相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】婚約者の調教動画が見つかって7 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


優子を不倫のおもちゃにして調教していた男に対して、制裁を加えるために何とか手がかりをつかもうと、優子の部屋に隠してあったUSBメモリ内の動画を調べる作業を続けていた。



前回見た動画はあまりにも酷い物だったので、本当に男に対して殺意に似た怒りがわき上がっていた。

ただ、同時にそこまで汚されてしまった優子と、このまま予定通り結婚できるのか?・・・  そんな葛藤も持っていた。



しかし、優子と過ごすときはそんな事はおくびにも見せずに過ごしていた。結婚式に関して、具体的な話もするようになっていた。しかし、俺の心は迷いと疑惑と色々な感情でグチャグチャだった。





優子の部屋のパスワードがわからない方のUSBメモリも、いっそ持ち出して専門業者に出す事を検討していた。

しかし、1日で解析できない可能性が高いと言われていた事もあり、踏み出せなかった。





結局、動画を見る事で手がかりを得ようともがいていた。








その動画にまず映ったのは、どこかのマンションらしき部屋の一室で、股下0cmのピンク色のマイクロミニスカートをはいて、上はブラジャーだけ、しかもカップ部分の布がなく、ピンクのヒモで出来たようなブラを身につけた優子だった。



白くて小ぶりなおっぱいが丸出しになったビッチが着るような下着を身につけて、部屋の中を掃除している優子が映っている。



かがむとスカートの中が丸見えになり、下着をはいていないのが確認できた。相変わらず毛が無くツルツルしたあそこがチラッと映り、体育の時とか、自宅で風呂に入るときとか、どうしていたのだろう?と、意味も無く心配してしまった。



掃除をしているところを、無言で淡々と写していたが、ピンポーンとインターフォンの音がして優子はカメラを見た。

「本当に、このまま行くんですか?」

「ほら、待たせたらダメだろ?行けよ」

「・・・・・はい・・・」



そう言って、玄関の方に向かう優子。

映像はそこで一瞬途切れ、場面が変わって玄関が映るアングルになった。全くカメラが動かないところを見ると、固定してあるようだ。その玄関の様子から何か手がかりは無いかと必死で見ていると、エロい下着を着た優子が映り込んできた。

ドアの前に立ち、ノブに手を伸ばして固まる優子。そのままの姿でドアを開けるなんて出来るわけがないと思った。

するともう1度ピンポーンと鳴り、それに驚いたようにノブを回してしまう優子。



ドアがガチャリと開き、

「お待たせしました!」

と言う、元気な男の声がする。

ドアが完全に開くと、ピザを持った若い男が驚いた顔をしているのが映った。

優子は胸を隠す事もせずに、

「ありがとうございます。いくらですか?」

小声でそう聞いた。声は、震えているような響きだった。



若い男は、優子の胸に目線が合っていたが、慌ててそらしながら

「4,800円です」

と、うわずった声で言った。

そして優子は下駄箱の上の財布から、まず4,000円を渡し、細かいのを用意していたが、硬貨を落してしまった。



すると優子は若い男に背を向けて、足を伸ばしたまま腰から曲げて、床の上の硬貨を拾い出す・・・



時間をかけて硬貨を拾う優子。

若い男の目線は、優子のスカートの中にあっている。

当然、優子の丸見えのあそこが見えているはずだ・・・



そして硬貨を渡すと、両手にピザを持って優子に渡そうとする若い男のペニスを、ズボンの上から触る優子・・・

「このフランクフルトも、追加で食べてもいいですか?」

信じられない事を言う優子・・・



「えっ!? ちょっと! お客さん・・・ えっ!?」

驚きながら、全力で後ずさる男。一歩踏み込みながら、さらに股間を触る優子。

男はドアに背中が当たり、それ以上下がれない。両手もふさがっていて、腰を変な風にくねらせながら逃げようとする。



優子は、手慣れた風に見えるなめらかな動作で、男のベルトとジッパーを操作して、ズボンを膝まで下ろしてしまう・・・



トランクス丸出しになった若い男は、思いっきりテントを張っていたが

「お客さん! ダメです! 困ります!」

そう言って慌てふためいている。ピザを下駄箱に置けばいいだけのような気もするが、パニックになっているようだ。



優子はそのままトランクスも下ろして、

「いただきます」

そう小声で言って、男のペニスを口に含んだ・・・



もう、吐きそうだった。まだ高○生の優子に、こんな恐ろしい事をさせている男は、何を考えているのかわからなかった。愛しているなら、優子の事を愛しているのならば、なぜ他の男にこんな事をさせるのか?全く理解できないし、嫌悪感と怒りしかわかない。





