相互リンク先の更新情報!

【ゲイ・ホモ】アナルセックルに目覚めてしもた・・・【告白体験談】

カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談
tag:


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/12(土) 19:26:58.32 ID:KDhUnhcX0

俺全然ゲイじゃないし。ストレートだし。男に興味ないんだけど・・・

ガキのコロからケツ穴気持ちいいな~思っててオロナインつけて指入れたりして遊んでたここで俺のスペッコ

30過ぎ

独身、彼女いない歴2年(同い年の彼女に結婚迫られてって煮え切らないからって捨てられた)

ちょい太めがっちり系?髪は普通のリーマンh風だし。ひげもなし。

肌はツルツル。毛深くないし、、、ん、大丈夫誰っか相手してくれっだろって事で来たし。 大人になってエスカレートして柔らかいポリの発泡保温材(パイプ型)で細いのから順に作ってってケツ慣らして、、、

ついにデカマラ(と思われる)張り型も余裕のよっちゃんで入るように。

これはホンモノ試さねばと噂のハッテン場へ・・・WEBで調べて某上野の2○快感へお出かけドキドキ、、、思い切ってエイっと入っったった。 土曜日のせいか、館内は想像よりひと多かったし。

でも初めてでこわっ方し、、、なんか・・・ひとが・・・違う・・・外と。なんつーのか・・・違くて。ちょっと怖くて。 なんか髪の毛短い。ヒゲのひと明らかに世間よりか大分多いしなんか怖い

あと、太ってる40代以上のひと多いし。あれがガチムチ??とりあえずコソコソと風呂場へ。 一番はね、目。そう、お目目。みんながみんな、目をキラっと光らせてくる。

そんで不イットそっぽ向いたり、中にはガン見するひといたりで怖いつーか、、、風呂場入って。なんかひとが見る。俺を。じーっとじゃなくて「チラリン」つー感じなんけど見る。

目を伏せて体とりあえず洗ったった。 でも意外に冷静な俺。家でケツ穴シャワーでおもいっきし洗ったったっけど

一応トイレ行こうかなとか思いながら。体洗った、、、、 半個室みたいなシャワールーム

湯船につかったひとの目が俺見てる、、、ここで多分新顔だからかなとか気づく。風呂上がって外出た。ハッキリ言って挙動不審。だって内心オロオロドキドキしてたもん。




だって初めてなんだもん。で、タオル腰巻すがたで廊下でたらエレベーターあって

館内案内でそれらしき階へ6Fそこで衝撃のモノを見たァアアアアアアaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa エレベータ出たらほぼ正面に暗い部屋。ドキドキしつぐ入る。「アハン、アヘン」「おうっ、うおっ」

「グチャッぬちゃっ」って感じ?の声、音が・・・俺来た事ちょっと後悔した。ハッキリ言ってキモイ。キモすぐる、、、、 部屋は両側に二段ベッドが並ぶ薄暗い。

ボーゼンと立ち尽くしてるとだんだん目が慣れて、、、、

デブオヤジが細めのにーちゃんのケツっつつかんでパンパン腰ふってた。

上の段で。下からも声が聞こえてくるし、、、、正直、怖い、怖かった。キモかった。しかし逃げてはいけないと自分に言い聞かせた。 ケツやってっふたりの周りに数人見物人。自分のチンコつかんでしごいてるし、、、

下の段見たら大きい兄ちゃんが2人69やって「ガポッ、ぐちょっ」とか音出しててるし。怖い、、、、マジ怖い!

立ちつくす俺。そしたら俺のケツを後ろから。。。男のゴツイ手で俺のケツっぺた「ムンズ」と掴んできやがった。背筋が凍った。

ゾーlっとした。けどGに飛ばれた時と比べたらぜんぜん我慢できるキモさっだと気づいた。 二段ベッドの部屋でケツ鷲掴みにされてビビっった俺は部屋を出た。

ケツ掴んだやつ、、、45?くらい?(に見えた)太めのヒゲメガネ短髪アニキだった、、、

俺は内心「うわー」とか思いつつ部屋でた、、、つーか、逃げた、みたいな。てか、彼女と使ってたコンドーム持ってたし

張り型にもコンドーム使ってたし、入れる時のオイル?ローション?みたいなのWEBで買ってあったし

百均の巾着袋みたいなんに、、入れて、、、なんか持ってた。俺準備よい?嫌われる? 部屋出て右の突き当たりになんか部屋あってそこ右に行ったら左に暗い部屋あって

とりあえずっつかそこに入ってみることにした。ちょっち様子見てたらさっきの部屋みたいな?

