相互リンク先の更新情報!

【友達】覗かれ【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


  高1の俺(K)と彼女のM、そして俺の友達Jとその彼女のRの4人で、水族館でWデートした帰りに、Jの部屋に寄ったときの話です。

 Jの家は、敷地が広くて、奴は母屋とは別棟になっている離れを1人で使ってました。

 最初は、和室でその日のデートの事とか、学校での出来事など他愛も無いことを4人で話してました。そのうち、Rがトイレに行ったのですが、すぐにJも後を追うように部屋を出て行きました。

 15分以上経っても2人とも帰ってこないので、俺と彼女は、「どうしたんだろう?」って話していると、隣のJの寝室から、Rの声がしてきました。どうやらRは小声で話そうとしているようでしたが、和室との仕切りは襖なので、2人の会話が聞こえてきました。

「ダメだよ。だって、隣にKくんとMちゃんがいるんだもん・・・。」

「大丈夫だよ。そんな事より、俺、我慢できないよ。」とJが答えます。

 さらに、「なっ、いいだろう?」と聞こえてから程なく、明らかに2人がHを始めてしまったと思われる音が漏れてきました。

 Rは、俺たちの存在が気になっているのか、なるべく声をあげないように、「うっ、」とか「ああっ」とか短い声を出していました。

 そんなのを聞かされて、さすがに、俺もHな気分になってきて、思い切って彼女に、「隣でヤッてると思うと、俺も我慢できないよ。ここで、シテもいい?」と聞きました。

 彼女は小さく頷いてくれました。

 彼女とのHには、いつもコンちゃんを使っていたのですが、その日は持ち合わせていませんでした。

 俺は困ったのですが、以前、ここに遊びに来た時、Jが和室の大画面TVでAVを見ながらRとHをしたという話を聞いたのを思い出しました。その時、確かこの和室にも常備していると言ってたような気がしました。

 TVのキャビネットの引き出しを見ると、Lサイズのコンちゃんが無造作に置いてありました。br> 「あいつも、Lサイズ使ってるのか!!」と変な感心をした後で、彼女にコンちゃんが見つかったことを告げると、安心した様子でした。

 俺は、まず思いっきり彼女を抱き締め、ディープキスをしました。舌を絡めあって、いつもよりかなり濃厚なキスをしているのですが、何故かそのキスは物足りない感じがしました。明らかに彼女の反応がいつもより鈍いのです。

 やはり隣に人がいると言う緊張感からか、それとも羞恥心なのか、彼女は何か集中できない様子でした。




 そう感じながらも、もう欲望に火がついてしまった俺は、いまさら止めることが出来ず、彼女を素っ裸にすると、いつもコンプレックスだと言っているFカップを激しく揉みました。

 俺は巨乳が好きなので、彼女がFカップなのはとても嬉しいのですが、もともと、知り合った時はDカップで、その時も常にコンプレックスだと言ってた彼女とHするようになり、見る見るうちにFカップになってしまった事を今でも時々責められています。

 そんな彼女のFカップの乳首を舌で転がしたり、きつく吸ったりしてしばらく胸への愛撫を続けていると、彼女はリラックスしたのか、ようやくいつもの敏感でとってもHな女の子になってきました。

 下半身に移ってクンニしてやろうとしたとき、すでにそこは洪水でした。もともと濡れやすい彼女ですが、その日は特別びしょびしょで、その事を教えてやると、「もう、気持ちよすぎて、さっきからイキそう。お願い、クンニはいいから、早くK君の挿れて!」と頼んできました。

 俺も早く1つになりたかったので、さっき見つけたのを装着し、挿入しました。といきたい所ですが、そのメーカーのは初めて使うので、いつもと勝手が違い、装着に手間取ってしまいました。

 いつものに比べて伸縮性があまり無いようで、Lサイズの筈ですが、きつめでチンポが締め付けられる様な感じがして、おまけに亀頭が軽く鬱血しているようでした。長さも少し短めだったのも気がかりでした。

 でも、もう盛り上がってたので、やっとの思いで装着を完了させ、再び彼女に愛撫を加え、一気に挿入しました。

「ああ〜ん、すごく気持ちいい。お願い、突いて! 奥まで、お願い!」俺は正常位で激しくピストンを繰り返しました。

 ふと前を向き、襖の方を見ると、何故か少し開いていました。

 なんと、隙間からJとRがこっちを覗いているではありませんか!

