相互リンク先の更新情報!

【教師・先生】部長の子と…【告白体験談】

カテゴリー:教師・先生との告白体験談
tag:


私はある中学校で教師をしています。

そして、女子運動部の顧問もしています。

女子運動部と言うと教師でない人が聞いたらうらやましがられる

んですが、実際は女子のどろどろの人間関係をうまくいかせるの

に日々努力をしなければならず、可愛いとも思わなくなるものです。

数年前にはじめて女子部の担当になったときにも衝突が絶えず、

部長や部員たちと話をする場面を多く持っていい雰囲気づくりに

つとめています。



7月半ばから部の主力が3年生から2年生に移り、新しい代を強

くするためにもまた、いい雰囲気づくりのためにも2年生と多く

話をするようにしていました。

2年生の子たちは1年のころから結構仲が良く、私の家にもたま

に遊びに来ていたんです。

学期末のある日、部長の子が「相談があるから」と私の家に1人




でやってきました。

いつもは生徒が1人で来ることはないので、私も迷いましたが、

部の相談ということで家に入れました。

その日は何事もなく相談をして帰したんですが、話がまとまらな

かったんです。



そして、終業式の前日でした。

先日の相談の続きをしたいと部長が言ってきました。

成績処理はもとより、通知票もとっくに書き終わり、私自身開放

的な気分になっており、部活動もその日は体育館が使えず廊下で

軽くやって早めに終わっていたので、気軽にOKしました。

彼女は一度家に帰り着替えてくるということで、私もその日は大

した仕事もなかったため、早々と退勤し家で彼女を待ちました。

すると、その日は暑かったせいかTシャツに短パンという薄着で

やってきたんです。

私が彼女の家から近いため、薄着でも気にせずやって来たようでした。



部の話も終わり雑談をしていましたが、彼女も最近の女子中学生

と同じようにエッチなことに興味を持ち始めているようで、そん

な話をしたがるんです。

何とかかわしていたんですが、突然「先生って、あそこが大きい

ですよね」と言い出したんです。

「何言ってるのよ」としかりましたが、練習の時にジャージの前

の部分が気になっていたんだそうです。

とんでもないことを言い出したことに彼女自身も息を荒くしてい

ましたが、今度は「見せてください!まだ男の人の見たことない

んです」と大きな声で言い出しました。

私の家は教員住宅で窓も開いているため、周りの家に聞こえたら

とんでもないことになります。



そのことの問題性や淫行についても説明しましたが、それでもひ

るまないので、私も投げやりになって、「じゃあ、お前も見せて

くれるなら見せてやる」と言ってしまいました。

でも、彼女は「いいですよ」と全くひるまないんです。

私は最後の抵抗で「ベッドに行こう」と言ったら諦めると思った

んですが、「はい」と自分からベッドに座りました。

私は「やっぱりダメだ!」と言うと泣き出すんです。

やるかたなく、「わかった。見せてやるから…。」とOKしてしま

いました。長いのでまずはここで切ります。



黙る彼女を見ながらベッドの横でジャージを脱ぎ、ベッドの上に

座ってパンツをずらして見せてやると、まじまじと視線をそらそ

うとしないんです。

数分が過ぎ、「お前も見せてくれ」と言うと、彼女はTシャツと

短パンまでは脱いだんですが、その後は躊躇して脱げません。

彼女は部長になるくらいですから性格がいいんですが、容姿も可

愛らしく、愛嬌がよくて先生方からも人気があるんです。



そんな彼女が自分のベッドの上で下着姿でいると思うと、私は自

分を押さえきれず、彼女を押し倒しキスをしてしまいました。

少しの抵抗はありましたが、彼女もわたしの首に腕を巻き付け、

「先生、好き」と言って来たんです。

私も彼女がいるわけでなく、思わず「先生も好きだ」と言うと

「うれしい」と言いながら抱きしめる力を強くし、私の口を強く

吸ってくるんです。

その後、ゆっくりと彼女を脱がし、ふくらみかけの胸やまだ生え

そろっていない部分を観察しながら愛撫しました。

中2でも濡れるんだなと思いながらも、理性がふっとんでしまい、

彼女は痛がっていましたが、挿入してしまいました。

数年ぶりのSEXでしたが、それがまさか教え子になるとは思い

ませんでした。



終わった後、彼女と抱き合いしばらくじっと寝ていました。

