相互リンク先の更新情報!

【職場】歓迎会で、古瀬さんと高島さんが【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


この話は俺が18歳で新入社員の時の歓迎会の話です。

まずは登場人物紹介。 『俺』→高卒で新入社員。

『古瀬サン』→確か当時34歳でアネゴ肌のキャリアウーマン。

仕事は出来るが、外見は下の上ぐらい。細身だけどお世辞でも綺麗とは言えない。独身で彼氏なしみたい。 『高島サン』→たしか古瀬サンの1つ下で33歳。でも古瀬サンとは10年以上の付き合いで仲良し。

スタイル普通。顔は古瀬サンと同様で決して美人とは言えない。

当然独身。

入社して3週間ぐらい経ち歓迎会をしてもらった。

俺が配属になった部署に男の新入社員が配属になるのは6年振りみたいでした。

しかも男の社員の人は全員30歳以上。 一次会は居酒屋で15人ぐらい参加してくれて、二次会はカラオケ。

さすがに年配の方は参加せず、俺を含めて6人だけでした。

カラオケが終わる時にはもうすぐ終電の時間になっていた。

今日はお開きモードかなと思っていたけど、古瀬サンはお酒のおかけで上機嫌。

そして二人は帰り、残されたのは俺と古瀬サン、高島サンだった。

俺の歓迎会だったので帰るにも帰れなくて、古瀬サンの家で三人だけで三次会をする事になった。

古瀬サンの家までタクシーで15分ぐらい。




家に着くと外見も綺麗なデザイナーズマンション。

当然部屋も綺麗で、落ち着いた女性の部屋だった。

部屋に着くなりコンビニで買ってきたお酒で乾杯した。

そして1杯目が飲み終わる頃に、古瀬サンが、 「先にシャワー浴びてくる。」

とシャワーに浴びにいった。

10分ぐらいして古瀬サンが上がってきた。

部屋着に着替えてた古瀬サンを見て、いつも見てた感じじゃなかったので少しドキッとした。

高島サンもシャワーを浴びに行った。

古瀬サンは高島サンの為の部屋着を置き、再び飲み始めた。

高島サンが上がって来ると、古瀬サンは俺にも

「シャワー浴びておいで。服は後で持って行ってあげる」

と、言われシャワーを借りる事に…。

さっきまで古瀬サンと高島サンが入ってたと思うと、なんか変な感じに…

よく見ると、床に淫毛らしきチリチリした毛が落ちていた。

10代の男には刺激強すぎですよ。

俺は落ち着かない状態でシャワーを浴び終えて、風呂場から出ると、用意してくれてるはずの着替えがなくて、しかも、着てた服までない。

パニクる俺に、古瀬サン達の笑い声がした。 もう、二人はかなり盛り上がってた。

俺はとりあえず体を拭いた。

「マジで勘弁して下さいよ。服返して下さいよぉ」 と泣きそうな声で言う俺に、

「このまま出ておいでよ」 と、またもや笑いながら言われた。

今の俺なら喜んで出て行くだろうが、この時はまだまだ青いチキン野郎だったので、恐る恐るバスタオルを巻いて出て行った。

「まじで、服返して下さいよ。」 すると古瀬サンが、

「ヒューヒュー、若い男の体はいいね。とりあえず座りなさい」 俺は座ると、ほろ酔い気味の古瀬サンのペースに…

「とりあえず乾杯~」

またもや乾杯で飲み出した。

俺は古瀬サンの後ろにある俺の服に手を延ばそうとすると、

「何してるの。その姿で少しは私達を接待してもらうからね」 高島サンは

「返してあげなよ」

と、古瀬サンに笑いならが言うけど、一緒に楽しんでる様子。

10分ぐらい過ぎて、テーブルを囲み右隣りに座ってる古瀬サンが、俺の乳首を触ってきた。

とっさに拒んだが、その後も隙をみて触ろうとしてくる。

「触っても減るもんじゃないし、触るぐらいいいじゃん」

と、古瀬サンは開き直って言う。

「じゃぁ、僕が古瀬サンの触ってもいいですか?」

と言うと、

「触れるものだったら触ってみな」

と、反対に反論されて、古瀬サンはTシャツを脱いだ。

ブラはしていたが、高島サンも俺もこれにはビックリ。

俺は触る事が出来ずに、なぜか謝ってる。