 夢中になって彼女とHしている間に、すっかりJとRの事を忘れていた俺は、さすがに驚きました。

 俺は、少しピストンの勢いを弱めて、下になったいる彼女の耳元で、「見られてる。」と告げると、一瞬驚いたようですが、いまさら止められないところまで気分が高ぶっていた彼女は、「続けて・・・。」と切ない表情で言うので、そのまま続行しました。

 何故か、俺は、その時、見られていると言う恥ずかしさよりも、JとRに俺たちのを見せ付けてやりたい気持ちになり、彼女に挿れたまま腰を持って少し浮かせ気味にして、腰高位に体位を変えました。

「なに、あれ? 凄い」

 多分、意表を突かれたRが思わず口にしたのでしょう。俺にはその声が聞こえました。

 俺は、内心、「どうだ!」って気持ちになりました。

 彼女は、少し不安定だけど、腰高位が好きで、普段から「イキやすい。」と言っていました。

 正常位より奥まで届くせいか、彼女はますます激しく大胆になり、すぐにその日初めての絶頂が襲ってきたようです。

「イク、イク、イク、・・・。もうダメ、一緒にイコ。ね。イコ、イコ、イコッ〜」と言い始めたので、さらに彼女の腰をしっかりと掴み、チンポを奥までしっかり届かせながら、少し捻りを加えるピストンで彼女の膣を激しくかき回してやると、「イク、イク、イク、イク、あ〜〜〜ィクゥ〜」と叫びつつ彼女はマジでイッてしまいました。

 もちろん、俺も同時にイキました。

 彼女からチンポを外し、コンちゃんを外してから、「あいつら、こっちに呼ぶけど、大丈夫?」尋ねると、「Hを見られてしまって、いまさらだけど、やっぱ恥ずかしいから、服を着ようよ。」と言うので、2人は服を着ました。

 着終わった後、襖に向かって、「お前ら、俺たちの事、覗いてたんだろ! こっち来いよ。」と言うと、襖が開きました。

奴らはバツが悪そうな表情をしながら、和室に入ってきました。

「いつから覗いてたんだよ。」俺が聞くと、Jは、「お前がゴム付けてるところから。」と答えるではありませんか。

「それじゃ、ほとんど初めから見てたってことかよ!」と言うと、「ああ」と答えました。

「お前らもシテたんだろ?」と聞くと、「なんか、お互い最後まで出来ないって感じで・・・。途中で止めたんだ」

「なんだ、そうなのか。俺はてっきり・・・。」と言ってチラッとRを見ると顔が真っ赤でした。

「しかし、お前ら凄すぎだな。2人ともデカイから、めっちゃ迫力があった。AVより凄いと思うぜ!」とJに言われ、俺と彼女は顔を見合わせてしまいました。

 確かに、2人ともバレー部で、俺は185cmだし、彼女も173cmぐらいあるので、高1にしては大きいカップルかもしれません。でも、やっぱ、面と向かってこんなことを言われると、さすがになんか照れくさい感じがしました。

「それに、お前のデカ過ぎ!」とまでJに言われ、カチンときた俺は、「お前だって、Lサイズとか使ってるジャン。人のコト言えるかよ。」と言ってやると、「まあな・・・。」とちょっと苦笑した様子で答えました。

