相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】お隣と嫁を交換してみたら2 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


突然後ろから奈保子さんにチンポを握られて、

「あれ?真美ちゃんがやられちゃってるのに、こんなにしてるの?」

こう言われて、自分が限界まで勃起していることに気が付いた。嫁が、隣の家で正人さんにやられてイかされてしまったかもしれない状況だというのに、血管が切れるほど勃起している自分に驚いた。



「ねぇ・・・ さっきの声って、やってる声だよね・・・  真美ちゃんがやられちゃうなんて、意外だったなぁ・・・」



正人さんが浮気をしたかもしれないということはどうでも良いのかな?と思ったが、それよりも真美だ・・・

本当に正人さんにやられてしまったのだろうか?しかし、あの声はどう考えてもセックスしている声だ。



そんな俺の戸惑いなど関係ないように、奈保子さんは俺のチンポを握り続け、後ろから耳を舐めたりしてくる。

そして、パジャマから手を突っ込んで、俺の乳首をつまんだりさすったりしてくる。

思わず吐息を漏らしながら、

「奈保子さん・・・ダメです・・・ 真美が・・・  正人さんが・・・」

「なに言ってんの、3回も出しといて今更それはないんじゃない?」

そう言いながら俺のズボンを脱がし始める。






「そうですけど・・・ 真美が・・・」

「こんなにしといて、何言ってるの?お互い様でしょ?そんなことよりも、今は私と夫婦でしょ?」



綺麗な奈保子さんの顔に見つめられながらそう言われると、本当にお互い様と思ってしまう。催眠術にでもかかった気持ちだ。





そして、どちらからともなくキスをし、舌を絡めていく。奈保子さんは、俺をベッドに押し倒すと、上に覆いかぶさってキスを続ける。



そして、

「ほら、口開けて」

そう言って口を開けさせると、唾液を流し込んでくる。

今までしたことのないそのプレイに、電流が流れたように感じながら奈保子さんの唾液を飲み込んでいく。



「どう?美味しい?」

妖艶に微笑みながら奈保子さんが聞いてくる。

「はい、美味しいです!奈保子さん・・・」

あえぐようにそう言うと、

「私にも・・・」

そう言って、仰向けに寝て口を開ける奈保子さん。





言われるままに奈保子さんの口に唾液を垂らしていく。それを、音を立てながら飲み下していく奈保子さん。たまらなくエロい・・・



夢中でキスをして舌を絡めていると

「正人も唾液交換好きなんだよ。真美ちゃんも飲まされてるかもね・・・・」

いたずらっ子のような顔でそう言う奈保子さん。



嫉妬や焦りや色々な感情がグチャグチャになるが、どうしようもなく興奮している自分に戸惑う。





そして、また俺を仰向けに寝せると、フェラチオを始める。

「あぁ・・凄いね・・・  大きい・・・  こんなの初めて・・・  奥まで入らないよ」

そう言いながら、うっとりとした表情で俺のチンポを舐め上げていく。そして、くわえて奥まで入れていく。

剣を飲み込む大道芸のように、驚くほど奥まで入っていくが、さすがに全部は入らない。喉の奥に亀頭が当たるのを感じながら、複雑に絡んでくる奈保子さんの舌に腰が抜けそうになる。





すると、奈保子さんの舌が俺のアナルに移動する。アナルを舐められることなど初めてで、思わず

「ダメです!汚い! あぁ・・奈保子さん・・・」

拒否しようとするが、すでに快感が体を支配していた。恥ずかしさと気持ちよさが一気に高まり、声が漏れそうになる。すると、奈保子さんの舌がアナルに押し入ってくる。

「あぁぁ・・ダメです・・」

「なぁに?あっくん女の子みたいな声出して・・・  かわいい・・・」



そのまま奈保子さんにいいように責められていると、イキそうになってくる。さっき、3回も出したのにもう出そうになっていることに驚いていると

「あっ!  あっくんの堅くなってきた。イキそうなの?」

また妖艶な笑顔を浮かべて奈保子さんが言う。

返事するまもなく、奈保子さんはアナル舐めと手コキを止めて

「じゃあ、いただきます」

いたずらっ子のような笑みを見せながら、上に乗っかってくる。





一気に奥まで挿入すると

「が・・はぁ・・・ やっぱり・・・ だめ・・だ・・・  あぁ・・ あっ!」

亀頭に奈保子さんの子宮を感じながら、そのきつすぎる膣の締め付けを感じて、俺もたまらなくなる。

奈保子さんが腰を上下に動かすと、カリに肉壁が絡みついてくる。鍛えているせいか、真美の膣よりもきつく締め付けてくる奈保子さんの膣は、たまらなく気持ちいい・・・

「あっ!はっ!はっ!あぅぅあ・・ こんな・・・ やばい・・ あぁ・・ 奥が・・ あぁぁっ! あっくん・・・ うごい・・て・・ぇ・・・」

そう言うと、力なく俺の胸に倒れ込んでくる奈保子さん。そのまま下から奈保子さんを突き上げると、

「あぐっ! はがっ! あっ! はぁっ! こわ・・れる・・・う・・ うわぁぁっ! がっ! がっ! イクっ! イクぅっ!」

全身を痙攣させながらイッてしまった奈保子さんは、よだれも垂らしながらぐったりしている。

過去の女性関係の中で、俺のでかいチンポで激しく乱れる女性は多かったが、奈保子さんはちょっと怖いくらいに感じてくれている。





ここまでリアクションが良いので、こちらも本気になって堕とすセックスに切り替える。



奈保子さんを仰向けで寝かせて、腰とベッドの間にクッションを挟み込む。

そして、正常位で挿入して、一番奥まで突き上げて止める。そのまま腰を前後ではなく円を描くように、子宮に亀頭を押しつけるように動かす。

「ぐぅぅ・・・あぁ・・あっ! ダメ・・ダメェ・・・ チンポ当るぅ・・  大きいチンポがナオの子宮潰してるぅ・・ あぁぁがぁぁ・・」

うわごとのようにそう言いながら、泣きそうな顔になっている奈保子さん。



チンポを抜けそうになる限界まで引き抜き、また奥まで入れるというロングストロークで責め上げると

「が・はぁ・・ あがっ!  引きずり出されちゃうよぉ・・・ ナオの子宮が・・・ あぁぁ・・ 抜かないでぇ・・ あがっ! あぁぁ・・ 奥が・・・ 死んじゃう・・・ あぁぁっ!」



キスをして、激しく舌を絡めながらロングストロークで責めると、ビクンビクンと奈保子さんの体が大きく跳ねた。





出典:お隣と嫁を交換してみたら

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||

【寝取られ】お隣と嫁を交換してみたら2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月16日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