相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】大学時代の思い出【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


大学時代の思い出なんですが、

ちょっと書かせてもらいます。

大学入学して間もなく入ったサークルで、加奈という女の子と出会いました。

そのサークルは大層な名前のわりに、実は単なる飲みサークルで、

俺は最初の頃ちょっと戸惑いました。

一方、加奈も友達に誘われるがまま、よく分からず入ったとの事。

おとなしい性格の彼女は、軽いノリや騒がしいのが苦手みたいで、

周りの雰囲気についていけてない様子。

お互いそういうところの波長が合ったのか、

また俺と加奈とはサークル内で唯一、学部が同じだったのもあり、

いつしかサークルでも授業でもよく一緒にいるようになりました。

ややもするとサークルにも馴染んできました。

加奈は素朴で可愛くて、一緒にいると何か落ち着くんです。

俺はそのうち加奈の事が好きになりました。

夏休み前に俺は意を決して彼女に告白。




実は俺はそれまで女の子と付き合った事なかったし、

告白なんかして、もしふられちゃったら、

もう友達でもいられなくなると恐れもした。

当時の俺にしては相当の覚悟をもって臨んだわけだが、

拍子抜けするほどアッサリとOKをもらい付き合う事になった。

加奈も俺の事が前から好きだったと言ってくれ、本当に嬉しかった。

大学、特にサークルでは多くの友人が出来ました。

その中でも中井という男とは行動をよく共にした。

学部は違うが学年は同じ1年生。でも彼は浪人しているので年齢は1つ上。

社交的な面白い奴で、サークルでもすぐに中心的存在になった。

格好も良く、女関係も派手な遊び人でもあったが、

彼だったらモテるのも許せるなって思わせるほどイイ奴だった。

すべてが俺とは全く対照的ながら、ウマが合った。

毎日が楽しかった。

そんな中ただ俺の悩みの種というか、ちょっと気にかかっていたのが、

加奈と中井の仲が悪かった事です。

と言うか、単に加奈が一方的に中井を嫌っていたのだが。

ちゃらちゃらした性格が嫌いな彼女。

決して中井は軽いだけの奴ではなかったのだが、

加奈の目にはそうとしか見えなかったみたい。

またサークル内でも平気で抱いた女の話をする中井が、

彼女は生理的に受け付けなかったようだ。

中井もそういった加奈の態度を感じとり、加奈を苦手としていたようだ。

二人の間で板ばさみってほどでもないが、

中井が来れば加奈はいなくなるし、

加奈が来ると中井は遠慮がちになる。

俺としては自分の彼女と一番親しい友達と、やっぱり仲良くしてもらいたい。

俺は俺なりに二人に気を遣い、仲を取り持つような事をいろいろした。

それが徐々に功を奏したのか、次第に二人は打ち解けてきた。

加奈が中井について抱いていた感情は、

偏見と誤解からきたものがほとんどだし、

中井は彼女が思っているような悪い奴じゃない。

その辺りが加奈にも段々と分かってきたんだろう。

中井はもともと加奈に悪意なんか抱いてなかったんだし。

2年になる頃にはかつての険悪なムードが嘘のように仲良くなり、

3人で遊びに行くこともたびたび。

中井は大学の近くで一人暮らししていたのだが、

俺と加奈の二人で泊まりに行ったりもした。

ただ中井の女癖については、加奈は許せなかったようで、

たまに本気で激論を交わしたりしていた。

まあ、それは仕方ないわな。

俺のそこまでの大学生活は、良い人間関係に囲まれていた。

あれは2年の夏休みが終わりに差し掛かった頃、

俺が家でまったりとしていると、中井から電話がかかってきた。

中井、「大学の近くの飲み屋にいるから来てくれ」と。

うちから大学まで一時間くらいかかるし、しかももうかなり遅い時間。

面倒なので俺は断った。

中井のこういう突然の誘いはよくある事で、断ればいつもは無理強いしてこない。

しかしこの日は珍しくしつこかった。

話したい事があるみたいだし、ついに俺も根負けして嫌々ながら行く事に。

飲み屋に着いた時にはすでに夜の11時をまわっていた。

中井とはカウンターで飲んだのだが、

話があると言ってたくせに、世間話ばかり。

でもまあ、話なんて呼び出す口実だろうと、余り深くは考えなかったけど。