声とかなかったし。んで、空いてる布団にたたずむ俺。内心は・・・ドキバク。 布団が6組くらい敷かれてて。なんかひとが横になってる。あっ、声も聞こえた!

トナリの布団でうつぶせでねてるおっちゃんがいて。ケツ丸出し、、、、

うわーなにやっとんこのひと?て感じで見てた。

年は50近いんじゃないかな、、、つーか。そしたら・・・ おっちゃんの丸出しケツに手を伸ばすひと現る!なんつーかもう、よりによってなんでこんな。。。

美少年、美青年ならまだわかるっつううか、、、ね、、、、みんなも思うっしょ?

50くらいの太ったおっちゃん。ケツ出して寝てる。そこに手を出す男。なんつー眺めやねんと。えーかげんにせんかいと。呆れておったのじゃわしわ。 手出した男。40くらい、太め。ヒゲなし短め髪。

おっちゃんのケツを「さわさわ~」と撫でる。となりで呆れながら見てる俺。おっちゃんが頭をチョlっと上げて?チラって感じ?で男の顔、見た。確かに見た。俺は見たもん。

そしたらOK?なんかな、、、おっちゃん、左手伸ばして、つーか「そう~っと」男の股間に手wを。 俺はキモい気持ちを抑えつつ、コレをけんがくする事にした。絶対、参考になるはず。

お金払ったし、キモくてもやっぱ興味あるし。さっきデブオヤジに掘られてた細めのニーチャン

の「あん、あはん」っつーー声がすげー気持ちよかそうっだったし。見る。絶対。決めた。おっちゃんの手が40男の股間に届く。男が腰に巻いたバスタんオルをはらりと開く。

既におっきした太めのチンコが上を向いてる。おっちゃんが左手でって、、、

チンコ握ってしごき始めた。男がおっちゃんの顔のほうににじり寄る。おっちゃん、チンコをパクリとくわえた。じゅぽじゅぽフェラ始めた。

男の右手hはおっちゃんの肛門をぐりぐりしてる、、、、ハアハア、息がもれ始めるって感じから

、、、、、、、、、、、、おっちゃんが枕元をゴソゴソしてる。 おっちゃんがコンドーム?を取り出した。男の堅いチンコに被せる。男がローション?みたいな?

モノを照にとっておっちゃんのケツに塗りこむ。そして自分のチンコにも塗り塗りする。

おっちゃんが声をだした。「前から?後ろから?」男が無言でおっちゃんの体を仰向けにした、、、おっちゃん、枕を自分の腰の下に置いた。

いよいよ始まるか・・・・!!なんか俺、「ゴクリ」って感じ?っつー見てる自分に気づいた・・・ おっちゃんが両足を高くあげる。40男がその足を両腕で上からってー感じで押さえ込む。

体勢が定まった、、、、男がチンコのあたりに手を当てて、ゆっくり、、、腰?「を前に押し出した。「ううっ、はあっ!」おっちゃんが呻く。

ズブズブズブ・・・男の腰が前進してゆく、、、、、「ふう、、全部、入ったよ・・・」男がつぶやく、、、

おっちゃんはなんつか満足そうに「はあぁぁぁ」ってて感じ?の声で答えた。でっ!!!!」その時!!!!!!!!!!!!!ヤッババババババbーーーーーーーーーー!!!!!!

おpれのケツを!!

DAREKAが!!!!!!!!!!「ヒーーーーっ!」内心、思う。だが、、、

おっちゃんたちの営みから目を離せない俺がいた、、、、、、、 俺のケツっぺたを鷲掴みにしてるヤツがいる。振り向くとさっきの40代メガネヒゲオヤジ、、、

なんか、、、、もうね、、、、イヤってゆうんかもうちょっと、、、ほらね、、、許せるタイプ?てあるじゃん?

メガネヒゲ短髪ガチムチとかもうぅ・・・つか「勘弁してーーーー!!!」tって感じ?、、、なんすよ、、、分るよね?>みんなしかたなく左手で抵抗しつつおっちゃんたちを見る、、、おっちゃんが高く上げた足を両腕で押さえ込み、、バシン、バシンとおっちゃんのケツを

股間で叩きつける。「ふぅっ、ふぅっ、、、」「んぐぅ・・・はぁぁ」40男の腰の動きに合わせて2人の声が出る。

それを、、、知らないオヤジにケツを撫でられながら眺めてる俺。なんかもう、世界が変わったっつーか、、、、

いやー・・・もう、、、マジ。ほんと衝撃的。おっちゃんはだんだんエキサイトして「うぅん!おぉん!」とか「気持ちイイ!!」「もっと突いてぇ!」とか。

その声に合わせ男の腰つきが激しくなってく、、、、俺はケツとか金玉とか撫でられながら。 でかい男h二人GAケツ穴とチンコでつながり合って?俺の目の前で・・・人目もはばからず・・・すげえ。

