相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】会社の友人と嫁が両想いになった話part2 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


前回書いたとおり、嫁が高木に抱かれた後も、夫婦関係には特に支障は見当たらなかった。弊害といえば、嫁が過剰なくらい優しくしてくるのがちょっとむず痒いかったがそれくらい。



当然また高木に抱かれてほしいと思ったけど、その前に危惧していることもあった。

俺が浮気しているという誤解をされたままということだ。



それに対しては少しづつ信頼を得ていくしかなかった。

前回書いたように出来るだけ早く帰り、入浴の時などに携帯を無造作に置いてチェックするよう仕向けた。結局その辺は嫁の中でどう消化されたのか、いまだにわからない。

18歳以上 FC2BlogRanking



高木には口説きを続行するよう頼んでおいた。

方法は全部メール。

高木と嫁のやり取りはほぼリアルタイムで携帯に転送してもらっていた。

そして携帯で確認したらPCに転送&保管しておき、携帯のは消去という流れ。

ちなみにメールを送って良いのは平日の昼間というか勤務中のみとしている。

俺と嫁が一緒に居る時間だと、嫁が挙動不審になっちゃうだろうから。






嫁が浮気した数日後、俺は高木にいくつかの質問を嫁に送ってもらった。





Q浮気って初めて?

A当たり前だよ。



Q正直気持ちよかった?

A普通。



Q俺(高木)のことどう思ってる?

A弟分。



Q旦那は気づいてそう?

Aそれは大丈夫だと思う。だからもう絶対駄目。



Qなんでしちゃったの?

A気の迷い!はいもう終わり。さっさと仕事戻りなさい。



Q今でも旦那の浮気を疑ってる?

Aわかんない。でも何か知ってるなら教えてよね。



Q本当に浮気してたらどうする?

A人のこと言えないからね・・・どうしたらいいんだろうね・・・



Q離婚もある?

Aあたしからは絶対無い。



Qどうして?

