相互リンク先の更新情報!

【妹】のぞき2【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


半年くらい前にここのサイトに親父と妹のセックスを目撃してしまった事を

投稿した晟です。あの投稿の後、その後が気になるという返事をかなり貰い

ました。なかなか報告が出来なくてすいませんでした。というのもあの後暫

らく二人が距離をおいていたっぽいんです。前回の投稿を知らない方にも説

明すると家は俺18歳、妹15歳、親父42歳の三人家族。当時14歳中学2年の妹

華と警察官の親父がセックスをしていた。。初めは俺が家にいない時だけだ

ったんだけど次第にエスカレートし始めて夜中やってるときもあった。一応

気がついていない振りをしていたけど明け方便所に行こうとしたとき親父の

部屋から出てきた華に会っちゃったりして段々感づかれるのを避ける為二人

は暫らくの間何もないようにしていたんだと思う。もしかしたら俺の知らな

いところではやってたかも。(多分そう思う)次第に俺もあんま気にしなく

なり何ヶ月も過ぎた。でも夏休みに入ってすぐの日曜日彼女と海へ行ったと

き、信じられないことに親父と妹もそこにいたんです。綺麗な海のほうが良

いから日本海側の海へ行ったんですがまさかこんな所でまで、と本気でビビ

った。幸い彼女を家に連れてきたことはなかったので気づかれずにすんだけ




ど。。。二人にばれないよう遠巻きに追った。親父は妹の背中にオイルを塗

っていた。妹も親父の後ろに体操座りをし背中に塗ってやっていました。ま

るでマッサージする様ですげー手つきがいやらしくそのうち前の方にも手を

伸ばした。胸や腹にも撫でる様に塗り、その間も終始二人は笑顔でいちゃい

ちゃする有様。しかもその後妹は親父の海パンの中にまで手を伸ばした。周

りにばれないか俺のほうがハラハラだった。その後もキスをしたりして完全

に恋人気分。確かに妹は中3のくせして巨乳でかなり色気があるし、親父も大

人の渋い雰囲気で若くみえるから傍から見たら恋人同士に見えるだろう。で

も誰が父と娘だと思っただろうか。俺は居ても立っても居られなくなり二人

の居る場所から離れた所に場所を変えたからその後何していたのかはわから

ない。そして家に帰ると二人はもう家にいた。親父に「どこ行ってきたん

だ?」と聞かれ焦った。とっさに○○海岸と近場の海で嘘ついた。二人を見

てしまったショックと疲れでその日は早く寝てしまった。次の日月曜日も二

連休だったみたいで親父は家にいた。俺と華と親父、三人で昼飯を食ってい

たときのこと。二人は妙に視線をチラチラさせていました。俺を気にしなが

ら。そして妹の乳首がタンクトップの上からでもはっきり分かるくらい立っ

ていました。又かよ…と思い先に席を立ち台所から出てく時二人がテーブル

の下で足を絡ませているのが見えた。きっと二人ともやりたくてたまらない

だろう。そう察して気を使い友達と約束があると嘘をついて外へ出た。適当

に何時間か漫喫でも行って時間を潰そうと思ったけどどうしても気になり家

を一周して戻ってしまった。庭から覗くと予想したとおりだった。「ちゅう

ぅ ちゅっぅ ちゅゅぅ…」親父と妹はテーブルに寄りかかり舌と舌を絡ま

せながら濃厚なキスをしていた。妹のタンクトップは捲くり上げられ方乳が

むき出しだった。「あんっ… あぁっ… ぁあっ…」親父はおっぱいを揉み

ながら乳首をつまむと妹の口から小さい喘ぎ声が漏れる。そして妹の手も親

