相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】昼間のパッチンコ屋には【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


旦那に了承を得てるのか内緒なのか色んな世代の人妻がいる。俺もパチ屋の店員をしている。休みが不定期で休日でない日に朝から他店へうちにいくことがある。パチ屋では常連客の少額の貸し借りやコーヒーのおごり合いは日常茶飯事である。俺の行くパチ屋にもそんな連中は沢山いる。ある昼過ぎ仲がいいさちがいい調子だねと歩み寄り隣に座るのでどうですか?と聞くと負けが続いてると言い、お金を借りたいと言ってきた。さちは41歳で小学生と中学生の子供がいる人妻で、旦那に内緒で来ている事は知っていた。じゃご飯食べに行こうと誘うと、お金ないよと言われ今日は持ちますよと、さちの車にのった。なんか意地悪したくなりワンピみたいなスカートのうえから内股あたりに手を乗せて行き先を伝えずに出してと言い、車内で少額の消費者金融に借り入れがあることまで聞き、元々お金を貸すことは嫌気はないタイプなので貸すことは了承した。そんな話をしながら右手で内股を徐々にさすり、さちは耳を赤し、だまりこんだ。ワンピを座席に引っ掛かるまで上げ手を入れてマンコ付近まで擽るようにさわり、今日何色はいてるの?って聞くと諦めたかのか水色と小さく言った。見れる場所にも行きたいなと言うと黙って車を走らせホテルにはいった。そのかんも触り続け適当に部屋のボタンを押し、エレベーターの中でキスをし尻をもんだ。部屋に入りソファーに座り黙りこんださちに服を脱いで見せてと言い正面でワンピを脱がすとブラも取らせた。若干のたるみはあるが胸もはり綺麗な身体をしている。ソファーとテーブルの間に立たせ後ろを向かせテーブルに手をつかせ水色のパンティーマンコ部分に鼻をあてわざと聞こえる位に音を立て匂いをかいだ。イャヤメテと言うがクロッチ部分はすでにシミが付き前からクリを擦り、匂いと味を交互に楽しんだ。さちも身体をくねくねさせ気持ちと裏腹に感じていた。さちさん舐めてよというとベルトを外しパンツごと脱がしシゴキながら舌をだし、ペロペロ舐め始めた。ソファーに座り膝枕をする体勢にさせ目の前で音を出して舐めてもらい下着の中に手を入れてクリとなかを入れた。すでに濡れて中は生ぬるさ感じピチャピチャ音をさせていた。激しさを増すとチンコを口から外しイッちゃうよ イヤァ〜とエッチなんだと言うとくわえながらくびを振るのでそのままシックスナインの形に持っていきパンティーを取りクリを舐め、穴に舌を出し入れした。さちはあえぎ腰辺りをひくひくさせていた


告白体験談関連タグ

|||||||

【浮気・不倫】昼間のパッチンコ屋には【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