相互リンク先の更新情報!

【風俗】ピンサロ行ったら元カノでてきた【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


その子との出会いは高校生の時。俺が一目惚れだった。

外堀を埋めつつ埋めつつゲッツしましたよ。高2の秋。

スペック忘れてた

付き合いだした頃

俺 高2

身長は175くらい

顔は…誰だろう割りと中性的な顔と言われる

彼女 高2

身長は160ちょいくらい

顔わかんねえ まあでも美人系だな

普通の高校生カップルみたいなことをずっとしてた。

ねずみの国いったり、ファミレスでグダったり

どっちかの家行ったり、などなど

お互いの兄弟連れて遊んだこともあった

まあそんな青春生活を送っていたわけなんだが




高校生っちゅーもんにはいつか終りが来るんだ。

受験して、卒業だな

受験期はお互い勉強頑張ってたし

良きライバルでありパートナーでもあった。

彼女は家庭の事情で予備校とか行かず独学で。

俺は親に甘えて予備校行ってた

まあそんなこんなで刺激しあいながら

受験も乗り切って高校を卒業した。

その子のことすげーすきだったし

ぶっちゃけまだまだ青いながらも結婚すんじゃねーかななんて考えてた。

進路は違う大学だった。まあそりゃそうだわ。

そんなことのために勉強していたわけではない

でも別に別れるとかは思ってなかった。

だけど環境の変化って予想以上でお互いの学校も家も

結構離れててなかなか二人で会える時間ってものが減っていった。

そんで、彼女の方から好きだけど寂しいし別れよう、

って言われた・・・ふられたよ・・・俺

それなりに俺もうすうすそうなるんかなーとは

思ってたけどさ

やっぱりつらいわけだ。すきだったし

別れたのはほんと大学入ってすぐ。

だけどまあ大学にかまけて遊んでなかったし

大学生で浮かれてるのもあったと思う。

そんな俺に嫌気が差したのであろう。仕方がない。

そんなこんなでクソみたいな大学生活を送っていた。

サークルやって、酒のんで、遊んで、の繰り返し

彼女はできなかった。

高校ではできなかったことがいろいろと

できるようになっていく。バイトもしまくってたし。

パチンコしたり麻雀覚えたり。

そんな生活をしていた大学三年の冬。

就活中真っ只中で、四年の仲の良い先輩に

いろいろな相談に乗ってもらっていた時に

先「じゃあ、一発すっきりするか!!」

と言われて、初めて風俗、ピンサロに行くこととなる。

ちなみにこの先輩、高校の時からいろいろと相談していた先輩で、

大学もたまたま一緒でよく飲みに行ったりしていた。

色々な遊びに手を出していた俺であるが

風俗と女関係はさっぱりだった。

女関係に関してはまず元カノのこともあるけど

好きな人ができない病()にかかっていた。大学中。

で、風俗は性病とか怖いし、そもそも知らない

女に何で金払って奉仕してもらわなきゃいけないのか

わからんかった。

それでも就活に疲れ、オナニー三昧の俺は

先輩に連れられて遂に風俗にも手を出すことと成った。

システムも何から何までわからん俺だったが、とりあえずそこは

女の子の顔写真がズラッと並んでいてその中から追加料金で

指名かランダムで安くするか、というものだった。

金もないし…と迷ったが指名制を選んだ。

俺は2ちゃんで顔写真なんてフォトショばっかで当てにならんというのを

よく見ていたから期待はしていなかった。

しかし並べられている女の子の中には結構可愛い子も多く、

無駄に期待しつつ、一人の女の子を選んで個室?に入った

初めてで何だか落ち着かずにそわそわしていると

女性の声がして部屋に入ってきた

ふと、聞き覚えのある声だなとは思った

顔を上げるとそこには

Rがいた。

元カノのことは以降Rと表記します。

写真はやはり加工されていたようで気づかなかった。

でも今思えばどことなく面影を見ていたのかな…と思う。

しかし驚いた。Rもびっくりした顔をしていると同時に