A無いったら無いの。







それと嫁からも高木に提案。

「今後は家に招待されても来ないでほしい」とお願いしていた。

俺自身にはそんなこと要求していない。

「それは俺に言われても・・・」と高木。

「上司に誘われたら断りづらいのはわかるけど、夫の前でどんな顔で高木君と喋ればいいかわからないの」

「わかりました。善処はします」



「俺京子さんの料理結構好きだったんで残念です」と高木は心底残念そうだった。

「いつか二人の時に作ってもらえばいいだろ」と提案したものの、不思議なもので

他の男のために手料理を作る嫁は心底見たくないなと思った。

抱かれている姿は目の前で見たいとすら思うのに。

とにかく高木を家に誘うのはこれ以降止めた。







あと余談になるが、高木は当初、どうも俺のことを疑っていたらしかった。

というのも、自分の嫁を抱いてくれと頼んできて、その嫁は俺の浮気を疑っている。

となれば高木の立場からすれば、俺には別に女がいて、嫁と別れたいから逆美人局

みたいなことをやろうとしてるのでは?という疑念があったみたいだ。



そんな疑問を、会社帰りに二人で飲んでいるとき高木からストレートにぶつけられた。

俺は馬鹿馬鹿しいと鼻で笑ったが、よくよく考えると成る程なと思い、高木が納得するまで

世の中にはスワッピングとか寝取られという性癖があることを飲み屋で熱弁した。

高木もやがて納得してくれたが、それでも俺の嫁を口説くことに抵抗があるようだった。



「やっぱ先輩や京子さんに悪いって思っちゃって」

先日嫁を抱いた時も、俺と嫁への罪悪感でいまいち燃えれなかったらしい。







「京子さんの事も考えてあげてくださいよ?」と説教までされた。

「そうか。嫁はそこまでして抱く価値は無い女だったってことか」と俺は半ば本気でガッカリした。

「いやそうじゃないですけど」

「正直お前的に何点だった?」

「え?京子さんですか?そりゃ100点ですよ。頭良いし美人で最高の奥さんじゃないですか」

「そうじゃなくてさ。実際抱いてみて、女としての話だよ」

「いや勘弁してくださいよ」

「言えって」

「はぁ、まぁぶっちゃけ良かったです。でもやっぱあんま乗り気になれないですよ」

「フェラはしたんだよな?」

「まぁちょっとだけですけど」

「どうだった?」

「ん〜、京子さん多分ちゃんとやってなかったと思いますよ」







そんなこともあり、高木と嫁のメールはちょくちょく続いてはいたものの、その内容は

あくまで日常会話の範疇で、「また会って欲しい」というようなメールに対しての嫁の返信は、

一貫して素っ気無いものばかりだった。

「じゃあなんでメールはしてくれるの?」という問いに対しては

「夫の友人だから邪険には出来ない」というようなことを返していた。



嫁が高木に抱かれて一月ほど経った。

嫁と高木の間に大きな展開こそないものの、軽い日常会話程度のメールは続いていた。

その間、俺は高木を家に招くこともなかったので、嫁と高木は顔を合わせていなかった。

そんなメールだけの関係というのが功を奏したのか、やがて嫁もだいぶ気楽に高木とのメール交換を

行うようになっていった。

それこそ多少の下ネタなら大丈夫なくらい。







そんな中、高木に「○○さんと俺のセックスってどう違います?」とメールを送らせたところ

「え〜、やっぱり硬さかなぁ。どうだろ、わかんない」と答えていた。

そこで少し突っ込んだ質問をさせた。



Q今までの経験人数

A秘密。



Q付き合った男

A秘密。



Q一番気持ちよかった人。

A秘密。



Q俺は何番目くらいに良かった?

A本当馬鹿だね。しょうがないな。多分結構上位だと思うよ。わかんないけど。



Q旦那は?

Aうるさい馬鹿。



Q俺とどっちが上?

Aそんなの比べられません。



Q旦那のHで不満なところ

A無いよそんなの。あ〜でもな〜、う〜ん。実はちょっとだけある。



Qなに?

A秘密。大したことじゃないよ。



Q正直何年も一緒だとHは飽きない?

Aあたしはそうでもないよ。



Qじゃあ何が不満?

