相互リンク先の更新情報!

【姉】暇なので姉にメールを送ろう 第二弾【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


前編:暇なので姉にメールを送ろう第一弾





13名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0515:14

避難してみましたよノシ



25名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0515:37

こっちでなら詳細なこと書いても大丈夫かな?っと。



ちなみにねーちゃんは実家から1kmほど離れたところで一人暮らしで

1週間に1回くらいメシ食いに家に帰ってくる。

それをいい機会にとばかりに、ねーちゃんとドライブに出かけて、車の中でお互いのことを話しますた。

とりあえず一緒に暮らしてた時と比べると、ほんの少し男としての魅力が出たかもしれないということでしたが

まだ今は弟としか見れない、ということですた。






そしてねーちゃんの言い分としては

「△△は弟だから、これからもそうとしか見ない。

 だから普通に好きな人ができたら、その人と付き合おうとするし、結婚も普通にする。

 だけどそれは△△も例外じゃない。

 もし私が△△のことが好きになれば、△△とも付き合おうとする…と思う。

 だからそこらへんは、△△が自分に磨きをかけて、私を振り向かせて」ということですた。



んで、家に帰り着いて、ねーちゃんが車から降りようとした時に

腕をグイっと引っ張って、そのままブチュッといたしますた。



んで、今マズイな〜…と思ってるのは

どうやらその場面を母さんに見られたのか見られてなかったのかはっきりしてないところ。

居間のカーテンが開いてて、そこからガレージが丸見えだったからな…。



38名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0723:47

誰かいない?



49名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0723:48

とりあえず最初に結論から言うとだな…



ベロチューしてオパイモミモミしてしまったわけだ。



66名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0723:50

やってない、やってないがベロベロチュウして服の上からオパイを揉みしだいた。

…今考えると、とてもエロイ揉み方をしてしまった…orz



78名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0723:51

ちょっと待ってくれ、今だ自分でも頭の中で今日の出来事の整理がついてないんだ(‘A)



103名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0723:59

どうするアイフル



117名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:08

頼むからちょっと待ってくれ、今混乱する頭で今日の詳細をまとめてる



131名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:27

今日あったことを報告するよ。



今日は俺は一日中ヒマだったので、ねーちゃんの家に向かった。

一応アポ入れたら「OK」とのことだったが…身の危険は感じなかったのだろうか?

