相互リンク先の更新情報!

【出会い系】日曜日のタダマン中出し 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


出会い系で円希望のバカ女に中出しタダマンするのが俺の楽しみ。



俺のやり方はこうだ。まずは掲示板に以下のように書き込む。



『はじめまして。IT企業で役員してます。年収は1200万。

たまに息抜きでこういうサイトで遊んじゃってます(笑)。

これから楽しんで遊べる女の子募集してます。もちろん高額謝礼しますよ』



これであとはバカ女からのメールを待つだけ…。



援交希望のバカ女に金の威力は絶大で、1時間程で軽く10通はメールが来る。



この3連休は、わざわざ写メを添えてアピって来た女子大生の“サトミ”というバカ女をターゲットにすることに決定。



石原さとみに似てるんだと。






相手の希望はゴムありの5万(笑)



今どきこんな援交バカ女に5万も払う男などいるのか?



まぁ、ハナから1円たりとも払う気は無いので、俺は「2回戦OKなら5万OK」と返信。



速攻でOKの返事が来て交渉成立。





昨日の20時に、渋谷のマークシティ前で待ち合わせ。



予定よりちょい早めにマークシティまで行くと、壁にもたれてスマホいじってる写メの女を発見。



自称援交女子大生の“サトミ”だ。



バカ女のくせに早めに来るとは感心なやつだ。



俺から声を掛けて、爽やかな感じを装って笑顔で挨拶。



適当に会話しながら女を見ると、これが写メより実物が可愛いタイプで、確かに石原さとみに似ている。



スレンダーで腰が細いのに胸が意外に大きいという美味そうな体…(笑)



俺はサトミに「あまり時間ないんだよね」と告げて、そのまま道玄坂のラブホテルに直行。





部屋に入り、一緒にシャワーを浴びるため服を脱がせてやる。



予想通りの美巨乳が登場。Fカップだとのこと…。



肌もスベスベで気持ちいい。



バスルームで舌を絡ませながらのディープキス、前から後ろからおっぱいを揉みまくってやった。



その後、バスルームを出て、ベッドでクンニしてやったらあっけなくイってしまうバカ女。



勝手にイキやがったことに腹が立ったので、サトミをベッドの上に正座させると



俺はその顔の前に仁王立ちしてチンコをしゃぶるように命令。



う〜ん、さすが援交バカ女。



チンコにむしゃぶりつく顔はヤリマン女そのもので、想像以上にフェラが上手くてニヤニヤしてしまう。



チンコがカチカチに勃起したところでサトミを押し倒し、まずは正上位でチンコを捻じ込んでやろうとしたら



「いや!ゴムつけて!!」



と言ってきたので渋々ゴムを装着して挿入。





チンコを根本まで挿しこんでマンコの中をグリグリ掻き回してから、自慢のカリで膣壁を擦ってやると



「あ、それダメ、ダメダメ…。すごい入ってるぅ…っ…っ」



とすぐに悶え始め、そのままカリで引っ掛けながら出し入れしてると、



「あぁ、あ、あ…、ダメダメ…、またイッちゃう!うぅ!あ!」



と呆気なく先にイッてしまった。



こいつはイキやすい女だなぁと思いながら



「あ?もうイッちゃったのか?」



と俺はちょっと呆れて聞くと、



「だって…大きいし、形が合うのかなぁ?気持ちいいところにすごい当たるんだもん…」



と言われ、悪い気分はしなかったが、さすがに簡単過ぎるわ。



俺はまだまだぜんぜんイク気配はないので、チンコを思いっ切り奥まで入れて



中で上下に動かすようにしながら前後してGスポット周辺を擦ってやると、またまた



「あっ、あ、そこダメ…ダメ…、すごい擦れる…、あ、そこ…、ああ…イッちゃう…」



とまた自分だけ気持ちよくイキやがった。



援交しすぎて感度がよくなっちゃってるただのヤリマン女なのか、



それともエッチが気持ち良すぎてヤリマン女になって援交にはしったか、



どっちにせよバカ女に間違いないってことはわかったwww





ズブズブと奥までゆっくり入れたチンコを、いきなりズボッと引き抜くと



「くっ!いやぁ、ダメ!そんなふうに抜かないで…」



と懇願してくるので、今度は一気に根元までズンと突き刺してやる。



「はっ!はあぅぅぅぅ…」



と目を見開いて感じている。次は逆にゆーっくり引き抜こうとすると、



「ぁぁぁぁあ…」



とこれまた感じてやがるので、抜くと見せかけてまた奥までチンコを突き刺す。



こんなふうに緩急をつけて意地悪しながら何度も抜き差しをすると、



AVのようなよがり声をあげて感じるようになりやがった。



そこから両足を高く持ち上げて高速でパンパンパン激しくガン突きしてやると、



「ダメダメ!!またイク!またイッちゃぅぅぅ!!!」





イッたばかりでぐったりしてるサトミをひっくり返してうつ伏せの状態に。



そこから尻を引っり起こして突きだすような体勢にさせる。



この間にこっそりゴムを外してそのまま生チンコをバックからズドン。



「あぁぁぁ、すごい奥に…、奥に当たるぅぅぅ…」



と言ってまたサトミは快感に体を捩らせてやがる。



そのまましばらくバックから鬼のようなピストン。



壁面の鏡に口を半開きにして感じているサトミの表情が見て取れる。



俺はこの時の女の顔が好きだ。めっちゃエロいし可愛いと思ってしまう。



俺的に一番気持ち良い体位で激しく好きなようにピストンしてたので、俺もイキそうになってきた。



サトミに向かって「おい!俺もそろそろイクぞ!!」と告げて、さらに超高速ピストンでガンガンに突きまくってやると、



「一緒に…、一緒にイッて…、あぁぁ、もうイクぅぅぅぅ、一緒にイッってぇぇぇ…はやく…、あっ、イクぅぅぅ!!!」



とサトミは叫ぶように感じている。



俺はサトミの尻の肉を爪が食い込むほどガッチリ掴んでラストスパート。



「おら、イクぞぉぉぉ!!」といちばん奥まで突っ込んでドクンドクンとそのまま中出し。



サトミのマンコの中で何度もチンコを脈打たせながら最後の一滴まで絞り出す。



ケツの筋肉を絞めて、尿道に残った精液もすべて注ぎ込む。



しばらく余韻を味わってからゆっくりとチンコを引き抜く。



サトミは失神したかのようにうつ伏せのままぐったりして、呼びかけにも反応なし。



なので俺は静かに自分だけ服を着ると、こっそり自動精算機で支払いを済ませ、



そのままひとりでチェックアウト。



晴々とした気分で家路についた。





今朝スマホを見たらサトミから鬼のようにメールが来ているが気にしない。



出会い系サイトも普通に継続してて支障なしだ。



てゆーか、もう何人もこういうことしてるしなwww





出会い系やってるバカ女は気をつけろよ!



おれみたいなやつに当たるかもしれないからなwww







くやしかったらかかってきな!



今日も獲物を探すぜ!



出典:イククル体験談 作り話

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【出会い系】日曜日のタダマン中出し 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月14日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