 後で分かったのですが、Jはいつもは普通サイズを愛用していて、たまたまドラッグストアで見かけたLサイズを買って帰って、試しに着けてみたそうです。Jは結構自信があったそうですが、実際は思いがけずブカブカだったので、ちょっとヘコんだそうです。

 ここで、今まで黙っていたRが、「Mちゃんって、むっちゃスタイルいいなぁ。羨ましい。胸とかすごく大きいし・・・」と言いました。

 彼女は「Rちゃんに、そう言われると嬉しいけど・・・。でも、なんかハズい・・・」って照れていました。

 しばらく会話が途切れた後で、Jは我慢できなくなったのか、いきなりRを抱き寄せキスを始めました。最初は恥ずかしさからか、少し抵抗するそぶりを見せていたRも、仕舞いには自分から舌を絡めているようでした。

 そうこうしているうちに、JはRの服を脱がせ始め、あっという間に2人ともマッパになっていました。俺は、彼女以外の女の裸を直に見るのが初めてだったのですが、140cm台の超小柄なRはとても痩せていて、Jがきつく抱き締めれば簡単に折れてしまいそうなほど華奢でした。

 それに、おそらくAカップぐらいのほとんど膨らみの無い胸を見て、その幼い感じに驚きました。

 多分、誰が見ても彼氏がいてHを経験しているようにはとても見えないでしょう。まるで小学生のようでした。彼女を本気で羨ましがっていた、さっきのRの様子に妙に納得がいきました。

 俺たちのHを見せ付けられて、よほど高ぶっていたのか、Jはすでにビンビンになっているチンポにコンちゃんを付けると、Rを押し倒し、強引に即ハメして、正常位で1つになりました。

 隣で、始めてしまった2人を見て、いつも3回以上はしている俺たちも堪らず服を脱ぎ捨て、すぐに2回戦に突入しました。

 1発目から少し時間が経ってたんだけど、マンコに指を這わせると、もうすっかり濡れていました。多分、隣の2人をHを見て、興奮してたんだと思います。

 俺たちは、たいてい2発目はバックでやるのが多かったので、彼女を4つんばいにさせ、腰を掴んで一気に挿入しました。後ろから突いていると、俺の股間が彼女に当たるリズミカルなパン、パンッと言う音が響きました。

 彼女も、「イイ、すっごくイイ、もっと、もっと、もっと・・・。」と大声を上げて感じていました。

 すると、隣でヤッてるJが、「やべえ、おれ、もうイキそう。イクぞ、イクぞ、イク、イク、イク〜。」と言い出しました。

 Rちゃんもそれに答えるように、「私も、イキそう、イク、イク、イク、あーーーー!」と叫びながらどうやら2人ともイッた様子でした。

 内心、「こいつら、ちょっと、早くねぇ?」と思いましたが、それほど我慢してたってコトなんだろうと思い、自分たちのHに集中することにしました。

 彼女の片腕を後ろに廻し、軽く体を捻るように少し体位を変えると、俺は、小刻みに浅い突きを繰り返す超速のピストンから、ゆったりとチンポの全長を利用するピストンに切り替えました。

 彼女は、どちらかと言うと奥が感じるタイプなので、深く突かれる方が好きみたいです。

 俺が根元までブチ込む度に、「ああ、凄い、奥を、奥を、もっと、突いて!!」と言いながら、お尻を突き出すようにしてきます。

 エクスタシーが近いのか、だんだん締りがきつくなり、俺も彼女も限界に来ていました。

 横ではさっきイッたばかりの奴らが、俺たちと同じようにバックでHを始めていました。

 Jは、Rちゃんの細いウエストをがっちり鷲掴みし、精一杯腰を振っているようでしたが、自称173cm(でも、俺の彼女と並ぶと、明らかにJのほうが背が低いので、多分実際は170cmくらいだと思う)で男としては普通の体格ですが、小柄なRちゃんとは腰の位置が微妙に合わない様子で、少しぎこちない様子でした。

