相互リンク先の更新情報!

【芸能人】有名人官能小説 滝沢乃南【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


「おい!滝沢、ちょっとこい」

部活が終わってからすでに2時間。バレー部のチームメイトはもうすでに皆

帰ってしまい、体育館の中には乃南とコーチの渡辺二人だけ。

この日、一人だけでこの広い体育館の掃除を命じられ、

今やっとそれを終えようとしているところだったのだが。

(もう、せっかく終わったのに・・・)

軽くため息をついて、ネットのそばに立つコーチの方へ向かう。

「何ですか?」

「滝沢、お前最近ちゃんと練習しているか?」

「はぁ?はぁ・・・まあ」

コーチの目つきがいつになく厳しい。先週の練習試合で負けたことを言っているのだろうか。

「いいか、俺はお前と二人で話がしたくてわざわざお前だけを残したんだ」

(そのために2時間も掃除なんてさせなくていいよ・・・)もうすっかり日が暮れている。

「最近お前は動きのキレも悪いし、ミスだらけだ。試合中ちゃんと集中しているのか?

 何か別のこと考えていないか?ええ!?」




「いや、そんなことないです・・・」

下を向く乃南。最近部活にいけばその話ばかりだ。

「よし滝沢、いまから俺が特訓してやる」

「ええ?今から・・・」

「何だ、なんか文句でもあるのか?」

(もう8時過ぎだよ・・・学校だれもいないし・・・)もちろんコーチの前で口にはだせない。

「いえ、お願いします・・・」



「じゃあ滝沢、お前その支柱の後ろに立っていろ」

と、乃南をネットを支えるポールの前に立たせる。

「手は後ろで組め。じゃないとボールに対する恐怖心が拭えんだろうからな」

(マジで?じゃあどうやってボール受けるのよ・・・まさか体?痛そう・・・やだなあ)

「よし、組んだか?じゃあ・・・」

すると、いきなりコーチが乃南に抱きかかってきた。

「ちょ、ちょっとコーチ・・何するんですかっ!!??」

カチャリ。

あっという間に、乃南の両腕は鎖で支柱に固定されてしまった。

「馬鹿、俺が生徒のお前に変なことするわけないだろう。これはあくまで特訓だ。お前がそこから動かないようにするんだ」

両手を後ろに組まされ、95cm、Iカップのバストがよく見える。ユニフォーム越しといっても、渡辺がわざと渡した最小のユニフォーム

のおかげではちきれんばかりの状態となっていた。

「よし。いいか滝沢、俺がここからスパイクを打つから、お前はそれを体で受け止めろ」

(やっぱり・・・!)「は、はい・・・」

「でも、これじゃあまり痛くなさそうだな」

少し考え込んだ後、おもむろに乃南のユニフォームを捲り上げる渡辺。

「きゃあああ!」

「コレも邪魔だ」

なんのためらいもなく、特大のブラジャーもとってしまう。ピチピチのユニフォームに押しつぶされていた95cmのバストがこぼれ落ちる。

「や、やめてください・・・」

「何回いったらわかる。別に変なことはしない。あくまで特訓だ。お前からボールに対する恐怖心をとりのぞくためのな。」

もうすでに乃南はなみだ目だ。すきでもない男の前で身動きができないように縛られ、両胸をあらわにさせられていたのでは無理もない。

(これは練習よ、練習・・・これが終われば帰してもらえるし・・・)

と、自分にいいきかせる。

「いいか滝沢、いくぞ」

数メートル間の至近距離で、乃南に向かってバレーボールが飛ぶ。

バチイイッ

「痛いっ・・・!!」

「何を甘えているんだ!まだまだいくぞ!!」

次々とボールが乃南の胸めがけてぶちあたる。身動きできない乃南はそれをもろに受け、当たるたびに巨乳がぷるんぷるんとゆれる。

「キャアアアアアア!痛い・・・」

生肌で強烈なボールを受けて、瞬く間に肌が赤く染まっていく。



バシッ!!

「ああっ・・・・」

何十発目だろうか。もう両胸の感覚もしびれてあまりなくなっている。ボールを受けるたびに左右に胸が揺れる。

「どうした滝沢!」

バシッ

「ふああっ・・・んん・・・」

だんだん悲鳴ではなく、あえぎ声へと変わっていくのが自分でもわかる。

(やだ、感じてるの・・あたし・・・?)

