相互リンク先の更新情報!

【友達】デリヘルドライバー日記 -入社編-【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


ちょっと身体壊して入院していたら会社倒産・・・どーなってんのよコレ!

すぐにお金になる仕事と思って応募したんですが、これがまたなかなか

キツイ仕事でした。土方とか体力的に向いてないし、宅急便とか体育会系でも

ないので、どうせやるなら人生勉強という事で割りの良いデリヘルドライバー!と

安易な考え。でも実際割に合わない・・・ニートにならない為にがんばります!

7/18

面接後採用される。女の子は15人程度が部屋にいて、オーナーが俺を紹介するが

みんな携帯片手に会釈もしやしねぇ。オーナー曰く「商品だし手を出さないでね」との事。

一日一万でガソリン代は半額持ちます!という契約。車は持ち込み。

でかい車だから燃費悪いし。今後ガソリン代は交渉しないとダメだわな。

7/19

初出勤。都内全域とは言うが正直都内外れはきつい。首都高とかなるべくつかわないで

ほしいなぁ〜とオーナーの呟くような要請。初めての仕事、足立区からオーダー。

ホテル待ち合わせ。さとみちゃんをご指名。W料金。常連らしい。

車の中移動してるが、話することなんてありゃしねぇ、気まずい雰囲気。




「今日は雨でしたね」と言うけど帰ってくる答えは「はぁ?」

首絞めちゃいましょうかね?ww

7/20

だいたい毎日出勤してる子がいるのがわかった。

中には稼ぐ為にピル飲んでる子さえ居る始末。

一本目、北区からのオーダー。

指名:フリー。シングルタイム(60分)

場所:一人暮らしアパート。

要望:おぱーい大きくて細い子、コスプレはセーラー服で!

居るわけねぇだろそんな奴!この変態め!

なのにおっぱい大きいけど太めのミキちゃんが乗車。

感想:キャンセル。チャンジありませんでした。

おまっ!wwこんなデブで満足したんかよ!ww

7/21

店は基本的に本番はご法度。内情はわからないけれど一応は店も

大人の付き合いとしか説明しない。本番あり!とは言えない御時勢です。

一本目を軽くこなし、二本目。葛飾区からのオーダー。

指名:フリー。シングル。

場所:ラブホ

要望:おしっこできる子

あぶねぇなおぃ!

洋子嬢が乗車、客先の要望を伝えるとコンビニでお茶買ってきてと命令される。

おぃおぃ!キャバ嬢にでもなったつもりかよ!

感想:すっきりした顔してるようこ嬢、ほんとにしょんべんしやがったなこいつ!

7/22

金曜日や土曜日はオーダーが結構多い。給料日との関係はあんまり無いみたい。

ここで軽くお店を紹介しておきます。

店は都内全域をカバーするという名目の店、実際はドライバーが居なければ

今女の子出払っちゃってて・・・と暗にキャンセル催促。

この業界も厳しくてドライバー5人も6人も雇えるのは大手だけ。

うちは俺含めて2人、居ない時はオーナー。なので都内北側がメイン縄張りで

足立区、板橋区、北区、荒川区、葛飾区、江東区、江戸川区、豊島区、台東区あたりまで

カバーしている。世田谷区とか目黒区とかはモロキャンセル気味w

電話してくれた人ゴメンよ〜

7/23

勤務時間はばらばら。俺は5時から夜中の3時までだけれど女の子は一本終れば

帰っちゃう子もいる。オーナーの放任主義で比較的働きやすいそうだ。

主な女の子(よく乗せる女の子)と電車で駅待ち合わせの2通り。軽く紹介します。

●「さとみ嬢」:22歳 茶髪に色白でかわいいというかギャル系、言葉使いは最悪。

バイト理由が「気持ちいいじゃん!」だったそうだ。

●「ミキ嬢」:26歳? ぽちゃと自分では言うけれど、俺からすればデブ。

性格もかわいいと勘違いしているブサイコちゃん。

●「洋子嬢」:30オーバー 俺より年上で姉御的存在。いつも命令口調。イヤな奴。

思いっきりレイプしてやりたいタイプ。

●「のりこ嬢」:20歳? 典型的な女子高生なのり。腕輪じゃらじゃらでフェラ自慢。

延々と車内でフェラ自慢、でもまぁかわいいからOK。

●「きょうこ嬢」:30近い? おしとやかなご婦人、胸もでかいしケツもやらしい丸み、指名

するなら俺はこの人。でも無口。店のNO.2でもある。

●「りかこ嬢」:26歳 親の介護しながらというツワモノ&一児の母。やさしさが滲み出る。

実は下も滲み出る程すごいらしい。

●「ななこ嬢」:23歳 指名No.1。だからなのか高飛車で高圧的、ぬっころす!とさえ思う。

こいつだけは頂けない。田舎デリヘルでなに威張ってんの?

●「りえ嬢」:25? 裏のNo.1。オーナーの愛人かと思われる。仕草エロス!運転してて勃起

しちゃう様なフェロモンムンムン。出すなら顔だな!

