相互リンク先の更新情報!

【教師・先生】原田先生と俺【告白体験談】

カテゴリー:教師・先生との告白体験談
tag:


漏れが高校2年だった頃の話



教育実習を終えて、教師になったばかりの新人教師の3人が、俺のクラスを教えることになった

数学担当:背の高い男性、そこそこカッコイイ、熱血系

英語担当:元気な女性、整った顔立ちで美人、オネェ系

現代国語担当:おとなしい女性、可もなく不可もなく、ダサい眼鏡、普通系

俺的には、英語担当よりも国語担当の方が好みではあった(雰囲気込み



俺は当時、自分で言うのもなんだが、勉強はかなりできる方だった。(理科と数学は学年で1番、それ以外はそこそこ、社会科はてんで駄目、だったw)

トータル的に成績が良かった為何をしてもあんまり怒られる事は少なかった。特に真面目ってこともなかったが、無茶なことも、しなかった。



1回目の授業のときに自己紹介(?)みたいなのをやるだろ?

その時にナメられる教師とそうじゃない教師でわかれるだろう?

3人とも緊張しまくりでまあ新人っぽかった

だがいざ授業が始まると数学と英語はチャキチャキしてるっていうか、元気がいいって




いうのか授業中に騒いでいるときつく注意されるし真面目に授業うけるしかない

んだけど現国担当の『原田あやの』先生の時は一応注意されるんだけど弱々しい

っていうかみんないう事聞かずにゲームやったりトランプやったりしてるわけ(俺は

普通に授業うけてたが)

高校の授業なんてまぁそんなもんだ



そんな感じで3ヶ月が過ぎた頃

図書委員をやっていた俺は結構おそくまで学校にのこっていた(といっても6時ごろ

だが)

夏休み前だったのでまだまだ外は明るかった。



図書室は別館4階にあったので帰るときに俺はいつも4階のわたり廊下のような本館

とつなぐ通路を通って本館の階段で1階まで降りて帰っていた。委員の当番の日はい

つもそうだった。

その日もいつもと変わりなく渡り廊下をとおって本館へ行って階段を下りようとした

とき本館4階の廊下の奥に誰かがいる。

生徒でないことは服装でわかったが誰だかわからない。

近づくと原田先生だと分かったので俺は声をかける。

俺「あ。原田先生〜」



原田先生「え?M君(俺)?どうしたの?こんな時間に」

俺「図書委員の当番だったんで・・・。原田先生こそこんなとこでなにしてるの?」

原田先生は少し悲しそうに無理に笑顔を作っているような感じ。

原田先生「ううん。別に何でもないの。M君って図書委員だったんだ?」

俺「うん。本読むの好きなんだ。」

原田先生「そう・・・。私の授業も真面目に聞いてくれてるものね・・・。」

少し悲しそうに微笑み、「気をつけて帰りなさいよ。」と言って階段を降りていく。

おそらく職員室に帰ったんだろう。

俺はなんだったんだ??? って感じだったが原田先生の悲しそうな目がなんという

か壊れそうというか妙に気になった。



そして翌日事件(?)は起こった。

おとなしい原田先生がついにみんなの授業態度の悪さにキレたのだ。

授業中に突然教科書を教壇に叩きつけ怒鳴る。

原田先生「あなたたちいい加減にしなさい!!」

普段おとなしい人が怒鳴ったので一瞬空気がとまる。

がすぐに「だまれ」「何いってんだよ」と笑われてもとどおりに遊びはじめる。

教壇では先生がうつむいて泣いている。

後ろの席から「あ。泣いてやがるw」と声が聞こえやがて教室中が「泣き虫」

コール。先生は泣きながら教室を出ていってしまう。

その日のホームルームで担任の教師からクラス全員こってり怒られる。その件で。俺はちゃんと

受けてたのに・・・と思いながら一通り担任の説教を聞きみんな少しおそい帰路につく。

俺がトイレに行き教室に戻ったらもうみんな帰っていた。俺も急いで帰り支度をして教

室を出ると4階渡り廊下に原田先生がいるのが見える。(明るかったので原田先生だと

分かった)