Aいい加減仕事しろ。







あくまでHに関してのみだが、俺の微妙な評価に落胆するも同時に興奮してしまった。

今まで被虐趣味があるなんて思ってもなかったのに、そんな自分が可笑しくてしょうがなかった。



とにかく嫁は、あくまでメールだけの関係という事に安心して、高木に心を少しづつ打ち解けていったようだった。



そんなある日、高木が体調不良で会社を休んだ。

昼過ぎくらいに高木に電話をすると、割ともう元気だとのこと。

大きな案件を終えたばかりだったので、もしかしたらサボりだったのかもしれない。

高木は基本的に真面目なんだが、有給はきっちり消化していくタイプだ。



俺にはこの状況を想定して、前から暖めていたアイデアがあった。

嫁をお見舞いに行かせる。

まさか本当に実践できる機会があるとは思っていなかったので、思わず小さくガッツポーズをした。

本気で風邪をこじらせていたなら、伝染させたくないので絶対に行かせなかったけど。







早速嫁に電話をする。

「もしもし。今日って昼間用事ある?」

「無いよ。なんで?」

断りづらいように、先に暇という言質を取っておく。

「高木が寝込んじゃっててさ。悪いけど様子見に行ってやってくんない?」



おそらく忘れ物を届けてほしいとか、そんなことを予想してたのだろう。

嫁の反応は「・・・え?」と戸惑いを隠せないものだった。

「なんか結構しんどいらしくてさ。嫌ならいいけど」

後で考えると、嫁は俺の「嫌ならいいけど」に過剰に反応してしまったのかもしれない。

断るのは逆に怪しまれるんじゃないか?なんて。



それは流石に俺の考えすぎかもしれないが、とにかく嫁は俺の申し出を了承した。

その直後、高木から、嫁のとのやり取りが転送されてきた。







「寝込んでるの?」

「はい」

「御飯食べた?」

「まだです」

「旦那に頼まれたから御飯くらい作りにいってあげるよ」

「マジですか?」

「でもただのお見舞いだから。勘違いしないでね」

「わかってますよ。ありがとうございます」

「風邪?」

「いや、ちょっとダルくて」

「病院行った?リクエストある?」

「大分良くなったんで。お任せします」



そんな普通のやり取りが終わったのが13:00くらい。

1時間後後に嫁から俺にメール。

「今高木君のアパート着いたよ」

さらに30分後、「御飯作って食べさせたよ。もう帰るね」







その後、高木からはなんの連絡もなかった。

なんだ、本当にお見舞いしただけか、と落胆しつつ仕事を続けた。

しかしもうそろそろ定時かという時間に、高木から

「今京子さんシャワー行きました。電話良いですか?」とメールが来た。



その不意打ちに膝がすとんと落ちそうになり、そして同時に一瞬で下腹部がカッと熱くなった。

急いで外に出て、周囲を気にしながら口元を手で押さえながら高木に電話。

「やった?」

「2回終わったとこです」高木は早口でそう呟き、更に続けた。

「今日○○さん残業とかないっすか?もし良かったらもうちょい」

「わかった。嫁には俺から連絡しとく」







その後嫁に「今夜は残業で遅くなるかも。早くても9時だと思う。晩飯も社員食堂で食ってくわ」とメール



しばらくして「え〜ご馳走の予定だったのに〜。わかった。気をつけて帰ってきてね」と嫁の返信。



さらにその後高木。

「じゃあ9時には帰します」とだけメール。



残業などしても手につかないのがわかりきっていた俺は、定時そこそこで会社を出て近くのネカフェで時間を潰すことにした。

とはいえ漫画を読んだりネットをする気になれず、その間は今までの嫁との思い出が

頭の中をぐるぐる回っていた。

目を瞑ると、嫁の笑顔が浮かんできた。

ベタだけど、ウェディングドレス着て照れ笑いしてる嫁とか。

それがいま高木の腕の中で、どんな顔でどんな声をあげているのかを想像すると、

苦しいくらいに興奮し、そして同時にますます嫁が愛おしくてたまらなくなった。







我慢出来なくて、トイレで携帯の嫁の待受け写真で一度抜いた。



高木からの報告を待つ間は、大袈裟かもしれないが生き地獄のようでで、泣き叫びたく

