相互リンク先の更新情報!

【友達】友達の妹、Yちゃん【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


18日から19日の話です

俺と親友のTとその彼女Iは大学からの友達でお互い趣味が合うので連んでいます

その日たまたまIの両親は夜勤だったので、Iの家で飲むことになりました

三人とも酒好きで、それぞれ秘蔵の焼酎を持ち寄り、酒盛りとなりました

秘蔵って言っても、好きな焼酎を持ち合っただけですが

Tは富乃宝山、Iはれんと、俺は赤霧島を持ち寄りました

T「今回は赤霧島かぁ〜」

I「凄いの?」

俺「最近あんまり手に入らない」

I「じゃあ裏取引したん?」

などと、Iの発言からそれぞれの飲み方で飲み会がスタートしました

俺はお湯割、Tはロック、Iは水割りとそれぞれ好きな飲み方で飲んでます

俺「TとIってどんくらい付きあってんの?」

T「そろそろ半年かな?」

I「うん。来月の一日で半年だよ」




実は、この二人が付きあってるのを知ったのは10月からで、

その間も3人で遊んでたのにまったく気付きませんでした。

俺もIのことは好きだったので最初はショックでしたが、

Tのことはホントに親友だと思ってたので

「Iを泣かせるような事はするなよ!」

っと言って諦めました

俺「あ〜あ、先にアタックしてればよかったよww」

T「残念だったなww」

俺「I、もしTがイヤになったら俺のトコにこいよwww」

I「絶対ないからwwwでもその時はお願いねww」

こいつらを見てると絶対ないのが分かるので、期待などしていない

Tが相手でなければ本気で奪いにいってましたがww

飲み始めて一時間くらい経った時、Iの妹のYが入ってきました

Y「お姉ちゃん、漫画貸してぇ〜。あっ、TさんKさん(俺です)こんばんは^^」

Tと俺『こんばんはぁ〜お邪魔してます』

Y「またお酒ですか?飲みすぎには気を付けてくださいよ?」

俺「大丈夫だよ。3人とも強いからww」

T「Kはそうでもないだろ?ww」

俺「そんなことないぞぉ!いまから麻雀の点数計算だってできる!でも、符は計算できんがなww」

I「TもKも私ほどじゃないじゃんww」



この3人で一番強いのはIである。

何故か顔色一つ変えずに、最後まで飲んでいる。

前の飲み会でも俺はKちゃんに、TはIに介抱されいる

ちなみに女の子2人のスペック。

I

22歳

身長は162cmくらい

顔は可愛い系で芸能人で言うと、熊田ようこ(漢字がわかりません)みたいな感じです

ってか、熊田ようこに全部そっくりなんです!!

もちろん巨乳ですww

Y

19歳

身長158cmくらい(?)

