相互リンク先の更新情報!

【学校】娘ができたときの話をする【告白体験談】

カテゴリー:学校での告白体験談
tag:


あれは忘れもしない18の夏のこと

通信制の高校に通ってた俺は、授業が2時間ほどなくて

暇つぶしに体育館でバスケをしてた。

通信制だけど一応部活もあってバスケ部に所属してたから

ちょうどいい暇つぶしになるんだよね。

5分も動けば汗だくになってんだけど

そんなの気にせずにシューティングをしてたら後ろから声をかけられた。



「あのー、バスケ部の方ですか?」

俺「あ、うん」



同年代くらいの女の子だった。(名前は彩とする)

彩の第一印象は別にどこにでも居る女の子って感じだった。

ただ校則もない学校だから明るい茶髪に派手なメイクが印象的だったくらい。






彩「女子バスケってあるんですか?」

俺「一応あるらしいけど、人数が足りてないんじゃないかな・・・」

彩「そうですか・・・あ! 良かったらちょっと1対1しません?」

俺「俺はいいけど」



俺がそう言うと彩は嬉しそうな顔をしてカバンから

バッシュを取り出して履いた。

ぶっちゃけ女子とバスケするのって嫌いだったから

モチベーションはだだ下がり。

接触の多いスポーツだから気まずいんだよね。

テキトーにやり過ごせばいいや、なんて思ってた。



彩「じゃあやりましょうか!」



結果はというと俺の惨敗、もう話にならなかった。

攻めても守っても彩の方が1枚も2枚も上手。

ぶっちゃけ小、中とバスケやってて市の選抜に選ばれたりしてたから

下手な方ではないはずなのに歯が立たなかった。



彩「ありがとうございました! あー、楽しかったww」

俺「めっちゃ上手いんだね」

彩「そんなことないですよー! やっぱり女子とやるのやりにくいと思うしww」

俺「いや、途中からは本気の本気ww完敗だよ。

  良かったら名前教えてくれる?」

彩「彩だよ! また顔合わせたらよろしくね」



18の夏、彩に惚れそうになった俺がいた。

バスケが出来る女の子って無条件で可愛く思えるんだよねww

あとプレー中にふれたおっぱいが柔らかくてたまらなかったwwww



スペック書いとくね。



俺 当時18の高2

妻夫木に似てるらしい

178、65



彩 当時18の高1

平愛理に似てる

150くらい? 体重は知らん



それから何回目かの部活の時に、まだ2歳くらいの子を連れて

部活に現れた彩wwww

俺も含め部活のみんなびっくりww



先輩「え、子供いたの?ww」

彩「はいww2歳になるんですよー」



うちの高校じゃ子供連れて高校に来る子は結構普通に居るんだよね。

それでもまさか彩に子供が居るとは思ってなかったww



俺「子供居たんだねー。びっくりしたww

彩「びっくりさせてごめんねww」

俺「いやー、しかし母親似で可愛い!」

彩「なに?ww お世辞のつもり?ww」



その日から娘ちゃん(楓とする)は部内のアイドルになって

コートの隅っこで楽しそうにボール遊びしてたwwww

いやね、もうほんと目がくりくりで可愛いんだww



そこからは女バスの方も人数が集まったみたいで

大会に一緒に出たりとかした。

女バスは県大会で表彰されるくらいまでレベルをあげていて

彩はその大会でMVPとったりしてたww



もちろん学校のある日の部活で顔を合わすくらいで進展は0。

季節だけがいたずらに過ぎていった。

連絡先は聞いたけど個人的に連絡こともほとんどなかった。

分かったことはもう×がついていることくらい。



それでもやっぱり意識はしてた。

別に×があることとか子供がいることは気にならなかったんだよね。

俺自身もDQNだったし周りもそうだったから

そういうのに抵抗がなかったんだと思う。



季節は流れて19歳の11月の終わり、大学も決まって卒業もほぼ確定した頃。

部活も最後の大会が終わって引退が決まったんで、打ち上げをすることになった。

男バス部員6人と彩とで鍋を食べに行くことに。

まさに荒野に咲く一輪の花状態の彩ww

あとあと聞けば部員の内、俺を含めて4人も彩のこと好きだったらしいww

彩テラアイドルwwあっちゃんもビックリの一強ww



ある程度腹もふくれてきて打ち上げもお開きになって、それぞれ帰路についた。

みんなそれぞれ家の方向が違ったんだけど運良く俺は彩と同じ方向ww

