相互リンク先の更新情報!

【出会い系】【テレコミ12】16歳・Cカップ帰国子女高校生・みゆき【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


木曜午後2時着信。(相手は公衆電話だったような)20分ほど話をして、

小田急千歳船橋駅前マクドナルドで待ち合わせ。16歳 都立高校1年。

帰国子女(5年ほど米国・デトロイト在住)身長154センチ ルックスは上

の中。薬師丸ひろこ似。84-57-85(推定)Cカップ(これは聞いた)



 電話で話をしてるときから、ちょっと言葉使いは変(乱暴というのではな

く、欧米人の話す日本語特有のなまり)だったので、期待半分で待ち合わせ

場所へ。彼女が近所に住んでいるらしい。

マクドナルドに着くと、自動ドアに高○生が一人もたれている。しかし、

待ち合わせは中で、と言っていたし、第一今までの経験上、その子はクオリ

ティが高すぎる(笑)。

中に入り、グルッと見回すもそれらしい人がいない。さてはまた、やられた

か……と思い店を出ると、さっきの女の子の視線が合う。すると、その子が

僕を見て電話をかけるジェスチャーしたので、半信半疑ながらうなずく。

 なんと、その子だった!




小田急に乗り新宿へ。(私はほとんど渋谷なのですが、これは唯一新宿にホ

テルに行ったもの。これも珍しい)

 彼女は都立の単位制高○(その年にできた)だと言ったので、どこの高○

もわかった。(新聞に出ていた)どうも、帰国してから寂しかったらしい。

新宿駅地下街をぐるぐるまわってウィンドウ・ショッピングしたり、お茶し

たりとフツーのデートを小一時間。(でも、アクセサリー・ショップに連れ

ていかれたので、「援助目的か?」と勘繰ってしまった)

 前にも書いたとおり、デビュー当時の薬師丸ひろこに似てる。声もかわい

い。なぜ、なぜ、こんな子が?

 デートしてる時は、手をつないだり、腕を組んでいたが、彼女の豊かな胸

に私の左腕のひじがつんつんあたる。そのムニュッという感触でもう勃起状

態。

 歌舞伎町のHへ入る。彼女は特に何も言わずついてきたが、私の頭の中に

は「淫行、淫行」という言葉が駆けめぐり、今にもドアを蹴破って警察が突

入するのでは、という幻想にとらわれる。いかんいかん、こんなこと考えて

いたら、俺の暴れん坊将軍様が役立たずになってしまうと気を取り直す。彼

女はスカートが制服、上は着替えていた。学校からの帰宅途中だったらし

い。制服のスカートもチェック柄なので、パッと見には制服に見えない。



 彼氏はいない、漢字がよく読めない(笑)、など世間話をして、

部屋にあったカラオケで1曲ずつ。彼女は久保田利伸を歌う。英語の歌詞は

さすがに発音がすばらしい。歌い終わると僕が、

「うまいね、ごほうびをあげよう」と、彼女をギュッと抱きしめ、

背中をやわやわとさする。掌を翻し、爪の甲で背中をなぜると、

彼女の肩が少し震えてきた。僕の胸にピッタリと顔をうずめている。

怖がっているのかな、と思ったのだが、そのまま背中をさすったり、

耳たぶをチロチロッとなめたり、軽くかんだり、お尻をなでたり彼女のボデ

ィをチェックする。彼女のからだはピッタリとくっついているので、その豊

かなバストも十分感じられた。彼女もついに僕の背中に手を回してくる。

 まるで何年も付き合っている恋人同士の抱擁だ。腕を少し緩め、

「顔、みせて」というと、そのかわいいルックスが再び姿を現す。

目がすこし潤んでいる。軽くおでこにキスをすると、なぜか少し笑ったの

で、「あー、馬鹿にしたなぁ」と、今度は唇へ。

 最初はかるく、チュ、チュ、という感じだったが、僕がたまらず舌を

差し入れると彼女は大胆にも応えてきた。

 ものすごくキスがうまい。さすが、外国育ちは違う。などと見当違いのこ

とを考えながら、5分ぐらい唇を吸い合っていた。

「私、キスするのが大好きなの」

「とてもうまいよ、向こうで覚えたの?」

「え、でも私一人しか経験ないよ」

(嘘つけ! 一人でこんなキスするか!)と思いながらも、

「じゃあ、僕が2人目になってあげよう」と囁き、ベッドへ押し倒した。

 彼女は特に抵抗もせず、目をとじて待っている。服の上からバストを軽く

揉み上げると、ようやく聞こえるような小さな声で、

「あ、……ああっ」

 服の裾から手をしのばせ、ブラの上から乳首のあたりをトントンと軽くた

たいてあげると息づかいが荒くなってくる。たまらず、服をまくりあげて、

胸の盛り上がりのすそ野あたりを、舌でなめ回したりしながら、再びキス。

今度は彼女の方から舌を入れてきた。甘い唾液がからまりあい、ジュポジュ

ポといやらしい音をたてる。キスしながら、背中へ手を回し、ブラのホック

をはずした。キスをして頭が真っ白さなのか、覚悟してるからなのか、抵抗

はまったくない。

 乳首の色もうすいピンクで、ほとんど吸われたことはないようだ。

(あとから聞いたがセックスは僕が二人目だった)