誰にも似てないが、眼がパッチリしてる

そこだけ見ると「中川翔子」(字あってるかな?)です

でも巨乳ではないです

本人曰くCだそうです

親がいないことをいいことに、Yも入れて4人で飲み会開始

Iはゆっくりとかなりの量を飲み、Yはハイペースでそこそこ飲みます

多分俺と同じくらいです

俺「Yちゃんってかなりペースはやいね」

T「K、お前と同じだよ」

I「味わって飲んだらイイのに」

Y「大丈夫ですよ^^こんなの水ですよww」

多分俺しか気付いていなかったが、今日のYのペースは尋常じゃないほど速かった。

普段なら俺と同じ位に飲み終わるのに、今日は約2倍のペースで飲んでいる。

俺持ってきた赤霧島はほとんどYに飲まれ、Tの富乃宝山もIのれんとも既にほとんど空になった

T「どうする?もう飲む物ないけど?」

I「ほとんどYが飲んじゃったもんね」

俺「まだ飲み足りなさすぎる。TとI、金渡すから買って来い!」

T「なんで俺達なんだよ?」

俺「お前らの妹が飲んだからww」

俺はTの耳元で

俺「アレも買ってきていいから。どうせ忘れたんだろ?」

T「I買いに行くぞ!!!!」

毎回、飲み会の後にやっているのは知っていたので、餌でつってやりました

Iの家からコンビニまで10分、往復で20分、買い物に5分。

およそ25〜30分ほどの時間があった。

俺はIの漫画(桜蘭高校ホスト部)を読んで待つ事にした。

Y「Kさん飲まないんですか?」

俺「休憩だよ。それにしても、Yちゃん飲み過ぎじゃない?大丈夫?」

Y「大丈夫ですよ・・・・でも」

Yが俺のそばに寄って来た

Y「Kさんが近くにいると、酔ってしまいそうです」

Yは狙ったかのように下から俺の顔覗き込み、目はウルンでいた

この時、Yのこと「Iの妹」から「一人の女性」と認識を変えてしまいました

俺「こら、大人をからかうなよww」

流石にこのままだと危ないと思ったので、俺は大阪人(ホントは兵庫県人)ノリでかわすことにした

俺「その覗き方はホスト部で学んだのか?ww」

Y「そうです。Kさんのために頑張って練習しました・・・ダメですか?」

今まで「Kのタメに」とか言われたことなかったから、少し動揺しました

でも悟られてはいけないと思い、平静を装いました。

俺「そうなんだ。可愛いよ^^そんな風に迫られたら誰でもイチコロだよww」

Y「Kさんもですか?」

俺「そりゃねww今すぐにでも襲っちゃいそうww」

これがマズかった。

俺はここでYが笑いながら拒絶すると思っていたんです

でもYの反応はまったく逆でした

Y「私、Kさんのこと好きです。Kさんになら・・・・」

お互い無言になり、沈黙が続く。

ここで俺が拒否するのは簡単だが、それではYの心を傷つけてしまう。

でも、ここで受け入れてしまったら、大変な事になりそうで怖かった

かなりのチキン野郎です。

T「帰ったぞぉ〜」

その沈黙を破るかのように、TとIが帰ってきました。

Yは顔を上げ、「今晩は泊まっていってください。お風呂入ったら私の部屋に来てください」

それだけ言うとYはIの部屋を出ていき、入れ替わりにTとIが入ってきた

T「Yちゃんどうしたんだ?」

俺「なんかもう寝るって出ていったよ」

ホントのことなど言えるはずもなく、俺はさっきのYの言葉を心の中で繰り返していた。

飲み会が終わるまでの時間、俺はずっとYのことを考えていた。

確かに俺のタイプだし、何回も遊んでるから知らない中でもない。

でも、自分のどこに惚れたのかが分からない。

Iが言うには、好きな人はいるとのこと。

飲み会が終わって、I→T→俺の順に風呂に入った。

俺とTは一階の居間で寝る事になった。

Tにとっては関係のないことだが。

TがIの部屋に向かった頃、Yから携帯にメールがきた

『もう大丈夫です。待ってます』

俺は携帯を閉じ、Yの部屋に向かった

Yの部屋に着くまでは、心臓がドキドキしてました

誰か(TとI)に出会わないかということもそうだが、もう一つのことも。

部屋にってことは、まさに夜這いOKってことですよね?