そして、何度もキスをしました。

キスをするたび、彼女を女としてどんどん好きになる自分がそこ

にありました。

次の終業式の日に彼女と顔を合わせたとき私は何と言えばいいか

わからずとまどっていましたが、彼女は明るくいつものように大

きな声であいさつしてきました。

夏休みに入り、また相談があるからと相談室のソファで話をしな

がら長いキスもしました。



そして練習後に彼女が遊びに来て、2度関係を持ちました。

今では自分から積極的に迫ってきます。

おそらくこれ以上エスカレートするわけではないとは思いますが、

彼女との関係はなくなりそうもなく、私も最近は彼女のことばか

り考えています。

まさか教え子とこんなことになるとは思っていませんでした。

どうしたら良いか悩んでいましたが、こんなことを告白できると

ころがあるんですね。



私は北海道の中学校の教師なので、今は2学期が始まってかなり

経ちました。

夏休み中、あれから数度彼女と関係を持ちましたが、お互いにこ

れではいけないという気持ちが強くもなっていました。

私が悩んでいる間に、前回の投稿を呼んだ方がメールをくれて、

教師が生徒と付き合うときの弊害などを教えていただいたのです

が、そのことも影響していたと思います。

彼女は私の家で二人でいるときは精一杯甘えてくるのですが、部

活のときは顧問と部長の関係を保ち、部員にも大声でしっかりと

指示を出しているので誰も私と彼女が付き合っているとは思って

いない様でした(実際はもしかしたら感づいている者がいるかも

しれませんが)。



もうすぐ2学期が始まろうとしていたある日、彼女はまた私の家

に来ました。

部活はお盆のため4日間休みにしていましたが、その最後の日の

朝のことでした。

いつものようにソファでテレビを見ながら、彼女は私にもたれか

かり体を預けながら2人の今後を話し合いました。

9月中旬に中体連新人戦があり、10月はじめには文化祭があり

ます。

それが終わるまではお互いに忙しく、それが終わるまで会わない

でおこうと約束しました。

そのため、その日は午前中から夕方まで彼女と愛し合いました。

午前中は専ら居間のソファの上で、その後一緒に風呂に入り洗い

っこをし、午後からはベッドの上でお互いの体を1ヶ月半忘れな

いように隅々を確かめるように…。

そして、その日は彼女が生まれて初めて男にイカされた日になり

ました。

一度イってしまうと何度もイってしまい、夕方には2人ともぐっ

たりしていましたが、それでも時間を惜しむように体を求め合っ

ていました。

さらに、その日はお互いの口でお互いの色々なところを愛撫しあ

いました。

私は前から彼女の部分を口で愛撫していましたが、彼女はこの日

初めてフェラチオを経験しました。

当然うまくはないですが、愛情がこもると気持ちがいいものです。

夕方になって「帰りたくない、ずっとこうしていたい」と彼女は

泣き出しました。

高校生のときに付き合っていた彼女にも同じことを言われたこと

を思い出しました。

そう言えば、あの時の彼女とこの子が同じような笑い顔をしてい

るなあと思い出しながら、当時と同じ様な言葉で彼女をなだめま

した。

10年以上経っても、私は成長していないですね。

そして、彼女は帰りました。

次の日からは彼女はしっかりした部長として、私はちょっと厳し

い顧問として今までと変わりなく部活が始まりました。



そして、2学期の忙しい日々がも始まりました。

2学期の初めから10月の初めにかけては行事が目白押しです。

会いたくても、土日は練習試合でつぶれて、それどころではなか

ったです。

そんな中、彼女と関係を持ったことも夢だったのかなと思うほど

彼女と私は単なる教師と生徒の関係になっていました。

そして、中体連新人戦が終わりました。

結果は優勝はできませんでしたが、部員たちは持てる力を発揮し

ていました。



昨日は体休めのため久々に休みにし、朝から車で買い物をしてい

ました。

昼前に戻ってくると、家の前の物置の陰に誰かがいました。

彼女ともう1人の部員でした。

どうやら今日はすることもなく暇だったと言っていました。

もう1人の子は部長の彼女と仲が良いため、彼女は私に好意を持

っているようなことは話していたようですが、そのため気を使っ

て昼を過ぎて間もなく「先生、○○○にお昼おごってあげてね!