 そんな奴らのHに刺激され、俺は彼女を思いっきり突き上げました。

 彼女は「ヒイ」と短い声を上げ、それに刺激された俺は、マッハとロングストロークの2種類を織り交ぜて、今までやったこと無いような激しいピストンで彼女を攻めました。

「もうだめ、イク、イク、イク、ほんとにイッちやう、一緒にイコ、イコ〜。」

「俺も、マジで、もうダメだ。イクぞ、イク、イクゥ〜。」と同時にイクと、隣も、それとほぼ同時に、「イク、イク、イク、あーー。」と言う2人の声が聞こえてきました。

 2組のカップルはほぼ同時にイッたのでした。

 俺と彼女は横になって向き合い、キスを交わしました。

 軽いキスが終わると、今終わったばかりなのに、彼女の長い指が俺の股間に伸びてきて、チンポを掴むと優しくしごき始めました。

 俺の耳元に彼女の口が近づくと、彼女は耳を軽く舐めて、そして、「もう1回、しようよ。」と言いました。

「どんな風にしたいの?」俺が聞くと、少し恥ずかしそうに彼女は、「私が上になりたい。」と騎乗位を望みました。

 俺が仰向けに寝ると、彼女は下の方に動き、俺のチンポを再びしごき始めました。

 俺はすぐに反応し、ビンビンになった。

「凄い、もう大きくなってる。」彼女は自分で大きくしたくせにそう言うと、俺のを咥えてくれました。

 まるで自分の唾液を、俺のチンポに摺りこむように、舌を使い咥えたまま嘗め回し、充分濡れたところで、バキュームフェラをはじめました。

 ジュブジュブ、と言ういやらしい音がして、俺はそれだけでイキそうでした。

「マズイ、出そう。」と言うと、彼女は口から俺のものを外して、ケースからコンちゃんを取り出すと、俺に着けてくれました。

 俺が自分で着けた時は、結構手間取っていたのですが、唾で濡れているのがローションの役を果たしているのか、結構スムーズに装着してくれました。

 彼女は俺の上に跨ると、俺のを掴みながら、自分のマンコにロックオンし、ゆっくりと腰を沈めてきました。

「ああっ」と彼女は囁き、根元まで挿入が完了すると、少し前かがみになった彼女は、俺の腹の上に手を置いて体を支えるようにしていました。

 もっと動きやすくする為に、俺は彼女と指を組むようにして手のひらを合わせ、彼女の上体を支えました。

 体が安定した彼女は、背筋をピーンと伸ばし、軽く胸を張って、いつもはコンプレックスだと言っているFカップをまるで誇示するようでした。

 下から見上げる彼女の胸は、きれいなお椀形で、改めてその綺麗さに目を奪われました。

 彼女がゆっくりと前後に動き始めました。

 彼女が動くたびに胸が弧を描くようにゆさゆさ激しく揺れます。

 彼女は、スポーツが大好きで、幼稚園の頃から小学校卒業まで水泳をやっていたり、中学からはバスケやっていたりして、ずーっと体を鍛えているからでしょうか、基本的には胸も大きく、全体として女性らしいふっくらした体つきで普段は分からないのですが、動くたびに腹筋が割れるのが分かりました。

 彼女は、しばらくは前後方向に動いていたのですが、より深い挿入が欲しくなったのでしょう、今度は腰を浮かし気味にして、縦方向に動かし始めました。

 彼女が動くたび、彼女のヒップが俺の股間に当たります。

 玉がつぶれてしまうんじゃないこと思うぐらいの衝撃の連続に「おれ、もうイキそう、イッてもいいか? イクぞ! イクぞ!!」と言うと、彼女は、「待って、私も、もうすぐイケそう、ねぇ、一緒にイコ、ねぇ。」と言うと少しでも早くエクスタシーを感じようと余計激しく動き始めました。

