相互リンク先の更新情報!

【友達】小4女子 * オナニー【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


私は、小学4年生の10歳です。

名前は、仮に澪としておきます。

私は、何故か成長が人より早く…

胸はそこまで大きくありませんが、

性毛は小学3年生の頃から、もう既に生え始めていました。

腋毛も、陰毛もです。

そして、とてつもなく私はHで、

小4になると、アダルト動画((ジャンル様々))を観始め…

SEXやオナニー、フェラやクンニ等の、

色々なHな言葉もたくさん覚えています。

そんな私の、初オナニーの話です。



*********************************

ある日のこと。

いつものように、私は動画を観ていた。




「あぁん…っ!気持ちいぃいぃ…っ!イク…イクぅぅぅぅんっ!!!!!」

女性が、そう言っている。

いつもは、その位で濡れたりはしないけど、

今回は違かった。

いつもと少し違う感覚があった為、

確認しに、トイレに向かった。

カギを掛け、ズボンとパンツを下げ、

いつもは触らない、自分のおまんこの中((クリストス等))に、

初めて触れてみた。

そして、膣口のあたりを触ってみると、

ぬるっとした感触があった。

その液を、クリに塗ってみると、

たまらなく気持ち良かった。

「…ぁん…っ」

親にバレないよう、私は小さな声を漏らした。

下半身がゾクゾクして、ビクビクして…

愛液を塗るだけで、私は、とても感じる身体になってしまった。

おしっこが出てしまいそうだった。

ただ、急に出てしまうと、

私は便座に座っていなかった為、処理に困る。

かといって、急に便座に座っても、

それまでの快感を失ってしまうんじゃないか…

きっと、私はそう考えたんだと思う。

一旦、動きを止めた。

クリいじりだけをしていても、

ちょっと物足りない気がした。

なので、私は、思い切って、

膣の中に指を入れようと思った。

でも、怖くて、なかなか入れられない。

「…!!!」

ちょっとだけ、ヒリヒリしたような感覚があった。

でも、血は出ていなかったから、

処女膜を破った訳ではなかったのだな、と、私は少し安心した。

その日のオナニーは、そこまでにしようと思った。

*********************************



それから、結局は入れられなかったんですけどね^^;

でも、クリいじりは、癖になっています。

まだ生理は来てないので、

中に入れるチャンスは、たくさんあります。

これから、頑張って指を入れたいとおもいます。

頑張ります!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【友達】小4女子 * オナニー【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