友達もみんな先に帰ってしまっていたので原田先生のいる渡り廊下まで行って

俺「あやの!!」

原田先生はすごくびっくりして

原田先生「え???M君?」

俺「ははは。びっくりした??w原田センセイw」

原田先生「もぅ、いきなり下の名前で呼ばれたらびっくりするじゃない。」といいつつも目は笑っている。

原田先生「今日も委員の日?」

俺「いや今日は担任の○○に説教されてたんだよw原田先生のせいでw」

原田先生「え?もしかして3時間目の授業のこと?」

俺「うん。ホームルームで先生の授業をなんでちゃんときかないんだ?とか人によって態度をコロコロ変えるやつは最低だとかいっぱい言われたよ。さっきやっと終わって帰るところ」

原田先生「そう。ごめんなさい・・・」

先生は少し元気なく言う。

俺「まぁ先生はわるくないんジャン。」



原田先生「ううん。途中で授業放棄しちゃったから・・・。」といって原田先生がボロボロと泣き出してしまった。

俺「え??えぇぇ??」

俺「先生?」どうしていいのか全くわからない。とりあえず頭をナデナデする。

しばらくして(5分ぐらい?)先生が泣きやむ。

原田先生「ごめんなさい。」

目を真っ赤にした原田先生。眼鏡もはずしている。(やっぱ俺の好みだわ。かわいい)

俺「眼鏡はずしたとこ初めてみたw」

といったら先生は慌てて涙を袖で拭いて眼鏡をかけてしまった。

俺「やっぱ先生の方が美人だなぁ。」

原田先生「え??」

俺「いや○○先生(英語担当)の方が美人ってみんな言うんだけどね。」

原田先生「???」

俺「まなんでもない。それより先生どうしたの?ビックリするじゃんw」

原田先生「ううん。なんでもない。」やっぱ悲しそう。



俺「先生ちょっとこっちきて。」

といって半ば無理やり手を引っ張ってそのまま図書室の一番奥に連れていく。(そこは普段は擦りガラスの窓が閉まっていて日光が入らないようになっている。)

夕方に窓を開けるとちょうど夕日が沈んでいくところがきれいに見える。俺のとっておきの場所だ。

ガラガラガラ。

原田先生「うわぁぁぁ。」

原田先生「キレイ・・・・。」

俺「ここ普段は閉めっぱなしらしいんだけどこの間掃除のときにたまたま見つけたんだ。夕日が街に溶け込んでいきそうでしょ?w」

俺「ここ好きなんだ。」

原田先生「・・・」

俺「原田先生に見てほしくなったんだ。・・・。ねぇなにがあったの?」

原田先生「・・・・・・。」



と扉の方からガチャと音がする。

俺「???」

原田先生「???」

顔を見合わせる。何なんだろう?

扉の前まで行って鍵を閉められたことを知る。

俺「え?閉まってる?ここも鍵閉めるのかよw」

原田先生「え?えぇぇ??」

俺「ここって中からは開けられなかったような・・・。」

原田先生「う・・・そ・・?」

実際は内側からも開けられるのかもしれないが俺は開け方を知らなかった。

当然叫べば用務員のオジさんが来て開けてくれることは分かっていたが

「こっちは別館だから用務員の人見回りしないらしいよ」って言ってしまった。



原田先生「そうなの??どうしよう???」

本当に困っているみたい。(半パニックといってもいいかもw)

