相互リンク先の更新情報!

【高校生】すごいギャルと付き合った話【告白体験談】

カテゴリー:高校生との告白体験談
tag:


とりあえずスペックね

俺 当時21歳

ごつい

ギャル 当時20歳

顔はかわいい

俺が働いている会社に歳が一つ下のギャルがバイトで入ってきた。

第一印象は派手な子だなーぐらいだった。

特に興味もなかったし、当時の俺は彼女もいたし気にもとめなかった。

しかし、ギャルの担当する仕事が俺と被っていたため、話をする機会は割と多かった

ギャルが入ってきてから1週間ぐらいしてから

部署のみんなで歓迎会をしようということになった。

部署のみんなと言っても5人しかいないのだが、

まあいつも通りな感じで楽しく飲んだ。

それでお開きになってタクシーに乗ろうと、

大通りに向かって歩いてたら後ろから声を掛けられた。




「俺さん、ちょっと待って!」

後ろを振り向くとギャルだった。

あれ?忘れ物でもしたかなーと思ってたら

「アドレス教えてください!」との事。

別に断る理由もないし交換した。

ギャルの名前は若槻千夏?だっけ?に似てるって言われてたから千夏で。

そこで千夏はまくし立てるように質問攻め。

「彼女はいますか?」

「付き合ってどのぐらいですか?」などなど

まあ、立ち話もなんだしどっか入ろうぜって言って二人で居酒屋に入ったんだ

酒も入ってたし、普段仕事で喋ることとは違いプライベートな話をした。

千夏には父親がいなく、母親は違う男を取っ替え引っ替えしてるとか。

同棲している彼氏が暴力を振るうとか。

この子、見た目はビッチだけど割りとナイーブなのかなーって思って聞いてた。

俺には両親がいないんだけど、

こういう片親で悩んでいる子の話を聞くと

どうしても何か力になってあげたいと思ってしまう。

別に俺が何かできるわけじゃないのにね。

当時は勘違いしてたんだね。

これがそもそもの間違いだった。

この日は特になにも無く普通に帰宅した。

当時付き合ってた彼女がいたんだが、

超遠距離恋愛だったため、まったくうまくいっていなかった。

高校卒業してから俺は就職、

彼女はヨーロッパのどっかのなんとかって音楽の大学。

卒業から一度も会ったことがなかったし、

彼女が課題等で忙しく電話はおろかメールもほとんどしていなかった。

恐らくこのまま自然消滅になるんだろうなーと思っていた。

それで帰宅してからその彼女に久しぶりにメールしてみようとパソコンを起動してメールした。

そしたら珍しくすぐにメールが返ってきた。

「別れよう」

俺はわかったと返事した。

現状から関係を回復する術が思いつかず、あっさりと別れてしまった。

翌日、別に報告する義務はないんだけど、

なんとなく飲んだ時に彼女の話をしたこともあり千夏に振られた事を報告した。

千夏は少し嬉しそうな顔をしているように見えた。

その日の帰りに千夏に食事に誘われた。

「慰めパーティーです!」と言っていたが

パーティーと言うのはもっとこう明るい気分の時にやるやつではないのだろうか?

