相互リンク先の更新情報!

【芸能人】有名人官能小説 石田ゆりこ【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


暇つぶしに大西は本でも買おうと書店に寄った。何気に目に付いた

陳列してある本の一つを手に取ろうと手を伸ばすと偶然隣の人と

手が重なった。「あ・・」大西は遠慮して手を引っ込める。

と、相手も同じように引っ込めた。「ど、どうぞ」大西は相手に

その本を渡そうとする。「い、いえ。そちらこそどぞ・・」

相手も受け取ろうとしない。(うん?)大西はどっかで聞いた事の

あるその声に相手を見た。帽子を深くかぶり黒ブチの眼鏡をしている

が明らかに石田ゆり子だ。(まじかよ〜!)大西はこの偶然に驚いた。

「あ、俺は別に本のカバーが気になって手に取っただけですから

本当にどうぞ」と、あえて気付かない振りをして話を引っ張る。

「いいんです。私も別に欲しかったわけじゃ・・」もごもごと

小声で喋るゆり子。「あ、でも中も面白そうですよ。ほらっ」

強引に話を引っ張ろうとする大西はペラペラとページをめくり目次と

まえがきをゆり子に見せた。彼女はちょっと興味を惹かれた様子で

のぞきこむ。(よしよし・・話をひっぱって友達に自慢してやる!)




意気込む大西は「ね?俺、本の良し悪しは表紙で分かるんですよ。

これは当店一押しです」と胸を張って見せた。ゆり子は「ぷ」と

吹いて「店員さんでもないのに・・」と言って笑った。

(つかみはOK!石田ゆり子を笑わせたぜ!)内心大西も笑った。

「結構本読むんですか?」と大西は続けた。「えぇ・・暇つぶしに

結構よみますよー」彼女は気さくに応えてくる。嬉しくなった大西は

「じゃぁねー俺のお勧めは・・」と調子に乗って自分が好きな小説の本を

取って渡した。「あ!それ私も読んだ。いいですよね〜」と応えるゆり子。

そうやって大西は充分友達に自慢できるだけ話が盛り上がり、結局帰りの

エレベーターも一緒に乗ることになった。(あ〜もう終わりかぁ・・

もっと喋りてぇなーちくしょう)そう思うがもう引っ張るネタがない。

「帰りは車ですか?」結局どーしようもない話をする大西。

「いえ、今日は仕事帰りでタクシーなんです」と応えるゆり子。

「お家は何処なんですか?」と聞くと彼女は「○○方面」と答えた。

「あぁ俺もそっち方面だ(うそ)俺車だから送りますよ」と無理な

誘いをする大西。「あ、いいですいいです。他に寄るとこもありますから」

とやんわり断るゆり子。(そーだよなぁ・・そりゃ断るよな・・)

もう別れるしかないのかと、ちょっとだけ沈黙する。そしてふいに「あ」

とつぶやく大西。「え?」とその声にゆり子が反応した。

「もしかして、俺ナンパしたとか思われちゃいましたか?あの・・俺

そんなつもりじゃ・・」と大西はわざとらしく目を下に降ろす。

「あ!いえいえ・・あの、ほんとに私用事があって・・」と慌てて

とりなすゆり子。そしてまた沈黙が訪れた・・。「あのぉ・・じゃ

送ってもらっちゃおうかな・・」(やった〜!!)大西は心の中で

ガッツポーズをした。(すっげぇぜ、石田ゆり子を俺は自分の車に

乗せた男だ!)大西は友達に自慢しまくる姿を思い浮かべた。

(後でデジカメで写真撮らしてもらおっと)しっかり証拠も残そうと

思う大西だった。

大西はゆり子を助手席に乗せると車を走らせた。「もーすっかり

クリスマスシーズンですよね〜」と退屈させまいと話をする大西。

ゆり子はそれには応えず後部座席の荷物を気にしている。

「星すきなんですか?」といきなり質問してきた。「はぁ?」と

大西は後部座席を振り向くと友達に借りっぱなしの望遠鏡が積んであった。

「あぁ、ほら木星が何万年ぶりかで大接近したでしょ?俺結局みそびれ

ちゃったんですけど、まだ結構大きいらしいんで今日見に行こうと

思ってたんですよ(うそ)星見てるだけじゃつまんないから本を買って

おこうかと」と豪快な嘘をついた。本当は夏に観に行ってそもまま放ったら

かしだったのだ。「あぁ、いいですねぇ・・」とゆり子も興味有りげに

反応した。「明日は暇なんですか?」大西が聞く。

「いえ、明日はべつに・・」とゆり子が応える。「じゃ、一緒に観に

行きませんか?木星はちっちゃくなっちゃったけど冬の星は

綺麗ですよ〜(これは本当)」と誘う。(頼むぅ・・うんって言って)