「ダメだ、もう俺イクよ。イク、イク、イクぅ〜!!」

「私も、イク、イク、あ〜、イッちやうぅ〜!!」

 3回目を済ませ、彼女からチンポを抜いて、2人でしっかり抱き締めあって激しいSEXを沈めようとしていると、どうやら3回目はせずに俺たちの行為の一部始終を見ていたRちゃんが、彼女に「ねぇ、騎乗位って、そんなに、気持ちいいん?」聞いてきました。

「私、痛いだけで、どうも苦手なんだけど・・・。」と言うと、彼女は、「K君のを全部感じられるし、自分が一番気持ちよくなれるから、私は好きだよ。」

「私、チビだから浅いのかなぁ?」とR、「そんな事ないよ。私も最初は少し苦手だったけど、今は大丈夫だよ。J君と経験重ねれば、気持ちよくなるよ。ねっ、J君!」

 振られたJの顔は真っ赤でした。

 女の子の方が、吹っ切れると大胆になるんでしょうか?

 凄くHな事をさらっと言ってのける彼女を見て、俺はあきれると同時に感心してしました。

「なぁ、シャワー借りてもいいか?」俺がJに聞くと、「いいよ。場所、わかるよな?」と言ってくれました。

「ああ。それじゃ。」と言って、俺たちは服を持って廊下の奥の風呂場に行きました。

 洗面所と脱衣所が一緒になっている風呂場の続きの部屋に2人は服を置き風呂場に入りました。

 シャワーを捻ると2人は仲良く一緒にシャワーを浴びました。

「ねぇ、今日のK君、なんだかいつもの優しいK君と違って、とても激しかった。やっぱり、見られてたからなの?」と彼女。

「うん。なんか、2人に子どもっぽいSEXしてるなって思われたくなくて、それで、つい・・・。」

「やっぱり、そうなんだ・・・。」

「もしかして、怖い思いとかさせちゃったか?」

「それはないけど・・・。いつもと違ってたから、ちょっと驚いただけ・・・。」

「ゴメンな。やっぱ、いつもみたいなのが、いいの?」

「うん。女の子として大切にされてるって感じがするから・・・。」

「わかったよ。もう、乱暴なのはしないよ。」と言うと、「う〜ん。でも、それはそれで・・・。」と言うではありませんか、「何だよ。結局どっちもいいんじゃないか。」

 マジで彼女を気遣ってた俺はとちょっとキレ気味に言ってやると、「だって、どっちも気持ちいいんだもん。」と答えました。

 あまりに正直な反応に、俺も嬉しくなって、「そういう、MちゃんのHっぽいとこも、俺好きだよ。」と言うと、「もう、私、そんなにHじゃないよ。」って言うので、「気持ちよくなると、『奥まで突いてぇ〜』、って言うMちゃん、充分Hだと思うけど、それに、Mちゃんだって、さっき上になってる時結構激しかったよ。」って言うと、「そう言われると、そうだけど・・・。」と顔を真っ赤にして俯く彼女が愛しくて、彼女の顔を上げさせてキスをしました。

 すると、彼女は俺の肩に手を置いて、背伸びをしながらキスを返してくれました。

 俺は、彼女をもう一度抱きたいと思いました。

「ねぇ、俺、またMチャンが欲しくなってきた。ねぇ、いいだろ?」と聞くと、「うん。でも・・・。」と、避妊の事を気にしているようでした。

「大丈夫、こっちにおいでよ。」彼女を誘うと、俺たちはシャワーを切り上げて、脱衣場に戻りました。

 バスタオルで体を拭いている彼女に、「ほら。」と言ってコンちゃんのパックを見せると、彼女の不安そうな表情が晴れました。

 実は、さっき服を持ってくる時に、一緒にコンちゃんのパックを1個持ってきていたのです。

 俺は、仁王立ちで、彼女に見せつけるように、自分のすでに半立ちになっているチンポをしごいて完全に勃起させました。

 俺は、洗面台の所にあった椅子に腰掛け、コンちゃんを着けると、「おいで。」と彼女を誘いました。

 もう、すでにその気になっていた彼女は、対面座位で俺に跨ると、ゆっくりチンポを受け入れてくれました。

 挿入が完了し、俺は彼女の背中に腕を廻して、思いっきり彼女を抱き締めました。

 彼女のFカップが俺の胸にあたり、その柔らかくて暖かい感触に俺は感じてしまいMaxの筈の俺のチンポが、今まで経験した事無いくらい、さらにデカくなるのがわかりました。

