相互リンク先の更新情報!

【妹】34歳独身兄のその後【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


 妹(32歳)の夫婦ハメ撮りビデオを見つけてそれを持ち帰り、毎日毎日それでオナニーばかりしている独身彼女なしの男のその後の話です。

 強烈な妹のハメ撮りを見せ付けられた私は、それから妹に対する思いがかなり強くなった。

 妹の家に行き、目を盗んでは下着などを物色、オナニーした。妹の下着でのオナニーはとても気持ちよくすぐに絶頂した。

洗濯前の下着もいいが、タンスにしまってある下着を取り出すのも興奮した。 汚れた部分を夢中で舐めまわし、チンポをしごくとすぐに射精した。

 ある日妹が私の家(実家)に遊びに来たときは、私のザーメン入りのコーヒーを飲ました事もあった。 妹が履いてきた靴を舐めて(もう変態だね)コーヒーカップに射精。 妹は気づかずにそれをおいしそうに飲んだ。私は射精したばかりだが、私の精子入りのコーヒーを夫の隣で飲む妹を見てるとすぐに勃起してすぐにオナニー。

 もう妹とやりたい。そんな事ばかり考えて毎日悶々した日々を送っていた。

 ある日の昼間私は妹の家を訪ねた。 妹は台所で洗い物をしていた。服装が例のハメ撮りの時の服装と同じだ。 紺色のワンピースにエプロン、私はその姿に頭はパンクした。

 私は後ろから抱きついた。妹はかなりビックリして「キャッ」と声をあげた。何をするのやめてと抱きつく私を引き離そうとした。 私は力にまかせて後ろに抱きつき両手で胸をグイグイと揉んだ。

 妹はやめてやめてと言ったが私はもう狂ったように抱きしめ胸を揉み、前に向かせキスをせがんだ。妹は両手で私の顔を押し拒否したが無理にキス。

 妹の身体が一瞬離れたが、すぐに後ろから抱きついた。 胸を揉み、ギンギンに勃起したチンポをお尻にグイグイと押し付け、あたかも挿入してるかのように腰を上下に激しく動かした。

 気のせいかもしれないが妹がイヤイヤと言いながらも感じてるよう気がした。その横顔を見たら私はパンツを履いたままその姿勢のまま射精した。 ドックドックとどんどんと出てくる快感に私は気を失うかの気持ちよさを感じた。

 いくらでも精子が出るような気がした。私は胸を揉み続けながらも力が抜けていった。 妹は私の身体を引き離し、もう出て行ってと鬼の形相で私に怒鳴った。私はようやく我に返り逃げるように家を出た。

 車に乗り猛スピードで走った。途中向こうから大型ダンプがやってきてそのまま突っ込もうかと思った。もうオレは何をやってるんだ。

 もう死ぬしかない。私は猛スピードで車を走らせそれしか考えられなかった。


告白体験談関連タグ

||||||||

【妹】34歳独身兄のその後【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月29日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