焦りだしてどうしていいかわからない、見覚えのある

挙動不審な行動をしていた。

驚いたと同時に俺のいきり立っていたちんこは

何だか急に縮み、と同時に、なんでRはこんなとこで

働いてるんだ?という冷静な思考へと戻った

会話をしばらく交わさず無言でいるとRが

R「こんなとこで何してんの」

俺「そりゃ俺のセリフだわ。お前こんなとこで働いて・・・」

R「そのことはとりあえずいいから、まずはどんなふうにして欲しいかいって。

こっちもお金もらってる以上何らかのサービスはしないと」

正直オレはそんなエロい気分は

とっくに飛んでいたから全くやる気はなかったんだけど

Rは仕事だから、と言い張って結局フェラをしてもらった。

昔よりもうまかった。

軽くフェラしてもらったけど結局逝く事もできずじまいだった。

それよりもRがなんでこんなとこで働いてるのか、今何しているのか、

別れて以来連絡も取らずに過ごしてきたので色々と聞いてみたかった。

俺「Rさ、久しぶりに飯でも食わない?おごってあげるから」

R「でも私仕事忙しいし…」

俺「ほら、近況報告会ってことで。軽くでいいから飲みに行こうぜ。

俺も就活の息抜きに。連絡先変わったのに教えてくれてないよね…」

R「うん・・・じゃあわかった。これにアドレス書いとくからメールして。」

そういってRは仕事用の名刺にアドレスを書いて渡してきた。

R「そんじゃそろそろ時間。また今度ね」

そういって俺は部屋から退出し、入り口前で先輩と合流した。

結局これが人生最初で最後の風俗となる。

先輩には彼女がいたことは黙っておいた。

男女交際に関しては先輩は面倒なのである。

先輩には適当に感想を述べて解散した。

家に帰ってすぐに書いてあったアドレスにメールをした。

返事は次の日に来た。

「飲みに行くんでしょ?いつ行く?」

適当に何日か指定して都合の合う日を決めた。

正直、再びプライベートで会うことに不安を感じていた。

もしかしたらまた好きになってしまう、そんなことを考えていた。

実際、女子大生として過ごしたRは格段に美しく、麗しくなっていた。

そして、なぜピンサロで働いているのかも疑問であった。

そんなことを考えつつ、就活しつつ、約束の日を迎えた。

去年の2月の中頃のことである。

ちょっと洒落たバーに連れてった。

やはり気になっていたなぜピンサロで務めているのか、ということが

どうしても聞きたかった。そんな性に対して欲求の強い子ではなかったから、

どうしても疑問であったし聞いてみたかった。

理由を簡単にまとめるとこんな感じだった。

・高校の時もだったが家庭の経済状況が芳しくないため

ある程度の金を家に入れないと学校に通えなくなる

・普通の飲食バイトも経験したけど収入的に良くない

・友達との雑談で冗談で話していた時にこの世界でバイトしようと思った

おおまかな流れはこんな感じだった。

ああ、そういう理由だったのか、

と思った。最初の方にもかいたけど彼女は独学で大学に行ってる。

もともと行動力のあるこだったし

何をするにも周りの声を良くも悪くお取り入れない

女の子だったから何となく納得してしまった。

でも、と思った。正直まだ俺はどこかで好きだったのかもしれない。

ましてふられていたわけだしな

だからピンサロで働いて欲しくなんてなかった。

でもそんなこといえるわけもない。

正当ではないのかもしれないが、彼女なりの理由があって働いていて

そこに俺が付け入る隙などない。

で、まあ俺なりに聞きたいこと会ったけど

でもそうしてしまったらそれは彼女のしたいことを止めてしまう、

大学に行くなと言ってるようなもので、そんなことできるはずもなかった。

そんなこんなで元カノとの飲み会はあっという間に終わってしまった。

帰り際にRが、

「また遊ばない?俺くんやっぱり面白い」

といってくれてまた遊ぶ約束をした。ただ俺も忙しいため

次は2月の末に遊ぶことに成った、また飲み会だ。

二回目の飲み会も凄く楽しく終わった

結構Rが酔っ払ってた。だから俺も開放しつつ