自宅からねーちゃんのアパートまでは、自転車でいけば10分弱で到着。

家にあげてもらった。



この時気付いたんだが

ねーちゃん、スーツの上からはわからんけど

なんか俺が思ってた以上に胸デカかった…過去の紹介で

「アイフルのお姉さんの胸が小さくなった感じ」と紹介したが

正直「アイフルのお姉さんそのまま」と紹介しても良かったかもしれん…。



ねーちゃんは今回の件から話題をそらそうとしてたけど

俺は遠慮なくズカズカと話題を持ち出した。

何か持ち出さないと、このまま風化されて、このままねーちゃんが遠くに行ってしまうようで

どうにも堪えきれなくなったんだな。



133名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:27

すると急にねーちゃんが

「私は昨日、というかここ最近ずっと考えてるんだけど…

 どうにも弟とイチャイチャしたり結婚して、することしてる自分が想像できない」と。

いきなりこの女は何を言い出すのかと思っていたら

「キミは想像できるかい?」と質問してきた。

俺はその時「うーん…正直俺もそれはまだ想像できない」と答えたのね。

多分それは嘘じゃないし、現にねーちゃんと結婚したりしてる自分を想像できん。

ねーちゃんはそれ聞いて

「それじゃあ、やっぱり△△は私のこと好きではないんだよ、一時の気の迷いだと思う」と。

何かちょっと頭に来たので

「何故、急にそんなに極論に走るのか?」と問いただしたのさ。



ねーちゃんは

「私ももう学生や子供じゃないから、遊び感覚で男の人と付き合うことはしたくない

 未来を見据えて、それを容易に想像できるような素晴らしい人とお付き合いしたい。

 △△には極論かもしれないけど、△△が私としようとしてることは

 それすらも極論にさせないくらいハードルの高いことなんだよ?」と。

「そんなことはわかっている、だけど好きなんだから仕方ないだろう」と返すと

「好きなのはわかった、けど今の△△は気が迷ってるだけだよ

 そのうち素晴らしい子が見つかる」の一点張り

もうこの女には何言っても無駄だな…と思って、とりあえず押し倒した。



137名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:28

ねーちゃんはかなーり驚いていたけど、多分仮定範囲だったんだと思う。

「OKOK、落ち着こうじゃないか」となだめようとしてた。

正直、俺は相当冷静だったと思う…押し倒した後は。

押し倒す前はかなり熱くなってたから、その後に冷静になった俺は焦ってしまったのよ。

でもとりあえず、もうここまで来ちまったもんはしょうがないと思って

こじつけでもいいから正当化しよう、と…。



139名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:29

いかん、ここから先はちょっとした15推奨になってしまう



165名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:37

OKちょっとまってくれ



182名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:43

俺「落ち着いて話したって、○○は反らしてばっかりだから話にならん」



姉「反らしてないよ、ただ私は今回のことを冷静に見てるだけ」



俺「冷静に見てるって、ただ否定を繰り返してるだけじゃないか」



姉「だって…普通じゃないって。

  そもそも、私達「姉弟」じゃない…」



何故その時こうなったのかは知らないが

俺はその時、この「私達、『姉弟じゃない…』」で、何かがボワッ!と燃え上がった。

んで、ガバ!とチューして、そのまま舌を入れてしまったわけです。

もうここまできたら引き返せないな…と思って

なるようになってしまえ!と決心した瞬間

何かが俺の中でフッ…と、頭のてっぺんから抜けていった気がしたさ。

ねーちゃんが俺の肩を掴んで、引き剥がそうとはしてたけど

当然、男の俺の方が力が強いわけで、構う事無くねーちゃんの口内を喰らったわけ。



んでまぁ、自然な流れ(?)で、掌が胸の方に行くわけですよ。

玄関で見た時から圧倒されてた胸に手が当たった瞬間、もう狼に変身した、1秒で。

本当に欲望を満たすだけの為に胸を揉みしだいたよマジで…我ながら最低だったと思う。



185名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:44

んで、ふとねーちゃんの顔を見たら、ねーちゃんが泣いてるわけですよ。

んでその泣いてるねーちゃん見た瞬間、今まで俺の中で暴れ狂っていた狼が

嘘のようにおとなしくなって、手も止まり、舌も止まり、全部止まった感じがした。

多分あの間、部屋の空気は全部止まってたと思う、空気の流れとかも全部。



しばらくしたら、いきなりねーちゃんの方から舌を入れてきますた。

でも俺は、その時罪悪感が一杯で、それを受け入れることをしなかったのね。

それでも構わずにねーちゃんの舌が俺の口の中に侵入してきて

俺の口内の唾液を全部さらっていってしまったんだよ。

んで、ねーちゃんの舌が元の場所に戻った頃に、お互いが自然な感じで離れた。

でも離れたのは顔だけ、なんか気付いたらねーちゃんも俺に抱きついてた…。



189名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:45

ボソボソとねーちゃんが話し始めますた。

「意識し始めるのが怖かった…」と。

「今まで、当たり前のようにそこにあって、でも凄く大事なものだった気がする。

 だから、あの時は軽い気持ちで△△を試すつもりだったんだけど

 それに気付いた時に、もしもこの件で、元の姉弟に戻れなくなった時のことを考えると

 この問題は風化したかった」と。



「キミはとても悪い男だ」と言われますた。



「私だけかもしれないけど、『好きだ』って本気で言われて

 それでも今まで通り姉弟として接することなんかできない。

 △△は私を女として見てるだろうし、私も多分…△△を男の人として見始めてるかもしれない」と。

俺はこの時、ねーちゃんに凄く悪いことをした気がして

もう本当にどうすればいいのかわからなくなってしまったのね。

だからとりあえず、ギュッと抱き締めた…というか、それしかできなかった。

