相互リンク先の更新情報!

【風俗】上野の某マッサージ店にて 【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


最近、お気に入りで通っているマッサージ(メンズエステ)店がある。



女の子がとびきり可愛いかというと、そんなことはないし

マッサージがメチャメチャうまいわけでもないのだけれど

終わったあとは、最高に満ち足りた気持ちになる。



いつも90分のVIPコースを頼むことにしている



何がVIPかというと、部屋がVIPなのだ。

マンションの一室に案内され、そこでサービスを受けることになる。



働いているのはみな中国人で

でも、とても愛想がよく、作業的ではない。

なかでもひとり、お気に入りがいて

いつもその子を指名することにしている。






マンションなので、シャワーは浴室で浴びる



薄手の服でミニスカートの女の子に、体を洗って貰えるのだが

こっちは全裸にならなければならない。



お湯の張っていない小さな浴槽に立ち

全裸で、服を着た女性に洗体してもらうのは

いつも、すこし恥ずかしい。



「恥ずかしがらないでいいのよー」



女の子はそう言って笑う。



男のペニスなど見慣れているのだろう

まるで水着を着た僕を洗うみたいに

隅々まで、両手を滑らせる。



ときどきアクシデントみたいに、スベスベの手が

僕の裏筋を、スッとすり抜ける。



「かわいいね」



女の子はそう言って笑う。

何が可愛いのかは、決して口にしない。



布団にうつ伏せになると、お尻にタオルをかけられる



そこから念入りなマッサージがはじまる。

きちんと力が入っていて、かなり気持ちいい。



首筋、腰、それから足は片方ずつ

しっかりとマッサージされると、かなり疲れが和らぐ。



えっちな素振りは少しも見せず、きちんとマッサージを完遂してくれる。

ここまででたっぷりと、40分くらい。



女の子は、しっかりと体重をかけながらも

ときおり優しく話しかけてくれる。



「お兄さん、凝ってるね」



「仕事、忙しいの?」



中国人だが、みんな日本語が堪能だし

わからない日本語は、その度に意味を尋ねてくれる。

日本語の意味を教えるのも楽しい。



おしりのタオルは少しずつズレていく



でも、あくまで業務上、仕方なくズレていくだけだ。

おしりをマッサージされるのは、純粋な意味で気持ちいい。



でも、強いマッサージでアナルが押し広げられているのは事実だ。

やがて暖かい手で、アナルの周辺をマッサージされると

否が応でも、勃起してくる。



女の子の手は、やがて股の間に伸びてくる。

アナルとペニスのちょうど間、足の付け根を親指で押されると

勃起したペニスが、布団にめり込んでしまう。



そうして指圧が終わると、次はオイルマッサージだ。



オイルが体に垂らされる感覚がたまらなく好きだ



まずは背中、トロリと垂らされたオイルは

暖かい手で優しく伸ばされる。



腰から肩へと両手が上がっていき

そして、するりと下がっていく。



その際、アナルギリギリに指先が触れるのだが

それはあくまでも偶然だ。

両手は同じ動きを繰り返す。



肉体的な気持ちよさに包まれると、性的な気持ちよさが遠ざかり

性的な気持ちよさの予感があると、肉体的気持ちよさから遠ざかり



それを何度も繰り返していると

どうしたらいいかわからなくなってくる。



なぜだろう、心が切なさに包まれるのだ。



そしてオイルはアナルに垂らされる



マッサージされているのは腰なのに、オイルが垂らされるのはアナル。

たらりと伝っていくオイルは、そのままに放置される。



オイル、マッサージ、オイル、マッサージと繰り返されていく。

玉のあたりにはオイルの水たまりができている。



女の子のように濡れているのではないかと錯覚する。



しかし、暖かい手はオイルを掬ってくれない。

ただアナル付近から、腰へと動くだけなのだ。



それが10分近く繰り返される



すると突然、手が離れてしまう



これで終わりなんだろうか、一瞬不安になったところで

女の子の全身が、僕の背中に優しく乗るのだ。



オイルで服が汚れてしまうことなど、まるで気にしていない。

体重は手で支えたまま、服の感触が背中を刺激する。



耳元に、顔が近づけられる。

悩まし気な息遣いが、耳たぶの後ろを刺激する。



「仰向けになる?」



女の子が、なぜか疑問形で聞いてくる。

言われるままに仰向けになると

女の子の顔が、すぐ近くにある。



暖かい手が、するりとペニスを掴む



イタズラっぽい笑みを浮かべる女の子。

その手はすぐに離れてしまう。



しごいてくれるのを期待するが、そのときはなかなかやってこない。



次は乳首に手が伸びる。

でも、またすぐに離れる。

そしてアナルへ。

でもまたすぐに離れてしまう。



気づいたら、切ない表情になってしまう。

それを見て



「かわいいね」



女の子が言う。



「入れたいな」



僕が言うと、女の子は返す。



「ダメよ」



その直後、言葉とは裏腹に、女の子は腰を落とす。



女の子の薄いパンツの布が、ペニスの先に触れる。

思わず反応してしまう。



僕が腰を少し浮かせると、女の子は腰を引いてしまう。

諦めて腰を落とすと、今度はパンツの布が触れる。



再び浮かせると、やはり腰を引いてしまう。

イキたくてたまらなくなるのだが、女の子はそれを許してくれない。



それを十回ほど繰り返した後のことだった。

僕が腰を上げたタイミングで、なんと女の子が腰を落としてきたのだ。



パンツにペニスがめり込む。



薄い布は、だいぶ湿っている。

女の子の顔は、まだ僕の耳元にあって、小さく吐息を漏らす。



そのまま押し付けてくるので、パンツ越しに亀頭の先っぽが

明らかに膣の中に挿入されている。



すると女の子は腰の動きを変え、さらにグリグリと減り込ませてくる。

亀頭がすっぽりと包まれ、じんわりと



出典:ブログより転載

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||

【風俗】上野の某マッサージ店にて 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月8日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