指くわえて見てた彩ファンざまあww



俺「途中まで一緒に帰ろっか」

彩「うん! お持ち帰りとかやってないからねww」

俺「誰がするかww」



確かこんな感じの話をしながら、歩幅の狭い彩にあわせて歩いてた。

狭い歩道だったんでちょいちょい当たる手がやたら愛おしかった。



彩「今年で卒業だよね?」

俺「うん、今年で終わり。じゃないと大学の入学金がパーになるww」

彩「寂しくなるなー。私はあと1年かかるのに」

俺「また思ってもないことをww」

彩「ばれたかーww」

俺「この小悪魔ww」



なぜかこの後急に訪れる沈黙。

なにか話さなきゃなー、と思ってたら彩が先に口を開いた。



彩「このあと暇?」

俺「まぁ暇っちゃ暇だよ」

彩「このあと家来る? 今日誰も居なくて暇なんだよねww」



もう頭のなかはこれなんてエロゲ?状態ww

付き合ってもない女の実家に行くなんて考えたこともなかったし。

あれ? こいつビッチ? とか考え出す始末ww

そもそも子供は? ってかなりテンパッてた。



俺「いや、なんか悪いし…」

彩「外見に似合わず意外に意気地無しなんだねww」

俺「うるせー。行けばいいんだろ」



なんか上手いこと乗せられた感満載になりつつも

家にお邪魔することになった。

どうやら楓は託児所に預けてたらしく途中で迎えに行った。



楓「ママ〜!」

彩「ごめんねー、お待たせ!」

楓「あ、だむだむのおじさんww」



ちなみにだむだむ、とはバスケのことらしいですww

というかおじさんって…ww



彩「こら、楓。おじいちゃんでしょ!ww」

楓「おじいちゃんおじいちゃんww」

俺「ぐぬぬ…」



それでもおじいちゃん

頑張って肩車とかしてあげたらめっちゃ喜んでくれて

こっちまで嬉しくなったww



彩「めっちゃ懐かれてるじゃんww」

俺「不思議と昔から老人とちっちゃい子には懐かれるんだよ」

彩「それでも楓が人見知りしないなんて珍しいよ」

俺「へー。ちょっと嬉しいかもww」



楓「おじいちゃん、くちゃい!」

俺「…好かれてはなくね?」

彩「wwww」



家に帰ってからは特に何もなくて

楓が寝るまで遊んであげて、あとは彩と話してただけ。

明け方近くまで互いのことを色々話してて

急に彩が喋らなくなって見てみると寝てたww

なんたる速さ。



毛布あげて、なんとなく彩と楓の寝顔を見てると

ほっこりと温かい気持ちになったのを覚えてる。



朝からバイトだったから寝ることもできず

寝ている彩と楓を起こさないように、静かに家を出た。



不思議とその日を境に学校以外でも会うことが増えた。

遊園地、動物園に行ってみたり映画も行った。

嬉しそうにはしゃぐ楓とそれを見て微笑む彩。

彩と楓と3人で歩いてると家族と間違えられたりして

そのことに喜んでる俺がいた。



両親の顔も知らずに育ってきたから

なんかこういうのも悪くないなって思ってた。

家族とかってこういう感じなのかなって。



その反面付き合うことはないって割り切ってた。

というものの俺は春になれば大学生になるわけで

少なくとも4年間は今までみたいにがっつり働くことも出来なくなる。

やっぱり子供がいれば将来うんぬんより

現実を見なきゃならないことくらい俺にも分かってたつもりだった。



辛いと言えば辛かったけど

それよりも彩と会えること、楓と喜ぶ顔が見れることが嬉しくて

こんな関係がこのまま続けばいい、なんて思ってた。



1月のある日、夜中に彩から電話があった。



彩「話あるんだけど、今から会える?」

俺「行けるよー。家着いたらまた電話するよ」



急にどうしたんだろうと思いながら、車で15分ほどの距離を行く。

彩の家の近くにあるコンビニに着いてメールするとすぐに彩が来た。

彩は車に乗り込むと寒い寒い言いながら手を擦りあわせてた。



俺「どーしたよ?」

彩「うん。取りあえず来てくれてありがとうね!」



なかなか事の核心を話そうとしない彩。

雑談しながら時間だけが過ぎて30分ほど経った頃、彩が深呼吸をして話を始めた。



彩「あのね、今から独り言言うからなにも言わずに聞いてね」

俺「分かった」



彩は窓から遠くを見て、淡々と話し出した。

すごく悲しそうな横顔だったのを覚えてる。



彩「なんかシュン(俺)と居るとさ、理想だった幸せの家族?