そして閉店時間が近づいてきた時、ふいに中井が言った。

「あのさあ。俺と加奈ちゃん、付き合う事にしたから。」

「は?」

俺はこいつは何を言い出すんだと思った。

加奈は俺の彼女じゃないか。

俺と加奈がどれだけ好き合ってるか、知らないお前じゃあるまい。

例えお前が加奈のこと好きになったとしても、

加奈はお前になびいたりしないよ、と俺は口にはしなかったが、思った。

中井はこう続けた。

「実は今、加奈ちゃん、俺の部屋にいるんだ。」

そして中井は間髪いれずに言う。

「お前に悪いと思ったが、実は加奈とは一ヶ月ほど前から関係があるんだ。」

まさか!それを聞いた時は本当にビックリした。

一ヶ月前から関係って・・・。俺は加奈とはその間にも何度か会った。

しかしそんなの俺は全く気付かなかった。

しかも一昨日、俺は加奈とデートしたばかりだ。

もうその時には中井に抱かれた後だったのか。

そして中井と付き合う決心をした後だったとは。

全く気付かなかった。いや、思い返しても加奈におかしなそぶりはなかった。

一ヶ月前、中井がお盆に実家の九州に帰省する前日に、

加奈を誘って二人でこの飲み屋に来たらしい。

何故かその時、俺は呼ばれていない。

いつからか二人はお互い口に出さないものの、

密かにひかれ合っていたようだ。

二人には下地が出来上がっていたのだろう。

そしてその日の飲みで二人は、その気持ちを口に出してお互い確認し合い、

結局その後、中井の部屋で朝まで何度も愛し合ったそうな。

中井はその朝、九州に帰省した。加奈は空港まで見送りに行ったとさ。

中井が九州に行って数日後、何と加奈が中井を追って彼の住んでる町まで来たらしい。

中井の帰省なんてたかだか2週間程度だろうに、大袈裟な事だ。

しかし中井は嬉しかったのだろう。

中井は連日、加奈をいろいろと案内し、地元の友達に彼女を紹介てまわった。

加奈は最初は自分で予約したホテルに宿泊していたのだが、

最後は中井の実家に泊めてもらったらしい。

つまり中井は親にも恋人として紹介したと言う事だろうか。

そして二人でこっちに戻ってきた。

それから何週間か過ぎ、今日に至る、と。

飲み屋でここまで詳しく中井が俺に話してくれたワケでない。

俺が後でいろんなところから聞いた話を、まとめてみた。

ちなみにその加奈の九州行きは、

俺はしばらく祖父母の田舎に行くと聞かされていたんだが・・・。

何にせよ、知らぬは俺ばかり、

もはや二人にとっての障害は俺だけになっていたようだ。

話を中井と俺の飲み屋に戻す。

中井と加奈はもう心は定まっていたんだろうけど、

俺にしてみれば突然の事で心の準備も出来てない。混乱した。

中井は凍っている俺の横でしきりに、

自分がいかに加奈が好きかとか、俺に対する罪悪感がどうとか、

もっと早く言うべきだったが言い出せなかった、などなど、

何かごちゃごちゃ言っていた。

俺は、「うるさい」とか「ふざけるな」とか、

そんな答えしか返せなかった。

「分かった。加奈も呼ぼう。三人で話し合おう。」

と、中井。今までは「加奈ちゃん」って呼んでたのに、

気付けば「加奈」って呼び捨てだ。

しかし一体何を話し合うと言うのだろうか。

三人で話し合いと言うより、

お前らが決めた事を俺に認めさせたいってだけだろう。

中井は飲み屋から部屋で待機している加奈に電話した。

そして近くの公園で三人で会う事となった。

飲み屋から公園まで数分、俺も中井もずっと無言だった。

俺の中ではいろんな感情が渦巻いていたよ。

中井に抱かれる加奈を想像してへこんだ。

二人して俺を欺きやがって。

こんな事なら加奈が中井を嫌ったままにしておけばよかった。

公園に着いた。加奈はすでに来ていた。

知ってしまうと不思議なもので、一昨日会った加奈とは別人に見えた。

加奈は泣いていた。そしてずっと俺に謝っていた。

「ゴメンね・・・あなたの事、嫌いになったワケじゃないの・・・でも・・・」

中井は加奈の横で沈痛な顔をして黙っていた。

怒りやら、悲しみやら、惨めさやらで、ホント狂いそうな気分だった。

嫌われて捨てられた方がどれだけましか。

加奈は俺も中井も好きで、それでも中井を選んだって事か。

中井より俺が劣っている事は自覚しているが、残酷な選択だ。

俺と別れて中井と付き合うなら、嫌だけど、仕方ない。

