相互リンク先の更新情報!

【外国人】台湾で今なお日本の軍艦を追悼供養 【告白体験談】

カテゴリー:外国人との告白体験談
tag:


台湾・高雄に日本の「軍艦」祭る新堂完成 日本統治時代の軍港、今も追悼供養



2014.1.1007:38(1/2ページ)[台湾]



紅毛港保安堂の新堂に神艦を遷座する堂管理委員会メンバーら=昨年12月29日、台湾・高雄市(吉村剛史撮影)



 日本の「軍艦」などを祭っている台湾南部・高雄市の道教霊廟(れいびょう)「紅毛港保安堂」の新堂が完成し、仮堂から神像や神艦を遷座する落慶祭がこのほど行われた。



 高雄は日本統治時代、海軍と軍港の街として知られた。同堂によると、終戦直後、漁師が漁網にかかった頭蓋骨を地元の廟に祭って慰霊したところ、大漁が続いたため、1953年に保安堂を建立。その後、頭蓋骨が「日本海軍38号哨戒艇の艇長」を名乗って漁師の夢枕に立ち、「部下を日本へ連れて帰れなかったのが残念」と語ったと伝えられている。そこで漁師有志が90年ごろ、「魂だけでも帰れるように」と、「日本の軍艦」の模型を作り神艦「38にっぽんぐんかん」として奉納、追悼供養したという。



 港に面した旧堂は再開発で2007年に移転を迫られ、堂管理委員会では神艦などを仮堂に遷座し、08年から3500万台湾元(約1億2200万円)を投じて新堂を建設。うち100万元(約350万円)は邦人有志の寄付という。



 昨年末に行われた落慶祭には、陳菊・高雄市長も参列した。



 市中心部から遠く、邦人参拝客は少ないが、亡父が海軍志願兵だった縁などから毎年、団体で慰霊訪問を続けてきた福岡市の専門学校経営、小菅亥三郎さん(66)は「日本人としてはとてもありがたいこと」と謝意を表明。管理委員会常務監察役の趙麗恵さん(53)も「新堂で新年を迎えられてうれしい。日本からも多くの方にお参りにきてほしい」と語っていた。(高雄 吉村剛史)








出典:MSN産経ニュース

リンク:


告白体験談関連タグ



【外国人】台湾で今なお日本の軍艦を追悼供養 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月11日 | 告白体験談カテゴリー:外国人との告白体験談

このページの先頭へ