  ってのが現実になりそうでさ。

  だんだん惹かれていっちゃうんだよね。

  楓も次いつシュンに会えるのかとか聞いてきちゃう始末。

  でも俺は今年から大学生になるわけで

  おそらく1番楽しい時期を迎えると思う。

  それを邪魔したくないし、負担にもなりたくないの。

  だからもう会うのやめよっか」



確かこんな感じだったと思う。



なんとなくこうなることは分かってた。

彩は喋り終わった途端に嗚咽と共に泣き出して、つられて俺も泣きそうになった。

付き合うことはないって頭で理解してても、やっぱり心はそうじゃなくて。

確かに楓も含めて彩のことが好きになってた。



なにか言わなきゃ、って思えば思うほど言葉にならなかった。

ただ車の中は彩の泣く声だけで

もうどうしようもないくらいに苦しくなった。



彩「今までほんとにありがとね! じゃあ…」

俺「あ…」



最後までなにも言えなかった。

彩は車から降りて、振り向くこともなく家の方へ向かっていった。



彩が見えなくなってから、一気に涙が溢れ出てきた。

もう女々しいったらありゃしないww

割り切ってた俺はどこにいったんだwwww



もう当然、車なんて運転できる状況じゃなかったから

迷惑になるのは覚悟でコンビニの駐車場で2時間くらい泣いてた。

途中で通報されたのか知らないけど、警察のお兄さんに職質されたよww



3時くらいにやっと落ち着いてきて、家へと車を走らせた。

家に帰ると同時に心にぽっかり穴があいたような、そんな虚無感に襲われた。



彩と会わなくなって、俺はもぬけの殻のようになってた。

ただバイトして、寝て食べて。

たった1人の人をなくすだけで、こんなに虚しくなるなんて初めてだったから

本当にどうしようもなかった。



そんなあるとき、学校の先輩から電話があった。



俺「はい」

先輩「今日暇か?」

俺「バイトが終わった後なら」

先輩「じゃあ飲みに行こう! バイト終わったら連絡くれよ」

俺「いや…」



…切れた。

乗り気ではなかったけど、気分転換になればいいかと思い

バイトが終わってから先輩と合流して居酒屋に入った。



取りあえず生中2杯頼んで乾杯した。

ちなみにこの先輩とは高校入ってからの付き合いで

同じ夢を持って頑張ってたから、もう友達みたいな感じ。



最初はもうすぐ卒業だなーとか他愛もない話をしてたんだけど

饒舌だった先輩の口数が急に減って、真顔になった。



先輩「彩ちゃんに振られたんだってなー」

俺「なんで知ってんですか」

先輩「俺の情報網を舐めてもらっちゃ困るww」

俺「振られるもなにも付き合ってすらないよ」

先輩「でも惚れてんじゃん?」



なんか傷口をえぐり返されたような気持ちになった。

イライラとはちょっと違うんだけど、それに近いような気持ち。



俺「惚れてたらなんなんですか」

先輩「怒るなよww」

俺「好きだけじゃだめだったんです」

先輩「んで諦めた?」

俺「…はい」



なんか会話の1つ1つがじれったかった。

先輩がなにが言いたいのか分からなかったし

なにを聞きたいのかも分からなかった。



先輩「じゃあうじうじすんなよ。

   好きなら好きでいいんじゃね?

   将来のこととか考えられるほど、まだ大人じゃないだろ。

   お前が彩ちゃんのことが好きなら伝えればいいじゃん。

   付き合う付き合わないはその後の話だろ」



急に先輩がぶわーってしゃべり出した。

普段、酒を飲んで性格が変わるような人じゃないので驚いて

「でも」とか「いや」とか繰り返してた。



先輩「実はな、彩ちゃんに相談されたんだよ」

俺「え?」

先輩「どうしていいか分からん、って。

   お前と同じようにうじうじして

   お前と同じように諦めたって言ってた。

   片想いで終わったって」



最初から知ってたんだ、って思うとなんか冷静になれた。



先輩「このまま終わっていいの? 好きなんだろ?

