相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】最終・室内プールで妻が 【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


正直、自分の妻が最高に思えます。

スタイルも良く、男受けするエロボディ。胸も大きく色白!

そして何より、エッチ好きで露出にも興味あり。

もともと、そんな女だとは思っても居なかったが、ここ数年で妻は変わり始めた。

勿論、きっかけは室内プールだったと思う。

それと同時に、俺がスケベで妻に色々仕込んだたま物か?

室内プールも良いのですが、今は夏本番!毎日暑く、海へ行こうと家族で話した。

家族みんなの合意の元、子供の夏休みに合わせて海水浴に出掛ける事になった。

海と言えば女性はビキニですよね!

勿論、私の頭の中も妻の水着姿でいっぱいだった。

黄色・白・黒と妻のビキニを楽しんできたが、今回は以前にも着用した白いビキニを選定した様だ。

車で、砂浜目指して走り目的の砂浜に到着した。

ちょっと、マイナーな所だったが、多くの人で賑わっていてとても綺麗な所だった。

海の店も多く出店していて、トイレ・シャワーも完備されていた。

駐車場に車を止めると、車の後部座席のカーテンを閉め、妻と子供が着替えを始めた。




一足先に着替えを済ませ、車の前で2人を待つとスライドドアが開いた。

色白な肌に白いビキニを着た妻が子供と一緒に現れた。

食い込むようなビキニパンツがまた色っぽく、はち切れんばかりの胸を一枚の布が覆っている。

駐車場に居る、男達も妻の姿にジロジロとチラ見しているが、これがまた自慢でもあった。

妻も満更でない様子で、胸を張り隠す事無く歩いていた。

浜辺に出ると、海の家の近くにシートを張り、パラソルを設置した。

浮き輪を膨らませると、子供と妻が海目指してまっしぐらに走って行った。

私は、椅子とテーブルを組み立てると、シートの隣にせっせと設置した。

辺りを見渡すと、家族連れやカップルが多く見えたが、中には男数人組も見受けられた。

ようやく、設置も終わり”ホッと”しながら椅子に座る。

ふと横を見ると、家族連れなのか?30代の女性が1人シートの上で休んでいた。

その時、バックから何か取ろうとしているのか?四つん這いの格好で漁り始めた。

私の位置からは大きなお尻に食い込む水色ビキニが何ともイヤラシク見えた。

クネクネ動くお尻に私の息子もニョキニョキと大きくなり反応し始める。

サングラスを掛けながら、横目でじっくり観察していると、ようやく女性は体を起こし座り始めた。

すっかり、見入ってしまい妻達の事を忘れてしまっていた。

海辺の方を見るが、妻も子供も見当たらなかった。立ち上がり熱くなった砂浜を妻達を探して歩いた。

中々見つからず、一度元の場所に戻ると、海の奥を見てみた。

人混みの奥に黄色いゴムボートが2艘並んで浮かんでいた。

よく見れば、家の子供が知らない男の人と一緒にボートに乗っていた。

もう1艘をみると、妻がこれまた男の人と一緒に乗っている。しかも、妻の後ろに張り付く様に男は乗っている。

ボートは、人混みを避ける様に、砂浜の端に向かって流れている様だった。

妻達と一緒に乗っているのは20代前半位だろうか?

暫く妻達のボートをビデオカメラで追っていた。

男は、時より妻に話しかけているのか?妻が振り向く姿が見えていた。

ズームを使うと、男の手はオールを持っていると思っていたが、オールは妻が持っていて、男は妻の腰を押えている。

しかも、片手は、妻の股間を触っているではないか!