しかも友達の彼女の妹と・・・・

それを考えるだけで、興奮してました

ベットに入ってしばらく無言で過ごしました

するとYが後ろから抱きついてきました

抱きつくと言っても、ただ密着していただけですが、それだけで俺は鼓動が早くなりました

Y「Kさん・・・・・私本気です」

K「いきなり言われても返事は出来ないよ。Yちゃんは俺にとって妹みたいなもんだったし」

可愛いと思っていたとは言え、やはり知り合いの妹。

軽率な行動は取れない

Yも俺の言うことが分かるのだろう。

何も言わない

Y「そうですよね。返事はまだいいです。でも、もう我慢できないです」

俺はどう答えていいか迷った。

Yは勇気を持って告白をし、恥ずかしさをこらえてベットへ招いた。

ここで何もしないのは、Yに失礼だと自分に言い聞かせた。

今思うと、Yとやりたかったんだと思う。

俺はYの方に体を向け、Yの眼を見た

先ほどと同じように潤んだ瞳

暗くてよく分からないが、おそらく顔は真っ赤になっているだろう

俺はそのままYの頭に手を手を回し、Yを抱きしめた

彼女の返事の答えになるかは分からなかったが、俺は優しく抱きしめた。

Yも同じように抱きしめてきた。

それだけで俺は興奮してしまい・・・・・勃ってしまいました

Yの手が俺のモノに触れる。

最初はさするように、しだいに形を確かめるように触ってくる。

その微妙な触り方に俺のモノは完全に勃っていた

Y「Kさん・・・・・」

俺「Yちゃん・・・・・」

俺はYに優しくキスをした。

最初こそ優しくだったがお互い理性が外れ、次第に激しく相手を貪るように舌を絡めた。

Yも経験があるのか、俺の舌に合わせるように動かしてくる

俺もYの体を手で触れる。

Yはそのほとんどに反応する

どうやら感じやすい体質のようだ。

胸は手におさまるほどの大きさで、ハリがあって弾力がある

指で乳首を触ると、体全体をビクンとさせた

ここが一番感じることを察すると、俺は執拗に責めた

Yに恥ずかしさを軽減させるため、俺は無言で責めた

右手で乳首を摘みながら、口でもう片方の乳首を責めた

隣にいるTやIに気づかれないように、Yは声を出さない

お互いかなり興奮しているのは鼓動で分かる

ホントならここで色々言葉をかけてあげたかったのですが、流石に隣の事を考えるとそれは控えた方が良いと判断しました。

Yの濡れ具合を確かめるために、空いている左手をYの大事なトコへ移動させた。

そこは今までやった誰よりも濡れていた。

最初はワレメに這わせて上下に動かし、少しだけ指を埋没させた。

Y「はぁっ」

Yがたまらず切ない声をあげた。

声というよりも息を抜くような感じだった。

(感じてるんだ)

