相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】22歳の時に(ver.2)【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


 あれは8年前、僕が社会人になっての1年目の22歳のときでした。就職した会社に、パートで勤めていた美人の人妻がいました。その女性はとても優しい人で、社会人になったばかりの世間知らずの僕に、上司が教えてくれない仕事の細々としたことや、僕の悩み事の解決策などを、優しく教えてくれたりしていました。会社でも人気があって、下心を持たない男性社員はいないのではないかと思えるほどでした。大学を出てまもない僕から見ても、その人は賢い人だと思いましたが、とても気さくで気取ったところがなく、いつも自分のことを「オバチャン」と言っていました。顔は黒木瞳に似ていると思います。どことなく知的で、しかも豊満な乳房をしていました。黒木瞳に共通な、独特のオーラを持っていると思います。

 ある日、その奥さんが目を腫らして、曇り顔で職場に来ました。僕が心配して話しかけると、

「なんでもないのよ、おばちゃん、大丈夫だから…」

と言いましたが、様子がいつもと違います。仕事が早く終わったので、奥さんに、駅まで一緒に帰りましょう、と誘いました。奥さんの表情に、何か言いたげな気配を感じた僕は、

「そうだ。帰り道においしい料理屋があるので、ご一緒しませんか」

と誘いました。そこでお酒を飲みながら奥さんの話を聞くと、旦那さんの家庭内暴力や、浮気などの数々の苦労話なのでした。話を聞くうちに、奥さんがとてもかわいそうに思えて、心に秘めた思いを告白してしまいました。奥さんは途端に困った表情で、

「嬉しいけどねー、おばちゃんは人妻だからねー、ゴメンねー」

と、簡単に断られてしまいました。僕は自分の感情が抑えられず、料理屋を出た帰り道で、「好きだ、好きだよー。」と言いながら、奥さんを抱きしめてしまいました。奥さんが驚いた表情で正面を向いたとき、僕はもう一度奥さんを抱きしめ、唇を重ねました。少しだけ舌を絡めて…。通行人の酔客に、よお、兄ちゃん、若いねーなどとからかわれても気にもならず、やがてもっと舌を絡めて…

 僕は奥さんの手を握り締めて歩き続け、いつしか路地裏のラブ・ホテルに辿り着いていました。そのままホテルの一室に入ると、奥さんは何も言わずに服を脱ぎ始めて…

「ほら、見て。おばちゃんのからだ、こんなに胸も垂れているのよ、若くないのよ…」

そう言って、僕に体を見せるのです。

「奥さん、好きですよ。奥さんのからだ、綺麗だ…」

奥さんのからだは、若い女の張りのあるそれではありませんでしたが、成熟した女性特有の妖艶さがありました。二人で一緒にお風呂に入りました。風呂の中で抱きしめ合い、自分的にはせいいっぱいの大人のキスをしました。奥さんは時々はにかむ様なかわいい笑顔と、ときに悲しげに涙を浮かべて、高校の時の初体験のことや、過去の10人ほどの男性経験、今の夫と出会う前に男に弄ばれて、子供をおろしたことなどを僕に話してくれました。ある瞬間は、熟女らしい肉感的魅力を、ある瞬間は、若い娘のような可憐さを奥さんから感じて、僕は話を楽しんで聞いていました。お風呂から出て奥さんと僕はベッドの縁に腰掛けました。

僕が、奥さんのアソコを見たい、と言いました。

奥さんは




「こんなオバチャンの、使い込んだオマンコ、見せるの恥かしいな」

と言いながらも股を開いてくれました。奥さんは僕を諦めさせるためにそうしたのか、私の目をじっと見つめながら両脚をM字に開いたのです。僕の眼の前に憧れの奥さんの女性自身が有ると思うと、僕は興奮して勃起してしまいました。奥さんは、

「ホラ…オバチャンのアソコ…良く見て…」

と股を一杯に開脚してくれました。そして奥さんは閉じている秘肉の花ビラを、自分自身の右手の二本の指で左右に拡げました。内側は濡れていて、花びらどうしが離れる際にかすかに、ぴちゃ、と淫らな水音を立てたような気がしました。奥さんは

