相互リンク先の更新情報!

【初体験】包茎手術(ご参考に)3 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


さて包茎手術も終盤、皮を切る作業が始まりました。

新人看護婦が懸命におちんちんの皮をひっぱったまま先生が狙いを定めて切っていくのですが20年もの間封印されていた亀頭はカスがたまっていたため大変なことになっておりなにやらそれを流すための液体がかけられていました。

幸いそのときはすでに麻酔が効いていておちんちんの感覚はほとんどなくなっていました。

そうして切除が終わり、皮が縫合され手術が終了しました。

先生と新人看護婦が退席し、私と看護婦さん一人が残りました。

一旦、ズボンをはいたのですが、もう一度パンツを脱いでくれと言われました。

一度はいたものを脱ぐのはなにか違う恥ずかしさがあったのですが最後に今後2〜3週間のおちんちんの扱いについて私のおちんちんを使ってその看護婦さんがレクチャーしてくれたのです。

それは麻酔が切れると手術したおちんちんには大変な激痛が走る。

それは手術した部分と、今まで露出していなかった亀頭が空気に触れるためだそうでその時は痛み止めの薬を飲むか、ガーゼを使って亀頭を縛ると痛みが和らぐとのことでした。

ということで看護婦さんは生まれ変わった私のおちんちんを手にとりガーゼを使っておちんちんの縛り方をレクチャーしてくれました。

 しばらくはオナニーをしちゃだめだということでそれをおかずにできないのが残念でしたが、すごくドキドキしたのを覚えています。



家にかえってから看護婦さんの言ったようにのたうちまわるような痛みが走るときがありましたが3週間後、縫合された糸が少しづつ溶けていっておちんちんが完成したのです。



私の感想




包茎手術をするなら、男性スタッフだけのところより、断然美容整形ですね。

恥ずかしさも今ではいい思い出で、男だけのところで手術してたら何か暗い過去だけが残っていたような気がします



                           おわり





出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【初体験】包茎手術(ご参考に)3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月13日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