   じゃあ腹もふくれたし帰るわww」



そう言って先輩は会計をしにレジに行ってしまった。

上着着て即行で居酒屋を出て先輩に追いついた。



俺「ちょっと行ってきます!」

先輩「おまww今度飲むときおごれよー!」



ちなみにこの後なぜか3回もおごらされました。

鬼めww



電車で彩の地元まで行った。

1分1秒が待ち遠しくて、どうしようもなかった。

彩の家の近くまで行き、深呼吸して電話する。

比較的早くに彩は出た。



彩「もしもし…?」

俺「急にごめん、今から出てこれる?」

彩「うん。どこ行けばいい?」

俺「コンビニで」



多分うまく喋れてなかったww

5分もしないうちに彩が来てくれて、たった2週間会わなかっただけなのに

なぜかすごく久しぶりな気がした。



俺「久しぶり、」

彩「うん。てか、お酒くさいww 飲んできたの?」

俺「ちょっとね」

彩「で…どうしたの?」



取りあえず気持ちだけ告げようと思った。

深呼吸を何回かしたけどもう心臓がね、破裂しそうだったよww



俺「俺、彩のことが好きだ。

  やっぱり楓のこと考えたら今がしっかり見えてた方がいいと思うし

  ちゃんとしたパパを作ってあげるべきだと思ってた。

  でもやっぱだめ、彩のこと好きになってて簡単に割り切れそうにない」

彩「え…」

俺「俺、親の顔とか幸せの家族? とか全然知らないからさ

  彩と楓と色んな所行ってすっごい楽しかった。

  もしかしたらこれがそうなのかな、って思った。

  もし同じ家族を想像してたなら、俺で良かったら付き合って欲しい。

  大学生になっても頑張るからさ」



もう自分でもなに言ってるのか分からなくなってたww

今考えたら高校生が、しかも大学生になろうかと言ってるやつが

なに偉そうにモノ言ってんだって話だよねww

良くも悪くも若かったな、って今になって思うよ。



彩の顔はもうぐちゃぐちゃで見れたもんじゃなかったww



彩「それでいいの? 絶対に負担になる日が来るよ?」

俺「さすがに養うとは言えない。

  けど力合わせればやってけるって信じてる」



そう言うと彩は何回も頷いた。

泣いてるのか笑ってるのか分からないような顔で



彩「これからもよろしくね」



それを聞いた途端に居ても立ってもいられなくなって

彩のことを抱きしめてキスした。

彩とした初めてのキスの味は、しょっぱかったですww



彩「おじいちゃん、くちゃいww」

俺「うるせーよww」



ちょっとの間話だけして彩を送って俺も家に帰った。

帰りに飛び跳ねながら帰ったのを覚えてるよww



春になって大学生になった。

進学先は県内だったから引っ越しする必要もなく、のほほんと過ごしてた。

ところが周りは驚くような早さで大学生活に馴染もうとしていた。

ちょっとついていけないなー、なんて思っていると

俺にもサークルの勧誘が驚くほど来る。



大学に行ってもバスケはしたかったんだけど

サークルに入れば彩と楓と過ごす時間も限られてくるし

なるべくバイトしたかったから、やんわり断り続けてた。



入学してしばらく経った頃に彩と楓とで花見に行った。



彩「大学はどう?」

俺「なんか雰囲気がすごい」

彩「サークルは? バスケするんでしょ?」

俺「いや、今のところ断ってる」

彩「どうして」

俺「いやー、お前らとの時間なくなるの嫌だし、バイトもしたいし…」

彩「そんなの気にしないでいいよww

  私はシュンが好きなことやってるのが1番嬉しいからさ!」



結局その一言でサークルに入ることにした。

と言っても、週に2回くらい活動してるゆるーいバスケのサークルにした。

たまに彩が大学に来て、バスケしてる俺を見に来ることがあって

もうその日はプレイさえまくりww

このサークルでも楓はアイドルでしたww



夏になってうだるような暑い日が続いていた。

その日は仕事が休みだった彩が楓を連れて家に来ていた。

妙に家に来てからそわそわしている楓。

というかここ最近ずっとそわそわしてて不思議だった。



彩「楓? どうしたの?」

楓「なんでもない」

彩「ほんとに?」

楓「うん」



こんな押し問答がずっと続いてて

挙げ句の果てに俺の近くを行ったり来たりしだした。



俺「どうした? 遊びに行きたい?」

楓「違う」

俺「お腹が空いたの?」

楓「違うもん!」



なぜか怒られたww

まさか初潮か!? とかバカみたいなことを考えていると

今度は俺を叩きだす楓。



俺「こら。人を叩いたらだめでしょ」

楓「パ…」

俺「ん?」

楓「パ……パ」

俺彩「あ…!」



2人で顔を見合わせたよねww

もうこの時は本当に驚いた。

彩と付き合うってなったときにパパって呼ばすのは

俺が大学を卒業してからにしようって決めてたから

まさか楓の方からパパと呼んでくれるとは思ってなかった。

そわそわしてたのはそのせいかと納得した。



俺「楓…パパって言ってくれた?」

楓「パーパー(´∀`)」



もうそこからはパパの連呼ww

多分ずっと言いたくて言えなかったんだろうなって思うと

気付いてやれなくて申し訳ない気持ちにもなった。

でもそれ以上にパパって呼ばれたことが嬉しくて

これからもっと頑張らなきゃって背筋が伸びる思いがした。



楓がパパって呼んでくれた日からしばらく経った頃。

お盆のまっただ中だった。

彩から着信があったので普通に出た。

電話越しから聞こえるのは男の声…why?