俺「まぁ朝になれば勝手に開くでしょ。」

原田先生「え〜〜。そんなぁ・。M君のご両親が心配するでしょう?」

俺「いやいやw俺はちょくちょく友達とこ泊まったりするからなんともないよw」

実際よく無断外泊してた。もちろん思いっきり怒られるがw

俺「先生こそ家の人が心配するんじゃないの?」

原田先生「ううん。私は一人暮らしだから大丈夫。」

俺「(へー一人暮らしなんだ)すごいー。料理とかつくってるんだ〜」

原田先生「あたりまえじゃないww」

俺「やっぱ大人なんだね〜。すごいなぁ。」

原田先生「凄くないw凄くないw」

原田先生「あっ!」

俺「え?」



原田先生「外!窓の外!」

俺「うわぁぁぁw」

窓の外には夜とも夕方ともいえない空が広がっていた。上を見ると夜で下の方は

夕方のようななんとも幻想的な景色。

しばらく2人で空を見ていた。

がどのくらいの時間が経っただろう。蚊がうるさいw

俺「虫はいってくるし閉めよ。」ガラガラガラ

自然と本棚にもたれかかって二人ならんで座る。外は真っ暗だ。



俺「・・・・・」

原田先生「・・・・・・」

夜の学校って何であんなに静かなんだろう。

先生の呼吸音が聞こえそう。俺の心臓の音が聞こえるんじゃ?なんて思った。

その時

原田先生「M君。」

俺「ん?」

原田先生「実はね。今日、教頭先生に叱られちゃったの。授業放棄で。」

俺「うん。」

原田先生「私ね、ドラマとかで教師って職業にあこがれてて絶対教師になるって決めてたんだ。こんなにも授業が難しいなんて思わなかった・・・。」

俺「うん。」



先生は思っていたように授業ができないことや生徒と打ち解けられないこと、そして今日の授業でつい泣いてしまって教師としての自信がなくなっていたことや授業中に逃げちゃって教頭にこってり叱られたことなんかを話した。

原田先生「なんでみんな言うこと聞いてくれないんだろ?ねぇ?どうして?M君。」

俺「え?えぇ??」

原田先生は少し目を潤ませて顔を近づけてきた。

座ったまま前かがみのような体制で下から俺を見ている。その時にワンピースの胸元からブラジャーと胸の谷間が見えた。

原田先生「まいつもちゃんと聞いてくれてるM君にいっても仕方ないか。」

と言って離れる。

俺「あ、あぁ・・・うん。」

と上の空でわけの分からない返事をする俺。



原田先生「あ〜〜!聞いてなかったでしょ、私の話。もぅぅ。」

胸の谷間に見とれていたことを言っていいものか迷ったが

俺「あ、ごめんごめん。聞いてなかった訳じゃないんだ」

原田先生「うそばっかり・・・。」

俺「いや〜先生って今日水色のブラなんだねwさっき顔近づけたときに上から見えちゃった。」俺は冗談ですまそうと、見えてしまったことを正直に言った。

あちなみに図書室のちょうど上ぐらいに夜間に学校を照らす明かりが取り付けられていてカーテンを開ければそこそこ明るかった。

俺「きれいな胸に見とれてたんだよww」

原田先生「あ〜!!人が真面目な話してるのに。もうバカバカ」

先生は胸元を手で隠してそっぽを向いてしまった。

俺(あ〜あ〜、怒っちゃったw)

俺「せんせー、ごめんってば。」

原田先生「ふんだ。もういいもん。」(大人がスネるなよw)

俺は先生の後ろからはがい締めのような感じで軽く首に手をまわす。



原田先生「きゃっ?何するの??」軽く抵抗する原田先生

俺「まぁそのまま聞きなって。」

俺「先生はやさしすぎるんだよ。おとなしすぎるっていうのかな。そりゃみんなにナメられるって」

原田先生「・・・。」

黙って聞いている。俺は他の先生や生活指導の先生なんかは怖いから授業中は静かだしとか俺は先生の授業好きなんだけどとか そんな話をして腕をほどいて先生の頭をポンポンってなでた。

原田先生「コラ!私の方が年上なんだぞ。頭たたくなーー」と怒る(もちろん笑いながら)