情けない…。。。

「飲み過ぎだよ。早く服きて。」

と高島サンが言うが、

「年下の子をいじめるの面白いんだもん。それに、欲求だし…あんたも男と2年ぐらいしてないって言ってたじゃん」

と、古瀬サンの言葉に高島サンは恥ずかしいに何も言えずにいた。

すると古瀬サンが俺のバスタオルに手をかけた。

必死に防いでたけど、後ろにバランスを崩してしまい、バスタオル間からティンポがまる見えに…。

ティンポを見た古瀬サンはさらに火がつきバスタオルを剥ぎ取った。

手で前を隠す俺に始めは目を背けてた高島サンも慣れてきたのか徐々に見られた。

この頃には古瀬サンはもちもん高島サンも俺にちょっかいを出してきた。

乳首を触られるたびに、ティンポがチラチラと…

古瀬サンと高島サンの攻撃はまだまだ続いた。

古瀬サンは俺の乳首を舐め始めて、俺の抵抗も弱くなっていき、その場に倒された。

しかも古瀬サンに乳首を舐められてティンポは大きくなってしまった。

「うぁっ、すごい大きくなってるよ。見て~」

俺は二人にティンポは観察された。

「こんなに大きいの始めてみた。何㎝あるんだろう?計って見ようか?」

と、古瀬サンがメジャーを持ってきて、俺のティンポは計られた。

「スゲー!18㎝もあるよ。」

俺はマジで恥ずかしかったけど、なぜかその恥ずかしさが快感にも感じた。

古瀬サンはティンポを手コキし始めて、高島サンはそれを、

「ヤラシイ~。気持ちいいの?」

と、俺に聞いてくる。

「はい。きっ気持ちいいです」

と、答える俺に、

「かわいいね。」

と、優しく微笑んだ。

俺は完璧に二人のおもちゃになってしまった瞬間だった。

古瀬サンは俺のティンポから手を離すと、高島サンに、

「あんたもしてあげなよ」

と、言うと、高島サンもティンポをギュッと掴んだ。

「うぁ、熱い。しかも太い~!!」

と、リズムよく上下にシコシコされた。

その間古瀬サンは再び俺の乳首を舐めてた。

二人に攻撃されるのなんて初めての快感だし、それにまだ若い時だったので、俺は気持ち良すぎて

「イッちゃいそうです。ダメっすよ。あぁ~」 「ドビュッ」 「キャッ、出たぁ」 と、二人の前でわすが5分ぐらいでイッちゃいました。

俺はこうして二人に逝かされた。

「早いよ~。しかもこんなに出しちゃって。」

と、ティッシュで俺のお腹に出た精子を丁寧に高島サンが拭いてくれた。

「すいません。こんな事されたの初めてなので…」

と、謝る俺に、

「まだ出るでしょ?」

と、古瀬サンはニヤついてた。

そして俺はバスタオルで股間を隠し、5分ぐらいテーブルを囲んで話してた。

話してる時も古瀬サンはTシャツをまだ着ずにブラの姿で目のやり場に困った。

チラチラと見る俺に気付いたのか古瀬サンは、

「何チラ見してるのよ。見たいなら見たいって言いなさいよ」

と、一言。

「えっ…あっ…見たいです」

と、おどおどと答える俺に、

「ハッキリしなさいよ」

と、笑ってブラをはずした。

ブラ姿でも分かっていたが、古瀬サンは胸は小さくたぶんBカップぐらいだった。

乳首はやや茶色っぽくて胸の下にはブラのあとが肌に残っていた。

高島サンはひたすら笑ってた。

「ほら、ちゃんと見なさいよ。」

「あっ…はいっ」

「見てるだけなの?触りなさいよ」

と、古瀬サンはまるで俺をイジメるように言い、俺の横にきた。

手をそっと古瀬サンの胸に添えると、やはり小さいから揉にづらい。

だから俺は乳首を手の平で擦りつける様に円を描いた。

「んっ…アン」

小さい声だが、古瀬サンから声が漏れた。

少しの間、そんな事を続けてると、古瀬サンは自らスボンを脱ぎパンツも一気に脱ぎ捨てた。

そして俺にキスをして舌も古瀬サンから押し入れてきた。

俺はその勢いに圧倒されて、そのまま押し倒された。

古瀬サンの濃厚なキス攻撃が続き、俺は胸を揉むのを辞めていた。

さっき1回逝ったティンポもいつの間にか元気になってた。

キスをしながら古瀬サンの右手は俺のティンポを握ると、古瀬サンはキスを中断して言った。

