相互リンク先の更新情報!

【教師・先生】童顔教育実習生 【告白体験談】

カテゴリー:教師・先生との告白体験談
tag:


中学1年の頃、教育実習生として1ヶ月だけ国語の授業をすること

になった、ある女の先生がいた。その先生は背が小さく童顔で

とても可愛い、ロリコンでも幼女と間違ってズタズタに犯してしまいそうな

そんなロリロリな美少女だった。まだ慣れてない授業におどおどしながらする姿は

とても可愛かった。男子には絶大な人気を得ていた。僕はこの先生が好きに

なった。これは初恋だったと思う。

 僕は国語の時間が待ち遠しかった。楽しみだった。好きな先生に会えるから。



 ある日のこと。昼休みが終わってチャイムが鳴ったと同時にがらがらとゆっくりドアが開き、

先生が入ってきた。先生を見ると常に勃起する僕は勃起した。

 先生はまたおどおどしながら授業を始めた。何故か僕を見ながら「授業を始めます」

といった。目が合うとドキッとした。

 漢字の問題を生徒にやらせている先生の空いている時間、先生は突然

僕の横に来てそっと座った。いいいいい一体どうしたのだ!!!!!???

激しく動揺していると先生は授業中のおどおどしている様子とは打って変わった




非常に優しい声で話し掛けた。何故だ。今まで話し掛けてこなかったのに。

「さとる君、漢字は得意なの?」

「えっ、か、かかかかかかかか漢字は漢字です」

「くすっ。緊張しなくていいよ。もっと柔らかくね」

 まるで僕を誘惑するような言い方だった。これから僕はクラスメイトの前で

先生に犯されるのではないか?などと有り得ない妄想をしてますます動揺する。

「ねぇ、私の授業分かりやすい?」

「ジュギョウ、ワカリヤスイ!」

「あははっ。ありがとう」

「ありがと!」

 もはや会話になっていない。先生はオウムと話しているような感じだっただろう



「あのね、小学校の頃のさとる君見たことあるよ」

「べ!」

「庭で友達とローラースケートしてたよね。あの時さとる君可愛かったから、ずっと

さとる君のこと覚えてたよ」

「な、な、ななんで僕を見たんですか??」

「私さとる君の親戚だからね、おばあちゃんに用があってきたときに、見かけたの」

 次々と衝撃的なことばかり言ってくれるので、最早気が気でなかった。事実、気が

触れかけていた。

「先生もクレオパトラよりカワイイです」

「くすっ、ありがとう」

「僕は男なのに、なんで可愛いんですか?」

「母性本能をくすぐられるっていうかね、なんか可愛いの」

 先生は笑いながら微かに頬を赤くした。周りの席の男子女子は呆然としたまま僕らを

見ていた。その後眩暈がしながら国語の授業を受けた。席の前の女子に「動揺してたね」

と言われ、まだ動揺してたので「動揺してたね」とオウム返しした。すると先生はまた

心に激震が走るようなことを言った。「今日で先生の授業は終わりです」卒倒しそうだった。



 放課後、今日だけ友達とは帰らず、一人でとぼとぼと歩いて帰った。自転車で登校したのに、

自転車で登校したことを忘れていた。失恋のショックは大きかった。元気ないまま、帰宅すると

見知らぬ車があった。あれ、誰だろう?と思いながら家に帰るとなんと玄関に先生がいた。

 「うひ! うひ! うひ!」あまりの喜びに爆笑した。「あっ、さとる君!」と先生は

元気いっぱいに話し掛けてきた。「うひひひひひひひひひ! 先生がいる!どうしたんですか!」

かつてない笑いを零した僕をさっきまで先生と話していた母は信じられないという表情で見ていた。

だが今は母なんかに構ってられない。先生と最後の会話だ。

「今日で最後だから、一目見たくて来たんだよ。もう遠くに行っちゃうからね、私」

「あっ、ど、どどどうもです」

「これあげるね」



先生はとても奇妙な人形をくれた。一つ目ピエロでどこか不吉な匂いを伺わせる、

恐ろしい人形だったが先生がくれたということでとても可愛らしいものと思うように努めた。

「ちょっと待ってて下さい」

 僕は部屋に戻り、小学生以来鍵をかけて厳重に保管していたどんぐりを取り出し、先生に

プレゼントした。

「はい、魔法のどんぐりです」

「えっ、魔法?」

「空から降ってきたんです。このどんぐり」

 今考えると木から落ちてきただけのどんぐりである。背が小さくて馬鹿だったから空から

降ってきたと思い込んでいたのだ。そして中学生になっても馬鹿は変わりなかったから、信じ続けた。

「そうなの! ありがとう」

「どどどどどどどどんぐりです」

 そのとき、急に感動のお別れの時を母は邪魔し出した。なんだ、大切な時にこの人は。

「あんた、腐ったどんぐり先生にあげてどうするの!」

「だだだだだってこれ大切にしてたから」

「いえ、私嬉しいのでいいですよ」

 先生は心底嬉しそうな顔をしながらどんぐりをポケットに入れた。

「ほんとねえ、この子陽子さん(先生の名前)のこと毎晩言ってたのよ」

「えっ、そうなんですか?」

「うん、もうねよほど陽子さんのこと好きらしいよ。国語のテストで100点とって先生になでなで

してもらうのが夢とか、ねぇほんと。あはははは!馬鹿じゃないかしらこの子!」

 母は家で先生の噂をしていたことを暴露し出した。僕は恥ずかしくて死にそうだった。

「へー。じゃあなでなでしてあげよう」

 なでなで、と赤ん坊をあやすように言いながら玄関で頭をなでてくれた。勃起しつつ狂喜した。

「うひひひひひひひひひひひひひひ」

「やだあ。変態じゃないかしらこの子」

「そんなことないですよ。可愛いですよー」

「だでだでぼっどじでーーー(なでなでもっとしてー)」

 理性は吹き飛んでいた。





 …思い返すと死にたくなる。


告白体験談関連タグ

|||

【教師・先生】童顔教育実習生 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月23日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

このページの先頭へ