?「おいこら」



なにこれ怖い。



俺「すいません、どちら様でしょうか」

?「お前の女の父親じゃー!」

俺「え? え?」

彩父「世間は盆だぞ。

   挨拶くらいにこんのか」

俺「はぁ…」

彩父「じゃあ待ってるからな! 絶対来いよ!」



なんだよこれ…。

でも1度も挨拶に行ってなかったのは確かだったし

すぐに準備して家を出た。



彩の家に着いて呼び鈴を押す。

ピンポーン…

鳴らした途端に家の中からすさまじい足音がするww



彩父「電話のやつか?」

俺「そうです。挨拶が遅れてすみませんでした」

彩父「取りあえずあがれよ。

   あ、首は洗ってきただろうな?ww」



ほんとなんだよこの人…。

家に上がると階段の所から彩妹が俺のことにやにやして見てた。

彩妹と会うのは3度目だったので軽くあしらってリビングへ。



彩父「まぁ、ここ座れ」

俺「はい。あ、これつまらないものですけど…」



一応菓子折持って行ってたからそれを彩父に渡す。



彩父「なんだ酒じゃねーのかww」



くそwwww

ただ第一印象は楽しそうな人だなーと。

多分気遣って同じような目線で話してくれてた。



俺「娘さんとお付き合いさせてもらってます、シュンといいます。

  挨拶が遅れて申し訳ありませんでした」

彩父「堅苦しいのはなしにしようやww」



そう言って彩父は冷えた麦茶を入れてくれた。

相変わらず彩妹はリビングのドアの向こう側からこっちを覗いてるww



俺「そう言えば彩は…」

彩父「あー、あいつ買い物行ったよww

   急に呼んですまんな。

   どうしても顔が見てみたかったんだww」

俺「いや、俺もいずれは行かなきゃとか思ってたんで」



どうやら俺は彩父の独断で呼ばれた模様。



彩父「今、大学生だってな?」

俺「はい」

彩父「まぁ、気負わず付き合ってくれたら俺は嬉しいよ。

   ただ中途半端なことはすんなよ」

俺「はい」



そんなこんなで話していると彩と楓が帰ってきた。



彩「ただいまー…ってなんでシュンがいるの?!」

俺「いや、お父さんに呼ばれた…」

彩父「お前にお父さんと呼ばれる筋合いはないww」

楓「じいじ、パパいじめちゃだめ!」



なんのこっちゃww

この日は晩飯もよばれて、彩父の晩酌に付き合うことになり

結局泊めてもらうことになった。

彩父の好意で俺はリビングのソファーで寝かせてもらった。



彩父曰く、彩の喘ぎ声は聞きたくない、だそうだ。



それからは驚くほど色んな事が順調に進んだ。

楓は大きな病気をすることもなく成長していってくれて

どうやら俺とじいじと結婚するらしいwwww

早くも小悪魔wwww



彩はずっと働いていた職場でバイトから正社員になれて喜んでいた。

俺も単位を落とすことなく、彩の支えもあり大学生活を楽しんでいた。



ほんとに2回生、3回生とは特に大きな事もなかったから端折るね。



そして俺が4回生の春、楓の小学校の入学式である。

ランドセルは彩父がにやにやしながら買ってくれましたww



俺「やばいなー、緊張する」

彩父「やばいなー、緊張するww」

俺「真似しないでくださいよ」

彩父「真似しないでくださいよww」

彩「2人ともなにしてんのww」



彩父にからかわれながら、小学校の門を4人でくぐった。

ふと楓を見ると初めて会った頃と比べて、ずいぶん大きくなっていて

なんか色んな思い出が蘇ってきたww



彩父「お前、今楓を見てやらしいこと考えただろ」

俺「いい加減にしてくださいww」

彩父「ほんと子供が大きくなるのは早いよなー。

   お前も3年で大きくなったよ」

俺「え?」



ちょっと消化不良で終わった会話だった。

そして体育館の中に入って式が始まるのを待った。



式が始まる20分前からカメラを回し出す彩父。



俺「早くないですか?」

彩父「お、美女はっけーん!wwズームインww」

俺「なにやってんすかww」



彩父「なにやってるもなにも、どうしてお前にはもったいないくらい

   美人の彩が居て、このイケメンの俺に嫁どころか彼女が居ないんだ。

   だから目の保養も必要になるだろ?」



俺「ちょっと言ってる意味が分からないです」

彩父「いやー、最近は若妻が増えたなあww」

彩「いい加減にして!」



一気に縮まり込む彩父ww

そんなこんなしているとやっと式が始まって

楓の姿を目に焼き付けていた。

6年生?のお姉さんに手を引かれながらも

胸張って歩く姿にたくましさすらおぼえたよww



で、やっぱり隣で彩は涙ぐんでいましたww



入学式も終わって、晩飯は彩父の計画で男2人で飯作るぞってことになった。

湘南乃風の若旦那みたいな風貌をした彩父がキッチンに立って

包丁を扱っているのは正直似合わなかったww

普通に上手かったけどねww



俺「そう言えば体育館入る前のあれ、なんですか?」

彩父「なんのことだ?」

俺「大きくなったとかどうとか…」

彩父「ああ、あれか。別になんでもないよ。

   ただ端から見てもお前が父親らしくなったってこと」



あれ? これ俺褒められてんのか?