父の下半身に伸び巨大に膨らんだもっこりを撫でていた。数十分そんな愛撫

が続いたあと親父は娘を抱え自分の部屋へ連れて行ったので俺も慌てて裏へ

回り続きを覗いた。カーテンが引かれていたが運がいいことに隙間がありそ

こから二人の行為が良く覗けた。前回の時よりもいい場所だった。「ちゅぱ

っっ ちゅぅうっ ちゅぅぅぅっ…」二人は更に濃厚にキスした後、親父は

娘の服を脱がせた。久しぶりに見た妹のおっぱいは心なしか以前よりも大き

くなっているようだった。上も脱がせスカートも脱がせパンツ一枚にさせた

後自分もTシャツを脱いで上半身裸になる。娘の足をM字に広げるとパンツ

をぐいっと引っ張り上げマンコに食い込ませた。紐状になったパンツが大陰

唇に食い込みうっすら濡れているのが見えた。パンツの上からクリをいじら

れると「あんっっぅ… あんっ… あっ…」と曇った喘ぎ声を上げ始め、親

父はパンツをすばやく剥ぎ取ると娘の足を更にM字に広げ股間に頭をうずめ

た。初めは息を吹きかけ舌先でじらすようにした後、べろんっべろんっと舌

全体で大きく舐め始める。「あああぁぁぁぁっっ!!くぅぅぅんっっ!!あ

あっっ…!!パパんっ スゴイっっっ!!」「じゅるじゅるじゅるじゅるっ

っ じゅるじゅるじゅるじゅるっっじゅるるじゅるるっっ」親父は娘のマン

汁を美味そうにすするり、娘は親父の舌技に大きな悶え声を上げた。クリも

唇で柔らかく挟み吸い、歯で軽く噛んでやり更に激しくクンニをしてやると

妹は一回目の絶頂に達した。親父はまだフラフラしている妹をベッドから下

ろし仁王立ちした自分の前に座らせた。妹は進んでベルトを外しズボンを脱

がす。その時親父が履いていた下着もかなり過激だった。最小限の面積しか

ない布と紐だけのビキニ。透けるように白く柔らかい薄い布が親父のチンポ

を包み亀頭の形までくっきりと浮き上がらせていた。身長185cmもあるかなり

大柄な体格で警察官という職業柄、常に体は鍛えているみたいで厚い胸板に

割れた腹筋。うっすら生えた胸毛に、極小ビキニに収まりきらずはみ出した

ギャランドゥと陰毛。まるで野獣の様だった。妹はそっと巨大な膨らみに唇

をつけ挟むように咥えた。次第に唾液で濡れ親父の赤黒いチンポはスケスケ

になった上ビキニはぴったりとチンポに張り付き更に巨大になったように見

えた。妹はゆっくりとビキニを下げたが勃起したチンポに引っかかった。そ

れでも下げるとバアァンッと勢いよく跳ね上がり、唾液でぬらぬら黒光りし

て物凄い存在感だった。妹は堪らない、という感じで手で親父のちんぽを引

き寄せ咥えた。「ちゅぽっ ちゅぽっ ちゅぽっ ちゅぽっ パパの今日す

ごい…。 ちゅゅゅぅぅぅっぽっっ ちゅぽちゅぽちゅぽっ…」「あぁぁ…

 はぁぁっ… あああぁぁ…」娘の亀頭を中心としたフェラに親父は感じて

声を漏らした。そして次はサオの3分の2位を呑み込んだ所で一旦止め、唇

をすぼめてチンポを吸いたてた。頬の内側をちんぽに密着させ、そのままも

ぎゅもぎゅとしゃぶりまくった。「じゅぽっっ じゅゅぽぽっっ じゅぅぽ

っっ じゅぽっじゅぽっじゅぽっ…」本格的なストロークが行われチンポは

更に唾液にまみれ妹の口に収まっては現れた。コツをつかんだ妹のフェラは

激しく、時にはひねりを加えたりして淫音を立てていた。「じゅぽっ じゅ

ゅぅぽっっ じゅぽっ じゅぽっ ちゅぽっ ちゅぅぅぽっっ」親父は娘の

頭を両手で勢いよく前後に引き寄せる。「じゅぽっ ちゅぽっっじゅぽぅっ