大西は生まれてこのかたこれ程相手の答えに緊張した事はない。

心臓が「ドックン!ドックン!」と高鳴っているのが自分でも分かった。

「ええーでもぉ・・どうしよっかな・・」生返事をするゆり子。でも

興味は有りそうだ。「明日用事があるんなら、夜明けに帰れば大丈夫ですよ」

もう大西は必死だった。「う〜ん・・じゃ行こうっかな」ゆり子が応えた。

「パンパカパンパンパ〜ン!」大西の心の中でファンファーレが鳴り響いた。

(やべ〜!興奮して鼻血出そう・・)興奮を抑えるのに必死な大西だった。

車中わきあいあいと話が続き大西が以前友達とキャンプした場所に着いた。

「さむぅい!でも星きれ〜い!」感動するゆり子。「今焚き火たくから

ちょっと待っててね」と言って手際よく支度する大西。以前に来た場所

だから手際が良い。程なくしてパチパチと音を立てて炎が燃え上がった。

炎の光で赤く染まるゆり子の頬・・。(あぁ、チューしてぇな畜生!)

と大西は思うが勿論そんな事はできない。大西はキャンプ用具をてきぱき

と持ち出しテントを張り出した。「あ、テントはるんですか?」

と聞くゆり子。「あぁ、ちょっとは仮眠(ここが肝心)するでしょ?」と

当然の事のように言う大西。勿論大西の頭の中には石田ゆり子とのSEX

が有ったのは言うまでもない。「あぁ、うん。そうですね。

手伝いましょうか?」とゆり子が聞いてきたが大西は「いいですよ、

寒いから焚き火にあたっててください」と断った。

(石田ゆり子とSEXSEXSEX….)大西の頭にはもうそれしか

無かった。テキパキと望遠鏡の支度もすると彼女に木星を見せる。

「わぁ〜!ちゃんとシマシマ模様まで見えるんですねぇ・・」と

えらく感動していた。(横顔も綺麗だ・・早く抱きてぇなぁもぉ)

星どころじゃない大西。

他にも色々と見せ満足すると二人は焚き火に戻った。パチパチと音を

たてて燃え上がる炎を黙って二人は見ていたが、大西はちょっと

づつゆり子のそばに近付いていった。やがてぴったりと寄り添う二人。

はたから見れば誰が見ても恋人同士だろう。ゆり子が寒そうに焚き火に

手を出すと、待ってたように大西はゆり子の肩を軽く抱いた(勝負!)

ゆり子はピクっと反応したが拒絶しない。(よぅし・・)大西は

少しづつゆり子の方に顔を向けた。それに反応するようにゆり子も

こっちに向いた。目が合う二人・・。ドックン!ドックン!ドックン!

大西は唇を彼女に近付ける。彼女はよけるそぶりはない。そして

二人の唇は重なった。(やった!石田ゆり子とキスしたよ俺!)

