相互リンク先の更新情報!

【小中学生】俺が小学5年くらいの時に体験したコミックLO的な話【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


俺の初恋は幼稚園

そして2番目の恋は小学4年の時であった。その時のお話

旅行に行った時の無料でもらえる下敷きを何枚かもって帰った。

ほんとくだらないもので、紙でできた下敷きだった。

それをクラスの奴らに配ってやろうと思ったのだ。

仲がいい連中にはあらかた配り終わり、下敷きが1枚余っていた

俺「よかったらこれもらってよ」

ちー「ありがとう!」

俺は隣のちーちゃんに下敷きをあげた。

なぜか余り物の旅行先の名前が書いてある下敷きを大事そうにしまったちーちゃん

それからちーちゃんはその下敷きをずっと大事そうに使っていた。

俺「なんでそんなのずっと使ってんの?」

ちー「だいじなものだから」

俺は正直嬉しかった。女の子が俺のプレゼントを大事に毎日使っているのだ。

ちーちゃんとは席替えで席が離れてしまい、




それから数ヶ月が過ぎ、俺達は5年生になった。

ちーちゃんとはまた同じクラスになった。1学年3クラスしかないから結構な確率で同じなのだ

俺は小学5年生の時におそらく人生で最初で最後のモテ期に入った。

俺の写真を女子がコバルト文庫にはさんで、

学年で1番人気、2番人気の子からラブレターをもらった。

チョコレートは5個くらいもらったような気がする。

もちろんちーちゃんからももらった。

いじめられてた女の子を助けてあげたらその子からももらった。

ある日、ちーちゃんから一緒に遊ばないかと誘いを受けた。

女の子から一緒に遊ばないかと誘われたのは実に幼稚園以来のことである。

俺は二つ返事でOKした。俺はちーちゃんが好きだったから。

ここでがっかりさせるかもしれんが、ちーちゃんはソバカスがちょっとあって目が細い

キツネのような顔をした女の子だった。

正直かわいくないほうだと思う。

俺「どこにいくの?」

ちー「教会にいくの。みんなもくるよ。」

俺「キョウカイ?なにそれ」

ちー「楽しみにしてて」

そして次の日曜日、ちーちゃんの地元?までチャリで走った。

小学校は同じだがだいぶ離れていたので大変だった。

ついたら

ちーちゃん

けいこちゃん

けんじくん

てつやくん

の4人が待っていた。

4にんはキョウカイという場所でよく遊んでいるらしく

俺が「キョウカイってなに?」と聞いてもクスクス笑っているだけで答えてくれなかった。

しばらく歩くと、小さな教会があった。

そしてドアを普通に開けた。あのアニメとかの教会に出てくる2つドアみたいなやつだ。

ガララララララ ギィーーーー

俺「え・・・・怒られるじゃん。帰ろうよ」

みんな「大丈夫だって。こっち」

俺は不安だった。悪いことはしたらダメなんだ。お父さんとお母さんとの約束だった。

教会はけっこう小さいつくりで、礼拝堂は10人くらい座ったらいっぱいになりそうなくらいだった。

俺「これがキョウカイ?入っていいの?遊び場ってどういうこと?」

ちー「ここの神父さんが夏の間は海外に行っちゃうの。窓が壊れてるから簡単に入れるんだよ」

俺「それまずいよ。怒られちゃうよ」

ちー「大丈夫だよ。みんなここで遊んでるし、ばれないよ」

不安になりながらも、みんなについていった。

礼拝堂の奥には神父さんの部屋?みたいな部屋があった。そこでみんな待っていた

その部屋は洋服棚、本棚、机、テレビ、ビデオデッキ等、

まぁ当時の男の人の一人暮らしって感じだったと思う。

けんじくんが奥からお菓子をいっぱい持ってきた。

けんじ「食おうぜwwwwwwほれwwww」

けいこ「こっちあけるねーー」

てつや「ポッキーこっちー」

俺「どうしたのこれ」

けんじ「ここいっつもお菓子あんだよ」

俺「まずいよ・・・そんなの食べられないよ」

ちー「大丈夫だってー。心配性だなーもー」

俺はけっこう注意されて育っていたほう?だったのかな。

みんなの大胆な行動がとても信じられなかったのをよく覚えている。

俺は空気をよんでお菓子をつまむことにした。

すげー覚えてるんだけど、オーザックの赤い うすしお?だっけ?

あれが当時出たばっかりで、その時はじめて口にしたことは覚えてる。

けんじ「あれみようぜwwwwこいつに見せたいwwww」

みんな「いいねーーーーー見よう見ようwww」

俺「??」

けんじくんがビデオデッキの再生ボタンを押した。

たしかVHSは入れなかったと思う。いつも見ているのか、入れっぱなしだったと、思った。たしか。

そこで再生されたビデオは、アダムとイブが神様から誕生し、

イブが悪魔の実(赤いりんご)を食べて悪魔がどーのこーのって内容だった。

なぜこれをみんなが嬉しがってみているのか、想像できたと思うが、

アダムもイブも素っ裸のビデオだったのである

俺はその時AV等見たこともなかったので、母親以外の女の裸に興奮した。

みんな男の子も女の子も下品に笑っていて奇妙だった。

けいこ「おんなのマタって穴あいてるでしょ?あれなんで空いてると思う?」

てつや「ちんこ入れんだろ」

けいこ「そうそう。なんでアダムとイブはなんにも知らなかったのに入れたんだろうね」

けんじ「穴あいてたからじゃね」

ぎゃははははは刃刃歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯歯

俺は正直ひいてた。

俺は疲れていた。早く帰りたい。

そこからお互いの好きな人言いっこタイムがスタートした。

と言っても男のほうはみんな恥ずかしがって黙っていた。

女の子二人はぶっちゃけた。

ちーちゃんはけんじくんと俺が好き

けいこちゃんはけんじくんとてつやくんが好きだった。

なんだよ俺二番目かよ

それからなぜか全員でのじゃんけんを強制的にやらされた。

なんのじゃんけんかは教えてくれなかった。

(多分俺若干いじめられてたと思う)