私は塾があるので帰ります。」と、わかりやすい嘘をついていま

した。

さらに小声で「じゃあ、先生と頑張ってね。告白しちゃいな。」

と言って帰ったようです(彼女に後から聞いたことですが)。

まさか、その部長と私が関係を持ってるなんて絶対にないと信じ

ているのでしょう。

今日やってきたのも、2人が遊んでいる途中でその子が気を使っ

てここに連れてきたようでした。



私たちは文化祭が終わるまでは普通の教師と生徒でいると約束し

ていたのですが、2人きりで部屋にいるとそれを破らずにはいら

れませんでした。

夢だったのかと思っていたことが、やはり夢なのではなく現実だ

ったんだと思い知らされました。



そして、今日は朝から部活があったのですが、職員室に彼女が今

日の部活の練習内容の話をしに来ました。

一昨日までは普通の教師と生徒の関係だったのに、今日は彼女は

ボーっと私の顔を見ていました。

職員室には教頭先生もいたので、「どうした?元気ないぞ」などと

一応その場は取り繕い、廊下に出て「学校では普通の先生と生徒

でいよう」と小声で話していました。

そこへ昨日遊びに来たもう1人の子が近づいてきました。

いつも一緒に学校にきており、彼女が私と話し終わるのをちょっ

と離れて待っていたんです。

そして、彼女に「昨日どうだった?告白した?」と聞いていまし

た。

彼女は「何のこと?さ、行くよ」と話をそらしましたが、今度は

私に「先生、○○○を大事にしてあげてね」なんて言うんです。

彼女と私の関係がばれていないとは言っても、なんだか変な話に

なってきているようです。

とりあえず、文化祭までは会わないとまた約束しましたので、あ

と20日ほどは2人とも冷静に生活できそうですが…。



ps 私にメールで色々と教えてくださった方、ありがとうござ

いました。



以前、ここに2度投稿した中学校教師です。

部活動の部長の子と関係してから時がすぎました。

秋の中体連や練習試合、行事では文化祭、そして私は3年生の担任をしているの

で進路業務など、忙しい中でほとんどプライベートで彼女と会わなくなっていました。

それでもお互い不満を言うわけでもなく、お互いの立場や周囲の状況を考えてほ

とんど関係があったことなど忘れたかのように、顧問と部長の関係でいました。



彼女はほとんど休まない子ですが、先日季節の変わり目だからか風邪をこじらせ、

3日ほど学校を休みました。

心配ではありましたが、彼女の担任でもない私が連絡をとるのも不自然な気がし

て連絡せずにいたところ、3日目の夜に彼女から電話がありました。

「休んでしまって、すいませんでした。」

彼女が悪いわけでもないので、「気にしなくていいから」と答えると、「治った

ら、遊びに行ってもいいですか?」

とのこと。



その言葉に、忘れていた恋心がまた目を覚ましてきました。

北海道は冬休みが早いので24日や25日が終業式で、現在はもう休みに入って

いるのですが、24日の終業式が終わって早めに家に帰りボケッとしているとこ

ろに、「せっかくのイブだから、会いたい…」との電話。

何ヶ月ぶりかで2人っきりで会いました。

そして、再び関係を持ってしまいました。

中2の時期は発育がめざましいのか、数ヶ月前よりも胸も大きくなり、女になっ

てきていることを実感しました。

今日(25日)も部活を休みにしたため、彼女が家にやってきました。

そして、また彼女を抱きました。

こんなことじゃいけないと思いつつ、これからの長い冬休みの中で関係を深めて

しまいそうです。



私は以前から何度かここに書き込みをしている中学校教師です。



部活動の部長としてしまってから後悔と罪悪感と欲望とに挟まれ、それでも別れ

られずにずるずる来てしまいました。

それでもしばらくは忙しさのため距離を置いていましたが、先日それが再燃して

しまいました。

ここまでは前回までの書き込み。

北海道の冬休みは本州に比べると長いため、まだまだ続いています。

今日は部活動が終わってから明日の練習試合のためのミーティングをしました。

今までの練習試合で部員たちがしっかりできていなかった部分がたくさんあり、

私もひとつひとつ話をする暇があればいいんですが、現在は3年生の担任でもあ

るので、今後の進路業務を考えるとできそうもありません。

そのため、部長が私のかわりになれるようにと、ミーティングのあと部長を残し

て話をすることにしました。

前回の投稿で話をしたもう一人の部員(彼女の友達でもあり、副部長でもある)

