相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】再投稿 妻の不倫告白【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


去年まで妻美紀37歳が不倫していました、

初めは離婚だー慰謝料だーと私も息巻いていたのですが

妻の不倫の告白を聞いていると段々と興奮している

自分に気が居る事に付きました・・・

妻の不倫相手の男、拡張.盗撮マニア男の川本にされた行為と

輪姦レイプ行為を妻に告白された通りに書きます以前のは

大げさにアレンジしすぎたので嘘っぽく成りましたが

今度は川本からも内容を聞いたのでリアルですこの時の

とは違うのですが川本の撮影した動画も全部見ました・・

それは今回の輪姦事件動画では有りませんが

バックで挿入されている動画や美紀が着替えている

盗撮動画等も有りました勿論中出しされていました・・・

酷かったのは川本が美紀のアソコを拡張して遊んでいる

動画でした・・・

指をクスコ代わりにしていたのでこの告白以前のSEXでしょう




既に其の時のSEX動画では妻の女性器は緩くされています

脚を開くだけで膣口から子宮口までがライトで照らすと

簡単に見えてしまうように成っていました・・・

更に指で子宮口まで穿っています・・・動画は去年には

既に川本が彼方此方にネットで流出させていました

「僕この奥さんのオマンコ壊しちゃいました」

がタイトルでした・・・

最近私もアレンジしてCABOS等にUPさせてしまいました

今でも見れます有名な「子宮口ホジホジ!」動画です。

話は変わります!

妻は川本が最初の頃のSEXからやたら小陰唇を拡げて

「オマンコ中丸見えだよ」とか言いながら女性器の中を覗くので少し変だなと思っていたらしく、その時は不倫に夢中で

気にしていなかったので、目隠しされている時には行為を

盗撮までされている事等、美紀は夢にも思いませんでした。因みに川本の職業は鍼灸院の先生と美紀に聞きました、

だから医療器具が間単に手に入るんだなと今更ながら納得しました。

川本の拡張行為が露骨に始まったのは不倫始めて10回位の

SEXの時だそうです美紀「ああーん指4本も入れちゃ駄目」

川本「美紀のオマンコ凄いねー指4本全部飲み込んだよ」と

川本が美紀のオマンコにフィストファックして来たのです「グリ・グリ・グリ」指が8cmぐらい入った所で

美紀「痛いそれ以上は無理よ」

川本「美紀にお願いが有るんだけど」

美紀「何・何なの?」

川本「俺美紀の全てが知りたいんだだからクスコ使って

子宮見せて欲しい」美紀はその時思いましたこの人内臓が

好きなんだなと、その時は美紀は心も体も川本の物でしたので、すぐOKしてしまいました・・・

そしてクスコ拡張し美紀の子宮を見ながらこう言いました

川本「膣肉ピンク色だよー子宮口の穴少し開いてるね」そうです美紀の子宮口は柔らかい方なのです、子供を産んだことも原因の一つですが、私は最近まで知らなかったのですが、私との8年間のSEXレスの間何人もの男とSEXをしていたので美紀は妊娠したらしく2回程堕児していたので穴が