とりあえずびっくりドンキーでハンバーグを食べた。

食事が終わった後に千夏は夜景が見たいと言った。

俺は地元でも有名な夜景スポットへ連れていった。

二人で夜景を見ながら「うわー」とか「すげー」とか言っていたら

「俺さん!」と呼ばれた。

千夏の方を振り向くとキスしてきた。

「実は、バイトで入った時から好きだったんです」

「彼氏とは別れるので付き合ってください」

突然の告白をされました。

俺は少しだけ千夏に惹かれている部分があった。

しかし、それは好きではなくいい子だなー程度。

なんか妹的な感じなのかな。

ましてやこの時点で知り合ってからまだ1週間程度。

しかも付き合ったら社内恋愛になる。

ちょっとそれはめんどくさいなーと思った俺は無理と断った。

千夏は悲しそうな顔だったが「とりあえず彼氏とは別れます」と言ってその日は解散した。

それから1ヶ月くらいは特に何もなく、

千夏からはたまに寝る前にメールがくる程度だった。

とある日の夕方、俺は車で外回りしていた。

用事も終わり会社に戻ると

会社の駐車場の前の歩道に1台のバイクと二人のDQN。

車で駐車場に入ろうとした所、一人のDQNに通せんぼされた。

俺は窓を開けて「何ですか?」と聞いた。

DQN「お兄さん、俺って奴しらねー?」

「俺ですけど?」

DQN「え?まじで?」と言ってもう片割れを呼びに言った。

二人でニヤニヤしながら車に近づいてきて

DQN「ちょっと車から降りろや」

俺は車を止めて二人の話を聞くことに。

片割れ「ケイって知ってる?」

俺「いや、わかりません。」

片割れ改めケイ「ケイって俺のことなんだけどさー俺って誰だか知ってる」

俺「わかりませんって。」

ケイ「あんま舐めてっと殺すぞコラ、おれ千夏の彼氏なんだよ」

ケイ「オメー俺の女に手出してるらしいな?ちょっと話聞きてえんだけど」

「今仕事中だから終わってからにしてくれ」と伝え電話番号を教え帰ってもらった。

とんでもなくめんどくさい事になったなー。

手は出してないけどあっちからちょっかい出されたのは確かだし

どうしようかなーと思ってた。

事務所に戻ると課長に

「さっき外で喋ってたの誰?ガラ悪いねー?友達?」と聞かれ

「連れです。すんません。」と言っておいた。

ちょっと千夏に話を聞こうと思ったが忙しそうなのでやめた。

とりあえず、ボコられてもしゃーないから行くことにした。

しかし、そのまま行って痛い思いをするのは嫌だし

しかも俺はケンカなんか小学校の同級生の森くんがFF6を返してくれなくて

森くんちに行って力づくで奪った時の一回しかしたことがない。

恐らく俺はケンカが超弱い。

そんな人間がケンカをして勝てるわけが無いので、

高校時代にバイトしていたガソリンスタンドの先輩の健さん(DQN)に電話した。

俺「こんな事になったんですがどうしたらいいでしょう?」

健さん「そいつなんて名前?」

俺「ケイって言ってました」

健さん「それ中学の後輩だわ」

健さんに俺の言い分を聞いてもらい、

健さんが地元の友達経由でケイに連絡して

今夜の呼び出しがなかった事になった。

DQNネットワークはすごいと思った。

自宅に帰り、千夏に今日の事をメール。

すると千夏から電話が掛かってきた。

千夏によるとケイとの喧嘩の時に俺の名前を出してしまったらしい。

ケイとはもう別れたく、俺の事が好きということも。

それを何か勘違いしてケイが俺のところに特攻に来たということ。

後は終始ごめんなさいを連呼していた。

電話したことがケイにバレるとまたややこしくなるので、

着歴を消して今日は寝て下さいと言って電話を切った。

その後、特に俺には何も連絡がなく

いつの間にかこの話は終わった。

あんなにプリプリ怒ってたケイもその後見ることはなく、

ちょっと拍子抜けした。

千夏もケイと別れる事ができたらしく、

この時千夏は実家に帰っていたようだった。

だったんだけど…

