相互リンク先の更新情報!

【M男・痴女】友達のお母さんと…【告白体験談】

カテゴリー:M男・痴女の告白体験談
tag:


数年前、友達の家に5〜6人で飲みに行った時のコト、深夜みんながだいぶ酔って下ネタで盛り上がってた。



「中指が長い人ゎオチンチンが長い」という話になって、友達のお母さんが、「みんなそこに並んでオチンチン出してごらん。」と言われ、酔っていたせいかみんなでパンツを下ろした。(その友達、つまり息子ゎとっくに寝ていた)



「若いオチンチン見るなんて何年ぶりかしら」と言いながら1本づつ見比べていた。



「キミのオチンチンゎ長い」「キミのオチンチンゎ小さめだけど玉が大きい」とか言われた。



それで終わるかと思った矢先、「味見したいわね。若いオチンチン。」と言い出し、舐め始めた。



当時中学生だった妹も、「お母さん、どう?」とか聞いちゃって、お母さんも「やっぱり若いオチンチンゎオイシイゎ」と言いながら全員のオチンチンを食べ尽くした。



その後何人か帰り、オレだけ電車もないので泊まることに。



居間に雑魚寝したんだケド、オレの横にお母さんがいた。






電気を消すと、お母さんが、「キミのオチンチンが中でも気に入ったの。」と言ってパンツの中に手を入れてきた。



「ダンナさんが起きてきたらまずいんぢゃ」と言うと、「大丈夫。キミのオチンチンを食べるだけだから声でないでしょ。早く立たせなさい。」と言われながらもすぐ勃起した。



「う〜ん。ダンナより大きいし、若いから堅いしおいしそう。いただきま〜す。」と言い、舐めてきた。

オレゎ遅漏なので、30分くらい舐めたとこで、「若いんだから毎晩1人でコスってるんでしょ?オナニーしてるトコ見せて」と言われた。断ろうとしたら友達の妹が「私も男の子のオナニー見たい」と言った。

仕方なくコスったが、「オカズがないとキツイ」と言うと2人してオッパイとマンコを見せてくれた。



見てる前でフィニッシユしそうになると友達の妹が、「精子ちょうだい」といきなりオレのオチンチンを頬張り、口の中でフィニッシユ。



すると友達の妹が「精子飲むと肌がキレイになるって友達が言ってた。またちょうだいね。」それを聞いたお母さんが、「ならアタシも」と言ってまた舐め始めた。



結局朝ダンナさんが起きるちょっと前までお母さんと妹にしゃぶられ続けた。



次の日、朝ご飯ゎアタシたちのアソコ。アタシたちの朝ご飯ゎキミのオチンチンね。と言われ友達の妹をクンニしながらお母さんにしゃぶられたり逆になったり。



若いとゎいえなかなか辛かった思い出です。



今でゎ想像しながらオチンチンコスってマス。



出典:オチンチン喰われた

リンク:なし


告白体験談関連タグ

||||

【M男・痴女】友達のお母さんと…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:M男・痴女の告白体験談

このページの先頭へ