相互リンク先の更新情報!

【看護婦】クボジュン似の人妻ナースと【告白体験談】

カテゴリー:看護婦との告白体験談
tag:


5年前のことなんですが、父が末期癌で個室に入院中に、付き添いをしていた

時のことです。付き添いといっても、夜間父は睡眠薬で寝ているので、特にな

にもすることがなく、私も付き添い用ベットで寝てました。

看病で疲れているのに精神は昂ぶっているような状態で、うとうとしていたら

ギンギンに勃起していました。その状態を、1時間ごとの巡回の看護婦さんに

しっかりと見られてしまいました。人の気配で気が付いて、薄目を開けて見て

いたら、その看護婦さんがしばらく私のアレを見つめていて、硬さと大きさを

手で確かめるように、軽く触れてきました。

チャンスと思って、思わず看護婦さんの手を握ってしまいました。一瞬気まず

い空気が流れて彼女が取り繕うように

「起こしちゃった、ごめんね」

と言ったので、私は

「看護婦さん、気持いいからやめないで」

と言うと、ちょっと考えていましたが、サイドテーブルからおもむろにテッシ

ュを数枚手にとって、息子を取り出してそのまま手でしごき始めました。調子




に乗って

「口でしてくれない?」

と聴いたら、

「今勤務中だから、手で我慢して」

といわれました。思わずボディにタッチしたら睨んで

「ダメ」

って怒るので、あまり強引に迫ってやめられたらと思い、そのときは手で抜い

てもらいました。アナウンサーの久保純子に似たベビーフェイスの彼女が真剣

にむすこをしごいている姿が妙に色っぽくて、彼女の顔を見ているだけで満足

することにして、気持良く射精させてもらいました。彼女は

「満足したでしょ?」

と言いながら後始末をしてくれました。

そんなことがあって数日後に、また彼女が夜勤の時が来ました。うまく行けば

彼女とできるかもと思い、息子をギンギンにさせて寝たふりをして巡回を待っ

ていました。そして彼女が部屋に入ってきて、点滴の確認をしているときに、

後ろから抱き着いて、彼女のヒップに息子を押しつけながら

「この前のことが忘れられなくて。またやってくれない?」

とわざと耳に息がかかるように言いました。彼女はちょっと迷っていましたが、

「今日は準夜勤で23時に交代だから、30分過ぎに上の階の控え室に来て」

と言ってくれました。

夜の病院ってなんとなく陰気なんですが、このときばかりは勇んで看護婦控え

室へ行きました。そこはロッカールームの隣で、時間調整などで休憩が取れる

ようになっている部屋でした。中央にソファーがあってそこに彼女が座ってい

ました。

「しょうがない人ね。他の看護婦さんには内緒にしてね」

「もちろん、君が手でしてくれた感触が忘れられなくて」

「私、結婚しているんだから。今回だけよ」

そんな会話を交わして、胸を揉みながら、ディープキッスをしました。彼女も

舌を、絡ませてきたので、手を太腿から白衣の中へ入れて、クリへの愛撫をす

ると、手に湿った感触が伝わってきました。彼女をソファーの端へ座らせて、

パンストとパンティを脱がせ、白衣のスカートの中に潜り込むような感じでク

ンニをする。クリを軽く噛むと、両足で私の頭を強くはさんでくる。何回かそ

んなことをしていると、必死に声は押し殺しているが、硬直した後にプルプル

と痙攣してイッたらしい。

今度は私のペニスを彼女の口へ持っていく。彼女は手を添えて口に含んでくれ

る。上手なフェラで、つぼを確実に捕らえる。舌の使い方がうまくて、このま

ま口の中に果てたい衝動にかられる。イメクラとは違って、場所が場所だけに

異常に興奮しました。

なんとかこらえて彼女をソファに四つん這いにさせて後ろから貫く。白衣の前

をはだけ片足にストッキングとパンティをぶらさげた格好で、押し殺したよう

な声で喘いでいる姿が非常にセクシーで、後ろから乳首を摘むように揉みしだ

くと、それに合わせるように締めつけてきます。彼女の

「アッ、イッチャ〜ウ」

の声に合わせるようにこちらも彼女の中に果ててしまいました。

終わったあとで聞いたところ、今28歳で、結婚して3年経つけれども、だんな

さんが長距離トラックの運転手で、彼女の勤務が不規則なので、夫婦生活はす

れ違いが多くて、たまに摘み食いをしているらしい、とのこと。

その後、彼女の準夜勤のときと私の付き添い日が合うと、控え室でセックスし

て、結局父が亡くなるまで、彼女とは5、6回させてもらいました。


告白体験談関連タグ

||||||

【看護婦】クボジュン似の人妻ナースと【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月25日 | 告白体験談カテゴリー:看護婦との告白体験談

このページの先頭へ