って思うと急ににやけてきたww



彩父「気持ち悪い顔してんじゃねえよww」

俺「いや、だってお義父さんから褒められたww」

彩父「だからお前に義父さんって(ry」

俺「ちょww包丁はだめですってww」



結局どれも具がビックサイズのカレーを作った。

味はいまいちだったけど、彩も楓も美味しいって言って食べてくれた。



春から夏にかけては去年からの就活の流れで

結構バタバタしてたけど、秋には職場も決まって大学生活にも終わりが見えてきた。

たまに大学に行く程度になったので彩と楓と過ごす時間が増えた。

もちろんその分喧嘩も増えたけど、最後は不思議と笑って追われた。



ふとある時彩が呟いた。



彩「そう言えば旅行とか行ったことないよね」

俺「あー、確かに」

彩「お正月あたりに行かない?」

俺「そうだなー! どこ行きたい?」

彩「温泉とかでゆっくりしたいかも」

俺「温泉なら別府温泉行きたい」



単純に別府温泉の血の池地獄が見てみたかったんだww

秋頃からじゃ厳しいかな、とも思ったけど比較的すんなり旅館の予約も出来た。



結局、大晦日と元旦は彩の実家で過ごさせてもらった。

朝から晩まで彩父の酒の相手でもう胃がきりきりした。

100年の孤独が美味しかったですww



んで2日の深夜から大分に向けていざ出発。

夜通し走って明け方、ちょっとだけ仮眠取ってからは観光地巡りww

楓が初めて匂う硫黄の匂いと血の池地獄に驚いてたww

それと個人的に興味があった府内城に行けて良かった。



旅館についてからは、ゆっくり風呂入って

懐石料理食べたりし、時間がゆっくり進むっていうのは

こういうことなんだと思った。

楓は疲れからか風呂入って飯食ったあとにすぐに寝てしまった。



なんとなく晩酌するか、って雰囲気になって

女将さんに日本酒を持ってきてもらった。

2人でちびちび飲みながら今日のことを話した。



彩「ほんとに真っ赤だったねー!」

俺「ねww硫黄の匂いも半端じゃなかった」

彩「あとは府内城?は興味あったの?」

俺「いや、大友氏に興味があって…って分かんねえかww」

彩「うん、さっぱりww」



夫婦水入らずってこういう事か?ww

とか思いながら、いつも以上に酒が美味しく感じた。



彩「なんかさっきからそわそわしてない?ww」

俺「そんなことないよ」

彩「子供が寝てる隣ではしないよww」

俺「ばか、そんな気分じゃねーよww」



浴衣の袖ポケットを確かめた。



彩「じゃあなによww」

俺「これ」



袖ポケットからだしたそれを彩に渡した。

ここでお決まり、彩ちゃん涙目ですww

ほんとに涙もろいww



彩「え?」

俺「春になったら籍入れて3人で暮らそう。

  俺と結婚してください」



彩の目は婚約指輪と俺の顔を行ったり来たり

なんかその顔がおもしろくて思わず笑ってしまったww



俺「なんか言えよwwおいwwww」

彩「はい」



なぜ敬語wwww



彩「ふつつか者ですが、よろしくお願いします」



そう言って彩は深く頭を下げた。

俺もつられて土下座しちゃったよww



俺「給料3ヶ月分とかじゃないけどねww」

彩「知ってるよ、そんくらいww」

俺「夢も期待もないのかよ」

彩「旅行から帰ったらお父さんのとこ行かなきゃねーww」



そうやって楽しそうに笑う彩を見て

やっと全ての緊張の糸がほぐれて、なんでか涙があふれてきた。



彩「なに泣いてんのww」

俺「彩だって泣いてんだろ」

彩「早く指輪はめてよww」

俺「忘れてたww」



指輪をはめてやったら

なぜか自分の膝をポンポンしだす彩。

これは膝枕してあげるからおいで、というサインらしいww

彩の膝に頭を置いてたら、彩がしきりに頭を撫でてきた。



彩「多分、今私世界で1番幸せだよ」

俺「そう?」

彩「結婚も2回くらいしてみないと分からないもんだねww」

俺「どういう意味だよww」

彩「ほんとに家族になるんだね」

俺「おう」



てな感じに話してたんだけど、次第に眠くなっていて

気付いたら寝てしまってた。

朝起きたら、隣に彩の寝顔があって

昨日のことは夢じゃないんだなって実感した。



4日の深夜に帰ってきて、5日にお父さんにアポとったら

夕方以降ならいつでも来いよwwってことなんで

彩の仕事が休みの日に合わせて7日に行くことになった。



さすがに今回は殴られるかなー、とか考えながらも

来たる7日に迎えて散髪行ったり一応気合い入れたww



ついにやってきた当日。

さすがに今回はスーツで行くことにした。

彩宅の家の扉を開く。

確か17時くらいだったと思う。