原田先生「M君、ありがとね。楽になった。」目を細めて微笑む。

この笑顔がかわいいんだよな〜 この人は



しばらく2人とも沈黙だったが耐えきれずに

俺「先生って眼鏡とったほうが美人じゃね?w」

原田先生「え〜w生意気なこというんじゃないのwだいいちこれ外したらなんにも見えないの」

俺「へ〜視力いくつ?」

原田先生「0.01以下で乱視も入ってる」

俺「そうなんだw俺目はいいからさっぱり想像できないな。」

原田先生「眼鏡はずすと目の前にいる人も輪郭ぐらいしかわからないよ」

といって眼鏡をはずして目を細めて俺の方を見る。

俺「ちょっとかけさせて」といって眼鏡を奪う。

かなり度がきつくて気分がわるくなりそうだ。

俺「うわグルグルしてるw気持ちわるい〜」

原田先生「そりゃそうでしょ」ケラケラ笑っている。かなり元気になったみたい。

俺はちょっといたずらしたくなった。



眼鏡を持ったまま先生のそばを離れる

原田先生「あっ、ちょっと?M君。ほんとに見えないんだから返してよ。」

俺「その方が美人なんだからそのままでいれば?w」

原田先生「返しなさいってば」といって立ち上がるが俺の居場所がわからないみたい。

本棚づたいに手探りで歩いている。

俺「こっちだよーー、あやのチャンw」遠くから呼んでみる。

原田先生「先生でしょ!」

俺「はーい、あやのセンセ」

原田先生「いた!そこかー」先生が走ってくる。

俺「あ、走ったら危ないって」実際机やイスがあるので心配になった。

原田先生「うるさいーー。そこ動くな!!」そんなにムキにならなくても・・・

そして先生のタックルが・・・ ん!?タックル?距離が全く分からなかったのか走ったまま俺にぶつかってきた。

俺「え〜?」

原田先生「きゃっ」

あまりの勢いに2人して倒れてしまった。



ちょうど先生が俺を押し倒したような格好になっている。

で先生の胸がちょうど俺のあごの辺り先生の股間(といってもふとももかな?)が

俺の腕のうえに乗っかるような感じ。

倒れた瞬間は何がなにやら分からなかったがかなりおいしい状況といえるw

ますぐ起きあがったけどね

原田先生「いった・・・」

原田先生「もう。M君が悪いんだからね。返してよ」と眼鏡を取りかえされる

俺「先生って結構胸あるんだなw痛かったけどラッキーだった」

原田先生「・・・!!」ゴン

頭をグーで叩かれてしまった。

俺「いったあーー」

原田先生「バカ!スケベ、変態!」(生徒に言う言葉じゃないだろうw)

一人で図書室の奥へ行って「こないでよ」なんて言われてしまった。



今何時なんだろう?外がうっすらと明るい。寝てしまったようだ。図書室の時計を見ると5時をすぎたあたり 先生は?

よくみると図書室の隅っこでカーテンにくるまっている。寝ているようでスースー寝息を立てている。ワンピースがかなり乱れたことになっている。

ブラは丸見えだしスカートも膝上20cmぐらいまで捲り上がっている。寝相わるいんだなw

起きる気配もないのでじっくり鑑賞することにした。

はだけた胸元からレースのついた水色のブラと真っ白い胸の谷間が覗く。ワンピースのボタンを外したくなった。今おもえば勇気ある行動だなw

一番上は外れていたので(自分で外して寝たのかな?)2つめ、3つめをはずす。

おっきなボタンだったので労せず外せた。完全に両方の胸があらわになる(ブラは外してないよ)。子供用のお茶碗ぐらいの大きさだろうか?胸をじっくり堪能した後下も気になってくる。ま当然だわなw



でワンピースのスカート部(?)をさらにまくし上げてみる。起きないかビクビクだったが。難なくパンツが見えてくる。こっちは何の飾りっけもない真っ白のごく普通のパンツだったが

