相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


夜中の2時に帰ってきた嫁は、

「ゴメンね!しょうくん、待っててくれたの?嬉しいなぁ・・・  すぐシャワー浴びてくるね。」

そう笑顔で言いながら浴室に行こうとする嫁。



嫁をいきなり抱きしめながら、キスをして舌を入れた。



「しょうくん、どうしたの?ちょっと待っててね」

そう言ってすり抜けるように浴室に行く嫁。





浴室までついて行き、嫁を抱きしめながら乱暴に服を脱がしていく。

「ダメだよぉ・・・ ベッドで待っててね」

そう言う嫁の口をキスでふさぎながら、はぎ取るように脱がしていく。








上を脱がせて、ブラも取ると真っ白な形の良いおっぱいがぷるんと揺れる。

乳首にむしゃぶりつきながら激しく揉むと、一瞬唾液の匂いがしたような気がした。

「あぁん! しょうくん・・・ 汗かいちゃったから、シャワー浴びさせてぇ・・・ ん・・・」

その言葉を無視してそのまま胸を舐めて揉み続ける

「ん・・・ しょうくん・・・ 恥ずかしいよぉ・・・ あっ・・・  んっ」

吐息が漏れ出す。



たっぷりと嫁の胸を責めた後、胸を責めながら下も脱がしていく。



パンティを脱がすときに、糸を引いていた。







そして指であそこを触り、すっかりと濡れているのを確認すると、指を挿入した。

先入観からか、緩い気がしたがそのまま愛撫を続けた。

「あぁぁ・・・ ダメだよぉ・・・ しょうくん  あっ・・・  シャワー行こ? ん・・」

指を見ると、白くなっていた。どう見てもあれだ・・・ しかも拓人の物かと思うと、嫉妬心が押さえきれずにそのままバックで挿入した。



「あぁぁ! しょうくん・・・ 凄い・・・     堅いよぉ・・ あっ!  はぁ・・・」

感じてるようだが、動画での拓人とのセックスと比べると、嫁はあまりに冷静だ・・・



いつもよりも圧迫感が無い嫁の膣に戸惑いながら、それでも久々の嫁とのセックスに一気に射精感が高まってしまう・・・



「あぁ! 佳恵! イきそう!」

俺がそう言うと、

「しょうくん!  来てぇ! そのまま中でイってぇ!  赤ちゃん欲しいよぉ・・・  あぁぁっ! しょうくん!」

その言葉にこらえきれずに嫁の中で射精をした。

「しょうくん・・・ 熱いの出てるよ・・・  嬉しい・・・」

そう言って、バックで繋がったまま、キスをしてきた。その目が赤くなっていた気がした。

どういう意味での涙なんだろう・・・





その後は一緒にお風呂に入って、イチャイチャした。そして、寝室に行き一緒に手をつないで寝た。





なんとなく、希望が見えた気がしてご機嫌な朝を過ごして会社に行った。



夕方、帰ろうと思っていたら拓人が訪れた。驚き戸惑いながらも、部屋に通した。



拓人は、部屋に入ると黙USBメモリを手渡してきた。

「佳恵ちゃんが、俺たちが会ってるの内緒にしてるみたいだから渡せなかったけど、約束だから・・・」

緊張した顔で言う拓人。

「なんとなくわかってたから大丈夫だぜ。っていうか、律儀だな」

無理してそう言うと

「俺は本気だぞ・・・ もう、止めてもダメだぞ」

拓人は真剣な顔で言う。

「本気でいってくれって言っただろ?それでも、俺は大丈夫と信じてるけどね」

精一杯の虚勢を張る。

「お前の性癖がよくわからんな」

やっと笑顔が出る拓人。



「俺もよくわからんよ」

本心だった。





そして、拓人が帰るとすぐにメモリを確認した。動画は、服装などから判断して、あの前回の衝撃のフィストファックの続きからだった。



二人で仲良く出かけた後に八景島でデートをしたようで、楽しげにジェットコースターに乗ったり、水族館で楽しんでいる動画が細切れで映っていた。

「拓人ぉ!これ凄いよ、こっち来て一緒に見ようよぉ!」

「これ可愛いね!ペアで買っちゃおうよ!」

「拓人、愛してるよ!」

「一緒にプリクラ撮ろうよ!ちゅーしながらね」



カメラ目線で可愛らしい笑顔でそう言う嫁は、拓人とのデートを本当に心から楽しんでいるのが伝わってきた。

美容室を休んで、拓人とデートをする嫁・・・

普通なら怒りがわくはずなのに、こんなにも興奮している俺は、壊れているんだろうなと思った・・・



そして場面が変わると、拓人の部屋で全裸でベッドの上で大きく開脚をしている嫁が映った。そして、拓人の手にはブラックカイマンよりも大きい例のディルドが握られていて、嫁の濡れて光っているあそこにあてがわれた。