なるくらいの焦燥感と同時に、童貞を捨てる直前のような興奮で胸が張り裂けそうになった。

そんな癖はないのに、しきりと何度も爪を噛み、何度か涙も流しそうになった。



しかし高木からはすぐに連絡がきた。

「今京子さん帰りました」

何時間にも感じられたが、まだ6時だった。

飛び跳ねるようにネカフェを出て、家路についた。

でも家の玄関まで着くと、中に入るのを躊躇ってしまった。

ほんの数時間前まで他の男に抱かれていた嫁の顔を、見たくて仕方がなかった。

でも怖くもあった。



どうせ遅くなると言ってあるんだから、報告を聞きついでに、まずは高木と会って

ワンクッション置こうと踵を返した。







「ウチに来てからわりとすぐにやり始めましたよ」

高木は俺に悪いと思ってるのだろう。少し目を逸らしがちにそう言った。

「え、じゃあメシは?」

「一回してから作ってもらって」

「じゃあ嫁のあのメールって」

「2回してましたっけ京子さん。一回目の時はフェラしてて、俺が『入れる?』って聞いたら

『ん』って頷いて自分からまたがってきたんですけど、その途中で『あ、ちょっと待って』って』

「2回目のメールは?」

「実際料理作ってる時だったと思いますよ」

「抵抗無かったのか?」

「料理ですか?」

「いや最初のエッチ」

「抵抗ってほどじゃないですけど、一応軽く手で押さえてきましたね。

それ以外はじっとしてる感じでした。嫌がりもしなけりゃノリノリでもないっていうか

されるがままって感じでしたね」







「出来るだけ詳細頼む」

「ん〜、と言っても、まぁわかりました。ウチ来てからはしばらくは普通に喋ってたんですけど、

隣座って肩抱き寄せて少しづつ触ってったりしました。

さっき言ったとおり京子さんはじっとしてるって感じでしたね。

舌入れようとしても口も開きませんでしたし。でも抵抗は無かったです。

キスしながら服脱がせてって、そんで自分のちんこ触らせたら困った感じで笑って

『やだ』って言いつつも軽くジーパン越しにさすってきました。

『直接触って』って言ったらファスナー開けて握ってきて、そんで京子さんの頭

撫でたら、自分からフェラしてきてくれました」

「嫁は何か言ってた?」

「何かとは?」

「いやH中とか、H後」

「いや、ん〜特に。というかすいません。質問の意図が・・・」







「いやだから俺よりすごいとか」

「ああ、そんなんはなかったです。普通に『すごい』とか『いっちゃう』とか」

「他には?」

「え、まぁ普通ですよ。『もっと』とか『だめ』とか』



それだけでも俺は射精できそうなくらい興奮していた。

不思議なことに、目の前でそう語る高木に対しても、嫉妬こそすれども

それは憎悪や怒りでは全くなく、むしろ友人としてより共感できる部分が出来て、嬉しく思った。



「2回目も?」

「まぁそうですね。一回戦は口に手を当てて声我慢してたんですけど、二回戦は途中で

『ねえ?声大丈夫?やばくない?』って聞いてきて、『平日の昼間だから誰もいないよ』って

言ったらそっこからは普通に喘いでましたね」

「どんな感じだった?」

「いや、普通に、可愛い声でした」







「で、お前が電話してきたと」

「はい」

「その後は?」

「え〜っと、○○さんが京子さんにメールしたんですよね?そしたら

『旦那残業だって。やっぱりどっかのサボりさんとは違うね』って。

『じゃあもう一回しよっか?』

『駄目駄目!もう帰る』

『良いじゃん』

で、服着ようとする京子さんを後ろから抱きしめて、あとは胸揉んだり

キスしてたら、最初は『ちょ、もう駄目だって』って笑ってたんですけど

その内『あっ』って声だして、『もう!』って怒りつつも腰下ろしてフェラして

きてくれて、でもそれでイカされました。途中何度か押し倒そうとしたんですけど

『もう帰んなきゃ・・・』って」







「俺のこととか何か言ってた?」

「いや本当無いですよ。してる時に結構会話振ったりしたんですけどね、基本無視でした。

H後も特に会話って無かったですもん」