じゅゅぅぽっ…」「ああぁぁ… ああっっ… うっ…」「んふっ ん~…」

唾液まみれの妹の唇から濡れた親父のチンポがずるずると吐き出された。亀

頭の先端の鈴口は唾液の糸をぬらぁ~と引いていた。そして妹はこの前と同

じサイドテーブルの引き出しからローションを取り出した。とろ~とまんべ

んなくちんぽに垂らし手のひらで全体に塗りつけ、自分のおっぱいの谷間に

も塗りたくる。高さを調節しながら膝立ちになり、谷間にチンポを挟んでゆ

ったりと押し包んだ。ぶっとく勃起したサオに沿って上下させ、前もってロ

ーションが絡んでいるのでスムーズに赤黒い亀頭が見え隠れをしていた。

「ああっぁ… っぁああ… 乳をもっと持ち上げて、パパのを咥えろ。」言

われるまま妹は首を前に傾け先っぽをチロチロ突付いてからすっぽりと亀頭

を唇に咥えた。「にゅぽっ ぬぽっっ にゅゅぽっ ぬぽぬぽぬぽっっ に

ゅゅぅぽっ…」親父のちんぽを谷間で揉みたて、ぬぽぬぽと唇で亀頭を締め

付けていた。「にゅるっ にゅるっ ぬぅるっ にゅぅるっっ にゅるっ」

パイズリのストロークが激しくなりスピードが上がり、一層娘の唇と舌が父

親のちんぽに絡まりついた。「ああああっぁつ! ぁっぁあああっ!あ~イ

キそうだぁあっ!ああっ!うあっ!」「ちゅぽっちゅぽっちゅぽっちゅぽち

ゅぽ …パパ イって、行っていいよ… ちゅぽっちゅぽっじゅぽっじゅぽじ

ゅぽっ」「ああっっ あああああっ!!イクぞっ!ああっダメだぁぁっ!!

イクぞっっっ!!ぅああああああっっっっ!!!!!」「びゅゅゅぅぅっ

っ!びゅぅぅっっ!!びゅぅぅっ!」「はぷっ。。。。んっっ んんっ…」

娘のフェラでイク瞬間親父の膝がガクっと震え、その拍子に亀頭が跳ね妹の

口からこぼれた。3吹ほどのザーメンを顔面に受けたがとっさに妹は咥え直

し残りの精液を口で受けた。鼻と口もとに親父の白い精液を垂らしながら残

りの口内射精の分を飲み干した。「今日のパパ何かすごいよ…。。。」妹は

そう言うとベッドに上がり四つん這いになると人差し指と中指で自らぬっち

ゃりしたまんこを広げた。愛液でぐっしょり濡れ濡れになりピンクの膣道や

ヒダヒダをもろ見えだ。腰をくねくねさせながらこう言った「パパぁん 早

く頂戴…。。はやく華に入れて。。。我慢できないよぉ。。。」愛液をとろ

とろと溢れさせながら父親のちんぽを催促していたが、親父はじらす。尻の

肉をぱっくりと左右に広げ垂れた愛液でアナルまでぐしょぐしょだった。人

差し指の第一関節くらいまでをゆっくりアナルに差込んで小刻みに動かしな

がら「ちゅるっ じゅるぅちゅるっ ちゅるっ じゅるじゅるるるぅぅ」と

マン汁をすすった。「にゅるっ」そして二本の指をマンコに挿入。「あああ

ああんっっ!!」めちゃ激しくマンコの中をかき回し、とろとろとあふれ出

す愛液で手首までぐっしょりと濡れていた。「ほら、見てみろ、華のまんこ

ぐちょぐちょだぞ。」抜き取った指を娘の目の前で開き、ぬら~と糸を引い

たエロイ光景を見せ付けた。「いやん…。パパ…。。。」そう言いながらも

妹は舌を指に絡め舐めていた。再び親父は指をマンコに突き刺し「ぐちょぐ

ちょぐちょぐちょくちゅくちゅくちゅっっっ!!」と高速で動かす。愛液が

飛び散りシーツに染みをつくっていた。「ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ

ぐちゅっ…」「あああああっっぁぁああんっ!!パパダメぇぇ~んっっ!!

