相互リンク先の更新情報!

【教師・先生】同窓会で王様ゲーム【告白体験談】

カテゴリー:教師・先生との告白体験談
tag:


数年前中学の時の同窓会があった。

とりあえず二十歳になったので、酒も飲めるし集まろうと言うことになった。

まあ、酒はもう18くらいから飲んでるんだけど、けっこう集まって

20人以上で1次会はけっこう盛り上がった。

卒業して5年、女の子はみんな化粧もして、すごい色っぽく見えた。

密かに思いを寄せてた、A子もきてて、すごいかわいくなってたけど

普通の会話をしてそれ以上の発展はなかった。

あと、もう一人密かにあこがれてた、聡美先生も来ていた。

聡美先生は新任でうちのクラスの副担だったが、さっぱりした性格で

のりが良く、また歳も近いので姉貴みたいな存在だった。

国語の先生だったが、ずっとバスケットをしてたみたいで

背はあんまり高くないが、スタイルも良く少し小野真弓似た感じだ。



2次会も終わったが明日は日曜日と言うことで

仲の良かった5人くらいで(男3、女2)




とことん飲もうと言うことになり、

一人でマンションに住んでいる、高雄の部屋に行くことになった。

すると、グループの絵美が聡美先生を誘うと、けっこう、できあがってた先生は

OKと言うことで来ることになった。



高雄の部屋でも昔話に花が咲いて盛り上がっていった。

俺たちのグループはけっこうやんちゃで、聡美先生には迷惑をかけてたんだけど

先生はなんか俺たちのことを、嫌わずかわいがってくれてた。

そんな話をしてたんだけど、みんなけっこう、ウイスキーなんかをあけてて

夜も遅くなり、すごいテンションになってきた。

すると、加奈子が「王様ゲームやろう」と言いだした。

みんなハイテンションだったので、拒むものはなかった。

先生もかなり酔ってて「一度やってみたかったんだよ」って

言い出す始末。

ただ俺はもう、どきどきだった。



ゲームは最初から、飛ばしまくりだった。

二十歳のパワーはもうエロモード全開だった。

先生もまだ29歳(当時独身)けっこう飲むと、乱れるタイプだった。



・1番と3番はキス(俺と高雄だった・・・)

・2番は上を脱ぐこと(いえ〜い加奈子だ)

加奈子はもう酔ってて脱ぐことをためらわない。ブルーのブラジャーが目にまぶしい

だんだんエスカレートして、もう命令は名指し。

俺と勝俊は絵美の命令でパンツを脱がされた。

女はキャーと言いながらも、しっかり観察している。

勝俊は包茎だった。

絵美は先生命令を出した。

「勝俊の皮をむくこと」

先生はきゃーきゃー言いながらも、両手で勝俊の皮をむいていた。

俺も皮被せとけば良かったと、後悔した。



次は誰が一番大きいか比べることになり

加奈子が定規ではかり出す。

結果、酔ってるから勃たなかったが、高雄が一番でかかった。

俺は2位。



今度は仕返しに、女で誰が巨乳かということになった。

もう、ちょーハイテンションで、

私が一番とかいって、積極的に脱ぎ出す。

この夢のような展開に、俺の息子はMAXになった。



あこがれてた聡美先生までもノリノリでシャツを脱いでる。

先生は茶色の寄せ上げタイプのプラジャーで、けっこう大きく見えた。

ただ見た目では、絵美の乳が一番でかいように見えた。

男からはブラジャー外せの大コール。



何と先生が一番にブラジャーを外した。

大きくはないが、形のいい乳房がポロンという感じで、あらわれた。

乳首はピンクじゃないけど、黒くもなかった。

「どう、絵美、加奈子、これが大人の女の胸よ!」

絵美と加奈子も負けずに

ブラジャーを外す。



やっぱり絵美の乳が一番でかい。加奈子もなかなかだった。

「いえ〜い、私の方が巨乳や!」

勝俊がいつの間に3人の脱いだブラジャーを集めてサイズを確認してる。細かいやつだ。

絵美は75E、でかいはずだ。

加奈子は65C

先生は70B



絵美がチャンピオン〜

なんや先生が一番小さいンか。

「私中学の時から先生より大きかったで」



でも俺は先生の乳に一番興奮していた。

巨乳好きなのに絵美より先生ばっかり見てた。



女たちは俺のMAXをみて、「和夫、けっこうすごいやン」

「エロ〜、」



ゲームは続いたが期待したその後の展開はなかったが

これ以上の体験はその後経験していない。

今でも、先生のかわいい胸は頭に焼き付いてる。



先生はその後、結婚したと聞いた。


告白体験談関連タグ

|||

【教師・先生】同窓会で王様ゲーム【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

このページの先頭へ