が待っているとのことで、副部長も交えて話をしてあげようと思いましたが、ま

ずは部長の子が部長になり切れていない部分が少しあるところを注意するために、

ミーティングをした教室(某実習室)の隣の準備室で二人で話をしました。



その教室も準備室も私が担当している教科の教室なのですが、準備室には休みや

すいように畳が敷いてあります(元柔道部用ですが)。

その上に二人で横に並んで話をしていましたが、話の最中に目が合い、二人とも

すぐ隣で副部長が待っていることを気にしながらも抱き合わずにはいられません

でした。

この部屋は職員室からも離れているし、冬休み中は他の部の生徒も来ないところ

のため、たががはずれてしまったのかもしれません。

暖房もききすぎていて、頭がボーっとしていたからかもしれません。

それでも、彼女はできるだけ声を出さないように気を付けていたし、隣にはばれ

ないように彼女の服を下だけ脱がしそろそろ挿入しようとしたところ、突然準備

室と実習室の間のドアが開きました。

副部長が顔を出し、見られてしまいました。

ドアを開ける前に一応ノックをしていたため、「やばい」と一瞬彼女から体は離

してはいましたが、二人とも下半身は全部脱いでいたため、何をやっていたかは

誰が見ても明白です。

副部長は「先生、ちょっとトイレに行ってきます…」と言った後、ようやく状況

がわかったらしく体が硬直していました。



私はとっさに『このまま彼女をこの教室から出したら全て終わりになってしまう』

と思いとにかく彼女をこの部屋に入れて説得しようと思い近づいていきました。

ただ、下半身が裸の私が近づくと、副部長は怖がって逃げようとしました。

私も必死でした。

必死に副部長の手首をつかんで、力ずくで準備室の畳の上に連れてきました。

副部長ははじめは泣き叫んでいましたが、「お願いだから話を聞いてくれ」とな

だめると、泣き続けながらも頷いてくれました。



私と部長の子は今までの二人のいきさつをかくさず話しました。

今まで隠れてつき合っていたこと。

肉体関係があったこと(まあ、とっくにわかっていることですが)。

真剣にお互いを好きであることなど…。

まじめに話をしたのが良かったのか、副部長はある程度わかってくれたようで、

ただ、「(行為を)見てしまったのがショックでどうしたらいいかわからない」

とのことでした。

副部長は男とつき合った経験がなく、当然キスだってまだの子ですから、確かに

動揺するでしょう。

その後、副部長はぽつりと言いました。

「私も先生のことが好きだったのに、○○ちゃん(部長)が好きだって言ってた

からあきらめようと思ってたのに、○○ちゃんばかり先生とこんなことしててズ

ルいよ…。私だって先生とつき合いたい。」

と言ってワッと泣き出しました。

だからと言って私もどう言えばいいのかわからず、3人とも無言で何十分かがす

ぎました。



私も部長の子もとりあえず服を着て、副部長が泣きやむのを待ちました。

突然、副部長が「私ともつき合ってください!つき合ってくれなきゃ、みんなに

このことを言います」と言って抱きついてきました。

みんなに言われたら、私は終わりです。

教師生命どころか、下手をするとマスコミで報道され、私どころか家族にも私に

関わる全ての人たちにも迷惑がかかります。

ゾッとしました。

一瞬、自殺しようか…とも思いました。

部長の子に目を向けるとうつむいて泣いています。

うそを言ってもしかたがないので、

「先生は○○(部長)のことを本気で愛してる。2人とつき合うなんてことはし

たことがないし…」

部長が言いました。

「私は先生が他の人とつき合うのはつらいけど、本当は○○ちゃん(副部長)が

先生のことを好きなこと知ってた。だから、先生とつき合ってるって言えなかっ

た。好きな人と一緒にいたい気持ちはわかる。このことをみんなに言われて、私

はどうなってもいいけど、先生がいなくなってしまったら、私は生きていけない。

