相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】人妻いじり【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


俺(26才)は人妻が大好物だ。若い子、まして処女なんかにはまったく興味がない。色白でたっぷりと脂がのった中トロの人妻に目がない。以前図書館でナンパして三回目のデートでベッドに連れ込んだ友美(仮名)の話をしよう。友美は36才で旦那は公務員らしい。子供はいない。できなかったらしい。顔は熟女の川上麻衣子に似て少しタレ目でポッテリした唇がエロい。色が抜けるように白く乳は小さめだが、腰から尻、太ももにかけての肉付きが圧倒的でちょうど磯山さやかの乳を小さくした感じ。始めて裸にした時は思わずヨダレがでた。その友美が先ほど帰ったところ。一週間に一度くらい必ず平日の昼間に俺のワンルームマンションにくる。そんな日は俺もバイトを休んでお小遣いをもらってる。俺は友美がくる前は必ず入念にオナニーして、寸止めを繰り返しチンポ汁を止めどなく垂らしておく。こうすると射精した時の快感が倍増する。お待たせ。今日の友美との痴態を話そう。友美の今日の服装は薄手のオレンジ色のワンピに生足、膝上10cmくらいか。体の線がくっきり見える俺の好みだ。俺と友美はローソファーに座りビールを飲みながらY談を始める。友美を後ろ向きに膝の中に抱いて…

「奥さん、こんな昼間っからうちにきて何するの?教えて。」

「……」

耳たぶを甘がみしてやる。友美はここが弱い。

「ねえ〜教えて。何するの?」

「くん…ふぅんん…や、やらしいこと…いっぱい…して…」

「そうかあ〜奥さんはやらしいことされるのが好きなんだあ〜」友美の顔を覗きこむ。友美は上目遣いで俺を見てこっくり。首筋に舌を這わせながらワンピの上から乳を揉む。小さいと言っても両手に余るボリュームだ。十分に揉みしだいてから胸元から乳をつかみ出す。友美の乳は乳うんがプックリ膨れてその上に大きめの乳首か乗っている。いわゆる三段乳で俺の好みのやわ乳だ。色が白いので血管が浮いてみえる。既に勃起している乳首を指で挟んでコキコキしてやる。

「いや…ふぅぁ〜…もう〜す、吸って…」友美の体の向きを変え抱っこちゃん座りをさせて、乳にしゃぶりつく。ヨダレをたっぷり出して。ブラの上につかみ出した乳はつきだされエロい。乳首をくわえて上下左右に振り回す。両手は尻たぶをつかんで揉みたくる。俺は乳首をくわえながら

「奥さん…スケベな人妻は服を脱がずにやるんだよな…見つかった時に誤魔化せるように…そうだろ?チュバッ〜ジュル〜」

「いゃあ〜やらしぃ〜」友美がのけぞる。俺は乳首から口を離し、ぼってりした友美の唇に吸い付く。直ぐに友美が舌を絡めてきた。ヨダレを垂らしながら舌を吸い合う。友美が自分の股間を半勃ちしてきた俺のチンポにこすりつける。急速に血液がチンポに集まる。亀頭が熱い。

「奥さん、俺もう勃ってきたよ。いつもみたいに一週間溜めた濃いやつをしゃぶり出してくれる?」

俺はいつも一発目は必ずしゃぶらせて呑ませる。スッキリして落ち着いたところで、次、勃つまでの間、女の体をいたぶって蛇の生殺し状態にしてからゆっくりとはめてやる。友美が俺の膝から降りて股間に入る。半パンの上から、俺の勃起の形をなぞるように指を這わせる。

「こんなのでやられたら女はひとたまりもないよねぇ〜」友美が上目遣いで言う。目の奥が光っている。俺のチンポは太さは普通だと思うが長さが自慢だ。どんな体位でも抜けることはない。奥を突かれて悦ぶ女には評判がいい。友美はそのタイプだ。友美はクンクンと匂いを嗅ぐようにしながらイエローブリーフに映るシルエットに舌を這わせる。友美はたっぷりとヨダレを垂らしながら舐めあげる。瞬く間にブリーフはベトベトになりチンポの形が透けて見える。友美はブリーフの脇から玉をつかみ出す。

「ねぇ、俊クン、溜めといてくれたのぉ〜」玉を転がしながら言う。

「友美さんのために一週間溜めたから、もうタプンタプンだよ。」「ホント?調べたらわかるのよ。」友美が玉を全部口に放り込む。根元を軽く締め付けながら舌で玉をコロコロ転がしている。唇の端からヨダレが絶え間なく垂れている。玉を全部呑み込んでいる友美の顔はすげぇブスに見える。ぷはーと玉を吐き出した友美は




