相互リンク先の更新情報!

【学校】忘れたスク水 【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


これは俺が中学三年生の頃の話。



夏にプールの授業があって、男子はみんなだるいとか言いながらも女子の水着姿にニヤニヤしてる。「○○って胸でかいな」とか話してた。



それで授業も終わり、着替えてそのまま帰りの時間になったんだけど、女子はみんなその日使った水着はもちろん持って帰るんだ。





でもその時俺は、当時好きだったT美ちゃんが水着の入った袋を教室に忘れたまま部活に行ってしまったことに気が付いた。

これはチャンスじゃないか?と思いながら、帰宅部だった俺は帰る途中に友達に「忘れ物したから先帰ってて!」などとごまかして、学校に戻る。

ドキドキしながら、テニス部であるT美ちゃんが部活に出ていることをテニスコートで確認し、教室に猛ダッシュ!



教室にはT美ちゃんの水着袋が残されていた。

急いで袋を物色し、ビニール袋に包まれていたT美ちゃんのスク水を発見!今日の授業で使用していたので水着はもちろん濡れている。

さっきまで憧れのT美ちゃんの裸にこれが密着していたと思うと勃○が止まらない。。

中学生の頃はオカズなどほとんどなく、こんなに興奮するものは初めてだったので、その水着を思いっきり堪能したんだ。




胸の部分やマン○のあたる部分を舐めたり、それで自分のモノをしごいたりしてた。(今思うと学校で何やってるんだろうか・・)



しかしその時、ヤバいことが起こった。

部活を中抜けしたT美ちゃんが忘れた水着をとりに教室に来てしまったんだ。



T美「あれ?○○何やってるの??」

俺は誰か来た時の為にと教室の端っこでやってたんだが、「い、いや・・別に・・」と水着を隠し、めちゃくちゃ怪しい反応。



T美ちゃんは気にせず忘れた水着袋を手にとったんだけど、俺が水着を取り出した時に袋は開いていてT美ちゃんは「ん?」って感じで中身を確認。。

もちろん水着は俺の手にあるので袋の中にはない。

T美ちゃんは焦ったような様子で袋の中を必死に探してたから、俺は冷静を装って「どうしたの?」などと聞いてみた。

T美ちゃんは「あ、ううん、なんでもない!」と言ったが、確かに男子に水着がなくなったなどとは言えないだろう。

もっとも、「他に誰もいない教室・自分の水着の袋が開いている・教室の端っこで何かゴソゴソやっていた男子」←この時点で俺が怪しすぎるのだが、T美ちゃんは俺には何も言わず、そのまま女友達を探しに教室を出て行った。

その瞬間、俺は急いで持っていた水着を袋に戻し、何もなかったような様子でT美ちゃんを待っていた。(いなくなったら逆に疑われそうだと思ったから。←?)



女友達を二人ほど連れて、T美ちゃんが戻ってきたのだが、もう一度袋を確認すると水着はある。

時間が無かったので水着を奥の方に入れることはできず、ただ入れただけになっていたのでさっきは見落としたとは言えない状況なのだが、

T美ちゃんは「ゴメンね、、良く見たらあった。。」と女友達に言っていた。



その後それぞれ普通に帰ったのだが、俺は確実に俺がやったってばれてると思っていたので次の日の学校が鬱だったんだ。。



でも、次の日もT美ちゃんは今までどおりに接してくれた。

バレてないという可能性はほとんどないと思うので、気まずくなるのを避けてT美ちゃんは何も言わないでくれていたのだろう。

結局、それ以来直接話しづらくなってしまったのだが、その後の学校生活を普通に過ごせたのはT美ちゃんの優しさのおかげだった。



今まで生きてきてあれほど人生が終わったと思った瞬間はない。



出典:オリジナル

リンク:


告白体験談関連タグ

||||

【学校】忘れたスク水 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月26日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