でも俺と付き合いながら中井ともセックスして、

その後で俺と別れるなんてフェアじゃないだろ、そんなの。

寝撮られたのとは少し違うが、俺も似たようなことあり。

それ以後、自分がもし逆の立場になったら、俺は友情か

恋愛のどちらかだけを選ぼうと決意したよ。両方手に入

れるなんてうまい話は友達に失礼だ 的支援

加奈はそれ以上は何も言わず、ただただ泣いて謝るばかり。中井無言。

10分くらいずっとそんな調子だった。

さすがに俺も業を煮やし、「分かったから、もう行けよ。」

結局、そう言わざるをえなかった。「話し合い」は終わりだ。

中井は俺にもう終電ないのを気遣ってきたが、

放っておいてくれと二人を追い払った。

「スマン。・・・じゃあ、行くわ。」

と言って加奈と一緒に行ってしまった。

俺は二人が公園を出て行く後ろ姿を見ていたら、

心が冷めていくのを感じた。

しばらく公園で一人ぼんやりした後、歩いて帰りました。

家は遠いので途中で歩きは断念して、適当な駅のベンチで始発を待ちました。

夏休みが終わって久しぶりにサークルの部室に顔を出した。

ああいう事があったせいで、ホントは余り人前に出たくなかったんだけど、

まあ、意地と言うか何と言うか、努めて平穏を装い皆と談笑した。

するとしばらくして部室に中井が入ってきました。

一瞬、部室の空気が重くなったのを感じた。

あ、サークルの皆にもう噂は広まってるんだと思ったよ。

でも中井はいつも通りでした。俺に対しても。だから俺もいつも通り振舞った。

結局、中井とは卒業まで変わることなく友達関係を続けた。表面上は。

彼も俺に気を使ったのか、合コンに誘ってきたり、女の子紹介してくれたりした。

だけど、何か加奈の代わりをあてがわれているようで、すべて断った。

一方、彼女はサークルにほとんど顔を出さなくなった。

俺との事があるからだろう。そしていつしか全く来なくなった。

ただ俺とは同じ学部だし、よく教室とかで会った。

向こうから話し掛けてきたら俺はそれなりに対応したが、

ただ俺は極力、加奈を避けた。つらかったんだ。

そうしているうちに段々と疎遠になって、

そのうち会っても挨拶もしなくなった。

まあ、3年以降は授業が重ならず、あまり会う事もなくなった。

ただ遠くに加奈の姿を見かける事はあった。

その度に胸が締め付けられた。

中井と加奈の付き合いは続いたが、

在学中に俺の知っている限り少なくとも3度、中井は他の女に手を出している。

一度、中井の浮気がバレて大喧嘩をして二人は別れたが、

いつの間にかよりを戻していた。

中井は無神経なのか天然なのか、平気で浮気話や相談事を俺にもちかけてくる。

そういう話を聞かされる度に、お前はそれだけ女に恵まれているのに、

何で俺から加奈を奪ったんだって思った。

でも言わなかった。

また中井はサークルの仲間うちで、

加奈との情事を平気で皆に話したしていたようだ。

たまに俺がいるのに話し出す事もあった。

俺が不愉快な顔をすると、それに気づいて、後でこっそり謝ってくる。

そういう事がたびたびあった。悪意はないんだろうけど。

俺は気にしないようにしていたし、吹っ切れたふりをしていたが、

本当は在学中ずっと加奈の事を引きずっていたんだ。

でもそれを認めると惨めになるから、強がっていただけだ。

あんな女嫌いだ。だから中井にくれてやったんだ。

だから俺は全然平気なんだって、無理やり思い込もうとしていた。

中井は大学卒業後もよく連絡をくれたし、たまに会った。

中井は俺の事をずっと親友と思っているのだろうか。

驚く事に二人はまだ付き合っていると聞く。

離れたりまた引っ付いたり、波乱万丈、紆余曲折のようだ。

いい歳して結婚もせず職も転々としている中井と加奈。

あまり二人とも大学時代から成長していないようだ。

加奈とも卒業後いつだったか、一度だけ会った。

もちろん中井も一緒に三人で。

すれてしまったなあ、疲れているなあ、

と言うのが俺がその時の彼女に抱いた印象だ。

でももうどうでもいい。


告白体験談関連タグ

|||||

【寝取られ】大学時代の思い出【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月30日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