも毎日違った。(暑い日はサイコーに濃い味だった!)

スポーツブラやフロントホックを着けてくることもあったし、水玉や迷彩柄など模様つきのモノも多かった。

段々と調子に乗った俺は「自分が楽しんだ証」としてブラにザーメンを塗りつけるようになった。(少しだけね)

仕事帰りに彼女の後姿を見るとさっきまで俺が楽しんだブラが透けて見えてる。

「さっき塗ったザーメンが彼女の生乳首にくっついている」と思うとスゲー興奮した。

そうやって俺はバイトのたびに最低に2回は彼女の下着で楽しませてもらっていた。

3ヶ月くらいたつと彼女は俺の家に遊びに来るようになった。

まぁ、毎日のようにバイトで会っていたので“自然と仲が良くなった”ってヤツだ。(ゲーム以外でも漫画やアニメの話で気があった)

彼女も学校ではあまり友達がいないみたいだった。(女の子が1人でゲーセンにくるくらいだったし)

その日もバイトが終わったあと、俺の部屋でプレステを2人でやっていた。(俺の部屋は離れのプレハブにあった)

そのうち俺が1人でRPGゲームのレベル上げを始めると、彼女はウトウトとテーブルに突っ伏したような格好で眠ってしまった。

そのうち起きるかと思ったがイビキをかきだして本格的に熟睡しはじめた。

俺は彼女が起きそうにないのを確認してから思い切って彼女のスカートの中を覗き込んだ。(その日はタンクトップにデニムのミニスカートだった)

テーブルの下に潜り込んで手に持ったマグライトで彼女のスカートの中を照らす!、捲れ上がったスカート奥に白いパンティが見えた。

チョー興奮した俺!今度は彼女のナマ乳を見る気になっていた。(もちろんその日もバイト先で2回楽しんでいたんだケド)

その日のブラには肩紐がついていないタイプ、上手くいけば捲ってナマ乳を拝めるかもしれない!

うつ伏せになった彼女の脇にそっと近づいてタンクトップの奥を照らす、今日見たばかりの紺色のブラが隙間から見えた。(俺のザーメンつき)

すでにカップ部分が半分くらいズレたような格好になっていたのでギリギリ先っちょが見えないくらいのカンジ。

俺はいざという時のためにゲームのコントローラーを片手(急に起きたときはゲームをしていたとゴマかすつもりだった)にタンクトップの脇から手を入れブラをそっと捲った。

思いのほか簡単にブラは捲れその中から赤っぽい色をした小さな乳首がピョコンと出てきた、俺は「うぉーーーっ!」と心の中で叫んだ!(彼女は色白だったので乳首の色がスゴク目立ってみえた)

隣で彼女が寝ているのも忘れて俺はズボンに手を突っ込んでオナった、寝息に合わせて上下する乳首の膨らみがチョーいやらしい!

ホントの一瞬で俺はイッてしまった。

その日はそれ以上の事は何もできなかった。(彼女もそのあと普通に起きて何事もなかったように帰って行った)

その後、なんやかんやで俺たちは付き合うことになった。

告白したのは俺だが「特別に大好き!」とゆー感じではなく「友達の延長線上」のような付き合い方だった。

彼女も俺を好きだったというよりも「特に嫌いな相手じゃないし、彼氏もいないからOKした」という感じ。

その後も変わらず彼女は俺の部屋でゲームをしたり漫画を読んで帰る日が続いた。

俺は早く【セックス】がしたくてしょうがなかったが「初めて出来た彼女・相手は年下・自分は童貞」ということもあってなかなかキス以上に進展できずにいた。

初体験は突然、5月の暑い日の午後だった。

いつもどおり遊びに来た彼女が漫画を読むうちに俺の布団の上で眠ってしまった。

俺が「何かかけようか?」と聞くと寝ぼけながら頷いたので彼女の体にタオルケットをかけてやった。

少しすると熱くなったのか?布団から抜け出すように体を捻った拍子にスカートが捲れパンティが丸見えになった。

紺色のシンプルなデザインでリボンも何もついていない、足やおなか周りの部分にだけ白のストライプが入っていた。

顔を近づけてよく見るとチョロチョロとアソコの毛がパンティの生地からハミ出ていた。

ふと、視線を感じて上を向く目を覚ました彼女が俺の顔をジーッと見ていた。(かなり焦った!!)

俺はなにがなんだかわからなくなってそのまま彼女に覆いかぶさってキスをしまくった。

彼女がイヤがっていない様子なので思い切って着ていたワンピースを脱がせた。

着けていたスポーツブラの脱がし方がわからなかったのでとりあえず捲り上げる、ブラの下から搾り出されたようなかたちでオッパイが出てきた。

スポブラに引っ張られて色の薄い乳輪ごと上を向いた乳首は小さめながらシッカリと勃起していた!