ああっっ!んぁああっ!!イクんっ!ダメっっっ!!っパパっっイクっっー

ーーーっっっ!!!!」妹は膝をがくがくさせながら二回目の絶頂を親父の

手マンで味わった。へなへなと肩を落とし尻だけ高く突き出した格好で妹は

放心していた。ぬらぬらのマンコはヒクヒクと動き奥から次々と淫汁が垂れ

ている。「じゅるるるるっっ じゅるじゅるじゅるっっっ じゅるるぅぅっ

ぅ…」再び娘のマン汁を舐め取った後、仰向けにさせると鼻、口周りを愛液

でぬらぬらに濡らしたままキスをはじめた。妹は太い首に腕を巻きつかせ二

人は硬く抱きついていた。親父は娘の下半身を持ち上げ、妹の膝は大きく曲

げられ太腿がおっぱいに接するくらいにエビの様に折り曲げられる。そして

前回同様、ローションのノズルの先をマンコに挿入させ大量に注ぎ込んだ。

溢れているローションが尻を伝ってシーツに糸を引き垂れていった。妹はで

かいおっぱいを潰すほどに両膝を抱えると更にマンコが天井を向いた。そし

てぬらぬらに黒光りした親父の亀頭がマンコの谷間にあてがわれた。「ああ

っ…。。」「くちゅゅぅぅ…」ちんぽにまんこが絡みつく。「ぶちゅゅゅゅ

ゅぅぅぅっっ!!!!!」「っあああああんんっっっ!!!!!」「うおお

おおっっ!!!!」そして一気に親父は娘に挿入した。膣から逆流したロー

ションが飛沫を上げてどろどろと垂れていき、親父の睾丸に絡みつく。父親

と娘の挿入シーン、この度肝を抜かれるほどのエロイシーンはAVでも再現

できないと思う。暫らくの間突き刺したまま動かない親父。そしてゆっくり

とピストンを始めすぐ腰を打ち付ける激しい動きに変わった。「ぐちゅゅっ

っ!ぐちゅゅゅっっ!ぶちゅゅゅぅぅ!くちゅっゅゅぅぅ!にゅちゅっにゅ

ちゅにゅちゅっにゅちゅっ」「ああっ!ああっ!ああっ!ああっ!ああっ!