そこが先生のイメージ通りでかえって興奮した。肌も本当に白い。先生の股間にしばらく釘付けになった。

原田先生「ん・・・んん。」

俺はビクッとなった。(やばい起きたのか?)がただの寝返りだった。先生はそのまま三角座りの格好になった。まだ寝ている。



胸は隠れてしまったが下の方がすごいことにw

足を立てたときにパンツの片ケツ分(?)が食い込んでいわゆる半ケツ状態になっていた。おしりのシワが見えるか見えないかぐらいで陰毛が見えるぐらい。

毛はすごく薄いっていうか短いっていうか赤ちゃんの髪の毛みたいな感じで男の陰毛とは違うんだなと思った。

パンツをずらしたい衝動にかられたがさすがに迷った。起きてしまったら言い訳のしようがない。

が結局欲には勝てずずらすことにした。



どこから手を入れようか考える。できるだけ体には触らないように気を付けなければ。

三角座りで右足のかかとが右のおしりに当たっているので左側から決行することにした。

半ケツ状態でシワになっているところをそっとつまみほんの少しだけ真ん中の方にずらす。オシリの方はほとんど位置がずれなかったが(当然といえば当然だが)陰毛はよりはっきりと見える。



『もっと』と悪魔が囁く・・・。

さらにパンツのシワを真ん中へゆっくりゆっくりとずらしていく。毛が生え際から真ん中へいくにつれて濃くなっていくのがはっきりと分かる(といっても薄い方だったのだが)。そのままゆっくりずらしていく・・・。先生の陰毛が途切れる。

俺「!!」



これがマンコか。当時童貞だった俺は見るのは初めてだった。そこだけ毛が途切れていてうっすらとスジというか割れ目というかが縦に入っている。

すごく細いホタテの貝の縁側(っていうのかな?)のようなビラビラが2つ重なり合っている。

ビラビラ部分だけは少し肌の色が違っていた。先生の白い肌の色ではなく俺の手の肌の色ぐらいだった。

もう心臓はバクバクだった。

さすがに触ったら起きるよなあ・・・

と思いながらもそっと触れてみる

温かい。触れるか触れないかぐらいだったが人差し指にははっきりと感覚がある。



とかすかに足音が聞こえた。慌ててパンツから手を離す。

ガチャガチャ

この音に先生も目を覚ます。(危なかった・・・)

時計を見るともう7時で鍵を開けに宿直の先生がきたのだ。

原田先生「うぅぅ〜〜ん。寝ちゃってた。」と言って伸びをする。

原田先生「やっと開けてくれたわね」(先生の半分寝ぼけたような笑顔がかわいい)

俺「あ!」

原田先生「?」「あ、キャア」伸びをしたもんだからボタンを外したワンピースが思いっきりはだける。先生は慌てて胸をかくしてボタンを止める。

俺「ラッキーw」

原田先生「もぅ。3つもはずしたかなぁ???」どうやら自分ではずしたと思っているらしい。パンツをずらしたことにもまったく気づいていない。

立ち上がって服を整えて誰もいないのを確認して二人で図書室を出て学校をあとにした。



俺は家に帰り母親にこってり絞られて遅刻しての登校だった。

授業中で静かな廊下を教室へ急ぐ。原田先生とすれ違った。原田先生も家に帰ったのだろう。服を着替えていた。

俺「おはよう」

原田先生「おはよう」「昨日のことは内緒だからね」と耳元で小さく言う。



俺「うんw先生の寝顔かわいかったよーーw」(顔以外もだがw)

原田先生「あっ コラ。先生に向かってなんて口きくのよ」

照れているのだろうか、顔が真っ赤だ。

俺「ハイハイ、顔あかいよ センセw」

原田先生「もう。。」

そして俺は何事もなく教室に戻った。

先生の授業は相変わらずのまま夏休みになった。

<一部完>















女の先生とのエッチな思い出10時間目


告白体験談関連タグ

|||

【教師・先生】原田先生と俺【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年1月31日 | 告白体験談カテゴリー:教師・先生との告白体験談

このページの先頭へ