●「かのん嬢」:?? 不思議ちゃん。コスプレ大好きだから!でデリヘルバイトするか?

スクール系が似合っちゃう子。

ではまた。



7/25

一日休みをもらって再出勤。普通の店だと女の子を乗せて「待機」するらしいんですが

なんだかオーナーの意向でなるべく待機はしない様にとの事です。警察がうるさいのと

ホテルの裏で停車していると通報された事が何回もあったそうです。

一本目、足立区からのオーダー

指名:かのん嬢、シングル

場所:ラブホ

要望:スクール水着とローター

お!萌えるプレイするねあんた!あんた通だよ!脱がさないでそのままローター責めだね!

感想:すっごいイヤラシイ客だったそうです。

この日は5本止まり。

7/26

車の中は話す子と話さない子が居てちょっと気を使ってあげると話し始める子が多い。

俺はなるべく仲良くなりたいから仕事中にコンビニで待ってる時にお茶や紅茶を買って

仕事終った後におつかれ〜と渡してあげる。そうすると最初は驚くけど次から飴とか

お菓子くれたり世間話したりとする子が多い。

三本目、台東区からのオーダー

指名:きょうこ嬢 ダブル

場所:ラブホ

要望:エロ下着

こりゃいいね!あんなおしとやか婦人にエロ下着!脱がさず横からいじくり倒しちゃうね!

感想:無口・・・

四本目、同じく台東区

指名:フリー

場所:ラブホ

要望:おっぱいおおきい子

あぁ〜またデブちゃん派遣ですよ。車のクーラー温度上げなきゃww

感想:たっぷり谷間発射して満足だったそうです。俺にはできん!

7/28

店の契約駐車場で待っているとオーナーから「面接頼む!」との事。俺無理だって!

写メ撮ってオーナーの携帯に送ってくれとう。無理!無理!なんで俺なんですか?

と聞いたら、手が離せないプラス女の子に結構気配りしてるそうじゃないか?と言われ

しぶしぶ夜の街へ。喫茶店で待つ。携帯に電話で「ちょっと遅れます」との事。

そりゃ外から見たいでしょうからね。俺の顔を・・・

扉から入ってきた子はけっこうかわいく細目で胸は貧乳。履歴書見ながら

給与システムを説明するとすぐに働きたいとの事。では!と写メとってオーナーへ。

二分後メールで「OK」。では採用。簡単だなぁ〜

ここで変な話に「あのぉ〜講習はあるんですか?」あると言いたい男心!

「ないですよ、安心しちゃってください」との答えに彼女初めて笑顔見せた。

こういう業界ってそういうのあるのね、う〜んでも射精しちゃいけないって聞いたけど・・・

7/29

今日初出勤の「かえで嬢」貧乳マニアには堪らないと思う。だって屈んだ時ににチラリと

見えた谷間は洗濯板にレーズン2個だもん。是非ご賞味を・・・俺はいらん!

五本目、江東区からのオーダー

指名:フリー

場所:アパート

要望:本番させろ!

こういう客は一番困ります。だって禁止だ!と言っているにも関わらずしようとする。

これが風俗の醍醐味だ!なんて中には生中だしする奴さえ居るしまつです。

こんな人は当然うちの強面のオーナーにお任せです。詳細は・・・やめときますww

六本目、板橋区からオーダー

指名:ななこ嬢 シングル

場所:ラブホ

要望:バドワイザーのタイトスーツで。バイブオプションで。

そうです!もうやっちゃって下さい、こんな女!バイブで散々いじめてヒーヒー言わせて

やって頂戴な!

感想:「なんなのあいつ〜、超ちんこ小さいしぃ〜、おまけに臭いしぃ〜、次指名来たら

キャンセルしてくれる?」

うるせぇ!高飛車女!びちょびちょバイブもって帰ってきたくせに!俺に渡すな!

7/31

今日は一本目から最悪でした。フリーでミキ嬢でチェンジ、洋子嬢つれてったらチェンジ

新人のかえで嬢でチェンジ。最後はキャンセル。何回往復さすんじゃい!

でもこれも大切なお客様です。がんばりますです。交通費位払ってくださいよお客さん!

七本目深夜、豊島区からのオーダー

指名:りかこ嬢だけれど居ないので、たまたま居たりえ嬢。

場所:ラブホ

要望:ブレザーの女子高生でバイブ責めだそうです。

いいっす!りえ嬢の苦悶の表情が見たいっ!エロ汁たらしながら喘ぐ姿が・・・おっと勃起んこ。

感想:コスが精液で使い物にならなくなりました。やるねりえちゃん!

りえ嬢とはなんだか車の中で話が弾むようになり、俺のことをいままでドライバーさんなんて

呼んでたのに急に「きーちゃん」と呼ぶ様になった。何故にきー・・・聞いたら車のキー(鍵)

なんですと。う〜ん車の中がいい匂い。あぁ勃起んこ。

8月編はまた後日によろしくです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【友達】デリヘルドライバー日記 -入社編-【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月2日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