チュバチュバ吸いついてやると彼女は「アフッ、アッフッ…」と声を出した、俺は指と口を使ってタップリと乳首を弄ってやった。(吸い上げると驚くほどよく伸びた)

舐め始めの乳首はブラと同じ汗の味がしたがすぐに味がしなくなった。(かわりにツバの乾いた臭い匂いがした)

起き上がって彼女を見たが腕を顔の前でクロスしていて表情がわからなかった、オッパイの先端だけが俺のツバでテカテカに光っていた。

片手で乳首をシゴきながら、もう片手でアソコを触ってみる。

濡れているかどうかよくわからなかったので思い切って顔をアソコに近づける。

まるでAVのようにパンティの縦スジの上には丸いシミができていた、俺は彼女のパンティに手をかけて脱がせた。

彼女のアソコは思った以上にヘアが濃かった、ヘアの中から見える割れ目からはなんともいえない匂いがしている。(正直、いい匂いではなかった)

手でワレメを開いてクンニした、まるで内臓のようなアソコからはヌルヌルした愛液が垂れてきて顔中ベトベトになった。

アソコを舐めながら両手でオッパイを揉んでやる、彼女は「アン、アン、アン」と感じた声を出すようになった。

ガマン出来なくなった俺はゴムをつけて彼女の膣内にチンコを入れた。

彼女は“処女”ではなかったがスゲー締りが良くて入れた瞬間にイキそうになった、俺はガマンしながらガンガン腰を振った!

その後は彼女を上に乗せて突き上げてやった、胸がキツそうだったのでブラを脱がしてやると乳輪の上あたりにクッキリと赤い線が残ってしまっていた。(スポブラを脱がすのは難かった)

自由になった彼女のオッパイは腰を動かすたびにメチャクチャ揺れた!俺は下から見上げながらピンピンに尖った乳首を両手で摘まんで腰を動かし続けた。

そして俺はそのままイッてしまった。

チンコを抜いたときに彼女のアソコの中でゴムが取れてしまい焦ったが妊娠はしなかった。

その日から俺たちはサルのようにセックスをしまくった!(どちらかというと俺から一方的にだったんだケド)

生理日のとき以外、大体は「誘えばOK」という感じ。(先日までの童貞が一挙に「ヤリチンの仲間入り」をした気分だった)

セックスを始めるときは“なりゆき”みたいな感じで始めることがほとんどだったのでお互いに風呂に入ってない状態が多かった、彼女の乳首やアソコは毎回汗の匂いや味がした。(肌もザリザリとした感触だった)

彼女が忙しくて俺の家にこれないときはバイト帰りに人気のない自販機コーナーに連れて行き車の中でフェラをさせた。

仕事明けで風呂にも入っていない俺のションベン臭いチンコを彼女は何も言わずに咥えた、俺は乳首を吸ったり摘まんでやりながら口にチンコが出入りするのを見ていた。

ときどき乳首を乱暴に触ってやるとなぜか急にフェラのスピードが速くなる、イキたくなった俺は強く乳首を捏ね回し素早く彼女の口内にザーメンをぶちまけた!(スゲー便利機能だった)

口内射精したあと、大抵はティッシュに吐き出すがそのまま飲み込んでしまうときもあった。

狭く汚い軽自動車の中で10代の若い女が半裸で奉仕してくれるのはサイコーだった!

“職場のロッカー漁り”はその後も秘密の楽しみとして続けた。

俺と付き合うようになってからはスポーツブラを着けることは少なくなり、かわりにレースがタップリついた大人っぽいブラが増えた。(歳が離れた俺になんとか合わせようとしていたのかもしれない)

だけど、どんな大人っぽい下着を着けても彼女の中身は地味なオタ少女のままだった。(まぁ、俺も冴えないオタ男なんだケド)

乳輪からは長いパイ毛が生えていたし、ワキ毛の処理も適当、アンダーヘアは一度も手入れしたことがないだろう。

そんな彼女だったが俺にはサイコーにかわいい【初めてのオンナ】だった。

そんな彼女との別れは2年後…。

専門学校卒業と同時にバイトを辞めて就職した彼女、すぐにお互いのリズムは狂い始めた。

「なんとなく始まった」俺たちの関係は「なんとなく終わって」しまった。

あの、ゲームセンターも今では潰れなくなってしまった。

三十路童貞男が2年間、10代女子の体をタップリと楽しめた【夢のような思い出】だ…。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

【職場】ゲームセンター☆ヒロイン【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月26日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