相互リンク先の更新情報!

【レイプ】狙われた妹【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


米の収穫時期になると、家族では稲の刈入れ作業を賄いきれなくなる為、

近隣の村から人手を借りる事が恒例となっていた。

無論、稲の収穫時期は何処も同じで、面接などをせず人夫を雇うわけであり、

近隣から来る人夫の中には正直に言ってあまり素行のよくない人も含まれます。

両親も快くは思っていないみたいですが、忙しい時はそんな事も言ってられ

なかったようです。

母親は特に注意するように言っていました。



僕は来年高校受験を向かえる為、稲刈り作業を免除されたものの、代りに

穂乃香(妹)の面倒を見ることになったのです。

みんなで昼食を済ませて、私が妹の宿題を見ていると突然あの要注意人物の

一人が僕達の部屋の前で立ち止まり、

「坊ちゃんは仕事も手伝わんと勉強か?ええなぁ〜!・・・あっ便所どこや?

昼飯喰うてから腹痛くてな」

「トイレなら、その廊下のつきあたりにありますけど・・」




と僕が言いかけたとこで、男が部屋の中まで入ってきたのです。



茶髪に顔が浅黒く筋肉質の一見して堅気でない雰囲気を醸し出しているその男

は、妹が勉強している机の側まで来ると、体を舐めるような視線で眺め、

Tシャツの上から胸を覗くような仕草をすると、名残惜しそうに何度も振り返り

ながら無言で部屋を出て行きました。

「お兄ちゃん、あの人怖い」

妹は一目見て怖い人だと悟りました。

その穂乃香は今年で小学5年生になり、身長こそ140cm程度しかなく、全体的に

華奢な体格でありながらも、胸は纏っている服を高々と持上げ、存在感をアピール

しています。

幼顔にアンバランスな肉体が、成長期独特の色香を漂わせていました。



しばらくして、手を洗っている音がしたと思うと、またその人が僕達の部屋に

戻って来たのです。

それも作業ズボンのチャックから勃起したチ○ポを出したまま・・・・。

そのチ○ポは見たことのないような大きさで異様に黒光りして凄い勢いで天を

仰いでおり、ビクッビクッと脈づいていました。



その姿を見て、僕も妹も恐くて声が出ませんでした。

その男は、穂乃香に向かって

「こんなの見たことないか?姉ちゃんならもう出来るんとちゃうか?」

と一方的に捲し立てながら妹の側まで歩み寄って来ました。

僕もsexには興味がありましたし、それなりの知識は持っていたつもりでした

が、そのチ○ポを見た途端に全てが脆く崩れていきました。



妹は手で目を隠していましたが、恐る恐るその光景を見ていたと思います。

その男は妹の目の前に脈打つチ○ポを近づけると

「お姉ちゃんの乳デカイなぁ〜今度おま○こしようや!

