相互リンク先の更新情報!

【妹】農機具小屋で【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


俺30才、妻は32才で、3人姉妹の末っ子。

妻の実家は農家で、長女(40)が跡をとり農業を継いで居るが

2年前に義兄が亡くなり、現在独身で両親と住んでいる。妻にとっては両親と実の姉だけの気兼ねのない実家であり

更に、年老いてくる両親の手伝いにもなるので

近くに居る俺達夫婦は、手伝いがてら時々遊びに行く。俺達夫婦と義姉で山の畑仕事に行った時

妻の携帯に急用のメールが入って来たので

「夕方迎えに来る」と言い俺と義姉を置いて車で帰った。農機具などを置いてある小屋で弁当を食べて、

食休み中に、ふざけて後ろから義姉の肩を抱いたら

最初はビックリした様だが、特別に抵抗もなく

俺の手を押さえて、笑顔で「 コラッ 」

抱き寄せて口を吸い、仰向けに寝かせる。俺が義姉のズボンのベルトを外すと

義姉は腰を浮かせて、脱がせ易くしてくれた。二人とも下半身だけ裸になって抱き合う。

挿入してから「中で出していい?」って聞くと

義姉は、小さく「ウン」と言い、抱きついて来た。俺が突くと義姉も下から腰を突き上げてきて

次第に息が荒くなり動きが激しくなったと思ったら




体をくねらせ「 イヤー 」・・・

絞るように思いっきり膣を締め付けて 昇天した。義姉は、イッテからも、ずっと抱きついていて、

時々 キユッと膣を絞めてくれるのが気持ちいい。終わってからも抱き合ったまま暫く快感の余韻に浸ってると

暫くして義姉が耳元で「ネ これっきりにしようね」

「え?」耳を疑った、なぜ?こんなにいいのに…「この関係を続けていたら、いつか絶対にバレる。

そうなったら妹(俺の妻)や両親に合わす顔が無い

家の中が地獄になってしまう」って。それはそうなので「 ウン 」納得するしかない。

義姉の同意を得て、そのまま2回目を突き始めた。2回目はシャツの前を広げ、ブラジャーも外す。

ふっくら形のいいオッパイを揉んだり吸ったり

憧れの義姉と最後のエッチ、名残りを惜しみながら…義姉は、俺がイクまで抱きしめていてくれた。


告白体験談関連タグ

||||||

【妹】農機具小屋で【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月21日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