ちーちゃんが負けた。

ちーちゃんはけいこちゃんとヒソヒソ話を3分間くらいしていた。

けいこちゃん「ちゃんとやってよ。あたしもやるんだから」

ちーちゃん「わかったよ!きて!」

俺はちーちゃんに手を引っ張られ、教会の奥の方へ連れていかれた。

そこには湯船もなにもない、狭いシャワールームがあった。

お世辞にも綺麗とは言えなかった。

ちーちゃん「シャワーあびたくない?」

俺「は?」

ちーちゃん「あびたいよね?」

俺「ぜんぜん」

ちーちゃん「お願い、シャワー浴びなくていいから服ぬいで入って。」

俺「やだよ」

俺は当然浴びたくなかった。なんでこんな場所でシャワー?

俺がNO!と言った態度をとっていたらちーちゃんは泣き出して脱衣所から出て行ってしまった。

けいこちゃんがきた

けいこ「あんたちーのこと泣かさないでよ!」

俺「だってシャワーなんて入りたくないもん」

けいこ「じゃああんたけんじにボコってもらうけどいい?」

俺「は?なんで」

けいこ「いい?入る?入らない?どっち?」

俺「入る」

それから俺は涙目になりながら服を脱いでシャワー室にはいった。

ドアを閉めた。

俺「・・・・」

なんだよこれ。いじめか?どうしよう・・・

そんな心配をしていたらドア越しに人の気配がした

ちー「ごめんね。ちょっと待ってて」

ゴソゴソ・・・

俺「!?」

小5でもわかった。ちーちゃん服脱いでる・・・

あー・・・ヒソヒソ話してたのこういうことか。

俺は今から女の子とシャワー浴びるのか・・・

ちーちゃん「開けるね」

ガラ

期待させて悪いが、ちーちゃんは学校指定水着を着てた

俺「それ持ってきたの?」

ちー「着てきたの」

それから5分間くらい無言で二人でシャワーを浴びてた

俺は震えてた。緊張で。

外からまた人の足音

けいこ「ちゃんとやってよ!はやく!」

ちー「好きだよ」

いきなりの告白だった。

ちー「からださわっていいよ」

ちーちゃんはスクール水着の上半分を脱いだ。

ぜんぜん乳はなかった。Aカップくらいだった。

俺は素っ裸。思春期に入るか入らないかくらいの年齢

フルボッキしていた。

おっぱいとまんこをさわった。ちーちゃんはフェラしてくれなかった。

それからけんじくんが邪魔しに来て裸の俺とちーちゃんを笑いに来た。

俺とちーちゃんはそのまま服を着て(なんとバスタオルすらなかった)

みんなのところへ戻った。

けんじ×けいこ

てつや×けいこ

けんじ×ちー

の順番にシャワーに入った。たぶんみんなおっぱいやらまんこやらちんちんいじりあってた

そこで俺がやっぱり仲間はずれにされていると感じたのは

けんじ×ちーの組み合わせのときにてつやもけいこちゃんも一緒にシャワーのほうへ行った時。

俺は邪魔だからくるなとけいこちゃんに釘を刺された。

そんで暇だから礼拝堂の椅子に座ってた。

今思い出すと、俺ミッション系の高校で礼拝堂で引いてたけど、あの時が初めて礼拝堂に座った瞬間だったw

そこから短い時間だけど、俺にとってトラウマなことがおこる

???「ちんこでかいwwwwwwwwww」

???「うわーーーwwwまんこすげーくさいwwwおえええええええええ」

???「くさいない!!ちんこのほうがくさいよねーーーーー??」

???「ねー??」

???「まんこのほうがくさいよな」

???「かがして」

???「やめてよーーーー(うれしそう)」

???「痛いってばー」

こんな会話がシャワー室から聞こえた。

俺は気になってシャワーの方へ歩いていった。

けいこ「あんたはダメだってば!!!」

乳丸出しで俺を牽制に来た。

俺は一人でしょぼくれてた。

それから教会の周りを探検して迷子になったり、海に石投げて遊んだ。

帰り道がわからなかったのでちーちゃんに途中まで送ってもらった。

俺はずっとムスッとしてた。ちーちゃんは

「なんで怒ってんの?」とずっと聞いてた。

道路をはさんで、右と左、離れて同じ方向へ歩いた。

じゃあね。と手をふって、俺とちーちゃんの関係は終わった。 

【当時のイメージ画像】


告白体験談関連タグ

||||||||

【小中学生】俺が小学5年くらいの時に体験したコミックLO的な話【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