相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】セックスレス男のパターン 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


A【彼女や妻に飽きた男】

いわゆる「釣った魚に餌はやらない」というやつ。

征服欲、独占欲中心のセックスは、手に入れるまでは一生懸命だけど、自分のものになった時点で任務完了。情熱が冷めてしまいます。でも新たな魚を追い始めると・・・

 

B【性欲低下の男】

忙しくてセックスどころじゃない。趣味に没頭してセックスは二の次などなど・・・

 

C【セックスが嫌いな男】

「快楽のためのセックスなんて不潔」という男もいるらしい。だけど本当の所は、親密な人間関係が苦手で究極の交わりであるセックスを忌避する言い訳に過ぎないのかも。

 

D【したいのにできない男】

最近増えているらしいED。さまざまなストレスが原因といわれていますが、無意識のところで何かブレーキがかかっていると思われます。

 

E【コンプレックスが足枷になっている男】

セックスの途中で萎えてしまい自信喪失。彼女から「早い」の「小さい」の言われ、それがトラウマとなってセックスに踏み込めなくなるケース。男の性意識はガラスのように繊細なようです。




 

飽きた男Aはまさに自我・自己中の性。今の40〜50代にはこういうタイプが結構多そうですね。そんな男の自我が傷つけられるとコンプレックスEのパターンに転落。でもいずれも今は少数派、やがて消え行くタイプではないでしょうか。

 

セックス嫌いC、したいのにできないDは正反対のようで根っこは一緒。セックスの本質である“心の交り”ををもつことができずに観念的にセックスを否定or幻想化しているだけ。日常的に親密な人間関係を築けないで、より親密なセックスで充足できるわけありません。

充足できなければセックスは二の次というBが増えるのも当然です。この辺が現在の主流のような気がします。

 

“抱かせない女”も“抱かない男”も、セックスから“心の交わり=共認充足”を失ってしまったのが大きな問題のように思います。セックスは「2人だけのこと」、さらには「個人の自由」という考えが浸透し、とことん“個人的課題”になってしまったのが大きな要因でしょう。私のことばかりで相手を感じられないセックス。それでは充足できるはずありません。



出典:「抱かない男」の意識は?

リンク:


告白体験談関連タグ


【彼女・彼氏】セックスレス男のパターン 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月31日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