「じゃあ帰り際は?」

「いや普通にバイバイって感じでした」

「それだけ?」

「あ〜、あっ、玄関でキスしました」

その様子を想像すると、何気にすごくショックだった。

「別れ際なんか言ってた?」

「特には無いですね。次どうこうとかも言わなかったです」

「今からメール送ってみてよ。てか俺が送って良い?」

「ああ、良いですよ」



高木の携帯から嫁にメールを送る俺。

他人の立場から自分の嫁とピロートークをするというのはすごく新鮮で、

性的興奮とは別に、学生時代の恋愛を思い出した。







「旦那さん帰ってきた?」

「まだ。ウチの夫はどっかの誰かさんと違って働き者だから」

「じゃあもう一回くらいしたら良かったね」

「死んじゃうからやめて」

「そんな激しかった?」

「やばかったよ」

「初めてってくらい?」

「かもね」

「またしようね」

「だからやなんだって」

「前も言ってたじゃん。なんでまたしたの?」

「別に。気の迷い」

「ぶっちゃけ旦那とどっちが良かった?」

「そんなのわかんないってば。今日もメールも終わり」







高木の携帯で嫁とそんなやりとりをした後、俺は高木の家を後にした。

その後も意図的に遠回りをしたり、用も無いのに本屋に寄ったりして、

結局家に着いたのは10時くらいだった。



晩飯を要らないと言ったのに、嫁はなぜか俺の好物を作って待ってくれていた。



考えると俺もメシを結局食ってないままなので、丁度良いと嫁の用意して

くれた食事をとることにした。

嫁もまだだったようで、一緒に食べた。

嫁はちらちらと俺の顔を伺っていた。

ご馳走のことといい、声も明らかに上擦っているのでわかりやすすぎる。

もし本当に隠れて浮気されてたら、一発でわかっていただろう。







日中高木の腕の中で悶え続けていた嫁は、やはりとても綺麗に見えた。

嫁を抱きたくて仕方なく、さっさと風呂に入ると、珍しく嫁が一緒に入ってきた。

背中を流してくれて、そのままフェラまでしてきた。



その流れで浴室で立ちバック。

初体験の時のように無我夢中で、とにかく犯すようにがむしゃらに腰を振った。



その後浴槽の中で対面座位でつながった。

初めての経験だった。

とても狭くてろくに動けなかったけど、その分嫁と密着できて、一つになれたという幸福感に包まれた。



高木と抱かれた後の嫁は、H中に俺のことをじっと見つめるようになった。

悲しそうというか辛そうというか、何か言いたげな顔にも見える。

あとしきりに「愛してる」と言葉を投げかけてくれるようにもなった。







それから数週間後、数日間泊りの出張が出来た。

出発当日、朝早いのに嫁は駅まで見送りにきてくれた。

俺が出発した後、通常勤務中だった高木に「今夜遊びに行っていいですか?」とメールを嫁に送らせた。

嫁の返事は「駄目」の一言だった。



やはりそれは何度経験しても、安堵と落胆を同時に感じる。

高木は一言謝罪を込めたメールを送り返し、そして素直に諦めた。



俺はその結果を新幹線に揺られながら、やはり喜ぶべきなんだろうなと自分を納得させた。



しかしその日の夕方、出張先での仕事を終えてホテルに戻ると、高木からの報告メール。

3時過ぎくらいに嫁からメールが来たらしい。

「高木君のとこでだったらいいよ」と。







「でも旦那さんから家電に掛かってきたらまずいんじゃ?」

「ああそうだね。でも高木君が来るの誰かに見られたらまずいよね?」



そんなやり取りを何度か交わし、話し合った結果結局二人は、真夜中に二人でラブホに行く事に決まった。



高木の部屋だとアパートの住人に顔を見られるかもしれない。

当然嫁と知り合いの住人など居ないだろうが、万が一のこともあると二人は考えた。

俺の家で、という選択も同様の理由で却下。

というよりも、何よりもう既に一度してしまったとはいえ、嫁はやはり家ですることに抵抗があるようだった。

俺としては、自分の寝室で他の男に抱かれた嫁は、これ以上ないほど愛おしく感じるだろうと思う。

もちろん異常性癖だとは理解している。