そっから先は、結局いつもの通り話し合いだったので中略。



最後に家を出る時、ねーちゃんに

「お父さんとお母さんに話そう」と言われますた。



以上…あーどうしたもんかな…。



192名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:47

補足だけど、「どうしたもんかな」というのは

親に話すべきか?ということではなくて

話すことはもう決定してるから、どういった風に説明するかってことで悩んでる。



200名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:48

ネタであればよかった…と思う自分と

ネタでなくてよかった…って思ってる二人の自分がいる。



219名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:53

もうねーちゃんの気持ちがサパーリわからん…

否定したり突き放そうとしたり抱きついたり舌入れたり親に話そうと言ったり…



237名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0800:59

処女膜がどうかは知らんが、少なくとも家に男連れ込んだことはなかった…と思う。

そこらへんのラブホでやっちゃってるかもしれんが…叶うなら処女で居て欲しいものだ



239名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:00

ねーちゃんに会いたい自分がいますよ



250名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:07

決して甘く見ているわけではないし、事態を重くも見ているけど…

どうしても「家族と友人を失い、そしてすべてをも失う」という結論にたどり着く理論がさっぱりわからないのだが…

俺が甘すぎるのか?



252名前:225◆Yk/zqj0/vQ[sage]投稿日:04/09/0801:08

250

甘い。近親の恋愛は小説のようには上手くいかないぞ



255名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:09

252

決して煽っているわけではないんだ、むしろ細かく良く知りたい。



その結論に至るまでの過程を、できるだけ事細かに説明してもらえないだろうか?



263名前:225◆Yk/zqj0/vQ[sage]投稿日:04/09/0801:13

255

まず、両親共々応援してくれるという展開がよく見られるが、これは期待しない方が良い。親とて人。周りの目をやたら気にする。

最悪絶縁。よくてもどこかでひっそりと暮らして欲しいと言われるだろう。これが生活の変化に繋がる。

次に友人、「俺、ねーちゃんと付き合ってるんだ」と言われていい顔をする人はまずいないと考えて良い。



世間の目は冷たいモノだ。



274名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:17

263

サンクス、よく解ったよ…そういうことか。

多分ねーちゃんはそれに対してビビってるんだろうなぁ…。



295名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:25

喧嘩はやめてくれよ…なんか凄い悲しくなる(‘A)



考えたんだが、そもそも「幸せ」と「不幸せ」の境界線はどこでひくものなんだろうか?

それは勿論、個人個人の判断でひくわけだが

俺はその境界線を、主に「ねーちゃんが近くにいるかいないか」で今は判断している。

だからそこに「世間体」とかそういうのは…正直あまり含まれて居ない。



そもそも、「世間体が冷たい」という事柄を幸せか不幸せかを判断するのも、本人次第なんだよね。

俺としては、ねーちゃんの居ない普通の世間体を得るくらいなら

ねーちゃんがいる厳しい世間体の方がマシだと考える。

元々世間体ってやつにお世話になった覚えもないし、そんなもん糞喰らえだってのが正直な感想。



ただ、これは俺の勝手な独りよがりだから

ねーちゃんの気持ち次第だね、ここから先は。



313名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:34

これ言っちゃうと、みんな呆れてどっか行っちゃうかもしれないけど

正直な俺の感想はね…



「俺を知ってるのは俺だけ、俺がやることは俺が決める」



なんだよね。

だから今ここで議論してる否定とか暫定とか、正直俺にとってはどうでもいい感じがする。

だって、ここで「否定ですた」って結論が出た所で、俺の気持ちが変わるわけじゃないじゃない?

だからっつって「暫定ですた」という結論が出た所で、それを武器にして頑張るつもりもないし。

そもそもそんな世間一般の意見で簡単に揺れ動くようなショボい心なら

ねーちゃん押し倒してキスしたりしない、そしてここまで話し合いを持ち込まない。



DQN的発言で申し訳ないけど、これが俺のありのままの感想。

理解されようとも思ってないし、だからっつって否定されても構わない。

一人になっても俺は自分の気持ちを貫き通すつもりだから。

それがねーちゃんへの俺からの誠意と礼儀だと思うから。



334名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:43

ここに書き込んだのは、原点だったから。

結局はここで気付いて始まったものだし、礼儀としてここに報告したつもりだったんだけど…。



そうだな、もうここに甘えるのは辞めることにするよ。



338名前:654◆mkE0UYh50w[sage]投稿日:04/09/0801:47

色々と意見が出てるけど…申し訳ないことに、俺の気持ちは313で揺るぎませぬ。

そしてここで報告することが、問題を甘く考えているというのならここにも書き込まない。

とにかくねーちゃんの幸せを第一に考えて、慎重に行動する。



それじゃあ ノシ


告白体験談関連タグ

||||||

【姉】暇なので姉にメールを送ろう 第二弾【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月28日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