相互リンク先の更新情報!

【オナニー】悦子日記 一人エッチ オナニーの日々・・・【告白体験談】

カテゴリー:オナニー告白体験談
tag:


悦子日記 一人エッチ オナニーの日々・・・夫が病死して、それを追っかける様にして娘が病死しました。

夫との生活は、暴力に耐えていましたからそれなりのあきらめも有りましたが娘の病死は・・・。

娘が孫を生んでから病死しました。

私の分身とも言うべき立場でした。

それなりの苦労をしましたが、娘の成長だけが楽しみでしたから。

生まれた子供は婿の実家へ引き取られました。趣味の会やコーラスに出かけましても結果を聞いてくれる人がいません。

他人様にいろいろの事を聞いていただいてストレスが発散します。

娘はすべてを許してくれる相棒でした。悦子が初めてオナニーを経験したのは中学生になってからでした。

ボーイフレンドが出来て愛情の交換会をするまでは毎日がオナニー日でした。

入浴をして鏡に自分を映しながらいたぶる日々でした。

小振りなクリは刺激にとても弱くて・・・。ボーイフレンドが出来てからは、食事会・ホテルへの直行、ベッドインでした。

お若い男性は挿入を急がれてすぐに射精です。

それでも、一夜で3~5回の射精を受け入れていました。

勢いに任せての激しい毎日でした。年配のお方との交際では、クリや乳房を充分に愛撫していただいてからの合体です。

悦子は分泌が少なかったので、充分な潤いになるまでの執拗な愛撫が好きでした。




クリにキスされたり、内部への刺激は自分でのオナニーとは別の満足感でした。

拡大鏡で見ていただいて、お相手が興奮されるのも刺激的でした。

悦子が騎乗位での興奮が高まるのが分かってからは、悦子が最初に絶頂感になるようにしていただきました。

後背位やドッグスタイルでの射精は男性に満足感を与えるようでした。

色々な体位を経験しましたが、最後は正常位でした。

お互いが抱き合って最高点に到着するのは良かったです。夫とは正常位だけでのベッドでした。

それでも、毎日のベッド体操でしたから・・・。

それなりに発散していました。

暴力に耐えていましたから離婚も考える日々でした。夫が出張している時には複数の友人たちとの仲良し会でした。

沢山の体位でエッチをしました。

それでも、満足感が無ければ自宅へ戻ってからのオナニーが日課でした。

自分の事は自分が知っていますから。ある時、複数の男性との勉強会で一人が悦子に挿入されて、寝そべって左右の男性器を持たされた事が有りました。

三人が順番に挿入・射精の繰り返しを経験しました。

悦子の内部は男性のザーメンで満たされていました。悦子が受け入れオーバーになってからも、お一人ずつ浴室で立位の儘で射精されるのを吸飲したこともあります。

男性が、『もうダメだ。勘弁してくれ・・・』と、言われるまでのプレイは大変でした。

独身の男性は毎日のオナニーで在庫が有りませんから少なかったです。

ご家庭をお持ちの方は、週末だけのサービスが多くて会社の残業なし日の水曜日では悦子に充分な注ぎ込みでしたね。夫がいますから妊娠しても構わないとの気持ちが有りましたが最後に内部を洗っていました。

妊娠した事は有りませんでした。合同での勉強会の翌日は自宅で茫然として過ごしていました。

赤ちゃん用のリップクリームを悦子のベビーに塗って・・・。それでも、翌日にはモヤモヤが出てきます。

そのような時には一人エッチです。悦子がエッチ子になります。

左右の指先を股の付け根に当てて、両手の親指をクリに圧迫します。

クリはすぐに反応して赤くなって堅くなります。

クリの剥き出しで1㎝以上が勃起します。

男性みたいでしょ。

尿道へ小指を押し込んでいますと気持ちが高ぶります。

これは秘密ですから誰にも言いません。左手の中指と人差し指とを深く差し入れて、右手の小指とをコンタクトさせます。

自分の内壁を通じての感触は素敵です。

最後にベッドで下向きになります。お尻を上下しますと男性に挿入されている感覚です。

数秒でエクスタシーですよ。お休みをしてから、浴槽でベビーを左右に全開して洗い流します。

これでオシマイです。ではね。

もう、誰も相手にしてくれません。

20才を少し過ぎていますけど・・・。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【オナニー】悦子日記 一人エッチ オナニーの日々・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:オナニー告白体験談

このページの先頭へ