 彼女も敏感にそれを感じとったのか、俺の首に廻した腕に力を込めて、凄い力でしがみついてきました。

 俺は、もっと深く彼女に入れたいと思い、腰を少し前に出して、背中に廻していた手を下ろして彼女のヒップを掴むと、彼女を手前に引き寄せました。

「ああっ。」彼女は明らかに今まで経験した事の無い深い挿入に感じていました。

 俺は、出来るだけ長く、この状態が続けばいいのにと思った。せわしなくイク為だけにピストンをして、終わってしまうにはあまりに勿体無いと思ったのです。

 彼女の温もりや締め付けがコンちゃんを通して伝わってきます。

 俺は、このときほど生でやりたいと思ったことはありませんでした。

 やがて、彼女は、「さっきから、イキそうなの。もう、ダメ。動いてもいい?」と言い出しました。

 俺はもう少し、彼女を感じていたかったのですが、彼女の切なそうな表情を見ていると、少し可愛そうになり、ヒップを掴んでいた手を離して、彼女を自由にしてあげました。

 自由になった彼女は、ゆっくりと腰を動かし始めました。

 いつもなら、どんどんペースが上がってくるのですが、その時はゆったりとした動きがずーっと続きました。

 やがて、2人は限界になり、いつもよりはずっとゆったりしているのですが、それでも激しい動きになって、「イク、イク、マジですげー気持ちいい。なぁ、イコ、イコ、イコ!!!」

「うそ、なんか、すごい、こんなの初めて、イク、イク、イクぅ〜!」と絶叫してエクスタシーを感じました。

 彼女はイクのと同時に全身の力が抜け、俺に覆いかぶさってきました。

 なんと彼女は気を失っていました。

 彼女がそんな風になったのは、初めてだったので、正直驚きました。このまま、彼女を抱き締めていたかったのですが、早くコンちゃんを外さないと大変な事になってしまうので、彼女の体を何度も揺さぶると、ようやく戻ってきました。

 俺は、漏れないようにコンちゃんの端を摘んで、まだ、とろーんとしている彼女に、ゆっくり退いてもらい、コンちゃんを外しました。

 そこには、4回目だと思えないくらい、大量の精子がコンちゃんの中に残っていました。

 俺たちは再び風呂場に入り、シャワーを浴びなおしました。

 風呂から上がって着替えをしているとき、不意に彼女が、「ねぇ、J君とRちゃん、シャワー待ってるんじゃない?」

「そういえば、俺たち結構ここにいるよな。」

「早くしなきゃ。」と彼女が言い、俺たちは急いで着替えました。

 後で考えたら、着替えだけ早くしてもほとんど無駄でしたが・・・。

 俺たちは、脱衣場を出て、例の和室に戻ろうと廊下を歩いていると、和室のほうから、JとRがHをしているのが丸分かりの声や音が聞こえてきました。

 ようやく、2人きりになれて、安心して愛を確かめ合っている2人を邪魔するのは大人気ないと思った俺は、彼女に、「このまま帰ろっか。」と囁きました。

 彼女も同じ思いだったみたいで、「うん。」と頷きました。

 俺たちは、なるべく音を立てないように廊下を進み、玄関で靴を履き、そーっとドアを開けて外に出ました。

 翌日の朝、学校で4人が顔をあわせた時の、なんとも恥ずかしくって、気まずい感じは、今でも忘れられません。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||

【友達】覗かれ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