俺「何してんの?」

千夏「来ちゃった//」

来ちゃったじゃねーよ。終電もない時間だし部屋に上げた。

千夏も飲みの帰りだったようで寂しくなって来てしまったらしい。

この時には以前あった千夏への好意?もケイの件で萎えていた。

俺はとりあえず風呂に入り一足先に寝た。

千夏は風呂に入りに行った。

千夏は風呂に入りに行った。

俺はすぐに寝てしまった。

飲んだこともあり寝てから1、2時間で喉が乾いて起きた。

俺の隣には下着姿の千夏。

思い返してみれば布団を用意してやらなかったし、

着替えも用意していなかった。

まあしょうがねえかと思って水を飲んで毛布を出してソファーに寝た。

すると千夏のすすり泣く声が聞こえた。

俺「どうした?」

千夏「俺はそんなに千夏の事嫌い?」

俺「いや、嫌いとかじゃなくてこういうのはまずいでしょ?」

千夏「・・・一緒に寝たい」

俺「・・・・・・はい」

俺は意志が弱い

俺は千夏のいるベッドに入った。

そこで千夏に唇やらなんやらを求められ、

そのままセクロスしてしまった。

俺は激しく後悔した。会社の子に手を出したことを。

しかし、俺も男。このままこの子の思いを蔑ろにできない。

と変な義務感を持ってしまいこの日に付き合うことに。

それからは会社のみんなに隠れて付き合い、

千夏はもっぱら俺の部屋で過ごしていた。

そんなこんなでもだんだんと千夏の事を好きになっていた。

料理は作ってくれるし、掃除もしてくれる。セクロスもうまいし。

しかし、気になる点があった。

たまになんの前触れもなく突然大声で泣き出すのだ。

だんだんと声が大きくなるのではなくほんとに突然でかい声で。

会社にいる時には泣いた事がないが、会社以外ならどこでも泣く。

コンビニでも、歩きながらでも。

理由を聞くと俺がどこかに行ってしまいそうで怖くなるとの事。

この時、俺はメンヘラって言葉を知らなかったが、

この子頭おかしいんだなーぐらいに思っていた。

まあ、こんな子もいるだろぐらいな軽い気持ちで。

それから千夏とはその泣くのぐらいで普通に過ごしていた。

つもりだった。

ある日、千夏がスーパーに買物に行って

俺が一人で部屋にいた所、聞き覚えのない着信音が鳴った。

俺の携帯と千夏の携帯はテーブルの上にある。

音は千夏のバックの中から聞こえていた。

バックを漁ると、ソフトバンクかなんかのプリカ。

画面には見知らぬ男の名前が表示されていた。

出るべきか出ぬべきか考えていると着信音は止んだ。

ちょっと罪悪感はあったが、電話帳等をチェックした。

電話帳にあったのは全て男の名前。

手が震えた。寒くもないのにブルブルした。

わーこれダメなパターンだやばいやつだーって思った。

とりあえず俺は千夏が帰ってくる前にこの携帯をどうにかしないと

と思ってなぜか電源を切って、俺の車のダッシュボードに入れた。

その後、すぐに千夏は帰ってきて

よそよそしい俺の態度に気づいて「どうしたの?」

と聞いてきたが、なんでもないよと答えた。

すごくぎくしゃくしてたと思うがその日は飯食って風呂入って寝た。

なんと追求していいのか考えていた。

相手は頭がちょっとおかしいかもしれない。

別れると言えば死ぬと言いかねない人間だ。

なぜか俺は悪くないのに考えすぎてしまい胃が痛くなった。

その二日後に俺は決心した。

千夏に聞いてみようと。

その日は日曜日で俺と千夏は部屋で過ごしていた。

昼飯を食った後に俺は車に先日入れた千夏の携帯を取りに行った。

部屋に戻り、千夏へ問う。

俺「この携帯、拾ったんだけど見覚えある?」

千夏はすごーく普通の表情で

「あ、千夏が”昔”使ってたやつだ」

ほう、そう来たか。

俺「なんで昔使ってたのが今ここにあるの?」

またも普通の顔で

「バックにでもはいってたのかな?久しぶりにこのバック使ったし」

愕然とした。

昔使った携帯が満充電でバックに入ってる事があるのだろうか?