大きく成ってしまいました・・・何時も8mmほど空いています其れも最近見せて貰いました・・・

川本「次はこれ挿れさせて」とトウモロコシや電球や大根等の異物を毎日のように入れられ、クスコ拡張も毎日されて

美紀のオマンコが緩く拡張されました、会う度に入れる物が段々大きくなって来たらしく美紀は川本のことが少し怖くなって来たそうです、そして何回か別れ話を美紀がすると、

川本は指マンやSEXテクニックで妻を逝かして

既に川本のチンポ無しじゃ生きていけない体にされていました。美紀が川本と本当に別れたいと思う切っ掛けに成ったのはある日、美紀が川本の自宅件診療所に呼び出されたので

行くと部屋に川本と知らない男5人がいました。

美紀「こんにちは美紀です川本さんの友達ですか?」

と男たちに挨拶すると

A「良いよな川本はこんな人妻玩具に出来るんだから」

B「玩具なんだから中出しもOKなんだろー」

C「この女のアソコに何でも入れていいんだろ?」

D「俺内臓が見たい」

E「俺は手首ぶちこんでみてー」

美紀「この人達何言ってるの玩具って何」と川本の方を向くと1人2万円ずつ貰ったから1時間だけ我慢してくれと手を合わせて頭を下げています・・・

そうです美紀は無理矢理売春させられたのです・・・

A「2万円分は楽しませてくれるんだろうな」

川本「ああ何してもいいぜ」この時美紀は悔しくて悲しくて涙がぽろぽろこぼれ落ちてきて止まらなかったそうです

何でこんな人好きに成ってしまったのだろう、

何で旦那と喧嘩ばかりするのだろうと、

後悔の念でいっぱいです。

美紀は紐でで手を引っ張られ脚はM字開脚の形で診察台の

上に固定され抵抗出来ないようにされました、まずEが

ローションをオマンコに塗っています・・・

美紀「変な事しないで・・帰らして下さい・・・」

E「塗らないと痛いからね」と指でクリトリスを愛撫しています・・・

美紀「あん・触らないで止めて下さい・・」

E「指挿入しますよー」ズブ・ズブと手首まで挿入しました

美紀「痛い・痛い・止めて」

E「あらら簡単に入るじゃんこれはどうかなー」と次

はスプレー缶等を押し込んで来ました

「グリ・グリ・グリ入るねー」

E「これも入るかな?」となんと小瓶ですがビール瓶の

底のほうから妻の股間に押し付けて着ました・・・

「イヤー痛い痛いヤメテーもう許して・・」

美紀が懇願しました、Eが川本に麻酔注射有る?と

有るよと川本が奥の部屋から出して来ましたそして

美紀のオマンコ横に打ちました・・・

麻痺したみたいで痛みは無くなりました、それを良いことに

EとDが2人がかりでビール小瓶をグイグイと力をいれ、

オマンコにねじ込みました12cm位入ると支えたそうです

その時美紀はショックで失禁したようです

D「うわーキタネーこの奥さんお漏らししたよ」

E「でも凄いよなこんな物まで飲み込むんだからもうガバガバマンコだぜ」

D「川本も本当にメチャクチャな調教するよなー」

E「写真撮ろうぜ」美紀はパックリ開かれたオマンコの写真を撮られました其の写真も流出されていました・・・

M字開脚された脚と女性器部分だけなので誰だか解りませんが

私は妻のオマンコだと解ります・・

瓶を抜かれた後の写真ですが、膣口がポッカリと口を空けています、完全に膣が拡げられており子宮口が見えていました

写真の上部には「ガバマンコ」と文字が書いて有りました・・

M字開脚の方は妻が自分から小陰唇を指で拡げている写真でした・・・それには「ねえ早くオチンチン頂戴」と書かれていました・・・

川本「この女俺の為ならどんなことでもするぜ小便飲むし」

B「おい皆で奥さんに小便かけようぜ」と一斉に男5人に口や顔にオシッコかけられたそうです・・・

B「とりあえずチンポ入れさせてくれと」Bがチンポを挿入するとB「うわー本当ににガバマンコだーユルユルだぜ」

A「バーカお前のチンコが小さいんだよ」

C「おい順番に中出ししてこの女孕ませようぜ誰の子種が当たるかなー」

美紀「お願いもう許してもう止めて・・・」

美紀は気を失い掛けていたそうです・・・

B「そうだこの奥さん皆の肉便器にしよう」と男達が

美紀のフトモモにマジックで「肉便器・中出し専用・ガバマンコ」と書いていましたそして男達5人に順番に輪姦され

中出しされましたそれも玩具扱いでした・・・

Eが変な筒みたいな医療器具を持って

麻酔がまだ効いている内に奥さんの子宮口で遊ぼうぜと言いました美紀「お願いそんな事やめて死んじゃう・死んじゃう」E「麻酔効いているから大丈夫だよ」「メキ・メキ・メキ」筒を膣に挿入して子宮頸部を押し出す器具みたいです

膣口辺りまで子宮口が露出されましたB「脱子宮だ凄えー」

男達は美紀の子宮口を玩具にしていました舐めたり指を入れたりしていました、麻酔が薄れたのか、美紀が痛がると

肉便器が喋るなと腹を殴られました、

A「皆の精液コップに集めろよ」と言い順番に

美紀にフェラさせて口の中から吐き出させ紙コップに集めました、男達は美紀をマングリ返しの形にして

A「これを直接流し込めば妊娠確実だー」と

パックリと穴の開いた子宮口に紙コップからコポコポと

大量の精液を流し込まれました

まるで有名な裏ビデオの「東京熱」と内容がよく似ています

たぶんマネをしたのだと思います・・・

美紀が痙攣し始めましたショック症状です、川本「やばい・やばいよ、もう終わり終わりと」男達を美紀から離したそうです。

妻が目を覚ましたのは川本の知り合いの個人病院ベッド上でした点滴を受けている妻に川本は昨日はごめんなーアイツらメチャクチャしよるからと言い、美紀が警察に行くと言うと川本「旦那に不倫がばれるで、いいのんか」美紀「夫に離婚されてもいい、こんなん許されへん婦女暴行傷害罪や」とハッキリした態度を示すと川本は警察沙汰が怖くなったみたいで、この後私に土下座してきました。

今まで川本が撮影した写真を纏めてCABOSでUPしました・・

タイトルは晒して下さい!(お宝.写真集)豊満熟女.美人妻

美紀37歳.不倫相手の男の撮影.動画付き!

です興味のある人は見てください!


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||||

【寝取られ】再投稿 妻の不倫告白【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月24日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