「いただくね。」と言って俺のブリーフを脱がす。俺は腹に力を入れてピンビンビンとチンポを振る。先っぽから汁が糸を引く。

「あっ、もったいない…」友美はチュルッと汁をすする。

「ホント、長〜い。私の顔くらいあるかも。」カボッとくわえる。目を閉じて少しずつ深くくわえていく。ヨダレがこぼれそうになるとズズーとすすりこむ。先っぽが喉に達した。グホッ、グヒッと喉をつまらせながら唇が根元に達した。亀頭部は喉の奥。最近喉の奥に突っ込めるようになった。魚肉ソーセージで練習したそうな。俺はそんなに気持ちいいと思わないが気持ちが嬉しい。ズビーズビーズビーと派手な音をたてながら唇が亀頭部へ戻る。唇で亀を強くはさみコキコキコキコキとしごく。舌で尿道口をほじくりながら右手で茎をしごき左手の爪で太ももと玉袋を掻く。俺が教え込んだのだがこれはたまらない。猛烈な快感が押し寄せる。

「奥さん…うっ、こっち、こっちを見ながらしゃぶって!もっと音たてて、ヨダレだして、ウクッ!」友美が俺の目を見ながらズビー、ジュル〜ングング、ブビ〜ブビ〜とありとあらゆる音をたててヨダレを垂らす。

「奥さん、何くわえてるの?ククッ」射精感が込み上げてきた。

「…ズビ〜俊クンの…チュルッ…でっかいオティンポ〜う〜お汁がいっぱい…ペロペロ」

「チンポからは何がでるのかな?」

「恥ずかしい…い」友美が目を反らす。

「ちゃんと言って。何が出るの?」

「…俊クンの…せ、い、え、きっ。いやだ〜恥ずかしい…」右手でチンポを振りながら舌にこすり付けてる。利く、これ。

「口の中に精液出されたらどうするの?」友美の乳を揉みながら聞く。

「…呑んじゃうもん。全部…」

「呑むの好きなんだあ〜」

「俊クンが教えたんでしょ〜私、初めて呑んだのはあなたのよ。」「でも、今は大好物でしょ?」

「やだ、もう〜早く、早く呑ませて…」俺は自分でマングリ返しの格好をする。友美は右手でチンポをしごきながら玉袋を持ち上げケツの穴に舌を刺しこむ。

「グワ〜」俺は女のようにのけ反る。友美はチンポにツバを垂らして猛烈にしごきながらケツの穴をほじくりまわす。

「奥さん、だめだっ、出そうだ〜」

「…うん?出すの?ホント?」

俺は仁王立ちになってチンポを口に突っ込む、友美が口全体で絞めつけ体勢を整えたところで頭を押さえて腰を前後に振り始める。今は喉の奥に突っ込んでも平気なので遠慮なしに突きまくる。ジュビ〜ジュビ〜ンパンパ、ヨダレがダラダラ垂れる。

「クー限界だあ〜

「友美さん〜先っぽしごいて〜」唇で亀を強くはさみ頭を上下左右に振りたくる。

「だめだあ〜出る、出る、奥さん口開けて、舌出して〜もっともっとべ〜と舌出して〜」友美が言われた通り大口を開け舌をつき出す。俺は友美の髪をチンポに巻き付け、チンポをしごく、しごく。

「クウッ〜イクッ」俺は舌上を狙って射精を開始する。ピュッビュッブリュ、リュ、リュッ第一弾から第五弾までが正確に舌上に命中。第六弾が鼻下に引っ掛かる。友美は精液を舌上にを溜めたままじっとしている。俺の精液は濃い。液というよりジェルに近い。友美いわくコッテージチーズ。特に一発目は濃い。射精量に満足した俺は

「呑むなよ。」と言ってチンポを口に突っ込む。

「残ってるのを絞り出して。」友美は根元までくわえて絞めつけながら亀頭部へ向かって残汁をしごき出す。

「抜くよ。こぼさないようにしてね。」と言って慎重に抜きとる。「呑んでない?」唇を閉めコクンコクンと首を縦に振る。

「見せて。」友美が口を開けて舌上の精液を見せる。匂いが伝わってきそう。

「たっぷりと出たなあ〜まだ呑むなよ。カミカミして。」友美、カミカミ。

「プクブクして。」ほっぺを膨らませたりすぼめたりブクブクしてる。

「見せて。」口の中で泡を吹いてる。

「スゴイッ。友美さん、手のひらに出して…」両手の平にダラ〜とヨダレと精液が混じった液体を吐き出す友美。

「プハ〜。今日のすんごく臭い〜」アゴの辺りをどろどろにしながら友美。

「じゃあ友美さん、少しずつすすって食べて。俺の目を見ながらねっ。」友美は上目遣いで俺の反応を見ながらズズーズズーと派手な音をたてながらすすって食べてる。こんなエロいのはAV でもないよ。全部食べたあと、手のひらを舐め、鼻下に引っ掛かかったのをつまんで食べる。

「おいしかった?」

「おいしくなあ〜い。喉に引っ掛かるし。臭いが取れないからあ〜」友美は甘えた声を出して再びくわえてくる。あ〜スッキリしたあ〜これでゆっくりと落ち着いて友美の体をもて遊べる。

「奥さん、そこに四つん這いになってお尻見せて。」 え〜と言いながらも友美はじゅうたんの上に四つん這いになり、顔を床に付け背中を反らして尻を高々とつき出す…

(続く) いよいよ次は友美にハメハメです。お楽しみに。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【人妻・熟女】人妻いじり【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月3日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