なんて説明したらいいかわからんくらい衝撃的。俺、半ば「放心状態??」て感じで

呆れたように、、、、ただ、見てた、、、、ヒゲメガネオヤジの攻撃は止まらず、されるがまま状態に。そのうち俺のチンコを握ってシコり出した、、、

俺mトナリの行為に集中、放置。キモイんだけど、、、、キモイんだけど、、、、なんか見ちゃう・・・ヘnんな俺だぁぁあ

ヒゲメガネオヤジにシコられたチンコがちょと反応し始めて、、、、

オヤジ、無理やり前に回って俺のチンコをパクリと咥えてしまった!!うへー、、、な俺。だが気持ちいい。女にやられてると思い込もうとする俺。しかしヤツはオヤジ。うーん、なんつーか、、、

そのうち、ツバをつけて俺のケツ穴に指を入れてきた・・・しかしオヤジ・・・ヒゲメガネ・・・あーダメ、、デカマラ系?の張り型がすんなり入る俺のケツ穴。指の一本や二本、軽~くくわえ込む。

それを見てとったヒゲメガネオヤジが攻撃を強める。俺のケツにオイルみたいなんを塗りこんできやがった。どうする・・・どうする俺????初体験の相手がこんなデブなキモオヤジで良い?のか?どーなんだ俺!!!!

答えがでないままアタマ混乱して抵抗できず仰向けに転がされた。ヤバイ俺!!!!!!!!!!!!アッー!!!!!か?? 転がされた俺はとなりの二人が絶頂に達したのを見た。

「ううーっ!いくぅ!いぐぞぉぉぉぉぉ!!!!」「俺も!!いくぅううう・・・」

二人の動きが止まった時、ヒゲメガネオヤジもそれを見て動きが止まった、、、、俺は、とっさにオヤジに背を向けた。顔見つめ合ってやられるのだけはイヤだし!だったし。

それだけは、、、耐えられない。。 俺はとっさに背中を向けた、、ちょうど四つん這いのカッコになった。俺、ここでヤられるんだ、、、

肝が座った。太めのヒゲメガネオヤジのチンコ受け入れてやると決めた、俺。

だがオヤジのチンコは俺一切ノータッチだっtんでどんなんかわからん。となりの二人は枕元のティッシュで後始末してるようだ。

ヒゲメガネオヤジのチンコ俺の肛門に狙い定め「ピタリ」と当てられる。。。 ヒゲメガネオヤジのチンコがずぶずぶ入って来た。うwくぁぁおわぁおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお===ーーーーー

痛い。キョーレツに痛い。一切の遠慮なくズボッと突き抜かれた俺、、、うわぁぁぁぁぁ痛いよぉお

と逃げようとするがガシっと腰を掴まれ逃げられない。、、、つか、、、、「すぐ楽になるよ」キモオヤジが俺の腰を抑えながらつぶやいた。確かにそうだった・・・

じんわり、、、、つか、だんだん、、、伊丹?消えてった。。。犯られてるよ、俺。いいのか、俺、、、 そこでハットきづいた。「コンドームは??」ヒゲメガネオヤジはゆっくり、ピストン開始してるし。

ズボッ、ズボッとでかいチンコが俺のケツ穴では入りしてる、、、

俺は右手を伸ばして男のチンコを触ってみた。やはり太い!ゴムは・・・ない!?ナマで掘られてる自分(´;ω;`)に気づいて必死で逃げた。「ズルン」ってー感じ?で抜けた。

ヒゲメガネオヤジが構わずまた入れようとする、、、俺は、、、「ナマは・・・ダメです!!」と言った。オヤジの反応は意外だった、、「ゴム、持ってる??」と聞いてくる。

俺がコンドームを差し出すと自分でクルクル、チンコに被せた。俺はケツ穴とチンコの療法に

用意したオイル?を塗りつけた。しかし、、、一瞬でも「ナマで遣られた」事実は事実。俺のアタマの中パニクル寸前。だったし・・・つーか、なんて言ったら?