だから…、○○ちゃんも先生とつき合いたいなら、ガマンする…」

副部長は

「○○ちゃん(部長)は友達だし、先生にはずっとお世話になってるし、私も黙

ってる。でも、ずっとでなくていいから、私も先生とつき合ってみたい。ダメで

すか?」と言ってきました。



今、ダメだと言うとやはり誰かに言われるでしょう。

了解するしかありませんでした。

部長の子がワッと泣き出しました。

二人ともかわいい教え子であり、普段はしっかりした学校生活を送っている素晴

らしい中学生です。

そんな子どもたちをおかしくしてしまった自分は教育者としては失格でしょう。

でも、部長の子を真剣に愛しているし、副部長ともつき合わなくてはなりません。

明日は練習試合ですが、その後部長と副部長が私の家に来ることになりました。

副部長には念入りに口止めし、実習室を出ました。



明日が来るのがとてもこわいです。

以前に私にメールをくれてアドバイスしてくれた方にも申し訳ないです。



昨日のことがあってから、夜は寝られずに苦しみました。

眠い目をこすって学校に行き、練習試合を行いました。

試合は少しの差で負けました。

いつもなら負けないだろうはずの相手でした。

負けた原因は部長の不調でした。

その後、反省のミーティングを行いました。

部長と副部長以外は昨日のことなど知るわけがないので、私の言葉を真剣に聞い

ていましたが、部長と副部長は何とも言えない複雑な顔をしていました。

その後2人以外の子を帰して話をしようとしましたが、私の家で話をすることに

なり、一度下校しました。

練習試合は午前中だったのでコンビニで弁当を買って帰り、お菓子などを用意し

て彼女たちをまちました(弁当はすぐに食べてしましましたが)。

彼女たちは家で食事をとった後、待ち合わせをして一緒に来ました。

はじめは部活中の怪訝な顔とは打って変わり、いつもの2人のように見えました。

しかし、家に入ってからは無言の行が続きました。



しばらくテレビを見ながらジュースを飲んだくらいでしたが、副部長が申し訳な

さそうに話し始めました。

「○○ちゃん(部長)から先生をとるなんてことは絶対しないから、だから私も

一緒に先生とつき合いたい」

部長は

「もう、それは昨日話し合ったことだからダメとは言わないけど、卒業までしか

つき合ってほしくない。その後は私一人だけとつき合ってほしい」

私が

「それでいいのか?」

と聞くと2人ともうなずきました。



会話がとぎれ、また時間がたちました。

副部長の「先生の昔の写真はないんですか?」から始まり、部屋の探索が始まり

ました。

このパソコンを起動して遊んだり色々な物を手にとったりしているうちに、部長

の子が私と腕を組み体を寄せてきました。

彼女とはいつもの2人でいるときの何でもない行動だったんですが、副部長はそ

れに気づき「私も腕を組んでいいですか」と寄り添ってきました。

お互いに競争でもするかのようにどんどん体が密着し、ついには部長がキスをせ

がんできました。

さすがに拒もうとしましたが、彼女の泣きそうな表情をみると自分を押さえられ

なくなりました。

部長とキスをすると、今度は副部長が「私も…」と顔を寄せてきました。

そして、副部長とはじめてのキスをしました。

さすがにそれで終わるかと思ったところ、部長は私が副部長とキスをしているの

を見たのがよほどショックだったのか、泣きながら私をたおして上に乗ってきました。

副部長は体を離し、「私はテレビ見てるから、気にしないで」と言いました。



私は部長と寝室に行き、隣の部屋の副部長をちらちら見ながらSEXしました。

大胆ではないけれど、いつもと違う雰囲気に私はすぐに果ててしまいました。

その後、部長が服を着始めたころ、副部長が近づいてきて「今度は私として下さ

い」と服を脱ぎ始めました。

「まだ昨日の今日なんだから、そこまでは早すぎないか?」となだめようとしま

したが、思い切り抱きついてきて、キスをせがまれるうちにはじめてしまいました。