動画の中では、口もきけなくなった若い男が、優子にフェラチオをされるがままになっている。

ピザ屋さんの制服で、両手にピザの大きな箱を抱えた若い男が、エロいブラにノーパンの高○生の優子にフェラチオをされている・・・

信じられないが、映像は残酷にその後の光景も映し出す。





しばらくフェラチオをしていたが、若い男が

「ダメです! 出てしまいます! お客さん!」

その声に合わせて、口からペニスを抜いて手でしごき始める優子。

「ごめんなさい!イきます!」

男がそう言うと、ペニスを自分の顔に向ける優子。



男が震えると、白い精子がペニスから勢いよく飛び出した。

それが、優子のあどけない可愛い顔を汚していく。鼻やまぶたや、前髪、頬などを白くドロドロにしながら、射精が続く。それを体を震わせながら受けている優子。





そして、出し切ると若い男はビザを玄関の床に置き、逃げるように飛び出していった。優子は玄関の鍵をかけると、フレームアウトしていった。

また場面が変わり、顔に精子を付けたままの優子がアップで映った。

男は優子の股間に手を突っ込むと、

「お前は本当にどうしようも無い淫乱ドMだなw」嘲笑するようにそう言うと、手を抜いてカメラの前に持ってくる。

右手の指先は、たっぷりと濡れているようだ。

「あぁぁっっ! いやぁぁ・・」



「ピザ屋の店員のくわえながら、何でこんなになってるんだ?」

「ゴメンなさいぃ・・  あんな変態なことしながら、興奮してましたぁ・・・  ハァ・・・ んっ」

「お前、イっただろ?顔射されてw」

「あぁぁ・・・ はい・・ イってしまいましたぁ・・・ 知らない男の人の臭い精子を顔に浴びながら、淫乱優子はイきましたぁっ! ゴメンなさぃぃ!」



「尻出せ」

男がそう言うと、優子は嬉しそうに

「はい!ご主人様!」

そう言って男に尻を向けて、さっきピザ屋の若い男にしたように、膝を伸ばしたまま腰から曲げて尻を突き出した。

そしてさらに、自分の両手であそこのビラビラを左右に広げた。クパァと、音がした気がするほど大きく広げている。

優子のピンク色の膣内が、怪しくうごめいているのがカメラでもわかるほどだった。



男は黙ってその大きすぎるペニスを一息に優子の中に挿入した。



「ぐはぁあっ! イくっ! イくっ! いくぅぅぅ・・・ あがぁぁ・・」

そう言って、背中が真っ二つになるのでは?と思うくらいのけぞりながら痙攣している。



男はそんな優子の状態など気にせずに、強くピストンをしている。

「もうダメ・・・ イったのにイっちゃう・・・  イっちゃうよぉ・・・  あがぁぁっ! ご主人さまぁぁ・・・ 愛してます!  愛してます!  世界一愛してます!  奥さんよりもご主人様の事愛してるよぉ・・・  あぁぁっ!  イくっ!」

そう言ってまたのけぞる優子。



やはり、不倫という事は間違いないとわかった。許せない・・・



「イくぞ」

男は短くそう言うと、優子の腰を両手で持ち、引きつけるようにしながら優子の一番奥深いところで射精した。



「あぁぁぁ・・・ 出てます・・・  幸せです・・・  ご主人さまぁ・・ もう奥さんとはしちゃダメだよぉ・・・」

「愛してるぞ・・・ お前が俺の願望を叶えてくれるなら、もうお前としかしない・・・」



優子の一途な恋愛感情を逆手に取り、奴隷のような扱いを受け入れさせているというのがわかった・・・





ただしかし、優子も男に奥さんがいるとわかっていながら不倫をしているというのがわかり、ショックだったし気持ちが大きく揺らいだ。



そう思っていたら、動画の中で

「もうすぐ離婚成立するんですよね?  信じていいんですよね?」

そんな事を優子が言っている。

「心配かけてすまないな。弁護士同士の話し合いが長引いてるから・・・  でも、もうすぐだと思う・・・  信じてくれ。俺が愛してるのは、優子だけだ。」





こんな良くあるウソに引っかかる優子が、不憫で仕方ない。バカな女だと言って、嫌いになれれば良いのだが、優子がいない生活など想像できないし、耐えられそうも無い・・・



とにかく男に制裁を加える事が出来れば、優子の事も消化できると信じていた。



そのために、萎えそうな気持ちを奮い立たせながら動画をさらに確認した・・・



出典:NTR使える寝取られサイト

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【寝取られ】婚約者の調教動画が見つかって7 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月9日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