緊張のしすぎで胃が痛くなってたのはいい思い出ww



家に上がると彩父がリビングのソファーに腰掛けていた。

ああ、もう分かってるんだろうなって思いながら正面に立って声をかけた。

彩もいれたコーヒーを持ってきて俺の隣に立った。



俺「うっす」

彩父「おう、まぁ座れや」

俺「はい」

彩父「で、話ってなんだ?」



父親の顔ってこういう顔のことを言うんだろうなって思うくらい

彩父の顔は真剣で、俺の顔を睨み付けるようにして見ていた。



俺「春になったら籍を入れて彩と楓でとで暮らそうと思います。

  俺を彩と楓の家族に入れさせてください」

彩父「彩はどうなんだ?」

彩「うん、シュンとやっていきたい」

彩父「楓はどう?」

楓「パパとずっと一緒にいたい!」

彩父「そうだよな。うんうん」



1人で頷いていた彩父は、ひとしきり頷いたあとすんごく優しくほほえんだ。



彩父「2人のこと、頼むよ。クソガキww」



クソガキってww

俺と彩と楓とで顔を見合わせてガッツポーズしたww



俺「お義父さん、ありがとうございます!」

彩父「だからお前の(ry

   いや、これからはお前の義父だわなww」



ここからは普段通りの彩父ww

前祝いってことで寿司の出前とってくれてパーッとやった。

いつものお約束で彩父の晩酌に付き合っていると



彩父「ちょっと散歩でも行くか」

俺「ん? はい」



多分話したいことがあるんだろうなって

直感的に分かったから、彩にだけ声をかけて彩父についていった。



ただぶらぶら歩いていると彩父が口を開いた。



彩父「これから寂しくなるなー」

俺「はい」

彩父「俺さ、前の結婚の時大反対したんだよ」

俺「はい」

彩父「子供を産むのはいいけど、結婚だけは認めんってな」

俺「はい」

彩父「んで彩は聞き入れずに出て行って、離婚して帰ってきた。

   俺からしたら親不孝な娘なわけだ」

俺「はい」

彩父「で、また結婚するとか言い出す始末だろ。

   今回はすんなり認めれるような男連れてくるしさ」

俺「はい」



心なしか彩父の声が震えている気がした。



彩父「とことん親不孝な娘だよ」

俺「はい」

彩父「だから絶対に幸せにしてやってくれよ。

   じゃないと俺と楓が救われない」

俺「はい」

彩父「彩が泣いて帰ってきたら許さねえからな」

俺「はい」

彩父「結婚式はあげてやれよ」

俺「はい」



彩父「まぁ、彩はやらんけどなww」

俺「どっちなんですかww」



彩父はこの後しきりに花粉症なんだ、って弁明してたww

俺も10年ちょっとすれば彩父の気持ちが分かるのかなって

思うとちょっと切なくもなった。



散歩もほどほどに家に帰って

また彩父の晩酌に付き合って、泊めてもらった。

やっぱりこの日も俺の寝床はソファーでしたww



彩父に結婚を認めてもらってからは2人で物件探しに明け暮れた。

ああでもない、こうでもないと言いながら

結局彩の職場にも近く、楓の学校にも近いところを選んだ。

ちなみに俺の勤務地行くには車で2時間ww

でも後悔はしていない。



広さは2LDKで、今までワンルームにしか

住んだことのない俺には衝撃的な広さだったww

まぁ3人分の荷物が集まれば、すぐに狭くなったけどねww



それから結婚は俺の仕事が落ち着いてからにしようと決め

来年の5年目の記念日くらいに出来るといいねーなんて言っていた。



春になって晴れて2度目の社会人になって俺ww

初出勤の前の日に籍を入れに行きました。

楓が真ん中で3人で手を繋いで役所にはいると

なんか不思議な目で見られてたような気がするけど気にしないww



慣れない仕事を頑張りつつ、俺なりに家族サービスも頑張ったww

疲れて家に帰れば2人が出迎えてくれて狭い風呂に3人で一緒に入って

幸せすぎてどうにかなりそうだったww



んで先週だよww

ついに迎えました結婚式wwww



もう前日からコブクロの永遠にともにが

頭の中でエンドレスリピートwwww

いっそ披露宴で弾き語りしてしまおうかとも思ったww

そして大舞台に弱い俺は、またも胃の痛みと闘っておりました。



結婚式自体はこじんまりとした式場で

呼んだ人も俺と彩の共通の友人と彩の家族くらい。

ほんとにこじんまりとした式だったと思う。



そろそろお声がかかるかなって思ってたときに楓が俺が居た部屋に

かけつけてきたww

彩は別室でドレスの準備&親子水入らずでやってたと思う。



楓「ママ綺麗だったよおお」

俺「そうかそうかww」

楓「楓もうぇでぃんぐどれす着たい!」

俺「だめ、一生着なくていい!ww」

