相互リンク先の更新情報!

【友達】彼女の秘密を見られた【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


会社の同僚達と忘年会をした後のことです。

そのまま先輩女性の家で飲みなおそうということになり

先輩女性と先輩男性と僕と新入社員である僕の彼女の4人で家に向かった。

先輩社員2人は恋人同士なのだが、僕と彼女は付き合っていることを会社で内緒にしていたので

ただの同僚という感じで接していた。

先輩女性の家に着いて、かなり酒も進んだあたりから

会話の内容が先輩2人の体の特徴や先輩男性のオナニーの仕方、

盛り上がるためにAVを見ながらSEXするなどのエロい内容となり

とうとうそのAVをみんなで見るという最悪の展開となった。

彼女は会社でも清楚な感じでかわいらしいイメージを持たれており

とてもこの場には馴染んでない感じだった。

そしてそんなエロトークも終わりのころに先輩女性はソファーで眠り込んでしまった。

すると先輩男性が僕の彼女にもう遅いから泊まっていきなと言ってきた。

先輩女性の家だし風呂も気にせず入れるし寝るのもあいつと一緒なら大丈夫だろとのこと。

僕も彼女もまあみんないるし女性の家だからということで泊まることにした。




そして彼女は促されるままシャワーを浴びに風呂場へと入って行った。

彼女がシャワーに入ってから5分後ぐらいに先輩男性が僕に話しかけてきた。

ちょっとこっちに来い!静かに来いよ!

先輩は洗面所のドアの前で僕を呼んでいる。

僕は不審に思いながらも先輩の所へ行くと、

先輩は静かにしろと言いながらゆっくりと洗面所のドアを開けた。

左手に洗面台、奥の右側が風呂場、奥の左側が洗濯機になっていた。

風呂場からはこっちの様子はわかりそうにない。

何をするのかと心配していたら、先輩は洗面台と洗濯機の間の足元に置いてある

買い物カゴのようなバスケットを手を伸ばしてこちらへとひっぱってきた。

そしてとうとう洗面所からバスケットを部屋に持ち出した。

何をしたいかは分かったが、僕は先輩に口出しできずにだまっていた。

バスケットには今シャワーに入っている彼女の脱いだものが入っていた。

几帳面な彼女らしくジャケット、ブラウスなどきちんとたたまれて入っている。

先輩は興奮しながら取り出したものに一つ一つ感想を言っていく。

ジャケットとブラウスの後にインナーのシャツがあったが、色がベージュだった為に

「あんなかわいい顔しておばさんくさいな。」

次のスカートの時は

「一回だけ夏に腰パン見たことあるんだよな。白だったよ」

次はとうとうブラジャーが出てきた。白だが赤い花柄の刺繍とレースで

結構大人っぽいやつだ。先輩はしっかりとタグでサイズを確認して

「胸チラは結構みたな。会社で前かがみになると結構みえるもんね。いつも白だよ」

そして先輩はお待たせしましたと言って、パンツを取り出そうとした。

僕はブラジャーを見たときにパンツもどれかは分かっていた。彼女はいつも上下お揃いだからだ。

白のナイロン素材できわどいとこまでレースが使ってあって赤の刺繍がエロくて初めて見たときは

とても興奮したのを覚えている。

取り出した先輩の手には予想通りのパンツが握られていた。

ただ僕は先輩に彼女のエロいパンツを見られることよりももっと心配していることがあった。

彼女は清楚でかわいらしくおとなしいイメージを持たれているが、

外見と内面の違いは僕が一番分かっている。彼女だってエロいことにはもちろん興奮する。

彼女がパンツを脱ぐ直前までエロトークとAV鑑賞で場が盛り上がっていたので、

だまって平静を装っていた彼女だって興奮していたはずだ。

その痕跡がパンツに残っているのではと心配になった。

先輩はパンツを見てかなりのエロさに有頂天になっていたが、

パンツの裏地に目をやった時に、バッと僕の方を向いて

見ろ!とその部分を見せてきた。

そこは心配した通りというか、そうなることを知っている僕としては

予想通りともいえる状態だった。

彼女は濡れやすい体質で、SEXの時も雰囲気とキスの時点でパンツに染みを作るほどだ。

先輩の手にしたパンツはびちょびちょというわけではないが、

興奮してあそこを濡らして溢れたものがパンツに染みを作っていた。

先輩はその染みを触ってまだ濡れているのを確認して、さらに匂いもかいで

「あの女エロいなぁ。華奢でおとなしいのに見方かわるわぁ」

「もしかして今日やれるかもよ。」

と言い出したので、先輩の彼女もいるしばれたら会社クビですよと言って

その場を流した。

それ以来先輩は会社でも執拗に彼女を視姦するようになった。

彼女が前かがみになると真上に移動して覗いているし、

彼女がしゃがみこむと必ず真正面にやってきて話かけるといった具合だ。

そしてその成果を僕に教えてくれるのだ。

ブラチラが見えた、パンチラが見えた。

ひどいときはハーフカップのブラの上から乳首がはみ出ていたとか

椅子に座っているときにパンチラが見えてレースから毛が透けていたとか

かなり妄想も入ってきて危険な感じになってきたために、

彼女に事情を説明して会社を辞めてもらうことにした。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【友達】彼女の秘密を見られた【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月10日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