「若いねっ。またこんなに大きくしちゃって…」

またもやティンポを弄られている俺は、まるで『まな板の鯉』状態。

古瀬サンは顔をティンポの方に向けるの、そのままティンポを口にくわえた。

始めはゆっくりと舐めるだけだったが、次第にティンポを吸うように、エロい音をたてて舐めてくれた。

ふと高島サンを見るとチューハイを片手に持ち、俺達を固まる様に見ていた。

高島サンは俺に視線に気付いたのか、一瞬目が合ったが、恥ずかしそうに、すぐに逸らした。

古瀬サンの濃厚なフェラは3分ぐらい続き、一瞬止まって、

「何一人だけ感じてるの?」

と、俺にまたがり、マンコを俺の顔に向け69の体勢に…。

間近に見る古瀬サンのマンコはもう濡れてるのが分かった。

俺がマンコを舐め始めると、古瀬サンは小さくアエギ声を出しながら、またもやティンポを舐め始めた。

舌でクリトリスをピンポイントで舐めると、古瀬サンは気持ち良くか、フェラするのが出来ない様だった。

そして、アエギ声も

「あっあぁ~ん」

と、大きくなった。

そして、古瀬サンは高島サンに向かって、

「久しぶりの男はいい!あんたも…してもらえば?」

高島サンは愛想笑いの様な微笑みを浮かべてたが、その場を動かずに見てた。

すると古瀬サンは体勢を俺の方に向けて股がった。

「こんなに大きいの入れるの初めてだから、少し怖いけど…」

と、言いながらティンポを掴み、自らマンコに導いた。

古瀬サンが腰を落とすと、

「う゛あぁぁん」

今までと明らかに違うアエギ声と共に、ティンポが入っていった。

古瀬サンはそのまま少し動かず、またもや高島サンに、

「これ、ヤバイ。凄く入ってるって感じ…」

と高島サンと会話を始めた。

「他人のHって見てたら恥ずかしいよね?」

俺は二人が会話してる時に少し腰を動かすと、

「ちょっと、勝手に動かさない。」

と、古瀬サンから叱られた。

「スイマセン。あまりにも気持ちよくて…」 俺はこの時にMに目覚めた。

上から言われる事で凄い快感を得ていた。

古瀬サンがやっと動いてくれた。

「アン…アン…イィ…」

古瀬サンがアエギ声を上げながら動く度に、俺も気持ちよかった。

贅沢言うと、古瀬サンがもう少し美人なら言う事はないが、それはしょうがない。

「すっごく、奥まで届く…気持ちいぃ」

もう完璧に古瀬サンは久しぶりのセックルを楽しんでた。

古瀬サンの腰を動かすスピードが早くなって行く。

「古瀬サン…そんなに激しくされたら逝きそうです」

1回目逝ってから30分ぐらいなのに、俺はまたもや逝きそうになった。

「まだ駄目だよ。」

と、言いながらスピードはゆっくりなったが、古瀬サンはマンコに力を入れ締め付けてた。

「古瀬サン…き…凄く気持ちいいです…ハァハァ」

古瀬サンは俺が逝きそうなのを分かって、すん止めでティンポを引き抜いた。

「まだまだ逝かせないよ」

小悪魔のような微笑みが堪らなくいい。

「今度は私を攻めてみて」

と、言うので、俺は寝転んだ古瀬サンのクリトリスに触れた。

凄くグチョグチョだ。

中指を入れると、マンコの中も大洪水。

指をもう一本入れて、かき回すと、アエギだす古瀬サン…。

さっきまで主導権を持っていた古瀬サンが今は俺のペースで攻撃されている。

「気持ちいいですか?凄く濡れてますよ。」

と、マンコに指2本、乳首を舐めながら攻撃する俺は古瀬サンに聞いた。

Mに目覚めた俺だったが、会社の上司に向かって言うのも堪らなくいい。

「図に乗るなよ!アンアン」

と、強がる古瀬サンに対して更に指を動かす。

「ダメっ…そんなにしちゃ…ハァハァ…い…逝っちゃう…アァァァ…あ゛~」

古瀬サンは腰が少し浮かせて逝ってしまった。

グッタリしている古瀬サンから指を抜くと、指はテカテカに愛液で光ってた。

古瀬サンは動く気配なし。

俺は視線を感じたので高島サンをみると、見つめられてた。

さっきまで動かなかった高島サンは俺の方に近づいて来た。

俺はすぐに分かった。

