相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】社宅物語「深夜の強姦前編」【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


結局、私は直樹さんと共にベッドインしていました。隣のベッドでは

浩二君が由美さんを抱いていました。今回のショーは浩二君の初体験の

舞台でもありました。私が彼の初めての相手をして、仕上げは由美さんに

なっていました。

ぎこちない浩二君のセックスも回数を重ねる度に少しずつ上手になり

何度も由美さんの中に射精を繰り返しても若いペニスは元気でした。



直樹さんは私を抱きしめてキスを繰り返し、乳房を愛撫しながら

弟のセックスを見守っていました。時折、アドバイスとして

見本を見せたり、由美さんに命令をしてエロチックなポーズを

取らせたり、もっと声を出させたりしていました。

私の知る限りでは、由美さんは宏さんに献上された女‥SAランクの

人なのに、宏さんの友達である直樹さんに欲しいままに身体を自由に

されたり、また由美さんを他の人にセックスの強要をさせることができる

直樹さんの存在は理解できませんでした。






ただわかることは、由美さんは直樹さんの言いなりになっていると

言うことでした。

浩二君のプレイは次第に激しくなっていました。乱暴気味に由美さんに

セックスをしている光景はレイプに近いものがありました。

「いいぞ浩二!もっと犯しまくれ」「あっんあぁぁ‥あぅ」由美さんの

喘ぎ声も激しくなり浩二君の動きも激しくなっていました。



浩二君は何度射精したのかわかりませんでした。すべて由美さんの中へ

射精を行っていました‥さすがに由美さんも疲れからなのでしょう

ぐったりとしていました。

精液で溢れたマンコの中を指でかき混ぜるようにして浩二君は

遊んでいました。

「兄ちゃん、もうこの人はいいよ。代わりのそのお姉ちゃんと

やりたい」「35歳より28歳の方がいいのか?」「そのお姉ちゃんの

マンコはまだ綺麗だから」



「浩二!マンコは綺麗とかじゃなくてハメ心地だぞ、由美のマンコは

ハメ心地いいだろ」

「うん、でもぬるぬるしてハメた、気がしなくなったし‥」

「出しすぎだよ」「刺激も欲しいな、さっきみたいな」

「よし強姦してやれ!」「うん」「由美!服を着ろ」直樹さんは

服を着るように命令をしました。由美さんは、ぐったりとなった

身体を起こして下着をつけました。そしてブラウスにマイクロミニの

姿になって浩二君の前に立ちました。



「すげぇぇ色っぽい」興奮気味の浩二君は大きく勃起したペニスを

握り締めて叫んでいました。「どうせならパンツが丸見えのミニが

いいな」浩二君が由美さんに言うと、再び穿き替えて丈が30センチにも

満たないマイクロに穿き替えました。

「どうだ浩二!35歳でもファッションひとつで変わるだろ」

「うんとってもエロくていいよ」「さぁ思いっきり犯してやれ」

「うん犯してやる」



由美さんは浩二君に連れられて、先ほどの会場になっていた部屋に

行きました。私も直樹さんに連れられて部屋を移動しました。

不安気な由美さんが「直樹さん‥強姦ショーですか?」「そうだ

由美の強姦ショーだ」由美さんは私の方を見ていました。その目は

何かを言いたそうな目でした。



浩二君が由美さんに抱きついて始まりました。押し倒してスカートを

捲りあげ、パンティに手をかけていました。

足をバタつかせて捲れたミニスカから太股や股間が見えるたびに

「いつもは高見の見物をしている由美も、いまは強姦嬢だな」

私は直樹さんに抱きかかえられて、陰部に指を入れられたまま

一緒にみていました。



由美さんのパンティは膝ぐらいまで脱がされたあと、胸元から

ブラウスを左右引きちぎられました。そして背後からブラウスを

脱がされて、そのままブラジャーのホックを外していました。

そして今度は、そのままの状態で両足を伸ばして

膝までのパンティを足首までおろして、片足ずつ抜き取るように

して脱がしました。

肩紐だけで留まっている状態のフラジャーは乳房の前のすだれの

ような感じでダランとしていました。

やがてそのすだれも剥ぎ取られ、ミニスカ一枚の姿にされた由美さんは

そのまま両足を捕まえられて、大きくV字開脚にされました。

「丸見えだぁ」浩二君によって、丸で逆さ吊のようになりスカートは捲れて

ノーパンのマンコが丸見えになっていました。浩二君の勃起しているペニスは

そのまま由美さんのマンコ目掛けて一気に突き刺さりました。「はあっあぁぁ‥」



「恵美も濡れているな‥」目の前の光景が私を濡らして、いつの間にか

直樹さんに向かい合って膝上に座らされていました。

「うっん‥ううん」直樹さんの唇が私の唇に重なり、舌を絡ませていました。

膝上に乗せられた股間は大きく開いて、直樹さんの指が陰毛をかき分けて

陰部の中へ入っていました。そして指が陰部から離れたと思った瞬間に

ズズッ‥「ひぃぃ‥ああぁぁ」直樹さんの太いものが下腹部を突き刺しました。

「あうぅぅあぁぁ」「痛いか!そのうちに気持ちよくなるからな」

「あうぅぅ‥」「一度俺にボーリングされた女のマンコは他の男を受付けなく

なるぜ!由美みたいに」



私は今まで主人以外の人とはセックスなんてしたことがありませんでした。

それが宏さんに抱かれて、主人より大きなモノを受け入れたことで

主人とのセックスよりも深い快感を感じていました。

それが今、新しく変わろうとしていました。宏さんよりも、もっと太くて

大きなモノ‥直樹さんのペニスは特別でした。

必死で直樹さんの背中に手を回していました。下から太いもので

突き上げられるたびに、宙に浮きそうな自分の身体を押さえて

いました。「あぅぅはあぁぁ‥壊れそう‥」



いつの間にか、快感に変わっていた私は何度も大きな声で喘ぎ、叫んで

いました。何度も失神した私は、ベッド上で由美さん一緒に寝かされて

いました。由美さんの喘ぎ声で気がつくと、再び私の中へ入れる

直樹さんは、由美さんと私を交互に抱いていました。

浩二君は隣のベッドで寝ていました。由美さんとのセックスで

満足した様子でした。

そして‥朝方まで私は由美さんと共に、直樹さんのペニスを受けいれて

いました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【人妻・熟女】社宅物語「深夜の強姦前編」【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