 坊ちゃん、親父やお袋には黙ってないと怪我するぞ」

と僕達を脅し、チ○ポをしまうと家を出てみんながいる田んぼの方へ行きました。

僕は恐怖で震えていただけで何も出来ませんでした。

妹もその事は両親には話しませんでした。



次の日も、また次の日も、その男はやって来ました。

来ては穂乃香の事を捜しているようで、かなり妹を気にしている様でした。

妹もその男が家に来る昼食時を見計って、友達の家に非難していたので事無き

を得ていたのですが、ある日作業が順調に進まず両親が昼食に帰って来れない

時があったのです。 

「穂乃香、今日は本当に忙しいから悪いんだけど昼ご飯は自分達で食べてね」

と母が言うと手伝いに来ている人達と田んぼの方へ行ってしまいました。



虫の知らせといいますか、僕は妙な胸騒ぎを覚えたのですが、それも時間が

経つにつれ薄れていき、勉強している僕の側で退屈そうにしている妹を喜ば

せようと、庭に出て缶蹴りやゴム飛びなどをして遊び始めました。

ピョンピョンと飛び跳ねる妹の楽しげな姿に微笑ましさを感じつつも、その度に、

ブラで押さえられていない大きな胸がTシャツの中で大きく上下に揺れ動く様に

数日前の、あの男の尋常でない行動が脳裏を霞めます。



今日こそ、両親に打ち明けよう・・・全てを打ち明けて、あの男を雇うのを止め

させようと、心の中でそう誓いました。



一時間程すると、流石に飽きてきて涼みに家に戻ろうとしたのですが、

妹が”川で魚取りたい”と言って、家の裏にある納屋へ、虫取り用の網を探しに行

きました。

僕も穂乃香の後を追い、納屋の中に入ると薄暗くジメッとしたカビた臭いが鼻を

突きます。

納屋の中央にある電灯の紐を引き、電気を点け網を探していると、あの男が突然

現れたのです。



「ここなら誰も来ないな!朝からずっと見張ってたんやで。」と低い声で言いました。

「さぁ、お姉ちゃん!脱げや。素っ裸になるんや」

男は好色を隠すことなく、ジリジリと穂乃香に歩み寄ると、妹は僕のもとに駆け寄り、

背後に身を隠しました。僕は精一杯見栄を張って、

「妹に変なことしたら警察に言ってやるぞ」

と言いましたが、男はそんなことも気にしない様子で僕に近づくと、思い切り平手

打ちを喰らわせてきました。

僕はぶっ倒れて鼻血が止まらなくなり、怖くて反撃も出来なかったのです。



「五月蝿い!静かにしてろ!お姉ちゃんがチョッと我慢すれば直ぐ終わるからな」

と言うなり、立ちすくむ穂乃香を捕まえると纏っていた服を手際よく脱がせ始めました。

「姉ちゃんの名前何て言うのや?」

「穂乃香・・・」

「穂乃香ちゃんか。穂乃香ちゃんは何歳や?」

「11歳・・・」

「11歳って、未だ小学生やったんか?小学生でこんな乳デカイんか。パイズリなんか

 簡単に出来そうやな」



男は裸にした妹を立たせたまま、マジマジと眺めていました。

僕も妹が小さかった頃まで一緒ににお風呂に入っていたのですが、胸が大きくなり

始めると当然一緒には入らなくなり、裸体を見るのは久々でした。

その早熟な乳房は、胸の高い位置で果物が実る様に膨らんでおり、レモンを横から

半分に切った様な形をしていました。

この胸が、薄暗い電灯に照らされると、意と知れぬエロティズムを醸し出し、男は

その早熟の胸を下から鷲掴みにすると、幾度も揉みしだきながら、弾力と感触を楽

しんでいました。



「さぁ、今度は穂乃香ちゃんのオマ○コを拝見するで!まさか11歳で経験済って事

 はないやろな?」

穂乃香の両足を肩幅程に開かせると、男は更に体を屈めオマ○コの辺りの匂いを嗅ぎ、

そして舌で舐め始めました。

妹は男の行為に声も上げず必死に我慢していましたが、クルッとした大きい目一杯に

涙を浮かべ、溢れ出た雫が頬を伝わり流れ落ちていました。



その後、男は妹を御座を轢いた上にあお向けに寝かせ、膝を立たせてオ○ンコがよく

見える格好にすると、電灯が少女の下腹部を照らし、白い肌が浮かび上がってきます。