高島サンの性欲にも火が付いたのだと…

そしてキスした。

俺は服の上から高島サンの胸を触ると、以外にも弾力があった。

スタイルは普通と思っていたが、隠れ巨乳。

思わず背中に手を回し、ブラのフックを外し服を脱がせた。

Eカップぐらいだろうか、少し垂れ気味で乳輪も大きめだった。。

少し残念。

乳首を刺激すると硬くなり立ってきた。

下も脱がせると、パンツはブラとお揃いで、黒色でセクシィな下着。

股の間からパンツをずらし、指を忍び込ませると、高島サンも大洪水。

堪らなくなり脱がせて攻撃開始…。。。

しかし…

高島サンが脱ぐなりティンポにしゃぶり付いてきた。

またもや主導権は俺から逃げていった。

まぁ、やられるのも良いものだが…W

でも三十路の女性で、男日照りが続くと、ここまで積極的になるかと感心した。

高島サンのフェラは古瀬サンに比べて激しく強引だった。

古瀬サンの方がテクは上だった。

でも気持ちいい。

1分ぐらいされただけで高島サンはやめ、

「もう入れて…」

と、言ってきた。

俺はそれに応え、正常位で挿入。

そんなに刺激してない高島サンのマンコに、いきり立ったティンポが入った。

「んん…アン」

初めて短時間に、二人の女性のマンコに挿入出来た事で俺は舞い上がってた。

挿入してすぐ、復活した古瀬サンが、

「彼の凄い大きいでしょ?」

と、高島サンに聞くと、

「うん。痛気持ちいい」

と、顔をシカメて言った。

俺は腰をゆっくり動かすと、高島サンの声も大きくなり、部屋に響いた。

少し前傾になり、高島サンの足を俺の肩に乗せて、マンコの奥まで入れると、

「うあ~ん、奥…奥まで来てる…んん…はぁん…」

声が益々大きくなった。

「もっと…もっと…いい…はぁはぁ…いいよ」

高島サンは完全に理性を失ってアエギ出してた。

「アエギ声凄いね。超気持ち良さそうだね?」

と、古瀬サンの声にも反応せずに感じてた。

俺は少し疲れたので、高島サンを四つん這いにさせ、バックで再挿入。

バックだと一段と締まりがよくて気持ちいい。

高島サンの感度もさっきよりも増して良好。

しばらくはアエギ声とパンパンと言う音が部屋に響き渡る。

もう俺も限界が来そうになった時に、

「そこ…そこ…ダメダメダメダメ…逝っちゃう、逝っちゃう」 「ハァハァ俺も逝きそうです」 「な…中に…中に出していいよ…イクっイクっ…あぁ…ダメ~、………」 「ドビュ……」

中出しOKって言われたけど、俺は寸前でマンコから引き抜いて、背中に出した。

さすがに後悔はしたくなかったから…W 「ズルイ…私、指でしか逝かされてないのに…」 古瀬サンの一言が余韻に浸る俺の胸に突き刺さった。

当然ながら古瀬サンの相手もする予定だったが、お酒も入っていたので、キブアップ。

そのままその夜は古瀬サンの家でお泊り。

次の日の朝、まだ、高島サンが寝てる時に古瀬サンとは前日の続きをしました。

途中で高島サンが起きてきて、見学されたけど…

俺の体験はこんな感じです。

長い間ありがとうございました。

PCの片、携帯から投稿なので読みにくかったらスミマセン。

俺が次に会社に出勤した時は、さすがに緊張しました。

朝、ちょうど出社した時に古瀬サンと高島サンがデスクで話してた。

俺に気付いた古瀬サンが、

「おはよう」

と、いつものように対応してくれたので、会社では何もなかった様に仕事してます。

でもそれからは何回か3人でHしたり、高島サンと二人でラブホ行ったりしました。

古瀬サンからは、たまに夜電話が入り、呼び出しされたりもしました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【職場】歓迎会で、古瀬さんと高島さんが【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月20日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