相互リンク先の更新情報!

【初体験】僕の夏 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


情けないことに、僕は死んでしまいました。

ここだけの話ですが転落死です。

お恥ずかしながら僕はある女性に恋をしていました。

彼女の名前は由紀といいます。

その語感どおり雪のように綺麗な白い肌をした女性でした。

僕は一目見て、恋に落ちたのです。

由紀は大学二年生で、近所の書店でアルバイトをしていました。

無類の読書好きの僕は、これは紛れもなく運命だと思いました。

僕と由紀は結ばれるためにここで出会ったのだと、そう確信したのです。

僕は勇気を振り絞って、彼女に手紙を渡しました。

とは言っても手渡しでは恥ずかしがるだろうと思い、自転車のカゴへ。

アルバイトが終わり、僕の手紙に気付いた由紀は、それを鞄に入れて帰りました。

僕は幸せでした。

これで彼女に想いが伝わったからです。

明日からは晴れて、運命の相手である僕との幸せが彼女に待ち受けていました。




ですが、彼女からの返事はありませんでした。

むしろ毎日足繁く書店に通う僕と目が合うたびに、由紀は怯えた表情を浮かべるようになったのです。

僕は心外でした。

由紀のことを幸せにできるのは僕だけなのに、彼女は何も分かっていないのです。

それからというもの、僕は毎日アルバイトが終わる由紀を待ちました。

雨の日も、風の日も、夏の暑い日も、雪の日も。

彼女は僕を避けるように、急いで自転車をこいで去っていきます。

毎日、毎日、去っていきます。

僕は逆に考えました。

由紀の家で待ったほうが効率がいいのではないか?と。

我ながら名案だと、よろこび勇んで由紀のマンションに行きました。

八階建ての彼女のマンションは、非常階段からはしごで屋上に行けるようになっていました。

以前下調べをしていたのが役に立ちました。

僕は由紀の部屋に、屋上からそっと訪問するつもりでした。

ですが、あいにく雨の夜。

僕は足を滑らせて転落したのです。

そうして僕は死にました。



暗い、深い闇に僕は吸い込まれていきました。

その後で急に真っ白な光に包まれた僕は、驚きました。

気がつくと僕は、由紀の部屋の中にいたのです。

僕は自分の想いがどれほど強いものだったか、改めて実感しました。

死んだ後もなお、僕は由紀を見守りながら、永遠に側にいるのです。

僕はじっと由紀のベッドの枕元で、由紀の帰りを待ちました。

夏の雨上がりの、湿度の高い夜でした。

由紀は帰ってくるなり白いブラウスを脱ぎ捨てました。

その下の黒いタンクトップの胸元に、僕は吸い込まれるように近寄っていきました。

でも由紀は僕に気付かず、べたつく汗を流したいのか、お風呂へ向かいました。

僕は紳士的な守護霊となり、由紀を見守ることを誓いました。

お風呂から出てくる彼女を、天井に佇みながらじっと待ちました。

やがて、さっぱりした顔をして由紀が部屋に戻って来ました。

恥ずかしながら初めて見る女性の全裸でした。

その柔らかな白いカーブに、僕は見とれました。

ああ、本当なら僕が生きている間に、その肌に触れたかった。

でも今は叶わぬその想いを、せめて一瞬でも味わいたいと僕は願いました。

気がつくと僕は由紀の裸の胸に近づいていました。

細身だと思っていた由紀の美しいその丘陵に、僕は迷わず触れました。

柔らかさや、肌のすべらかな感触を味わうことはかないませんでした。

僕はもう生身の人間ではないのです。

それでもこの高まる情熱をどうしても伝えたくて、僕はそっと胸元にキスをしました。

するとどうでしょう。

僕の中に、彼女の火照った情熱が、激流のように流れこんでくる気がしました。

初めて触れる彼女の肌、由紀の胸元に浴びせた僕の熱いキス。

次の瞬間、奇跡が起きました。

由紀と僕の目が合ったのです。

強い想いがやっと通じ合ったのだと、僕は喜びに浸りながら、由紀をじっと見つめました。

一瞬驚いたような、困惑したような表情をした由紀ですが、すぐにいつもの表情に戻りました。

ふっと強い風が僕の身体を吹き抜ける感覚がありました。



「あー、刺された。最悪」

手のひらで潰れた蚊と、吸われたばかりの赤い血を由紀はティッシュて拭くと、それを丸めてゴミ箱へ捨てた。



出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|

【初体験】僕の夏 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月30日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