産毛さえ生えていない、ただ亀裂が下に向かって一筋走っているだけでした。 

男は妹の股座に顔を突っ込むと、指でその亀裂を押し開き、無我夢中で舐め続けます。

「少女のおま○こはええなぁ・・・」

と言いながら片手で器用にズボンとトランクスを脱いでいきました。



男のチ○ポは既にビンビンに勃起しており、先端からはカウパー液が溢れ出て、電灯の

光が当たる度に亀頭がテカテカと光沢を発します。

”こんなモノが妹のオマ○コに入って大丈夫なのか?”と心配すると同時に、僕の身体

の変化に初めて気がついたのです。

ショックでした・・・妹が犯されようとしているにも関わらず、その光景を見て勃起して

いたのです。



妹は全てを諦めたのか、虚ろな目で天井をジッと見つめていました。

「お姉ちゃん、そろそろいくで」

男はそう言うと、穂乃香の両足の間に大きな体を割り込ませ、天を仰ぐ逸物を妹の

スリットに数回擦り付けました。

流石に妹も泣き出しそうな顔になり、男は急に優しい声で、

「チョッとの辛抱や。直ぐに気持ちよくなるで。その前に、もっと濡らしとこうか」

男は気を取り直し再び妹から離れると、オマ○コのスリットに沿って指を這わせ始めた

のです。



スリットを規則的に何度も上下に往復させると、未熟な肉体であっても快感が高まるのか、

何度か腰が上下に動きます。

「あっ・・・・あっ・・・・ああっ」

と次第に声を漏らすようになり、男は妹の声に合わせて器用に指を動かしていました。

「坊ちゃんも触りたいか?ん・・・でも、兄妹じゃ、ダメだな。妹が女になる瞬間を

 よく見ときな」

と言いながら男は自分のチ○ポをしごいて挿入の準備に掛かりました。

あまり、時間を掛けていると大人達が戻って来る心配もあるので一刻も早く妹の中に

挿入したかったのでしょう。



男は指での愛撫をやめ、赤黒く充血した亀頭を穂乃香の処女地に宛がうと、妹の両肩を

手で押さえながらゆっくりと腰を鎮めて行きました。

「い、いやっ!痛い!痛い!」

と泣き叫ぶ穂乃香。それでも男は容赦なく腰をググッと押し込むと亀頭が綺麗な膣穴に

埋没していきました。男は更に処女地への侵入を続けています。



30秒程かかって、男のチ○ポは妹の体内に納まると、男は僕を呼びつけ二人の結合部を

覗くように命令しました。

穂乃香の華奢な肉体に、あの大きなチ○ポが入っている姿は流石に異様で、オマ○コは

裂けばかりに開ききっていました。

男がピストン運動を始めると穂乃香は断末魔のような声を張り上げ、突上げられる度に体

を上へ上へと少しずつ移動させ、痛みから逃れようとします。

御座には丸い染みが点々と出来始め、次第に妹の膣からは異物の進入を和らげる為の、

透明な液体が溢れ出しました。



「ヌチュッ・・・ネチョッ・・・」

男と穂乃香の結合部からは淫靡な音が上がり、豊満な胸が内側に円を描くように揺れ動く。

童顔で痛みを必死に堪える妹の表情に、男は好色の笑みを浮かべ、幾度も幼い膣を突い

ていました。

「そろそろフィニッシュや。お姉ちゃん中出しするで」



そう言うと、男の腰の動きが一段と早くなり「うっ、出すぞっ!」の声を上げた瞬間、

穂乃香の腰をグッと引きつけて、ビクッ、ビクッと何度か腰を震わせていました。

男は妹の子宮めがけて大量の精液を放出させた後も、しばらく繋がったままでした。

穂乃香は放心状態で口を開けたままボーっと一点を見つめていました。



男が萎えたチ○ポを妹の膣から抜くと、逆流した精液に破瓜の鮮血が混じって押し流され

てきました。

男は近くに脱ぎ捨てられた妹のTシャツで、まず妹の股間を簡単拭うと、精液と穂乃香の

愛液がベットリと付着したチ○ポを丹念に拭き取りながら

「お姉ちゃん、気持ち良かったで!あっ、ここで小便して中のもの、早く出してしまえ。

 妊娠すッゾ!坊ちゃん、お姉ちゃんを手伝ってやれや」

(今思えば膣と尿道は別なので、小便しても無意味なのですが、当時は本当にそう思って

いました。)

