相互リンク先の更新情報!

【友達】少女愛美⑦【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


愛美13才⑦-2

B『愛美、今度はこれで気やりや』Bはいぼいぼの極太バイブのスイッチを入れて、少女の性器に宛がい沈めてゆく。

『あぅっ!それはぁ……あひぃ!』少女の腰が跳ね上がり、うねうねと動く。

B『どや、愛美!たまらんやろ!』

『あぅぅーいいっイイッ!』少女の性器にバイブがはいったままバイブが動いている。

『イイっ!!イイの!気持ちいいのーっ』少女の腰がバイブの動きに合わせてうねる。

『んああああ!イイッ!』少女の心の鏨が外れたようだ。

B『ヒデ、この子は当たりや。最高やな!さぁ、愛美』少女はBに何かを懇願するように見た。バイブが少女の中で動いている。

B『気い遣りたくてたまらんのやな?』

『あぅぅー。いい……』

B『バイブで気い遣る13才の美少女や!ヒデ、たのむでー』Bは少女の股間で動くバイブにてをやる。

『あぁっ!いやあ!おじさんっ!』

激しくだしいれをするB。B『どうや!愛美!』

『アッアッアッ!もうあわあーー!やめあひぃぃぃぃ!ぎもぢい゛い゛ぃ゛』少女は言葉にならない叫び声をあげ、腰を激しく浮かし、シーツを掻きむしり、イッテしまう。

B『たまらんな。もう、セックスの虜や。愛美はわしのもんや』




『あぁぁ……はぁはぁ……いぃ』少女は荒い息をはき、体がピクピク痙攣している。

B『まだまだ、これからやで愛美』Bは少女を愛撫した。

『あうん…おじさん……』

B『なんや?愛美』

『喉が渇いたの……お水飲みたい……』

B『お、さよか』

Cがペットボトルの水をもってきた。

B『よっしゃ、わしが飲ましたるわ』とBは口移しで少女に水を飲ませた。

『はぁー』

B『愛美、わしにも飲ませてくれや』

『はい』少女は水を口移しでBに飲ませた。

B『ええ子や、愛美』

『……おじさん』少女はBのペニスを握るとフェラチオを始めた。

B『ぉぅ!愛美、また欲しくなったんか』

『んぐ…んぐ…』

B『上手いやないか!たまらん』

『うんぐ』

B『よっしゃ、愛美!股ひらき!』少女は股を大きく開き、Bのペニスを迎え入れた。

『あぅっ!おじさんっ!』B『いくでぇ!』

『あっ!あひぃ!アッアッアッ!おじさんっすごいよぉ』Bの腰の振りに合わせるように喘ぐ少女。

腰を振りながら、胸を愛撫、キスをする。

正常位から、側位、対面座位と体位をかえ、Bは仰向けになり、少女に騎乗位を要求した。

B『ヒデから教わっとるやろ?』少女はBにまたがりペニスを性器に導くと自分で腰を落とす。

『あぐぅぅぅ!』そして少女は自分から腰を振り、よがる。

『あん!あん!おじさんっイイッいいっ!気持ちいいっすごいぃ!』

B『愛美!バイブとわしのチンポはどっちがええんや?』

『あん!あぅ……』

B『どっちや!』Bは腰の突き上げを速くした。

『あひぃぃぃ!おじさんのチンポです!あん!チンポ!チンポがいいっ』

B『さよか!ええ子や!愛美、四つん這いや!』少女は四つん這いになり、尻を目一杯高く上げた。

B『愛美、おじさんのチンポ下さいいうてみ!』

『……恥ずかしい…』

B『おじさんのチンポ、愛美のオメコに下さいていうてみ。言わんと、このままバイブにするで?』

『……おじさんのチンポを愛美の……オメコにください……』

B『言えるやないか!ご褒美や!愛美、いくで』

『おじさん!うあ……』

B『気ぃ狂うくらい、ハメたるからな!』

『あん!あひぃぃぃ!』

B『愛美!オメコはどや!チンポはどや!』

『いいっ!イイッ!気持ちいい!チンポいいっ』

B『愛美!わしのチンポとヒデのチンポ、どっちがええんや?』

『あん!あん!……それはぁ』

B『どっちや!いうてみ!』

『あっ!あっ!あああん!言えないよぉ……』

B『どっちや?』Bは激しく突いた

『ひぃーーー!あん!あん!』

B『言わんと、やめるで?』

『うぅ……』少女はちらりとCを見た。

Bは突くのを止めた。

『やめないで……!お、おじさんの!おじさんのチンポがいいです……!』

B『ほんまやな?愛美』

再び突くB

『あぐぅ!』

B『ヒデよりわしのがいいんやな?』

『はいっ!あっ!おじさん!おじさんがいいっ!すごいぃ!』

B『よし、気ぃ遣らしたる!』

『あっ!あっ!あっ!あああっ!おじさんっ!もっと……もっと』

B『もっとなんや?』

『もっと…気持ちよくして……』

B『こうか?』

『あひぃぃぃ!』

B『どんな感じや!愛美』『くるよ!あああっ!くるよぉ!おじさん!気持ちいいのがくるーっ!あひぃぃぃ!くるのっ!おじさんっ!』しかし意地悪にもBは動きを止めた。

『あっ!なんで…いや…やめないで!いじわる……おじさん!』Bはペニスを少女の性器に宛がうだけで入れようとしない。

『入れて!愛美の……オメコにおじさんの……チンポいれてぇ!』Bは一気にペニスを挿入した。

『はぐぅぅぅ!』

B『焦らされると快感が増すんや。愛美、いくで!』Bは激しく腰を振った。

『あ!あひぃぃぃあひぃぃぃ!おじさん!くるの!また、また気持ちいいのが!あああああ!』

B『愛美、イクや!イクいうんや!』

『あわわわ…イク…』

B『イクんや、愛美!イッてええんやで!』

『おじ…さん…あっひぃぃ!イクぅイクぅ!あひぃぃぃイクイクっ!』少女は叫び、ベッドに倒れた。よだれを垂らし、痙攣している『あーあーあーっはぁぁぁぁ……』

B『愛美、まだや。まだまだや!愛美みたいな娘はおらん。ほれ、ケツあげろや』

『あふん……あ…』

B『いくで!』

『んあっ!あひぃぃぃあひぃぃぃ』

B『愛美!どうや!』

『あぐぅ!!』

B『うぉ…』

『すごい……愛美ダメ……おじさん……また、また……』

B『もうダメや……愛美!イクで!』

『ひっぐうぅぅ!イクぅ!おじさ…ん…愛美もうダメ……あひぃぃぃあひぃぃぃあうっ!イク…………』

B『おあっ!おああっ』

『んあ……………』少女は失神してしまう。

B『もうはなさへんで。愛美はわしのもんや』

〜完〜


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【友達】少女愛美⑦【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