おそらくもう俺を受け入れるのに十分なくらいだろう。

でも、俺はもう少しYを感じさせる事にした

AVでは感じられないような興奮に俺のモノは既に爆発寸前www

入れたら三擦り半で逝ってしまうだろう。

Yがすでに非処女かどうか分からなかった。

だから俺はなるべく痛くないようにしてあげたかった。

俺「Yちゃん、どう?」

Y「もう我慢できないです・・・・お願いします」

俺はベットから出て服を脱ぎ、ベットに戻りYのパジャマを脱がした。

上はボタンだけ外し、下だけ脱がした。

あまり下着や身体を見られるのは恥かしいだろうと思い、俺はYの顔だけを見るようにした。

俺「Yちゃんどうする?今ならまだ止めれるけど・・・」

この質問は酷だとは思ったが、Yの気持ちを確かめておきたかった。

Y「Kさん・・・私まだ経験ないんです。でもKさんとしたいです」

俺「分かったよ。じゃあなるべく痛くないようにするから・・・・」

そんな自信などなかったが、気休め程度に言った。

十分濡れているので恐らく大丈夫だろう。

俺はYのワレメにモノを這わせ、ユックリと入れていった。

Yは今から自分を襲う痛みに緊張して身体を固くしていたので、なかなか入らない。

俺「Yちゃん力抜いて・・・」

俺は緊張がとけるように、Yにキスをした

俺は処女としたことなどなかった。

だからどうしてあげればイイのかなど分からなかった。

全てエロ本などで書いていた事だった。

でも少しは緊張がほぐれたのか、Yのアソコに少しずつ入っていった。

流石に入り始めると痛いのか、我慢するのが表情で分かる。

少しずつ時間をかけてほぐしていく方がイイのか、それとも一気にいった方がイイのか。

俺はYに選んでもらう事にした。

俺「少しずつ入れて慣らしていくか、一気にいくかどっちにする?」

Y「私・・・我慢しますから・・・一気にいって下さい。」

Yの覚悟を聞き、俺はYの腰を手で押さえた。

俺「Yちゃん・・・・いくよ」

俺も覚悟を決め、迷うことなく一気にYの処女膜を面貫いた。

Y「っ!」

どのように表現していいのか分からないが、初めての痛みにYの顔が歪む。

やはり動くと痛いのだろうと思い、俺はそのままYにキスをした。

俺「しばらくこのままでいるから・・・・」

Y「・・・・」

聞こえているのかは分からないが、俺は胸や首筋を愛撫したりキスをして、Yの緊張をほぐすようにした

少し落ちついたのか、Yは俺の愛撫やキスに反応するようになった。

Y「まだ少し痛いですが、動いてくれますか・・・」

俺は返事をせずに首を縦に振った。

ユックリと抜き、またユックリと入れる。

流石にまだ痛いのだろう。

Yの顔がまた歪む。

Yに苦痛を味合わせたくなかったので、俺はモノに意識を集中させ射精感を促した。

先ほどまでの愛撫での興奮のかいもあり、あっという間に射精した。

もちろん外出しですが。

Yは少しボ〜ッと、どこか虚ろな眼をしていた。

俺はティッシュでYについた精液や血を拭いた。

Yが落ちつくのを待って、俺は今の気持ちを話した。

恐らくほとんど独白ではあったが。

俺「少しだけ考えたさせ欲しいんだ。でも、断ることは考えてないよ。どちらかというと、覚悟を決める時間が欲しいんだ。」

俺はこれだけ言うとYを抱きかかえ風呂へと連れて行き、俺は近くのコインランドリーへ行き、シーツを洗いに行った。

もちろんアリバイ工作とまではいかないが、Tにメールで「腹へったからメシ食べに行ってくる」とメールした。



日曜日は起きたらすでに昼を越えていたので、TとIは二人でデートに行っていた。

俺は勝手に洗顔をすませ、勝手に新聞を読んでいた。

その間も晩にあったことを思い出し、少し鬱になりながらも勃起してしまった。



勝手に出ていくのもなんだったので、Yに声をかけてからいくことにした。

俺「Yちゃん、俺帰るわ」

Y「今日用事あるんですか?」

俺「ないけど?」

Y「じゃあデートしましょう(^-^)すぐ用意するんで、下で待っててください」

断る理由はなかったので、俺はデートを了承しました。

Yの家の最寄駅から電車に乗り難波へ出て、そのまま商店街をブラブラ

途中のスタバで休憩がてらにお茶して、また商店街をブラブラ

俺は内心ドキドキでしたが、Yはそう言う風には見えずというか、そう言う風に見せないように振舞っていたようでした。



ただ、今までと違っていたのはYの密着度が明らかに高くなっている事でした。

手をつなぐどころか俺の腕に身体を密着させ、まさに恋人同士といった感じでした。

ずっとYの胸が俺の腕に・・・・

俺「あんまりくっつきすぎると・・・・胸があたるんだけど」

Y「わざとですよwwKさんにならいいんです^^」

多分難波から心斎橋までこんな感じでした。

途中のゲームセンターへ立ち寄ると、Yはクレーンゲームの方へ走っていった。

Y「Kさん、これ取ってください♪」

俺「う〜ん頑張ってみるよ」

一回200円のクレーンゲーム

なんとか一回で取ってあげたい。

俺は慎重にボタンを操作した。

この時神が降臨したのか、それとも運が良かったのか、なんと取れてしまった。

俺の横でYは嬉しそうにハシャイでした。

その姿はホントに可愛かった。

俺はぬいぐるみをYにあげた。

Y「嬉しいです。一生大事にします♪」

俺「そんなたいしたものじゃないよww」

Y「いいんです。好きな人からもらったものだから、大切な宝物ですww」

流石にはっきりと「好きな人」といわれるのは恥かしかったが気持ちが良かった。

日曜はこんな感じでした。

Yはもう完全に恋人気分でずっと密着してました。

まだ返事はしてません。

一週間は考えるつもりですが、もう答えは決まってるんです。

おそらく今度の土曜に・・・・・決着つけます!!!!!!!



そんで今日ですが、よばれて少しだけデートしてきました。

俺はバイトがあったので、今日はこれと言って何もしてないです。

駅のホームまで送ったのですが、電車に乗る瞬間にキスされました。

結構人がいたのですが、かなり大胆なことされました

報告以上です!!!

本日は学校とバイトですので、報告することはなにもないと思います。

土曜の夜に報告ありかもしれません。

もしかした日曜になるかもしれませんが、それまで他の方の行方を見守ります


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【友達】友達の妹、Yちゃん【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