大西は今なら死ねると思った。

あくまでソフトに舌を差し込む大西。それに応えてゆり子の舌も

チロチロと動いた(返信あり)。しんぼうたまらなくなった大西は

「クチュ・・チャプ・チュク」と舌を絡ませ合った。そしてギュと

彼女を抱き寄せると彼女の耳やうなじに唇をつ〜!っと這わせる。

「あ・・や・・あん!」悶えるゆり子。大西はゆり子の胸を触ろうと

したが厚着でいまいち感触が無い。どの道真冬に外でSEXするのは

無理だ。大西は「寝よっか?」と言ってテントに誘う。

ゆり子は「うん」と頷いて従った。

一つしかないシュラフ(寝袋)に入ると二人は抱き合った。

ゆり子にのしかかる大西。キスをしたままゆり子のセーターの下から

手を入れブラをずらす。そして彼女の胸を揉みしだいた。

(これが石田ゆり子のオッパイか〜)大西は、「ぷにぷに・・ぷにょ

コネコネ・・」と大きくまた小さく揉んで彼女の胸の感触を堪能した。

そして服を捲り上げると乳首に吸い付いた。「ちゅぶ・・ちゅっちゅっ!」

大西が吸う音がテント内に響く。「あぁ・・あん!やん!あぁ・・」

ゆり子はピクピクと可愛く反応した。ぺろぺろ〜っと乳輪を舐めると

「あ!あ!あ〜!」と大胆に声をあげるゆり子。

そして大西の手は胸からおりていく。スカートをめくり上げ、パンティを

ストッキングごと降ろすと彼女の下腹部に触れた。チリチリと恥毛の感触が

大西の指に伝わる・・。そしてゆっくりと指を下げると既にじっとりと

湿り気をおびている割れ目にたどり着いた。「ひん!」と言って反応する

ゆり子。大西の指先を期待して既に吐息がハァハァと荒い。

大西は期待に応えて指を割れ目に沿って縦に動かす・・。

「ヂュク・・ズリュップ・・ジュブゥ・・」と湿った音がする。

(お・・俺は今石田ゆり子のマン○に触れている!)それだけでも大西は

射精してしまいそうなほど興奮していた。(お・・俺のチン○がここに

入るのか?・・)現実離れしたこの状況に翻弄される大西。

大西はシュラフのチャックを開けると彼女の脚を開かせた。

そしてゆっくりと股間に顔を埋めていく大西。ゆり子は思わず大西の

舌を期待して大西の頭を自分の股間に手繰り寄せる。

ぺろ〜っと縦に舌を這わすとゆり子は「やん!あ・・や・・」と素直に

反応した。大西は割れ目に溜まった愛液を「ズチュ〜!」っと吸い上げる。

「ああん!気持ち良い・・おまん○・・」ゆり子も大胆になっているらしい。

大西はクリの周りをチロチロと丁寧に舐めた。ヒクヒクと蠢く割れ目・・

まるで大西のチン○を早く早くと招いているかのようだ。

「欲しい・・」小声で言うゆり子。「え?」大西が聞き返す。

「ちょうだい・・大西さんのオチンチ○」苦しそうに言うゆり子。

「入っていいの?」と確認する大西。「お願い!じらさいで早く来て!」

ゆり子は両足を大西の腰に巻きつけグイグイと股間に招きよせる。

「分かった、じゃぁいくよ」大西はぐっと腰を入れると彼女の暖かみの

中に包まれた・・。(お、俺は石田ゆり子の中に居る・・)ぎりぎり

射精を耐えるとピストン運動を開始した。ギシギシと揺れるテント・・。

「あ〜!ん!イイ!それがいい!」その音に合わせてゆり子も喘ぐ。

ギュウギュウと締め付けるゆり子の膣に大西はあっと言う間に射精を

開始してしまった。ドクドクとゆり子の膣内に射精する大西に気付いた。

「え?もう!?やだ〜・・」と不満そうな声を洩らす・・。

が、天下の女優とのSEXだ一回くらいでチン○はへこたれない。

大西は一度チン○を引き抜くと、まだ萎えてないチン○を彼女に強調し

「舐めて、すぐに元気になるから」とフェラを要求した。

彼女は大西に従いチン○を口に含む・・。そしてジュップジュップと口内で

しごかれるとあっという間にチン○はいきり起った。ぺろぺろと舌先で

先端を舐めながら嬉しそうに見上げるゆり子。

今度は彼女をうつ伏せに寝かすと背後から挿入を開始する。

ピストン運動をすると彼女のお尻の肉が「ぷにぷに」と大西の下腹部に

当たって気持ちいい。一度射精を果たした大西は意欲的にゆり子を

責め立てる。ちん○をグニグニとかき回すと「にぢゅぅ・・ぐぽぉ!」と

粘液が絡み合う音が結合部からする。「やぁ・・あん・・いい・・」

と嬉しそうに喘ぐゆり子。背後から抱いているため後ろ髪がファサファサと

自分の責めに従ってなびくのが刺激的だ。大西は彼女の顔に近づけキスを

した。そして舌を絡めながら(あぁ・・俺は今上の口でも下の口でも

石田ゆり子を味わってる!)と実感した。

二度目の射精も間近い。大西は彼女の尻を引き上げると。

スパンスパン!と責め上げた。「あん!あ!奥にぃ・・奥に当たってる!」

歓喜の声を上げるゆり子。「あ〜!出る!出る!いく」悶絶の表情を

浮かべる大西。さらにぐいぐいと引き付けてゆり子の子宮を突き上げた。

「あ!いい!来て来て!」苦しそうに上半身を揺らしながら大西の射精を

迎える用意をするゆり子。大西はぐいっと最奥部を突き上げると射精を

開始した。「どくどく・・どぴゅぅびゅぅ・・」二度目の射精にもかかわらず

とめどない射精の快感でビクンビクン!と痙攣しながらゆり子の尻に

しがみついた。「あ!あ!暖かい・・大西さんのが奥に来てるぅ・・」

ゆり子は満足そうな声をあげた。

その後二人はぐっすり眠り。朝早くに帰路についた。

帰りの車の中でも二人はほとんど口をきかなかった。

彼女の家の付近で降ろすと、彼女は一言「わたし誰だが分かってました?」

と言ってニコっと笑った。大西もニコっと笑って返すと、

「いつから?」と言いかけ「あ、やっぱりいい。じゃね、さよなら」と

言って一度も振り返らず去って行く。大西は彼女の姿が見えなくなるまで

見送ると車を発車させた。結局大西はこの事は最後まで友達に話す事はなかった。


告白体験談関連タグ

|||||||

【芸能人】有名人官能小説 石田ゆりこ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2014年2月3日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