相互リンク先の更新情報!

【友達】温泉旅館での立寄り入浴【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


平日の昼下がり、前に妻と何度か行った事のある温泉宿に一人で入った時の事。

ロビーで受付を済まし風呂に向かうと、前を歩いていた清掃のおばさんが男湯の暖簾をくぐった。

続いて入る。おばさんのサンダルのみで他に靴等はない。自動ドアが開き脱衣場に・・・・・・

おばさんは洗面台の下の物入れの備品を整理しているようだ。かまわず、すぐ横の棚になっている脱衣かごに着ているものを脱ぐ。

最後の一枚になるとき、いたずら心が・・・・

全裸にタオルを首に掛け洗面台のカミソリを取りに・・・おばさんはすぐ右横下でまだごそごそ整理中。

(ここの温泉はいいお湯ですね)と声を掛けると、おばさんが下から見上げる。「・・・????・・・・」

(・・・・どうかしましたか?)おばさんの視線が動かないまま「・・・大きくなっている!」

(・・・ごめんなさい!昨日女房と久しぶりにHしたんですけど・・・女房だけ満足して・・・こちらはまだだったんです。

そこで脱ぎながらおばさんのお尻を見ていたら・・・むくむくと勃ってきちゃって・・・おばさんのお尻なかなかですよ)

おばさんは40代半ば頃?こちらより5〜6歳上か?・・・作戦成功?おばさんが立ち上がり

「こんなおばさんのお尻にそんなになって・・・なにかうれしいわ!・・・見事に上を向いてご立派なこと」

(ここが少し赤くなっているでしょ)とカリを指差す。「そんなに激しく?・・・亀さんの頭が大きい!」

(いつもはもう少し長い時間ですけど、昨日の女房はあの時の声もいつもより大きくて・・・)おばさんを後ろ向きにさせて

バックスタイルを真似を・・・勃起を白のスリムジーンズの股下に入れ腰を振る「クン二〜フェラ〜69〜正常位〜松葉崩し




〜座位〜この体位で・・・そしたら女房のあそこが収縮してきて締めつけられて・・・しばらくして解放されたと思ったら女房が

もうダメ!・・・と前にがくっと倒れて逝ってしまって」・・・・おばさんも興に乗って「・・・もっと!もっと!奥まで!・・・

突いて!もっと!・・・あーっ!・・・気持ちいいー!・・・あなたのチンチン!・・・いいわー!・・・あーっ!!逝くー!!!

こんな感じ?」と言いながら股下の亀頭を指で・・・「あー!硬くて大きい!・・・・・・何か濡れてきたみたい」

こちらに向き直り屈んで・・・勃起を目線に合わせ「かなり使い込んでいる感じ、色が黒いわ。カリもこんなに膨らんで・・・だいぶ

経験豊富みたい。でもここの毛が薄い。・・・ここで仕事をしていると・・・色々見えるの!」

(おばさん!違うでしょ!チラチラ見て観察しているんじゃない?)「あらばれちゃった!そうよチラチラ見るの。中にはあなたみたいに

見せつけてくる人もいたわ。でもさすがに勃起はしていない。中高年はたいがいきれいに剥けているけど毛深い、若い人は半分ぐらい皮が

被っているわ。この前なんか老人でそこの毛が半分白くて・・・玉の毛も白くて・・・亀の頭は大きいんだけど竿が細くてだらーんと・・・

もう勃たないのね。あと高校生の団体!恥ずかしいのかみんなタオルで隠しているんだけど、どうしても着替えるとき見えちゃうじゃない!

小さい子供のような・・・先っぽが朝顔の花がしぼんだみたいに・・・でも皮の中で亀の頭は膨らんでいるの。見てると面白くて飽きない」

(凄い!細かなところまで観察している)いつのまにかおばさんの手で勃起がしごかれている。左手はジーンズの股間に・・・立たせて抱き寄せる。手は勃起を握ったままだ。ジーンズのボタンを外しジッパーを下ろし一気に下着の中へ右手を下ろす。結構毛深い感じ、中指を秘裂

へ・・・もう濡れ濡れ状態だ。もう一本の指を参加させ2本で中を・・・親指で豆を・・・小指でアヌスを・・・・・・・・・・・・・・・

頃合いを見計らってジーンズと下着を・・・・いきなり駅弁スタイルで・・・一気に奥深く挿入・・・そこで止める     (つづく)


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】温泉旅館での立寄り入浴【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