ああっ!」親父の腰の動きにあわせて妹が歓喜の悶えを上げる。「はぁっ、

はぁっっ、はぁっ、はぁっ、はぁっっぁっ…」親父も目一杯腰を打ち付け

る。妹のかかとは親父の肩に掛けられまんぐり返しの体勢になり、親父は休

むことなくチンポを出し入れしていた。ローションが結合部に絡みつき粘質

の「ぬちゃっ、ぬちゃっ、ぬちゃっ」という淫音と共に粘々になっていた。

「ああんっっ、はぁあうんっ!!あううんっっ!!パパんっ!っあっ気持ち

いいっっ。。。ああんっ!!イやんっ!!ああんっ!!」「ぬぽっっ、ぐち

ゅゅぅぅ、ぬぽっっ、にゅちゅゅゅぅぅ、ぅぬぽっっっ、ぐちゅゅゅぅ

ぅ…」「はあぁっ、ああ… はあぁっ、あああぁ…、うあぁっ、あああぁ

っ…」一突き毎にちんぽを引き抜き、そして又一気に奥まで挿入させる。ぬ

らぬらに絡んだローションにまみれて、濡れた亀頭のカリがマンコにめりこ

み、ピストンの度に小陰唇がかき出されていた。物凄い結合部に俺は目が離

せなった。激しく繋がったまま二人は唾液で濡れるほどの熱いディープキス

をしていた。奥深くまで突き刺した後、娘の体を支えバックの体勢にすると

益々激しく腰を打ちつけた。「パンッパンッパンッパンッパンッ…」「ああ

っぁぁぁっ…華、、いいぞっ…。。。ああぁぁぁ…ああぁぁ。。。」「あん

っあんっ、パパっっ、あんっ、気持ち…っっ。。いいっっ…あんっ!!あん

っ!!」愛液にまみれて黒光りした親父のど太いちんぽを小柄な娘のまんこ

がぬっぽりとくわえ込んでいる光景はとても淫乱に見えた。巨乳の割りにほ

とんど毛の生えていない妹のまんこ、そこからは愛液とローションが混ざっ

た白濁した淫汁がとろとろ溢れ続けひたすらちんぽに絡みつく。親父の陰毛

もぐっしょり濡れて下腹部に張り付き、激しいピストンのたび睾丸が揺れ糸

を引いた淫液もぬらぬらと揺れていた。あまりに激しいストロークでちんぽ

が抜けた。ぱっくりと開いたマンコに、ひくひくしたアナルもぬら光りして

いた。挿入し直そうとした親父だが、「華が入れてあげる…。。」そういう

と妹はチンポの根元を支え亀頭を自分のあそこにたぐりよせた。ぬるぅっと

小陰唇が亀頭に絡みつく。「くちゅゅゅぅぅ…くちゅゅぅぅ…ぬちゅぅ

ぅ…」浅く埋めこんだまま割れ目にこすり付けて上下にゆっくり動かした。

「うおおおおおおおおおっっっっ!!!!!」あまりの快感に親父も歓喜の

悶え声をあげていた。そして妹は自分から尻を振りずぶずぶとちんぽを中に

埋め込んでいった。「あああああんんんっっ!!ああああんっっ!!ああん

っ!!あっあっあっあっ!!」パンパンと表にも聞こえるほどの音を立て親

父は狂ったように娘のマンコを堪能する。両手はおっぱいを揉みしごき乳首

をつまみ弄っていた。暫らくの間そうした後そのまま横に倒れ側位へ体位を

変えた。片足を大きく持ち上げ俺のほうからマンコに出入りしているチンポ

が丸見えだった。「ずりゅっっずりゅゅっにゅるぅっぬりゅっっぐちゅっ」

「はあっ、はあっ、はっはっはっはっはっ、はあっ…」その間も妹は顔を後

ろに向け親父と濃厚なキス。そしてそのままぐるんと回転して親父が下にな

り妹が上になる。背面騎乗位になり下から思う存分ちんぽを突き上げ娘のか

らだは大きく弾んだ。「ああああぁ~んっ!!ああっ~んっっ!!」あまり

の気持ちよさに妹は前に倒れこんだ。親父は尻の肉を左右に思い切り広げる

と結合部があらわになった。「おお、、すっげぇ。。。」どす黒い巨大ちん

ぽが綺麗なピンクの濡れ濡れマンコにずぶずぶ入っている光景を目の当たり

にした親父は思わずこう呟いていた。「はぁっ はぁっ はっ、ぁはっ、パ

パのチンポどうだ?はあぁっ、華のぐちょまんにぶっ刺さってるぞ。エロイ

まんこだ。ああっ、はぁっ、はあぁっ、…」実の父親のチンポを奥深くまで

受け止めている娘は快感のあまりもう何も答えることが出来なくなっている

みたいだった。「ぬぽっっっ。。   ぬらぁぁ~…。。」親父はチンポを

引き抜くとマンコから淫液の糸が亀頭と繋がっていた。最大に勃起した親父

のモノはびくん、びくんと脈打ち青筋を浮かべて今にも噴射させそうなほど

にギンギンになっていた。朦朧とした意識の娘を抱えると鏡台に手をつかせ