部長はベッドのそばでひざをかかえて座ってうつむいていました。

副部長の体は部長よりも細く、胸もふくらみかけたばかりの状態でした。

特別なことはせずにしつこくもせず、しかし初めてということで少しずつ指を入

れたりしながらついに挿入してしまいました。

副部長は歯を食いしばって耐えていましたが、最後は泣き叫び出しました。

しかし、腕は力強く私の首に回してきて、何度もキスをせがみました。

部長は強く抱いて欲しがるクセがありますが、副部長はキスをしたがるクセがあ

るようでした。

2度目だったので一向に果てず、40分ほど腰を動かしていました。

私が果てたとき、部長が小声で泣いていることに気がつきました。

副部長もすすり泣いて私に抱きついています。

そして、部長は立ち上がり、そちらに向けていた私の背中に抱きついてきました。

3人でベッドの中でまた沈黙の時がすぎました。

私はとんでもない畜生ですが、不思議と幸せな気持ちでいっぱいでした。

ただ、部長は副部長にわからないように私の一物をベッドを出るまで握っていました。

夕方になり、そろそろ帰ることになり、私は副部長に口止めしました。



「こんなことになった以上、このことを誰かに話すと○○(副部長)も困ること

になる」

すると副部長は震えながらうなずき、部長の子に何度もあやまりながら帰ってい

きました。

しかし、帰り際には「また2人で遊びに来てもいいですか?」とのこと。



2人とSEXしたのもはじめてで、今日も寝付かれないです。

昨日まで部長のことしか考えていなかったのに、こんなことになって副部長の子

も頭の中から離れなくなってきており、いけないと思いつつも2人の裸が脳裏に

焼き付いて離れません。



かなり前に書き込んだKKKです。



去年から関係を持っていた生徒(現在高1)と、まだ関係しています。

彼女が遊びに来て、関係を持ってからかなりの時が過ぎました。

彼女の友だちとも関係を持ってしまい、ダブルで厳しい数ヶ月でした。

しかし、友だちともつき合っていくのはやはり無理があり、何とか別れました。

その友だちの子と別れるときに、最後にもう一度だけ抱いてほしいとのこと。

私の家のパソコンで中だしサイトをその子も見ていて、最後に中だししようという

ことになりました。

綿密に彼女の安全日を考え、いざ実行しましたが、教え子に中だしは結構勇気がい

り、なかなか出ませんでした。

でも、泣きながら最後の感触を味わっているその子の表情を見るうちに、とてもか

わいく思えて、ようやくイクことができました。

友だちとは別れて、彼女だけになって2ヶ月がすぎました。

2人とも無事卒業し高校生になりましたが、さすがに高校生は中学生と違って生活

にゆとりがあるので、けっこう遅い時間でも会いやすくなりました。

卒業間際は私も仕事が忙しくてなかなか会えませんでしたが、その分、今は二人と

も充実した日々を送っています。

最近、彼女から「結婚」という言葉が出るようになりました。

まあ、まだ関係を持って1年もたっていないし、歳の差もあるので話をそらしてい

ますが、彼女の親も私と中がいいことをもうわかってきていて、先日彼女の母親と

飲み屋でばったり会ったときには、彼女が卒業するまでもし私が結婚してなかった

ら、結婚してほしいとたのまれてしまいました。

体の関係があるとはまだ思っていないようでしたが、母親も真面目にその話をして

いたので、親公認の仲になりそうで、現在とても安定したつき合いをしています。



私はというと、その友だちの子で中だしにはまってしまい、彼女が間違いなく安全

日と思われた先日、お互いに納得しあい中だしをしました。

自分の半分の年齢の子とこんな仲になっている自分が不思議な気分です。



出典:先生と生徒過去ログ

リンク:部長の子と…


告白体験談関連タグ

|||||||

【教師・先生】部長の子と…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

このページの先頭へ