とにかく、深夜ならもし家電に出れなくても寝ていたで済むし、俺の家でも高木の部屋でも駄目なら

そこしかあるまいということだった。







それからは深夜になるまで落ち着かなかった。

すぐにセックスが始まってしまうならともかく、時間の猶予があるのは逆に辛かった。



いつも通り興奮とともに激しい焦燥感や後悔に襲われて、何度も高木に中止の連絡をしようと

携帯を開けては閉じてを繰り返した。

嫁にも高木のもとへ行ってほしくなくて、自分のことを考えててほしくて、

なんてことの無い内容のメールを送ったりした。

「戸締りはしっかりしろよ」とか。



電話は掛けれなかった。

どうしても嫁の声が聞きたくて、これから他の男に抱かれる嫁の声が聞きたくて、何度も

掛けようとしたんだけど、部屋の中で「あ、あ」と発声練習したら、自分でも驚くほど震えていたから。



そのまま悶々とした時間を過ごした。

過ごしたというよりは耐え抜いたという方が正しいかもしれない。

でも酒に逃げようとは思わなかった。その状態を楽しみたかったから。







俺がそうやって一人うずくまっている間、高木と嫁はメールのやり取りをしていた。

勿論高木は逐一リアルタイムで俺に嫁と自分のメールを転送してくれた。



「どこのホテル行きましょうか?」

「任せるよ〜」

「今までで一番お気に入りのところは?」

「え〜、別にそんなのないけど。じゃあ○○かな。綺麗だし」



俺はその一文だけで心臓を鷲づかみされる感覚に襲われた。

嫁とは何軒かラブホに行ったが、○○なんか一回も行ったことがない。



「旦那さんとのお気に入り?」

「違うよ。夫とは一緒に行ったことない」



その一文で、興奮とは別の意味で慌てた俺は、高木に連絡を取り、これ以降は

俺が作った文を高木に送って、それを嫁に転送してもらった。







「へ〜、元彼?」

「ん、まぁそんな感じ」

「歳は?」

「上」

「格好良い?」

「うん。すごく格好良かった。見た目がっていうか雰囲気が」

「いつごろ付き合ってたの?」

「夫と付き合う前だよ」

「何で別れたの?」

「秘密」

「何で?いいじゃん。教えてよ。」

「いいじゃんそんな事」

「じゃあ今夜しながら聞こ」

「やめて。多分我慢出来ないから」

「なんで?そんな俺いいの?」

「正直ね、最初した時やばいって思った」







「良かった?」

「うん」

「旦那より」

「どうだろね」

「じゃあ今日もいっぱいしよっか?」

「本当に?大丈夫かな。途中で気絶しちゃうかも」

「そんなに気に入ってくれたんだ」

「駄目なのにね。やっぱりやめようか?なんか怖いな」

「何が?」

「あたしあんまり恋愛経験なくてさ。そのうち本気になっちゃいそう」

「マジで?」

「うん。高木君ね、ちょっと似てるんだ。そのすっごい好きだった元彼に」







実はその元彼が誰かはなんとなくわかっていた。

俺と付き合いだす前の嫁には、すごい仲が良かった、というよりは

仕事でお世話になっていた先輩社員がいて、傍目から見てても嫁が

その人に尊敬以上の眼差しを向けていたのはわかっていたから。



付き合っている時に、一度尋ねてみたことがある。

それに関しては嫉妬という感情は全く無い。

元彼など居て当然だし、ただ知りたかっただけ。

でも嫁は否定していたが、今でもそうだったんじゃないかと思っている。



その先輩は俳優の阿部寛に似てる。

外見上は高木が似てるとはあまり思えない。

俺は阿部さんと親交がなかったので、内面的にはよく知らないから

その辺が似てるのかもしれない。

ちなみに阿部さんはだいぶ昔に結婚&転職しているので高木は面識ないはず。







とにかく嫁と高木のそんなやり取りで、俺の焦燥感は限界に達していた。

二人が会う約束は翌日の12時半だったが、その時11時くらいだったと思う。

「おやすみ。愛してるよ。隣に君がいないのが寂しい」とメールを送った。

返信には数分かかった。いつもならすぐ返してくれる。

その程度の待ち時間でも気が狂いそうだった。

部屋の隅に座り、ずっと携帯の画面を睨み続けていた。