立ちバックで攻め始めた。「あんっ!あああんっっ!!パパんっ!!あっ

っ!だめんっ!あんっ!!イイっ!!あああんっ!!」父と娘のセックスシ

ーンが鏡に映しださる。二人はどういう心境なんだろうか?禁断の関係にも

関わらず、背徳感などはまったく感じられない。ただ愛し合っているのがた

またま父であり娘である。そんな感じなんだろうか。「あああっ、はあっ、

ああああっ、あああっ、はっ、はっ、はぁっ、」淫汁が妹の太腿の内側を伝

ってどんどん垂れていった。汗だくになりながら二人は物凄いエロセックス

をしている。とても親子には見えなかった。「ぬるぅ~」チンポを引き抜く

と娘を鏡台に座らせた。そして挿入した後そのまま抱っこして抱えるように

持ち上げる。妹の腕はしっかりと首に巻きつけられ、親父の腕は娘の尻をし

っかりと支えゆっさゆっさと抱えていた。駅弁ファックのすさまじさに俺は

頭がくらくらした。「ぐちゅゅっ、ぐちゅっ、くちゅゅゅっ、っぐちゅっ、

にゅちゅっ、ぐちゅぅぅっ」ちんぽを抜き差しする度相変わらず粘度の高い

淫音が立つ。「あんんっ!!あふんっっ!!っパパんっ!!あんんっ!!」

「はっ、はっ、はっ、はっ、はっ、」大柄な親父に軽々を抱え上げられて妹

は思い切り下から突き上げられていた。そして繋がったまま娘の体を反転さ

せ、小さい子がおしっこをするような体勢になった。M字に開いた脚の間に

はピンクの割れ目にちんぽが物凄い勢いで突き刺さっている激エロ光景があ

った。「ぐちゅっ ぐちゅぅっ ぐちゅゅぅっ ぐちゅっ ぐちゅっ ぐち

ゅぅぅ…」「あんっあんっあんっあんっあんっあんっあんっ!!!!!」

「ああっああっ、はあっ、ああっ、ああっ、うあっ、はあっ、ああっ、」力

一杯ピストンを繰り返し娘のマンコに締め付けられているチンポからの快感

で親父もこらえるのがやっとのようだった。更にピストンに力が入り加速し

愛液と二人の汗がほとばしる。結合部は淫汁がたっぷり絡みつき相変わらず

卑猥な光景だった。「ぐちゅっぐちゅゅぅっぐちゅぐちゅゅっぐちゅぐちゅ

っっっ!!」「あんぅ、ぅあんっ!!パパダメーーーーーーんっ!!!イク

ーーーーんっっ!!あんっっっ!!あんっっ!いやーーーーんっっ!!あん

っっっ!!イクぅぅぅーーーーーっっっっ!!!!!」「はぁっ、!!ああ

あっっっ!!パパもダメだぁぁぁ!!イクぞっっ!!ああっ!!おおぉぅぁ

っ!!ああっっダメだぁあああっ!!イクっ!!イクぞっっ!!あああああ

あっっっっっ!!!!!」力一杯の挿入の後、何と親父は中でイってしまっ

た。まんこに突き刺さったままのちんぽは、ビクっビクッビクッと脈打って

いた。「はぁっ…はぁっ…はぁっ…はぁっ…」壮絶な絶頂を迎えた二人は肩

で息をし快感の余韻に浸っていた。暫らく埋め込んだままだったチンポを親

父はゆっくりを引き抜いた。するとひくひくといやらしく動く娘のマンコか

らとろぉぉ~~と大量のザーメンが中から溢れ出して来た。どんどん垂れ流

れてくる親父の精液で汚された妹のマンコは信じられない程エロかった。垂

れ流れてくるザーメンはアナルの方まで続き、ぼたっ、ぼたっ、ぼだっ、と

糸を引いた滴となってフローリングの上に落ちた。又ベッドに横になった親

父と妹はキスを始めいちゃつき始めた。正直初めは二人のことが信じられな

かった。世の中の秩序を正すはずの警察官の父親とまだ14歳の娘がこんな非

道徳的なことをしているなんて許せなかった。でも今はこんなにも激しいSEX

を見せつけられたら行き着くところまで行ってほしいと思う。二人が合意し

て愛し合ってるわけだし俺が出る隙はないんじゃないかな。別にそれはそれ

でいいんじゃないかなって気がしてきた。多分これからも俺は見てみぬ振り

を続けると思う。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

【妹】のぞき2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月28日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