「拓人ぉ・・・ ゆっくりしてね・・・  ちょっとまだ・・・ 怖いよぉ」

「何言ってるんだよ。さっき、これが入ったんだぜ?」

そう言って、拳を握る拓人。



「ばか・・・  拡がっちゃうよぉ・・・  もう、しょうくんのじゃダメになっちゃうよぉ・・・」

「嫌なの? 止める?」

「・・・・して・・・  拓人の形に変えて・・・ 拓人のじゃなければイけない体にしてぇ・・・」

「わかったよ」

その言葉と同時にディルドを押し込む拓人。



「ぐぅ・・・ あぁぁっっ! 拓人ぉ・・・」

そう言いながら眉間にしわを寄せて苦悶の表情をする嫁。

拓人は黙って押し込んでいく。

カリの広がった部分で一瞬止まるが、そのまま嫁の体内に消えていく。



「ぐわぁ!  あぐぅうわぁ・・・」

くぐもったうめき声のような声を出しながら嫁がのけぞる。



「ほら、あっさり入った」

拓人はそう言うと、すぐにディルドを動かし始める。

「ダメェ! まだ・・ あぐぅ・・・ うわぁぁっ! ダメだ・・・」

そんな言葉にもかまわずに、極太のディルドを抜けるほど引っ張り、また奥まで差し込む、そんなめいっぱいのロングストロークを淡々とする拓人。



「あがっ!  あがっ! 死ぬ! たく・・とぉ・・ すとっぷ・・・・  ストップしてぇ! ストップし・・ぐうわぁぁっ! がはぁぁ・・・」

そう言って痙攣をすると、ビチャビチャ音を立てて潮を吹く・・・

「あーーあ・・・ ビチョビチョ・・・  よかったな  シート引いといて」

「ごめんなさい・・ ぐぅあ・・  拓人ぉ・・・ 拓人ぉ・・・  出ちゃうもん! 止まらないよぉ・・・ あぁぁ・・・」

そう言って潮を吹き続ける嫁。シーツはビチョビチョだが、そのまま床に垂れ落ちているので、シーツとマットレスの間に何か引いてあるのだと思う。





すると拓人は、いきなりそのディルドを引き抜いた。

「あがっ! イぐぅう! かはぁっ!」

そう短く吠えると、ベッドにぐったりと横たわる嫁。

あそこはパックリと大きな穴が開いたままで、拓人はカメラを手持ちにしてアップにする。

毛の無いツルツルのあそこに、ピンク色の大きな穴が開いている。痙攣のビクンビクンと言う脈動に合わせて、ぴゅー、ぴゅー、と潮が飛ぶ。

ぬらぬら光っている嫁の中は、ピンク色で複雑にうごめいていて、神々しいまでの美しさがあった。



拓人は一気にディルドを挿入する。

「がぁぁっ! ダメ・・・  死んじゃうよぉ・・・・  あぁぁぁ・・・」

そして、また一気に引き抜く

「あがぁぁっ! イぐぅぅっ!  ぐぅぅっ!」

獣のような声を上げながらまたぐったりする・・・



すると、また一気に奥まで挿入する拓人。

「だめぇぇ! 許してぇ! もうダメだもん!  佳恵壊れるぅ! 壊れちゃうもん! あぁぁぁっ!」



拓人はまた何も言わずに一気にディルドを引き抜く・・・

「イぐぅぅ! 佳恵のおまんこ壊れるぅ!! あがぁ・・・」

そう言ってぐったり横たわると、無反応になった。





拓人は拡がったままの嫁のあそこに、指を4本重ねるとするするっと挿入していった。

親指のところで止まると、手のひらを丸めるようにして親指も嫁の中に入れていく。

十分すぎるほどほぐれた嫁の膣は、あっさりと拓人の拳を飲み込んでいった。

入ったときに、ビクンと大きく嫁の体が動いたが、まだ意識がないようだ。





拓人は、嫁の中に拳を入れたまま、片手で器用にブラックカイマンを取り出してローションを塗ると、嫁のアナルに埋め込んでいった・・・・

驚くほどあっさりと嫁のアナルにディルドが飲み込まれると、

「たく・・・とぉ・・・  ダメ・・・ もうイきそう・・・ ダメェ・・・ もうイってる・・・ 佳恵、イくのが止まらないよぉ・・・」

そう言って、涙を流しながら太ももを画像がぶれるほど痙攣させると、よだれまで垂らしながらのけぞっている。

「佳恵、綺麗だよ・・・  動かすからね」

優しい声でそうささやくと、腕を動かし始めた。

「だめぇ・・・ 壊れる・・よぉ・・・ はぁ・・・ たく・・とぉ・・・ こわい・・ とめてぇ・・・  イキすぎて・・・ あぁぁ・・」

絶叫するのではなく、絞り出すように何とか言葉を発する嫁。体は痙攣しっぱなしだ。



「ほら、佳恵の子宮触ってるんだよ・・・ 俺の赤ちゃん作るところだよ・・・」

「たくと・・・ぉ・・・  産みたい・・・  たくと・・ぉ・・・の・・ 赤ちゃん・・・ あがぁぁ・・・」

そう言うと、またぐったりとしてしまう嫁。



拓人は、アナルのディルドもピストンさせながら、嫁の中に埋め込まれた腕もピストンする・・・



嫁は、もう言葉も出せずにブリッヂをするくらいの勢いでのけぞっている。

よだれと涙で顔をグチャグチャにしながら、両穴を極限まで拡張されてイきつづけている・・・

「だ・・・め・・・ たく・・」

かろうじてそう聞き取れたが、ブリッヂのようにのけぞった姿勢から、横倒しになるようにベッドに倒れ込み、壊れたおもちゃのようにでたらめに手足をばたつかせる。

拓人が嫁の体を押さえようと、ディルドを離して体を押さえると、ディルドが勢いよくアナルから飛び出していき、アナルからディルドが抜けた拍子に嫁はアナルの中の物をぶちまけてしまう・・・



ベッドの上で、横倒しの姿勢で拓人の腕を膣に収めた状態で、恥ずかしい物を漏らしてしまいながら気を失っている嫁は、涙とよだれで汚れてはいたが、微笑みを浮かべていた・・・





動画は、ここで唐突に終わっていた。



ただ、フォルダにはまだこの後の日時のファイルが残されていた・・・



出典:NTR使える寝取られサイト

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【寝取られ】元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