俺「嘘つくなよ。男の名前しかはいってないけど浮気用でしょ?」

千「千夏には俺がいるのにそんな事するわけ無いよ」

俺「じゃあこの携帯はどう説明する?男の名前しか入ってないんだけど」

千「俺は私の事信じてくれないの!?」で大泣き

それから2時間はその繰り返しだった。

千「信じてくれないなら、自殺する!!」

やっぱりそうなるよねー。

この時はとんでもない事になったと必死で謝った。

俺「そんな事言わないで!もう信じるから!」

俺「ごめんね!ほんとにごめん!ね?ね?」と。

俺もバカだった。

でもその当時はこれが本当に怖かった。

友達にも相談したが、死ねって言えばいいじゃんと言われた。

そんな簡単な話じゃねーよと思ったが。

この千夏のすごい所はこの言い争いの後だ。

急に体を求めてくる。

その時のセクロスがすごい。

とんでもなくエロい。

性欲とはすごいものでこれだけで許してしまう事が何度もあった。

千夏曰く、仲直りの儀式らしい。

ある時は包丁を左手に持ったまま

息子さんを咥えられた事もあった。

今になって考えると本当にどうかしてる。

なぜあの時、突っぱねなかったのか本当に不思議。

その後も釈然としないまま、日々が過ぎていった。

俺は完璧に飼い馴らされていたんだと思う。

これをきっかけに千夏は変わった。

別れ話をすると「死んでやる!」と手首を切る。

それが何度もあり、俺は諦めた。

それどころか俺がおかしくなったのか千夏がいないと不安になっていた。

また、俺の部屋に週5で来ていたのに、週2ぐらいになった。

他の男と遊んでいるのだろう。

嬉しいことに感じるかもしれないが、俺は不安でしょうがなかった。

千夏がいないとダメだった。

なぜなのか。今でもわからない。

千夏は俺が出かけるのにも怒った。

出かけた先で写メを撮れ。

テレビ電話で一緒にいるやつ全員を移せ。

部屋に帰ると体臭チェック&化粧チェック。

化粧チェックは服にファンデーションとかがついてるかのチェックね

携帯チェックにいたっては、予測変換で過去に入力した言葉まで全てチェック。

それでも俺は従っていた。

ある日、俺が目覚める出来事があった。

会社帰りに片側2車線の道路で信号待ちしていると

隣の車の助手席に見たことがある顔が。

千夏だった。

運転席にはおっさん。

だれだ?

信号が変わり車は動き出した。

俺はその車の後ろについて尾行。

そのままラブホがたくさんある地域へ入っていきました。

尾行してわずか5分。

ぼっろーいラブホへ。

とりあえず友達に電話。

すぐに友達が来てくれた。

もうこの頃にはみんなから変な女と付き合ってて呆れられ

勝手にしろ状態だった為、来てくれたのはすごく嬉しかった。

そして、車とナンバーを携帯で撮影。

出てくるのを待つことに。

しかしなかなか出てこない。

さすが性欲の権化。

この時、本当に気持ち悪いんだが、まだ疑っていた。

あれは千夏じゃないんじゃないか?

