相互リンク先の更新情報!

【妹】お兄ちゃんのお手伝い 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


1

私には20歳の大学生のお兄ちゃんがいます。私より9つ↑です。大好きなお兄ちゃんです。

ある日、お兄ちゃんが私の部屋で何かしてました。私のパンツをオチンチンに当てていました。

私「何しているの?」兄「オチンチンが急に痛くなって、変な液体が出てきたから、とりあえず

パンツで止めてた」といいました。大丈夫?と聞くと「こうやっていると気持ちよくなって

痛みがなくなるんだ」って…?「礼子の手でおさえて」といい、パンツに包まれたオチンチンを

にぎりました。。

そして、私の手をとり、動かしました。「こうやって、こすると楽になる」といいながら…

いつの間にかパンツをとり直接触っていました。そして白い液体がオチンチンの先から、ピュて

いっぱいでました!驚きました!精液とお兄ちゃんから教わりました。オチンチンがカチカチになっ

て痛くなったときに、こすると精液が出て、痛みがなくなるんだって…。そんなことが何度

かありましたが、、私もバカじゃないのでインターネットで調べました。私はお兄ちゃんのオナニーの

お手伝いをしていたとわかりましたー!



2




あの日から、たまーにお兄ちゃんのお手伝いをしていますが、親にみつかると怒られるから

、いっぱいはできません。私とお兄ちゃんの部屋の間は薄い板?なようなものでカベができ

ています。もともとは一つの部屋。そこでお兄ちゃんが彫刻刀でカベを削り、私の机の上の

横に穴を開けました。その穴からオチンチンを出すためです。私が机に向かうと目の前に、、、

。それから、一週間に4、5回くらいお手伝いをしています。親に見つからないように穴は

時間割り表で隠してあります。私もオナニーをおぼえました。お兄ちゃんのお手伝いをしな

がら、しています。お兄ちゃんから私は見えないので恥ずかしくないの。オチンチンの先から出

てくるヌルヌルを指でとり、舐めたり、乳首にぬったりして楽しんでいます。そして白い精液も

舐めたりしました。精液はちゃんとトイレットペーパーでふきとり、トイレに流しています。お兄ちゃ

んにそうするように言われました。



3

あれから、お兄ちゃんのお手伝いは続いています。お兄ちゃんがお手伝いしてほしいという

ときは、なんとなくわかるようになりました。やっぱり兄妹だからなのかな。その時間にな

ると、私もHな気分になり、穴からオチンチンが現われる前から濡れることもあります。そんな

ときは、いつもならお兄ちゃんのヌルヌルを私のアソコにぬっちゃうけど、逆に私のヌルヌ

ルをオチンチンにつけてさわってあげます。私のヌルヌルで気持ちよくなってくれることがすご

くうれしくって、、、お兄ちゃんから私が見えないから恥ずかしくなくできます。でも、お

兄ちゃんに言われました。「礼子、オチンチンになにかつけてしてないか?もしかしてツバをつ

けてない?」って、私は「う、うん、、お兄ちゃんイヤ?」とうその返事をしました。オナ

ニーしながらしているなんて言えません。「すごく気持ちいいよ」って。私はすごくうれし

かった。でもホントはツバじゃないのに、、「ツバをつけてくれるなら、直接舐めてくれた

らもっと気持ちよくなるよ」と言われました。インターネットでフェラチオということは知ってい

ました。そのことばを知ってから、すごくしてみたいと思ってましたが恥ずかしくて、でき

なかった。。。



4

お兄ちゃんのオチンチン、今日からなめなめできるなんて、うれしい。自然にアソコが濡れてき

ました。穴からお兄ちゃんのオチンチンが出てくるとき、パンツを通りこして椅子まで濡れてい

ました。最初はいつものように手でこすって、私のヌルヌルのかわりにツバをオチンチンにつけ

てこすってあげました。もちろんオナしながら。お兄ちゃんのヌルヌルがたくさん出てきた

のでなめました。お兄ちゃんの指示通りにアイスクリームをなめるようにペロペロ、、、、すごくオチ

ンチンがあったかい、、夢中になってペロペロしました。すごくおいしい、、私のアソコもいつ

もより気持ちよく、ジンジンして、、いつのまにかアソコの穴に人差し指をちょっと入れた

りしてました。そしてオチンチンの先を全部口の中に入れ、口の中でペロペロしました。夢中で口

の中でペロペロしていたら、いきなり、ものすごい量のヌルヌルが、、お兄ちゃんの精液でし

た、、熱い精液がたくさん、、口からあふれちゃて、机のうえにポタポタ落ちました。精液が

口の中に出たとき、私の体に電気がはしったような感覚になりました。口の中の精液は飲ん

じゃいました。そのあともお兄ちゃんのオチンチンをなめなめして、きれいにしました。それで

もまだ、ずっとなめなめしてました。夢中になり、私のアソコもいっぱい、指でこすってま

した。さっきよりもすごい電気ショックが、、私、オシッコしてました。。。そんな自分に

気づき、恥ずかしいって、、でも気持ちいいって、、くせになりそう、、



5

つづきです。オシッコがでちゃうのはおかしいのかな、、そんなことがあってから、お手伝

いするときはイスにタオルを敷いてするようにしました。何回かお口でお手伝いするように

なって、お兄ちゃんの気持ちいい場所がわかってきました。オチンチンの裏側がいいみたい。そ

れと舌の先で精液の出る穴?をツンツンするのが好きみたい。お手伝いはお口だけですると

、両方の手が自由になるのでアソコとオッパイを一緒にさわっています。オッパイはまだ小

さいから、早く大きくなるように乳首をひっぱってします。たまにオチンチンにこすりつけたり

しています。お兄ちゃんからは見えないから、好きなようにできます。つづく、、


告白体験談関連タグ

|||

【妹】お兄ちゃんのお手伝い 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月24日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