今度はコンドーム付きのチンコが挿入された、痛くない。ナマとは感触が違う?ぁ感じ。 気がつくと、周りに数人のギャラリーが俺たちを見ている。見知らぬキモオヤジに掘られてる

俺の姿が大勢に見られてる。たくさんの人が部屋を出入りしてるのがわかる・・・ヒゲメガネオヤジはゆったりした動きで俺の肛門を突いてくる。長いストロークで根っこまで抜いて、突き入れる、

その繰り返し。奴は勝ち誇ったように「どうだ~?気持ちいいだろ~?いい声で泣けよ~」みたいな事言い放った。

俺は屈辱感つーか、マジ男として最低ってゆうか、情けないような。。。惨めなような気分と・・・それとは違う「支配されてる感?」がなんかアタマもたげてきて。

人前で肛門を、よりによってオヤジのチンコで犯されて・・・俺は・・・落ちるとこまで落ちた・・・

そんな気分、、だった、、、が、不思議と悪い気はしなかった。「女にされた?」きbんを楽しんでたかも。 そのうち、ケツ穴を出入りするチンコの感触がs今までかんじた事ないスゲー快感に変わって来た。

それに気づいたおれは「この状況を楽しもう」とゆう気持ちになった。

ズコン、ズコンとチンコを抜き差しされる。俺は抵抗のすべもなくやられるがまま。。。俺は恥も外聞もなく「うおおおおおん」「くうううう・・・はあぁぁぁ」と声を出した。

「そら。もっと泣け!」オヤジの腰の動きが激しくなる、、、オヤジが俺のケツたぶをぎゅっと掴みながら、、バシン、バシンと激しく腰を打ち付ける。

太くて長いチンコが俺のケツ穴を激しく出入りする。「おら、もっと締めてみろ!」と言い放つオヤジ。

俺は意識してケツ穴をギューっと渾身んの力で締めてやった。せめてもの抵抗だ、、「いいぞぅ、締まるケツだ、ホラ、そろそろイクぞ!!」みたいな事を言って来た。

俺は40半ばのヒゲメガネキモオヤジに「お願いします・・・出して・・・下さい・・・」と頼んだ。 オヤジのピストン?が更にはげしくなった。ぐちょっ、ぐちょっとチンコが抜き差しされる。

男のまたぐらが俺のケツたぶに打ち付けられる。なんつーか、、、もう、、感じていた。。。

このキモオヤジが俺に初体験の快感を、、、オヤジが「いくぞ!!いいな!うぐっ、いぐぅぅっぅ・・・」みたいな事呻きながら射精した。

ケツの中のモノがビクン、ビクンと動くのがわかる。俺、今、このおっさんに女にされちまった・・・

そんな気分だった。ヤバイ俺ぇぇぇぇぇぇ!!!!!! 射精が終わり、オヤジが「ふーっ、良かったぁ」と唸った。しばらくそのままケツを抱えられたが

「ズルン」とチンコが抜けた。俺はその時も必死にケツを締めてた。

オヤジが「おい、締めすぎるからゴムが残ってるぞ」みたいに言った。そして、俺のケツからせいえきの入ったコンド-ムを抜き取った。「スポン」と抜けた。

オヤジが俺の顔に「ホラ、こんなに出た」と先っちょにせいえきが溜まったコンド-ムを

ブラブラさせて見せた。俺は、、、なんか恥ずかしくて下を向いた。。オヤジが俺に「初めてだよね?遠くの人?」とか話しかけてきた。

んで「タイプなんだよねー」とか「メアドとか、どう?」みたいに話してくる。俺はちょっと線の細いっつーか女の子を感じさせるような男ならいいかもって気がしてたかr

ヒゲデブメガネオヤジの問いかけには答えなかった、、、

オヤジはしばらく俺の体を撫でてたが「じゃ、また会ったらよろしく」とか言ってどっか行った、、、 なんかホモ界で人気あるらしいがその気ない俺には値打ちないしただのデブ。俺はしばらく余韻を楽しんで、風呂に入って、しばらく迷ったが

さっきのとなりのおっちゃんを真似てケツ出してうつぶせで男待つ作戦に出た。 で、ケツ出して寝て待ってたらその後2人にやられて俺は出さないまま帰って来た。

なんかボーゼンとゆうか、満足っつーか、不思議な気分。ただ、俺はケツの快感覚えてしまったな

多分、また行くと思うがホモになってくのかな?のん家のまんま男に掘られ続けるんだろーか?そのうちもしかして女を抱けなくなったり。。。????

そんな事あるんかな??

結婚できんかもしれんじゃん?やっぱやめた方がいいんかなぁ。今ならまだ戻れるっと思う。みなさん、これ読んで

どう思われますか???


告白体験談関連タグ

|||||||

【ゲイ・ホモ】アナルセックルに目覚めてしもた・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月26日 | 告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの告白体験談

このページの先頭へ