左の乳首の周囲を舌でくるくると刺激しながら、右の乳首は、唾液で濡らし

た指で、やはり同じようになでる。乳首はもちろんビンビンの勃起状態。そ

のころには、十分に大きな声で「あ、あああ、あっ……あん」

 乳首にあたるたびに「あんっ」と言うので、僕もかぜん興奮。

舌で周囲をなめ回したあとは、いよいよ乳首を舌でちょんちょんと刺激。軽

く吸ったり噛んだりしながら、スカートを脱がしていく。

パンティはフツーの白。清純そのものだ。しかし、パンティが一部がやはり

少し濡れていた。

「もう、こんなに濡れてる。上からわかるよ」

「だめ、見ないで、お願い」

「だめ。こんなに可愛い顔してるのに、こんなにやらしい子は、僕がおしおきしなきゃ」

「え」

 すかさず、パンティーの上から割れ目を刺激してあげると、

「あん、だめ、感じすぎちゃう、だめ、みゆき、変になる」

「いっぱい変になっていいんだよ」

 クリをこねくるようにいじりたおすと、腰がひくひく動いてきた。

「やっぱ、みゆきちゃんっていやらしいんだね。じかに触ってない

のにこんなに濡らして」

「ごめんなさい、許してぇ」

「じゃあ、なめて」

 僕はすばやく裸になり、ギンギンのペニスを取り出した。

 彼女の目はじっと僕のモノを見ている。

「さあ、なめて」

 彼女は返事をするかわりに、僕のモノを握り、かるくさすった。そして、

そのかわいい口に僕のものを含み、チロチロっと先っぽをなめる。テクニ

ックはまったくないし、うまくもないが、さっき彼女の言ったことは本当

だと思った。彼女はフェラチオの経験がほとんど(もしくは全く)ないのだ。

 彼女はしばらくすると、口からペニスを取り出し、

「これで許して」と物乞いをするような目つきで僕を見つめた。

しかしこれで終わるはずもなく、

「だめ、そんなんじゃ俺、イケないよ」

と、再び彼女を横たえさせ、パンティをはぎとった。抵抗はそんなにしなかった。

 みゆきの裸はきれいだった。僕は、思わず彼女の足を開かせ、オマンコを

なめはじめた。さっきおもちゃにしたクリトリスは皮が半分むけ、真珠色を

した本体がちょこんと露出している。強くなりすぎないように、舌でさわさ

わとなでると、これまでよりも激しく彼女はビクンビクンと体をふるわせ

た。声も、声というのではなく、息を飲むような「あっっ」という感じだ。

穴の方からはタプタプとジュースが溢れ出てくる。味や匂いはほとんどしな

い。シーツにまでいやらしい印が残されていく。

 僕は小陰唇のビラビラにそって舌を這わせながら、指でたえまなくクリを

刺激する。ビラビラをぐるっと一周すると穴に人指し指を第一関節まで挿入

し、入口の当たりをプルプルと震わせた。

 みゆきの目は、何かを求めるような目つきに変わっていた。最初に会った

ときのような清々しさは消えて、快感のみ欲しがる淫乱な目だった。クリを

ひとしきり舌で遊びおわると、ゆっくりと挿入しようとした。

(? 入らない?)

 一瞬違うところに入れたのかと思ったが、それほど彼女のヴァギナは狭か

ったのだ。僕は入れては少し引き、また入れては少し引くといった感じで、

清純な*6歳のヴァギナに侵入していった。そして、奥に届いたとき、いっ

たん入口近くまで引いてから、一気に奥まで挿入した。彼女の息を飲む声が

聞こえる。

「うわぁん、すごい、すごい、奥まで、奥まで来てるよぉ」

「どう、僕のは」

「おっきい、すごいおっきい」

 というような会話をしながら正常位のまま、ピストン運動をしばらく続け

ていたのだが、彼女は痛みを訴えはじめた。

 表情で嘘ではないことがわかったので(自分のペニスに伝わる感覚ももの

すごくせまかったこともあり)、僕はそれ以上の行為を断念した。

彼女は本当に済まなそうに、「ごめんなさい」と言った。



 その後、二人で横たわりながら、彼女は僕のペニスを、僕は彼女のバスト

やクリをいじっていた。彼女の声がまた大きくなっていく。

同じように僕のペニスをしごく彼女の手の動きも激しくなり、ついに僕は彼

女の手によって射精した。

 そのあとふたりでお風呂に入り、そのバスタブの中でも彼女にフェラチオ

させた。自分の中で行かせることができなかったことに罪悪感を感じたの

か、今度はすんなりとうなずいた。あいかわらず下手だけど。

 帰りも同じく小田急にて。電車の中でみゆきは、

「また、会える?」と聞いてきたが、当時別に彼女のいた僕は、つきまとわ

れることを懸念して、

「うーん、来週から忙しいからなぁ」と言ってしまった。(本当に忙しくな

る予定だったのだが)

千歳船橋の駅で一緒に下り、

「それじゃね」と僕は次の電車でそこを離れた。



このみゆきちゃんが僕の経験した中で一番の上玉でした。

今から考えると、ものすごくもったいないことをしてしまったものだと反省

しております。やっぱ、僕は根が真面目だから(どこが?)遊びでつきあう

には彼女はかわいすぎたのです。







出典:CafeGentleman

リンク:CafeGentleman


告白体験談関連タグ

||||||||||

【出会い系】【テレコミ12】16歳・Cカップ帰国子女高校生・みゆき【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月23日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