やがて嫁専用の着信音が鳴った。

「あたしも。愛してる。早く帰ってきてね」

俺は携帯を握り締めて、抱え込むようにベッドで横になった、



すると更に10分後くらい。高木からもメール。

「京子さんからやっぱりもう止めよってメールきました」

その画面を見て、俺は無意識にガッツポーズと万歳を繰り返していた。

ひとしきりはしゃぎ終わると、またベッドに倒りみ、自己嫌悪に陥りながらそのまま眠っていった。







気がつくと陽が昇っていた。7時ごろだった。

携帯を取るチカチカと光っていた。

高木からのメールが何通も溜まっていた。

24:00「ちょっとムラムラするんでもう一回誘ってみます」

24:15「だめですね。返信無いんで『約束した時間と場所で待ってます』とだけ送ってみました』

24:45「寝ちゃいました?やっぱり京子さん来ないですね」

26:00「一応報告です。今○○さん家でやってます。詳細はまたあとで報告します」

27:00「すいません。泊らせてもらいます」



寝起きでぼけっとしていた俺の頭は上手くそれを捉えることが出来なかった。

ただ「今起きた。わかった。報告待つよ。仕事は行けよ」だけ返信。

特に失望や怒りはなかった。

「ああ」と声が漏れただけだった。







その日の昼、高木から電話があり、そこで簡単に報告を聞いた。



結局嫁は待ち合わせ場所には来なかったそうだ。

ただ収まりがつかなくなった高木は直接家を訪ねたらしい。

しかし嫁は黙って高木を家の中に招き入れた。

玄関先で高木の顔を見た嫁は、困った顔でため息をついて、数秒の間を置いて

無言で高木の手を引いて中に戻っていった。



その後は、殆ど会話もなく、玄関先の廊下で立ったままお互いの衣服を激しく剥ぎ取り

そして立ったままつながったそうだ。

その際、嫁は異常なほど濡れていたうえ感度も良く、そのことを問いただしたら

高木から来る直前までオナニーしていたとのこと。

それも高木のことを考えて。

高木に抱かれたいが、俺への罪悪感で実際会いに行くのは憚れる。

だからせめて、ということだったらしい。







その後は、リビングやお風呂でもしたとのこと。

ただ嫁は、最後まで寝室ですることは頑なに拒み続けたらしい。

3回したとのこと。

最終的にはリビングに布団を持ってきて、二人で寝た。

しかし朝起きると、嫁は布団から抜け出していて、ソファで寝ていたとのこと。



朝も押し倒そうと試みて、朝メシ準備中の嫁の後姿に抱きついたが、包丁片手に

仕事に行けと笑顔で説教をされて断念したらしい。

しかし、粘りに粘って、行ってらっしゃいのキスをしてもらったと高木は興奮冷めやらぬ

口調で言っていた。

あと「家を出る時、人目には過剰なくらい気をつけました」とも。



その日の昼間、嫁からは何度もメールがあった。

「ちゃんと食べてる?」というたわいの無い内容から、愛を囁くものまで色々だったが、

どちらにせよ勤務中にそんなメールを送ってくるのは初めてだった。







俺が帰るのは翌日だったため、高木はその晩も直接家に訪ねた。

この時が、スレに初めてレスした時。



昼間に高木から何度メールを送っても、嫁からの返信はなかったようだ。

だから「10時に家に行きます。人目には十分気をつけます。インターホンを連続で5回鳴らします。もし嫌なら出ないで下さい」

とだけメールを送り、そしてそれを実行した。



嫁は高木を受け入れた。

やはり寝室でのセックスだけは拒んだらしいが。



前もって高木と打ち合わせした通り、挿入中の嫁と電話で話すことにも成功した。

立ちバックだったらしい。

当然嫁は激しく嫌がっていたらしいが、俺からの着信が鳴り止まぬなか、

しつこく挿入したまま「絶対動かないから」と約束したら漸く電話に出てくれた。







嫁のその声は少し上擦っているというか、ほろ酔い加減の時の声に似ていた。

俺は俺で、初めて女の子に告白した時のように緊張していた。



「もしもし」

「もしもし」

「今大丈夫?」

「ん、どうしたの?」

「いや、声聞きたくなって」

「そか、うん、あたしも」

