相互リンク先の更新情報!

【友達】吐きそうになった経験(1)【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


私がロリコンの男にあったのは、もう10年以上前になるだろうか。その男はもう亡くなってい

るので時効といことで書こうとおもった。私はタイの北部の仕事で 1年ほど滞在していたとき

その男は日本からやってきた。日本では有力者ということであったので接待の命が降りたのが

その男との出会いのはじめだった。

 その男がタイの北部の地方空港に降り立つと、すぐにわかった。お供は2人。1人は40-50代の

男 もう一人は10代(13-14歳か?)の痩せた少女。異様な組み合わせの中心にその男はいた。

男は70近いがエネルギッシュなオーラに包まれていたように感じた。

男は北の国の小さな町の土建屋の社長でもあり 議員でもあったそうだ。その男に寄り添うよう

に甘えるように、その少女は いつも無言で歩いていた。初老の男は自分の娘といっていたが、

いかにも不自然であった。

それは男の顔色を伺うようでもあった。40-50代の男はまるで執事のように2人に仕えており、

いろんな要求はその執事の男からであった。その男から 現地の幼い少女の斡旋がさりげなく

だされた。私はそのようなツテはまったくなかったので、現地のオーストラリア人の男に聞く

と その手の趣味をもつ人たち紹介され 少女たち(幼女?)を手配してくれた。

 オーストラリア人の男の屋敷にその手の趣味の男たちが集まり 5-6人の少女がいた 少女はと




はいえない幼い娘もいた。

 屋敷の中には大きな木があり そこの下のテーブルに男たちはあつまり 少女たちは 男たちの

前にすわり 口で奉仕をしていた。 1人の小さな幼女というべき女の子に 巨大なものが

収まると驚いていると なんとその笑った幼女には 歯が一本もなかったのだ。

 初老の男も現地の少女をまるで道具を扱うように乱暴に 口唇奉仕をさせていた。しかし その様子

をみている娘の目がおかしい。父親?を凝視し 軽蔑する顔ではなく 嫉妬を炎があるような目であった。



再びその初老の男と会ったのは東銀座だった。 


告白体験談関連タグ

|

【友達】吐きそうになった経験(1)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