Rのいい匂いをクンカクンカしてた

酔い覚ましに外をプラプラしているとRも

酔いが覚めてきたのか真面目な話をし始めた

R「ところでさー俺くん」

R「なんで俺くんのことふったかわかる?」

俺「え、隙じゃなくなったからっていってたじゃん 

俺がほったらかしにしてたりとか」

R「ううん、ほんとはね、そんなことじゃないんだ

私の家がいろいろ大変なのはまえからいってたよね?

それで私がたくさんのバイトして家にお金入れてる話したじゃん。

まあ今はあんな仕事で楽してるんだけどさ…」

「それでね、ほんとのところ俺くんにメイワクかけちゃうと思って。それに俺くん

大学楽しそうだったし、いろいろな面で負担かけちゃうかなって思っちゃったの。

だから、結構つらい言い方になっちゃった。ごめんなさいあの時は。」

なんでこんな言い方するのか、わかんなかった。

今思えばもしかしたらこれってフラグなのかもなあ、と

今からもっかい付き合い治すこともできたんじゃねえkと

その答えも今となっては確認することすらできないんだけどね

チキンな俺は

「へー。そっか。なんか気使わせちゃって悪かったね」

とだけ言った

そのあとは他愛もない高校の話をしながら

あいつ今何してるかなあとか、そんな話を近くの公園でした。

Rから、また遊びたいな、っていわれた

どっかいこうって。

何となくこのままずるずる行っちゃいそうな、そんな気がしてたけど

でも楽しかったし全然構わなかった。

何となくRにも甘えてた

そいで、3月の後半にとりあえず遊ぶ約束をした。

結局この予定は実行されずに終わってしまう。

それからちょこちょこメールのやりとりをしつつ、

二年のクラス同窓会やりたいねーなんて言ってた。

もっともRはこんなバイトしてるなんてバレたくないからあまり

その件は乗り気じゃなかったけどもwww

して、Rがばあちゃんちに変えるよーみたいな

話をしてた。親戚のおじさんの体調があまりよろしくないらしく

一週間くらい親の実家の方に行くみたいな話をしていた。

だからしばらくメール返せなくなるけどまあ就活頑張れwwww

みたいなメール。半芝のメール。

俺の就活も佳境を迎えていた。

そんなに俺も返しているわけではなかった。

親戚のおじさん一家はRの母方の家と二世帯で暮らしていた。

宮城だった。

して、日本人で誰もが忘れないであろう地震が来る。

都内のコンビニにいた俺はやべえやべえwwwww

ワインおっこってきたwwwwwwwとか言って

ふざけて写真撮ってたりした。

全然こん時はやばさに気付いてなかった。

ふざけてた。

携帯が繋がらなくなって電車も止まってるし

仕方ないからどんな感じかTV見るかと思い、家に帰って

TVをつけると大変なことになっていた。

俺が牛たん好きと知っていた彼女は

土産に牛たん買ってってやるとか言っておちゃらけていた

とにかく不安だった。よくわからない気持ちとか

もうなんか急にパニックになってしまった

このへんはよく覚えてないんだけどとにかくメールしまくってた。

回線が混んでてなかなかおくれてなかった。

それでも何件かメールは送れていたようだった。

TVを見ながらコンビニでふざけた自分を悔いた。

ひたすら返事をくることを祈っていた。

今でもそのメールの返事は返ってきていない。

いなくなったとは思いたくない。

うすうす気付いてたけど少なくとも俺はまだ好きだった。

だからこそ、余計にそう思いたくなかった。

きっと俺はもうずっと彼女作ることなんてできない、それどころか

好きな人すらできないのかもしれない。

けどまあ、それはそれでまたありかな。なんて思っている。


告白体験談関連タグ

|||||

【風俗】ピンサロ行ったら元カノでてきた【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月27日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