僕は驚きのあまり呆然としていると、妹は御座からゆっくりと起上がり、普段おしっこする

様に座り込むと、膣内に残っていた精液が名残惜しそうに糸を引きながら地面に垂れ、

暫らくしてチョロチョロと黄金色のおしっこが出てきました。



僕は尋常でない光景を目の当りし、ただ立ち竦んでいると、男は僕の膨らんだ股間を目敏く

見つけ近寄り、纏っていたジャージとパンツを一気に下ろしたのです。

その瞬間、意に反して勃起していたチ○ポが姿を現しました。

「坊ちゃん、妹のレイプシーンを見て勃起したんかいな?」



男は楽しげに言い放ち、穂乃香は僕から目線をそらしました。

「なぁ、坊ちゃん、何時までもそんな勃起させとらんと、早ぉ抜いてしまいなぁ。・・・あっ、

 そうかオカズ無しでは抜けへんな!お姉ちゃん、チョッと手伝い」

男はそう言うと、座り込んだままの穂乃香をその場に立たせ、背後に廻ると後ろから豊満

な乳房を左手で揉みしだき、右手は先程までチ○ポを挿入していたスリットを人差し指と

中指で逆V字に押し広げました。



「さぁ、坊ちゃん!さっきまでsexしていた妹の体やで。ほら、我慢せんと早ぉ抜きや。

 姉ちゃんも実の兄のマスかくとこなんか滅多に見れんのやから、見せてもらい。ほら、

 姉ちゃん。坊ちゃんに顔向けろやぁ」

男がそう言うと、穂乃香は背けていた顔を僕の方へ向けて、哀しそうな目で僕を見つめました。

距離にして1.5m。手を伸ばせば、豊満な胸に手が届きそうな位置です。

互いに全裸のまま兄妹で見つめあい、羞恥心から顔が赤くなって行くのがわかりました。



「あっ、ヤァッッ」

短い悲鳴を上げ、急に両足をピタッと閉じると腰を引いて体をくねらせる穂乃香。

必死に何かから逃れようとする妹は、その場にしゃがみ込もうとするも、豊満な胸に

宛がった男の左手が、その行動を封じ込めています。

張りのある胸は、荒々しく揉みしだかれ、頭を垂れ必死にもがく妹の両手は、男の

右腕を掴んで、下に押し付ける様に力一杯踏ん張っていました。



「お姉ちゃん力強いなぁ〜。坊ちゃんこれ見てみィ」

男は僕の前に右手をかざし、五指全ての指をゆっくりと開いて見せた。

電灯の下で光沢をおび、ネバーッと糸を引く・・・朝露を浴びた蜘蛛の巣のようである

粘着性の液体。

白濁色の液体が掌に付着し、中指の甲は赤く染まっていた。それが何であるかは直に理解

できた。

「お姉ちゃんの愛液と俺のザーメンや。小学生でも立派に男の相手ができた証拠やな。

 ・・・さぁ、お姉ちゃん、顔をあげてみな」



「はぁ〜ッ」

と軽く息を吐き、耳まで真っ赤に染まった顔を静かにあげると、僕を見つめる穂乃香。

トロンとした目が悩まい。普段では見ることのできない妹の表情、豊満な胸、無毛のクレパス。

「坊ちゃん早くせ〜や!」

男の声が遠くから聞こえた気がしました。

異常な光景をマジマジと見せ付けられ、思考が完全に停止した僕は勃起したチ○ポを右手

で握り、ハイスピードな手淫で、20秒もしないうちに精液が勢いよく飛んでいきました。

中には、穂乃香の太股や胸まで飛んだものもあり、男はここぞとばかりに囃し立てます。



「おっ、えらい飛んだなぁ。・・・お姉ちゃん、実の兄が妹の裸見てマスかいて、こんな大量

 に精子出しよったで。 変態兄妹やな」

男がそう言うと、妹は再び僕から目線をそらし、男から解放されるとその場に座り込みました。



男は脱ぎ散らした服を拾い身に纏うと、うずくまったままの妹に

「お姉ちゃんだけ明日もここに来い。ええなっ!もし、来なかったら、お前等殺すからなァ」

と言うと、妹は微かに頷いた。

中学生の僕ですら怖くて何もできなかったのに、小学生の妹にとっては、拒否すると本当に

殺されてしまうと思ったのでしょう。

「坊ちゃんも、ええ思いしたんやから、親父やお袋に喋ったらあかんで!」

男は、僕の耳元でそう言うと田んぼへ向かいました。



その後、稲刈り作業が終わるまでの5日間、男に腕を引かれながら納屋に向かう穂乃香の姿が

あった。

時間にして30〜40分程度。少なくとも男に、十回以上犯されていたと思います。

私はあの日以来、納屋には入れてもらえず、「ここに近づくな」と言われていたので詳しく

は分かりません。

その後、稲の収穫が終わるとその男もいなくなりました。

妹もそのことには一切触れないようにしているのが分かっていたので、私も触れないように

していました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【レイプ】狙われた妹【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