楓「なんでよ〜」



ちょっと楓の機嫌を損ねて焦る俺ww

あわあわしていると式場のお姉さんからお呼びがかかってセッティング。

彩と彩父を待ちかまえる準備は整った。



ほんとに待ってる間心臓が口から飛び出そうな感じだった。

それでも入り口の扉が開いたら

ゆっくりと、でも確実に彩に彩父が付き添って歩いてきた。

多分こうやって2人で今まで歩いてきたんだろうなって

分かるような入場でした。

俺の元に彩が来るときに、彩父が呟いた一・



俺の元に彩が来るときに、彩父が呟いた一言が今でも忘れられない。



彩父「これからは頼んだぞ」



確かに頷いて、彩の手を引いて神父さんの前に。

もうあとはほんとに普通通りww

彩に指輪はめて、近いのキスして、式は終わり。

どっちかって言うと俺の中では披露宴の方が印象深い。



披露宴も段取りは普通通りだった。

入場やら挨拶やら紹介に主賓の祝辞、乾杯にケーキの入刀。

事ある事に隣に居る彩と目を合わせて微笑んでた。



入刀が終わったあと彩は、お色直しに席を外した。

戻ってくると艶やかなカクテルドレスに変わっていて正直見惚れたww

余興では共通の友人たちがムービーを作成してくれていて

もうバカらしくて笑えるくらい、地元らしいムービでホッとしたww



んでやってきましたよ、両親への花束贈呈と手紙の朗読ww

俺、どうしようかって迷ってると式場の姉ちゃんが



「まず新郎のお父様からお言葉をいただきます」



……え?

予定と違くね? とキョドっているとマイクを貰い話し出す彩父。



彩父「えー、新婦の父です、どうぞww」

彩「こちら新婦です、どうぞww」



どうぞじゃねーよww無線かww

ここで会場が笑いに包まれるwwww



彩父「まず、2人とも結婚おめでとう。

   新郎のクソガキはクソガキのくせして彩と楓を

   自分の家族として迎え入れてくれました。

   世間的に以前した彩の行動は褒められるものではありません。

   それでも新郎のシュンさんはそれを受け入れてくれました。

   今日この日を彩と楓が笑顔で迎えられるのは

   間違いなく彼のお陰です。本当にありがとう。

   そしてだんだんお姉さんに・



彩父「そしてだんだんお姉さんになっていく楓と

   嫁として母として成長していく彩を見ていると

   ようやく私も父としての責任を終えることができたような気がします。

   これからも色々あるでしょうが

   3人で仲むつまじくやっていってください!」



クソガキってww

彩父め、人前だからっていいこと言おうとしやがってwwww

目から汗がだだもれじゃないかwwどうしてくれるんだwwww



彩父「これで私のスピーチは終わりにさせていただきますが

   2人の娘である楓がお話をしたいということで

   もうしばらくのほど、ご静聴よろしくお願いします」



2度目の……え?



俺と彩に満面の笑みを見せて彩父の元へ向かった楓。

なんか急展開すぎて驚く俺を、ただ彩は微笑んで見ていた。

多分はめられたんだろうね、これwwww



楓「パパとママへ。

  いつも仲の良いパパとママが楓は大好きです。

  優しいパパと、料理が上手なママ

  将来はパパみたいな旦那さんを見つけて、ママみたいになりたいです。

  …パパ、楓のパパになってくれて本当にありがとう!

  これからも仲の良いパパとママでいてください!」



もうね号泣だったwwww

彩と出会って何度も何度も家族の大切さを感じてきたけど

この時、ある意味本当に2人を守っていくんだって心に誓った。



終始泣いたまま披露宴は終わったww

式が終わってからも相変わらずな日々を送っています。

家族を知らない俺と、家族作りに失敗した彩。

もしかしたらなにかの縁で繋がっていたのかな、と今になって思います。



春から小学3年生になる楓は、弟が欲しいとせがんできますww

そればっかりはコウノトリさんに頼むよwwww



そして今月の頭の方から、生理が来ないという彩を連れて

先日産婦人科に行くと妊娠を確認することができました。

今年の秋に出産予定です。

彩父が男の孫にしろよ! と言ってきますが

どうにかなるものでもないだろとwwww



出典:娘ができたときの話をする

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【学校】娘ができたときの話をする【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:学校での告白体験談

このページの先頭へ