「ラスト一発っ!!!」

数十発目のボールが乃南の右胸を直撃。

「よし終わりだ。よくがんばったな、滝沢」

やけに猫なで声の渡辺。でもいまはそれが素直に嬉しい。やっと家に帰れるのだ。

「よし、じゃあ鎖をといて・・・ん?」

渡辺の視線がわざとらしく下に落ちる。丁度乃南の股間の下に、小さな水溜りが。

「お前、まさか・・・」下のユニフォームに手をかけ、一気に足首までずりおろす渡辺。

「いや・・・」

思わず顔を背ける。

乃南のあそこはすでに下着が完全に透けてしまっているほど愛液がしたたりおちていた。

「滝沢・・貴様、俺が必死の思いで特訓してやっているのにどういうことだ!!」

「ご、ごめんなさい・・・」

「お前試合中もこんなことを考えているな・・・」

手にもった竹刀でピンク色に染まった乃南の胸を叩く。

「いやああ!痛い、痛いです・・・」

「なんだと?練習中に感じていたくせに・・・」

(あんなことされたら仕方ないよ・・・)

竹刀の先で乳首をぐりぐりといじる。

「はあっ・・・!!」

「こいつ、まだ感じているのか・・・」

「ああ・・・」

渡辺がジャージのポケットからなにかを取り出す。

「いいか、これは罰だ」

乃南を両腕を支柱越しに縛ったまま据わらせ、両足をM字型に開脚される。

「いや・・・見ないで・・見ないでください・・・」

「滝沢、お前これがなんだかわかるか?」

渡辺の手にはチューブのようなのものが。

「媚、媚薬・・?!?」

「そうだ、いやらしいメスブタのお前なら使ったことがあるだろう。たとえば・・・」

ほんの少量指にとり、乃南の蜜壷の中にぬりつける。

「やああああああ!!!あ、熱い・・・んんっ!はあ、熱い・・・コーチ・・・」

「だろう、ほんの少しでこの効果だ・・・」

満足そうに見下ろす渡辺。

「でも、こんなんじゃお前が気持ちよくなるだけで罰とはいわないな。お前にはこのぐらいのお仕置きを・・・」

チューブの口の方を乃南の秘部に挿入する。そして・・・

ムリュムリュムリュッ!!

「いやああああああ!」

残りの媚薬を一気に乃南の中に放出したのだ。

(熱い・・・熱いよう・・・もう指いれられただけで・・・やばい・・・イっちゃいそう・・・)

全身の血が逆流しそうな勢いだ。全身から汗が吹き出る。愛液が止まらない。

「もう先生、許して・・・」涙ながらに許しを請う乃南。

「だめだ。これはお仕置きだからな・・・お前にはとっておきの物がある・・・」

といいながら、ポケットからコンドームを取り出す。

(!イヤ、コーチのモノを入れられるなんて絶対イヤ・・・!!)

おもわず顔をそむける乃南。

「馬鹿、心配するなと最初からいってるだろう。俺とお前は教師と生徒だ。そんなことはしねえよ」

といいながら、手にもった竹刀の先からコンドームをかぶせていく。

「イヤ、そんなの、入らない・・・」

(入ったら狂っちゃうよ・・・)

「嘘つくな。こんなにビチョビチョじゃないか・・・・」

といいながら、乃南にゴムをつけた竹刀をあてがう渡辺。

「ヤメて・・・」

「いくぞ、滝沢」

ググッ!一気に竹刀が押し込まれた。

「イヤアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!イく・・・はあ・・・イっちゃう・・・・・・・あんあんあんああああ!」

首を左右に振り乱し、股間から愛液を噴出しながらもだえる乃南。しばらくそれが続いたあと、がっくりと頭がたれた。

「まったく、しょうがないな・・・」

半分白目を剥いた乃南から竹刀を引き抜く。

ジョロジョロジョロ・・・

ゆっくりと生暖かい液体が流れ出る。失禁してしまっているのだ。

「かわいいよ、乃南・・・」

動かない乃南の顔に白い液体をぶちまけ、体育館を出る渡辺。

次の日の朝・・・

男子生徒たちの目にとびこんできたのは、愛液と小便をまきちらし、ほぼ全裸で体育館の真ん中にしばりつけられている学園のアイドル、

滝沢乃南の姿であった。

「もう、やめて・・・・」





出典:有名人官能小説 2ちゃんねる

リンク:忘れた


告白体験談関連タグ

|||||||||

【芸能人】有名人官能小説 滝沢乃南【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月27日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