「何かあった?」

「え、あ、ううん。大丈夫だよ」

「そうか」

「うん」



これだけ喋ると、沈黙が流れた。







この電話の先の嫁には、他の男のちんこが挿入されていると考えると

嫉妬で勃起がとまらず、自分のちんこを握りながら喋っていた。

俺は俺で口調でおかしかったのかもしれないが、それはお互い

冷静な状況ではなかったので、問題にはならなかったと思う。



俺は高木への嫉妬で、何の脈絡もなく嫁に気持ちを伝えた。

「あ、あのさ。俺さ、お前と結婚できて良かったよ。愛してる。大好きだから」

「・・・・・・あ、あたしも」

「ちゃんと言って欲しい」

「愛、してる」

「そろそろ作ろうか」

「え、あ、うん。・・・子供?」

「うん。いや?」

「や、じゃない。うん。ほ、ほしい」

後で高木に聞いたところ、この時嫁は自分から高木に押し当てるように

腰をゆっくりと振り出したらしい。膣もぎゅっと締まっていたそうだ。







ただゴムを外したいという高木の要求には断固として拒否したらしく、

またそんな要求をしてしまったことを、高木は俺に正直に詫びてきた。



「それじゃ。おやすみ」

「う、うん。お・・・やすみ」



最後のほうでは、嫁の声にはふーふーと風邪を引いているかのような、

息苦しそうな鼻息が少し混じっていた。



高木は約束を守り、挿入を継続するだけでピストンはおろか愛撫も一切しなかったそうだ。

それが余計に、膣内にある俺以外のちんこを意識させてしまったのかもしれない。



自分の様子がおかしかったのではないかと訝しんだ嫁は事後、高木に

「実はすごいお腹痛かったってメール送ったほうがいいかな?」と相談したらしい。

結局それは逆におかしいと却下になったそうだが。







高木の携帯ごしに嫁の喘ぎ声が聞きたいという欲求もあったが、万が一にもバレる

危険もあるし、なにより正直なところ、実際その声を聞くのが怖かったこともあり止めた。

一人高木に抱かれる嫁を想いながら、何度もオナニーをした。



それからは、もう嫁は高木に抱かれていない。

この間書き込みしたように、高木からもう止めたいと申し出があった。

前から気になってる娘がいるし、なにより、これ以上続けるのが怖くなったとのこと。

俺は当然の感情だと思い、その申し出を受け入れると同時に、高木に感謝と謝罪を伝えた。



「もう京子さんの手料理はご馳走なれないんですよねぇ」と残念がっていたが

「ほとぼりが冷めたらまた招待するよ」と言っておいた。

俺と高木の関係は特に変わっていない。







俺と嫁にも問題はない。

ただ、この間、いつものように夜の営みを終えたあと、嫁はシーツから目から上だけ顔を出して

「もう終わり?」と冗談っぽく、物足りなそうに言ってきた。

当然燃えて再戦した。

嫁はHに関しては淡白だと思っていたので、その言葉はより一層興奮した。



高木から「彼女(本当はまだ付き合っていない)が出来たから・・・」と

真正直に伝えられた嫁は、むしろほっとしたように

「そか、大事にしてあげなよ。お互いこの事はもう忘れようね」と答えていた。







実はまだ、少しだけこの関係の余韻を楽しんでいる。

というのも高木には嫁に「一応彼女できたから、万が一メールする時はこっちでお願いします」

とフリーメールのアドレスを嫁に送らせた。



そのフリーメールは俺が取得したもので、つまり俺が高木になりすまして

嫁とメールをしている。



嫁の阿部先輩との関係や、俺への不満などを聞けだせたらなと思っている。

それについては、もし成功したらまた報告します。





出典:NTR BLOG

リンク:あ


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【寝取られ】会社の友人と嫁が両想いになった話part2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月4日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