相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】寝ている姉に【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


私は6人兄弟の5番目です。

兄弟と言っても男は私だけで、あとは妹ひとりと姉が4人です。

今回は恵子という2コ上の姉貴の話をします。

姉貴はバレーひと筋のスポーツ少女でした。

容姿は多分中くらいだと思います。

バレーをやってるだけあって筋肉質でしたが、とにかく胸とお尻の大きい人でした。

夜遅くクタクタになるまで練習に明け暮れ、

帰ってくると風呂にはいり、ご飯を食べてバタンキュウの毎日でした。

一度、家族全員が目を覚ますほどの地震がおきたんですが、

その姉貴だけは全く気付かずに爆睡してました。

そんな姉貴と同じ部屋に寝ていましたが、

周りがみんな女だと、ケンカばかりで、もはや女とはみていませんでした。、

なので、なんの感情もわきませんでした・・・高校1年の夏までは。

夏休みに入る前の日に友達4〜5人と初体験の話で盛り上がりました。

今年の夏こそは絶対体験するぞ!とみんな意気込んでいました。




その中に本気かどうかは分かりませんが、

俺姉ちゃんとやるかもしれない・・・っていう奴がいたんです。

そのときはみんな笑ってすましたんですが、私だけ妙にドキドキしたんです。

今まで一度も考えたことが無かったので、

ずっと頭にこびりついて離れませんでした。

その夜、いつものように隣で姉貴が爆睡してました。

いつもはなんでもない光景なんですが、今日は違いました。

姉貴の寝息がどうしても気になって眠れなかったんです。

時間だけが過ぎていき、ふと時計を見ると2時をまわっていました。

どうせ眠れないのなら・・と意を決して姉貴のすぐそばまで近付いていき、

そっと寝顔をのぞいたんです。

姉貴は口を半開きにして軽くいびきをかいていました。

なにを思ったか、私は姉貴の息がかかる程の距離まで顔を近付けました。

姉貴の鼻から出る息がものすごく甘かったのを憶えています。

そして、吸い寄せられるように唇を重ねてしまいました・・・。

すぐ離れて様子を見たんですが起きてる様子はありませんでした。

ただ私の心臓は、バクバクとありえない程すごい音をたてています。

見つかったらどうしようという恐怖もあったんですが、

好奇心のほうが余りにも大きく、これで止めようとは全く思っていませんでした。

しばらくしてもう1度近付いていきました・・・。

今度は長めに唇を重ねて見ましたが、起きる気配は全くありません。

だんだんと気持ちが大きくなり、今度は舌で姉貴の唇を舐めてみました。

さらに心臓はバクバクですが、もう止まりません。

起きないでくれ!と願いつつも、舌で歯を舐め、歯ぐきまで舐めてしまいした。

あまりの興奮でやめられませんでした。

その時!う〜ん、と姉が体を揺らしました。

私は、速効自分の布団に戻り、完全にばれて終わった!!と思いながら、

姉貴に背をむけてドキドキしていました。

・・・5分くらいたったでしょうか、また軽いいびきをかき始めたのです。

どうやら全く気付いていない様です。

私もそこでやめればいいんですが、興奮が全く冷めず、

また懲りずに近付いていきました。

今度はTシャツのふくらみに目がいきました。

いつもノーブラで寝てたので乳首がすぐに分かりました。

震えながら中指で恐る恐る触ってみました。

ものすごいやわらかさです!

時折姉貴がビクッと、動くんですが指が離れません。

そしてしばらく触ってたら、だんだんコリコリしてきました。


告白体験談関連タグ

||||

【近親相姦】寝ている姉に【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月1日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