ドンドン人気を避け、砂浜の端にボートは着いた。

子供は降りると直ぐに、砂で壁を作り始め波避けを作っていた。男も一緒になって子供と遊んでいる。

妻は、まだボートから降りる様子も無かった。と言うより男に抑えられ触られている様子だった。

抵抗しているのか?一瞬、妻の胸がポロリと露出した。

妻は、直ぐに胸を押えビキニを直した。

そんな妻に、異変を感じたのか?近くの家族が近寄って行く姿が見える。

男達も、マズイと思ったのか?ボートに乗ると2人はその場から離れた。

何も知らない子供は、砂で遊び妻は、他所の奥さんと話をしていた。

暫くして、妻と子供が戻って来た。

「何処行ってたんだよ?見当たらなかったから、待ってたよ」

「ちょっと、離れた所!かき氷でも食べようか?」

妻は、何も無かったかのように平然としていた。

子供がシートの前で穴を盛り始め体を埋め始めた。

妻も一緒に息子を埋め始めると胸を作り、おっぱいだ!!!と盛り上がっていた。

「僕も混ぜて!!!」と隣の家族の子供が近づいて来た。

「いいよ。埋まってみる?」と妻が子供に言うと「うん!」と子供も横になった。

隣の子供は小学3年位だろうか?

そんな時、「すいません」と隣の奥さんが近づいて来て妻と話始めた。

子供を埋め始める奥さん方も楽しそうに砂を掛けていた。

私の目の前で、隣の奥さんは膝間つき一生懸命砂を掛けているのだが、大きなお尻に食い込むビキニ

に私の目は釘づけだった。

よく見れば、股間の辺りのビキニから毛が数本イヤらしく食み出るのが見えた。

そんな時、隣の旦那さんが戻って来た。結構年が離れているのか?見た目では40代後半といった感じ。

私を見ると、ニコリと頭を下げて来た。私も軽く会釈をして、前を見ていた。

そんな事も気にしない奥様方が今度は、3年生の子供に引かれる様に

山を作るとトンネルを掘り出した。

家の子供も、砂の布団から這い出すと、一緒に山を作っていた。

「ママ、穴掘って!」そう言われ、四つん這いの姿で穴を掘り出した。

何とも色っぽい格好で、ビキニの中央にマンコの筋が食い込んでいた。

反対側に妻が陣取ると、同じように四つん這いになり掘り出した。

奥さんのお尻に釘付けになっていると、ふと隣の旦那さんが気になった。サングラス越しに隣を見ると

旦那さんは妻の胸に釘付けとなっていた。

彼も私の目線に気づいたのか?気まずそうな表情で苦笑いした。

私も、いいですよ!と言わんばかりにニコっとした。

子供が切っ掛けで、お互い仲良くなり一緒にお昼を食べる事になった。

お互い、弁当持参だったので、分け合いながら良い雰囲気でご飯を食べる事が出来た。

隣の奥さんは私と同い年の32歳で、旦那さんは48歳年の差カップルだった。

子供も小学4年で、我が家の子供とは2つ違いだった。

子供と奥さん方がジュースを買いに行ったので、男同士で会話をしていた。

「さっきはすいません!年甲斐も無く見ちゃって」と相手の旦那さんが頭を掻きながら話し始めた。

「胸、大きいの好きなんですか?」

「え~まぁ」

「良いんですよ!気にしてませんから、ドンドン見て下さい」

「そんな!言われると恥ずかしいなぁ」

「私も奥さんの股間見入ってました!!!」

「そうなんですか?良いですよ!あいつで良ければ、触っちゃって・・・」

「男って駄目ですね」

そんなくだらない会話で盛り上がっていると、妻達が戻って来た。

「何話してるの?」

「なぁ~にお前たちが綺麗だなって・・・ね」

「そうそう、2人とも綺麗だなって言ってたんだ」

笑みを浮かべながら妻達も話を始めた。

その後、何事も無く帰る時間になっていた。ちょっと残念な気持ちもあったが、隣の奥さんをじっくり堪能出来

しかも、以外に楽しかった。

隣の家族と一緒に、シャワーを浴び子供達と隣の旦那さんと駐車場に向かった。

少しすると、隣の奥さんも着替えを済ませ戻って来るのが見えた。

白いワンピースが透けて下着が見えているではありませんか?