でも千夏だった。

3時間後に千夏は出てきた。

友達「おい!!」

千夏・おっさん「え!?」

友達「よくもまあ取っ替え引っ替えパコパコしてんだな」

千夏「違う!この人が無理やり!」

おっさん「え!?」

恥ずかしながら俺はこの時、声が出なかった。

あまりにショックだった。

前からわかってたけど、どこかで認めていなかった。

友「俺!これでわかっただろ?こいつはビッチ確定」

千「そんなんじゃないよ!俺は信じてくれるよね?」

本当に言葉が出てこなくなり、帰りたくなった。

かろうじて小さい声で「帰ろう」と友達に伝えた。

友「とりあえずビッチは今日俺の家に来るなよ!」

と言い、その日は家に帰った。

帰ってから別れようと千夏にメールした。

ごめん、書き忘れてたけど

仲直り儀式のあった事件のすぐ後に

俺が気まずいので千夏には会社をやめてもらい

駅ビルでショップ店員をしてた。

その後、千夏からメールが来ることがなくなった。

電話すらも来なかった。

俺はついに別れたんだなーと思っていた。

しかし、俺の部屋には千夏の荷物がいまだに置き去りにされていた。

浮気現場を発見してから2週間くらい立った頃に朝7時頃にインターホンが鳴った。

出ると二人の警官。

俺「なんでしょう?」

警官「ちょっとお話よろしいですか?」

俺「はい」

警官「実は窃盗被害届が出ておりまして」

俺「はあ」

この時はなんの事かまったく気づかなかった。

どうやら俺は千夏の荷物を盗んだことになっていたらしい。

俺は事細かにこれまでの経緯を説明した。

部屋にある千夏の荷物をチェックしてもらい

持って行ってもらった。

まあ有るのは何着かの服と下着、携帯の充電器ぐらいだったが。

今回は荷物を返せば被害届を取り下げると言っているらしく、

俺は何もならなかった。

こんなんで被害届が受理されるなんてとんでもない話だ。

俺は千夏に電話しようと思ったが、

荷物もなくなったしこれで終わりなんだと思うと

とても連絡する気にならなかった。

これもいけなかったのかもしれない。

その後、千夏からの攻撃は止まなかった。

数日後に今度は裁判所から手紙が届いた。

千夏の母の名前が書いてあり、

この人があなたと話をしたいといってますよーって手紙。

裁判ではなく調停というやつだった。

当日になり裁判所へと行った。

向こうは俺に暴力を振るわれた等と言っているらしく

PTSD?でこの場には出席できないとのこと。

弁護士と母親だけが来た。

ここで母親と初対面だったが、この母親が凄まじい。

入ってくると同時に

「うちの千夏になんてことしてくれたのよ~~~~~!!!!」

泣き叫ぶババア

弁護士と周りの調停員の人らに取り押さえられていた。

調停が始まった。

ここでとんでもない事実が発覚した。

この調停は俺が内縁の妻の千夏に暴力を振るい、

肉体的及び精神的ダメージを受けたからお金で解決しましょって話。

しかも、書類上の結婚も約束していたらしい。

内縁の妻なんてテレビでしか聞いたこと無いし

手を上げたこともない、

結婚の約束もしていない。

たしかにピロートークでずっと一緒にいようね等は言ったかもしれない。

でもそれはその場の流れで言ったりするやつでしょ。

本当にびっくりした。

その日はお互いの言い分を聞いて終わり。

俺は出来る限り当時の事を思い出しながら

調停員へ説明した。

千夏の浮気の件や警察にあらぬ疑いを掛けられたことを。

しかし、俺にはなんの証拠もなかった。唯一あった浮気相手の車の写メは

本人らが写っていないのでただの車の写真でしかなかった。

警察の件も俺以外にしてみれば

盗まれた物が帰ってきて被害届を下げました

で終わりな話。でっち上げにすらならない。

恐らくこの辺は向こうの作戦だったのだろう。

俺は訳のわからない言い訳をするバカと印象づけられてしまった。

それから第2回3回と出席した。

俺も弁護士を雇って勝負すればよかったのかもしれないが

家族は兄が一人しかいなく遠く離れた所で仕事をしており、

頼ることが出来なかった。

俺も貯金は一応してたけど、とても戦えるぐらいはなかった。

一度、市の無料相談へ行ったが、今後裁判起こして負けるよりは

もう調停で慰謝料決めたほうがいいと言われた。

そして俺は千夏の精神科にかかっている治療費

バイトをやめたことにより生じた損害

向こうの弁護士費用を負担することに応じて

幕を閉じましたとさ。

終わりです。

今は周りの方々のサポートにより

全額払い終わり、細々と生活しております。


































告白体験談関連タグ

||||||||||

【高校生】すごいギャルと付き合った話【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月26日 | 告白体験談カテゴリー:高校生との告白体験談

このページの先頭へ