「若い娘と違って汚いでしょう?」

と遠慮がちに言いました。確かに奥さんの女性器はそれなりに熟している様子でした。花弁も肉厚で大きく、ひとたび男性器を迎え入れれば、優しく纏わり付くのでしょう。膣の入り口は、何かの海洋生物のように息づいているようでした。僕は今まで一人の女性しか知りませんでしたから、女性器をこんなに近くでじっくりと見たことなど有りませんでした。

「触っていいのよ」

僕を見つめながら奥さんはそう言うと、奥さんの手で僕の指を持って秘肉の入り口へと導いてくれました。恐る恐る人さし指を1本挿れてみると、ぬるりとした感触とともに中は熱くて、愛液で潤っているのが分かりました。2本、3本と指の本数を増やすと、すんなりと入って、4本の指が入ってしまいました。

「オバチャンだから指がこんなに挿っちゃうでしょ」

と奥さんは言いながら、少し感じているようでした。奥さんの頬と胸元がほんのりと赤くなって、瞳が潤んでいます。指に愛液が絡みつき、指を入れたときよりも秘肉が締まって、いくぶん内部が狭くなったような気がしました。

「もう少し良く見せて、奥さんのなかまで見たい」

僕がそういうと、

「見せてあげるわよ、良く見て頂戴。」

奥さんが答えます。僕は今度は両手の二本の指を使って、膣のなかがよく見えるように大きく女性自身を拡げました。奥さんの秘密の洞窟は、幾多の恋を経験した女性らしく柔らかく大きく口を開けて、南国の果実のように赤々と熟した果肉と豊かな果汁に満たされていて、ほんのりとメスらしい特有の匂いを放っていました。子供のころに明るい夏の海で嗅いだことのある匂いだ、とそのとき僕は思いました。洞窟の幾重の襞の奥は黒々と暗く、良く見えませんでした。僕はベッド脇のディスクライトの光を使って、奥を照らしました。奥さんが優しく言いました。

「ほら、見て、これが女なの」

洞窟の奥には丸い子宮への入り口が見えました。魅惑の迷宮への入り口、幾多のなぞなぞに正しく応えなければ、決して辿りつけぬアラビアの宮殿の屋根のようなかたち。

「ほらね。若い子とは違うでしょ。だから、こんなおばちゃんに本気になっちゃ、駄目よ。」

少し悲しげな眼で優しく微笑みながら、僕に諦めるように促すような奥さんの表情。

「ほ、ら、ね、…本気に…なっちゃ…駄目…よ…」

その言葉を繰り返す、奥さんのルージュの唇の動きを見ているときに、僕の身体の中で欲望の炎が激しく燃え上がるのを感じました。

「奥さん、好きだ」

僕は奥さんの女陰に激しくキスを繰り返しました。

「アッ…こんな、おばちゃんの、おまんこでも、舐めてくれるの…アアッ」

次に激しく奥さんの舌を求めたあと、二人はシックスナインのポーズになりました。奥さんに全てを投げ出す快感、奥さんの全てを受け入れる悦楽の体位。僕は奥さんの秘肉にキスを浴びせ、愛液を啜りました。奥さんは僕の亀頭を優しく口で包み、舌先で刺激してくれました。熟した女性らしい心得たテクニックでした。僕の敏感になった部分を優しく、時に強く舌や唇で刺激し、可愛がるように舐め上げてくれました。硬くなった奥さんのクリトリスの核心を舐めると、奥さんは大きく仰け反りました。

「ア、ア、アアー」

さらに奥さんは快感のお返しに、僕のペニスを口に含んで髪を振り乱して激しく首を振ります。奥さんの口の中で唾液のたてる淫音が大きくなっていきました。僕は、繰り返し押し寄せる快感の波に翻弄される小舟のように、もうどうすることもできずに

「ああー、出るっ」

と声を出して吐精してしまいました。奥さんは音をたてて、僕の精液を飲みつくし、受け入れてくれました。

「いっぱい出たね」

奥さんは微笑んでそう言いました。

「とっても、おいしかった」

まるでソムリエの勧める上質のワインを飲み干した後の黒木瞳のように…

奥さんとキスを交わして、奥さんの横に並んで横になりました。すぐに奥さんは僕の方を向いて横向きになり、僕のペニスを握ったまま微笑みます。そして上から順に、キスをしていってくれました。首もと、鎖骨のあたり、乳首、そこは右に左に、優しく噛んだり、強く吸ったり…

「乳首、固くなってきたね」

いたずらっぽい眼で僕を見上げます。おなかに舌先を這わせていきます。ちょっと、くすぐったいかな。陰茎まで辿り着くと、また屹立しているそれをみて

「元気ね、もうこんなに固くなっている…」

口をすぼめて可愛くチュとキスをしてくれます。

「良人のとは大違い、固くて大きい…若いわ…」

嬉しそうにそういって、亀頭を口に含みました。そこで口のなかの唾液で濯ぐような音をたてたあと、スポンと口を外すと陰茎を根元に向けてピンク色の長めの舌を這わせていきました。滑らかに、また元に戻って滑らかに、根元へ向かって…滑らかに…。陰のうの一つを口に含みます。右手は陰茎を握り、大きな飴玉でもあるかのように、僕の顔をいたずらっぽく見つめて、唾液の淫音をたてながら舐めてもらいました。

「ウーン…さすが人妻だな、上手いや」

3年前に別れた彼女とは短い交際で終わりました。初めてのひとでした。お互い学生でまだ子供だったのです。とても新鮮ではありましたが、まだ幼稚なセックスしかできませんでした。好きなのに、うまく付き合えなかった…

「おばちゃんだから…緩いけど…入れてみる?」

「うん、入れてみたい」

僕はそういった後、自分の言葉が無遠慮な言い方に聞こえたように思えました。こんなとき、何て答えたら良いのだろう…

「きょうは安全日なのよ…」

ゴムは付けず、僕は正常位で挿入しょうとしましたが、緊張してうまく入りません。やみくもに進もうとすると

「そこは違う」

そう言って奥さんの手で正しい場所に導いてもらいました。さっき見た秘肉の外観から予想した通りの、温かで柔らかい感触が亀頭に伝わってきました。

「そのまま、腰を前に押してみて」

奥さんに言われるままに腰をおしあてると、ヌルッ、とした感触とともに

奥さんの胎内に入ったのが分かりました。

「おおきい、アン、気持ちいいわ…」

腰を前後に動かすと、奥さんはそういって喜んでいるようですが、僕はやはり膣が緩いな、とも思っていました。僕の唯一の比較対象は19歳のガール・フレンドでしたので、無理もありませんでした。けれど、不思議な事が起こりました。しだいに腰の動きを速めてゆき、愛液が出てきて水音の淫音がしてくるようになると、奥さんのあそこが急にせばまってきて、ペニスを締め付けるのです。最初は緩くても強く粘りながら十分に狭くなってゆくようで…。夢中で腰を動かしているうちにさらに異変がおこりました。下半身が温かく溶けてゆくような感じ、やばい気持ちよさ、これに完全に身を任せたら、自分の殻が、弱い鎧が、全て剥ぎとられて、何かにのめりこんでしまうような快楽を感じたのです。一瞬、たじろいで僕はペニスを抜こうとしました。

「だめっ、抜いちゃだめっ。」

奥さんは両脚で僕のからだを挟み、首に廻した手で僕を引き寄せ、僕にキスしましました。溶ける、僕のからだが甘く、熱く、溶けてゆく。震えるような快感のなかで、亀頭の先が奥さんの膣の奥の突きあたりに、柔らかくあたるのがわかりました。あ、僕は今射精しているんだ。一定ではないリズムの揺らぎ。奥さんの不規則な動きが恥骨を叩いて伝わってくる。「嬉しい」僕が体の芯で感じた言葉を、奥さんが口に出して言いました。

「うれしい」

奥さんの閉じた両目から、涙がこぼれました。



その日から僕と奥さんは頻繁に逢瀬を繰り返し、頻繁にセックスしました。ラブ・ホテルだけではなくて、求め合うときは。会社の物置部屋、夜のコピー室、身障者用トイレなど。

いろいろありました。そのことは、別のところでまた詳しく話そうと思います。

二人の間に子供ができ、DVでEDの前夫とも離婚して僕は奥さんと結ばれ、一緒に幸せに暮らしています。僕は本当に幸せ者です。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【人妻・熟女】22歳の時に(ver.2)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月5日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