下着も水色でしかもTバック姿!!!思わず見入ってしまうと、隣の旦那さんが「Tバック好きですか?」と聞いて来た。

「え~嫌いな人居ませんよ」

「私も好きでねぇ、ワザと透けるワンピースを着せたんですよ」

「えっ、見せる為ですか?」

「妻のエッチな姿が好きで、他の男の人の反応を見るのも・・・」

「私と一緒です!」 思わず口にしてしまった。

「そうなんですか?あの奥さんの見てみたいですね」

コソコソそんな話をしていたが、妻は一向に戻る気配が無かった。

「ちょっと、見て来ます」 じゃ、私も一緒に・・・と隣の旦那さんも付いて来た。

更衣室は凄い混雑だった。

ちょっと様子を見ていたが、妻が出て来る気配も無く何か嫌な予感がした。

辺りを見渡すと、トイレの奥に松の木が生い茂った所が見えていた。

”あそこで着替えて・・・”

何の根拠も無く歩き出した。松の木が多い茂った中、草村が不自然に折れていた。

間違いなく人が入った形跡だった。奥に進むとボロボロの小屋が立っていた。

「何かあるんですか?」 隣の旦那さんが小さな声で聴いて来た。

その時、”駄目!お願い見ないで・・・”と言う女性の声!!!

窓を覗くと、2人の男がニタニタしながら立っていた。

下を見ると、ビキニを剥ぎ取られた妻が、胸を隠して座っていた。

男達は、今にも襲い掛かる感じだった。

「不味いですよ!早く助けないと・・・」 隣の旦那さんの声に我に返りドアを蹴った。

「何だよ!」

「警察呼んだ、そこに居ろ!」

そう言うと、男達は一目散に走り去って行った。

「パパ、怖かった」妻が抱きついて来た。

隣の旦那さんが目線を外に向けたので、手で見ていいですよ!と合図した。

旦那さんも顔を赤らめながら、ジーっと妻の全裸を見つめていた。

そんな姿に息子もムクムクと大きくなり、思わず妻の両手を押えると彼に全てを披露した。

「えっ、ちょっとパパ!」妻が恥ずかしそうに顔を背けた。

「恩人だ!ちょっと位見せて上げても良いじゃないか!」

そう言って、彼の手を妻の胸に押し当てた。

彼の股間も大きくなり、激しい息使いになり胸に当たった手を動かし始めた。

彼はもう片方にの手をマンコに沿わせるとクチュクチュと穴に入れ始めた。

「駄目!感じちゃう」妻が喘ぎ始めた。

「奥さん最高ですね!」

「そうでしょう!自慢の妻ですよ」

そうして、彼には手と指で十分に堪能してもらった後、妻に服を着せた。

タンクトップに白いミニスカート姿!下着は付けさせないで、松林を3人で抜けて行った。

林の中では、ずっと彼は妻のマンこを触り続け、妻も時より”アッ・・・イイ”と喘ぎ声を出していた。

駐車場に着くと、お互いの家族が待っていた。

お互いの車に分かれる時、隣の旦那さんが「ありがとう!楽しかった」と言い携帯のアドレスを交換した。

お互い車に乗り込むと”プっプっー”とクラクションを鳴らし帰路に着いた。

翌週、一通のメールが送られてきた。

宛先は、隣の旦那さんからだった。

・先日は楽しい思い出ありがとう!奥さん元気ですか?今もあの感触が忘れられません。

 一方的に楽しませて頂き、お礼も出来ませんでした。

 僅かでもと思い添付させて頂きました。これも何かの縁!また企画を立てて会いましょう。

その添付資料には、奥さんのヌード写真が数枚張り付いていました。

32歳のムチムチ下半身!Cカップ位の胸・剛毛な毛に包まれたマンコが惜しみなく写っていました。

また、彼ら家族と会おうと決心した日でした。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

【人妻・熟女】最終・室内プールで妻が 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月18日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